2016年04月

アメリカから帰りました

 この10日間ほどアメリカ東海岸ノースカロライナに行って来ました。
目的は二つあり、一つは娘家族に会いに、もう一つはネット塾のアメリカの先生たちと打ち合わせを
することでした。
 成田からニューヨークまで12時間、そこから1時間半のフライトと疲れ果てて到着しました。
テロのせいか、ニューヨークでのイミグレは2時間待ちで疲れ果て、喘息気味でゼイゼイいっていました。
パソコンやノートに使えるデジメモ、教材を入れたスーツケース3つを持った私を税関は追いやるように
しっしっと手を振って追い払いました。こんなところで発作を起こしたら訴えられるとでも思ったのでしょう。
 孫の迎えに付き合いながら補習校にも行きましたが、生徒の荷物の多さにびっくり、週一回の授業だと
こうなるのかななどと感心していました。駐在員のお子様方、現地校では英語、補習校では日本語と大変ですね。

 

コンパスは凶器か?

娘から補習校で使うから、コンパス買ってきてとメールが来た。
今週から孫と会いにアメリカへ、ネット塾のペンやパソコンを運び、
アメリカ側の講師と打ち合わせするのももう一つの目的です。
そんな時の話なので「アメリカで買えないの?」とビックリ。
彼女がご主人(アメリカ人)に聞いたら、使うときは先生が貸してくれると言われたそうです。
カッターやコンパスが普通に買える日本は平和な国なんでしょうかね。

幸せか 呑気な日本 改めて 感じさせたよ コンパス騒ぎ

ローファー無理

新高校生が授業に来て「ねえ、話していい?」というので聞いてみました。
思わず笑ったのですが、今まで革靴を履いた事がない彼は、靴づれになやんでいるそうです。
おまけにちょっと大きめの靴だったので、下敷を入れたら、もっと酷いことに。
大笑いしながら慣れるしかないねと同情しました。
もっとも他の学校の生徒に聞いたら、靴のメーカーの指定もあるらしく、親御さんも大変ですね

昨日九段をあるいていると凄い桜吹雪が、乳母車の男の子が「ああ、雨だ!」と叫んでいました。

散る桜 見ながら歩く 通学路 早く友達 出来るといいな

嵐の入学式

昨日の朝は酷い雨でした。前日塾にいらしたお母様が、「先生、明日嵐と言ってますが、入学式なんですよ!」そうそう昨日はあちこちの高校で入学式でした。しかも土砂降りの雨でした。
私も昨日は懐かしい友達の食事会があり、藤沢まで行ったのでしたが、電車の中真新しい制服の
お子さんと正装のお母様を見かけました。
水曜には小学生の入学式らしきものに参加帰りのご夫婦とお子さんを沢山見かけたのですが、
高校生ともなるとさすがお父様はいないなとつい微笑んでしまいました。東大あたりになるとお父様出現になるのでしょう。
雨降って地固まる、きっとこの言葉があちこちで使われたに違いありません」

晴れの日に 仲間の顔を 見渡して いるかな親友 探さなければ

成績4.5だった!

 新高3がうれしそうに威張りながら入ってきた。
「ねえ、私の成績分かる?」「まあ、よかったでしょ、この間のテストの成績よかったから」
「ルルル、4,5」ポーズをとりながら一回転。
「お、俺のときよりいいじゃん!」講師も茶々を入れます。
「教えてやったの俺だぞ!」「私がやったんだから」掛け合い漫才が始まります。
「一学期も維持して、推薦で大学いこうね}
全員希望校に合格とはいえ、最後の二ヶ月の騒動を思うと、ぜひぜひ推薦で大学に
行って欲しいと願う私たちです。

 飛んでくる うれしさいっぱい 持ち込んで くるっと回って うれしい笑顔
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
.
.
  • ライブドアブログ