2018年03月

またまた慶応

 またまた慶応合格しました。素晴らしい!(自画自賛です。)笑ってくださいね。
今年は高3はネットの生徒のみで、慶応二人、立命館一人進学しました。
 来年はネットの生徒、通塾の生徒両方とも多いので、またまた全員合格してほしいです。
勿論高校受験もですが、こちらは当たり前の事なので、心配はしていません。
 本当に小さな塾なので、生徒の気持ちの面倒、弱点の補強等が出来るのが利点であり、
今の講師の学歴の高さ(それがすべてではないのですが)ほとんどの講師がマスター、一つか
二つ卒業、ドクター課程の者もいます。学部二つ出ている私など恥ずかしいなと思うぐらいです。
ネットは1対1、通塾も人数が少ないので結構うまくいってます。 昨日都立高校に合格した
生徒が、卒業式終わりましたとお母様と一緒に見え ました。「中1から来てればもっといいところ
行けたよねえ」いつも言っていました。

 どこであれ 君の努力が ゲットした 高校愛して 友達沢山


提出物

 3学期も終わりに近づき、色々と提出物の期限が迫ってきました。
テストで失敗した高校生は期日までに提出物を出すことを要求されます。
どうしても理系の科目に限られ、理系の講師は自宅でも間に合わないものを
やる羽目に陥っています。私ができればいいのですが、文系の私は何の役にも立たず
ただただお願いするのみ。
生徒の皆さん、そのような事態に陥らないように最初からしっかり勉強しましょう。

 普段から よく聞け授業 サボらずに 試験の前だけ やるのはやめよう

サマータイム

 新学期が始まり、塾生も進学先が決まり一安心。
外は春の陽気、生徒たちも期末試験も終わり楽しんでいるだろうなと思う
今日この頃です。
 と思いきやアメリカ、カナダなどがサマータイムに突入。
今朝もアメリカ在住の講師はとっくに知っていたことで生徒の時間に合わせて
授業をしていたのですが、私はつい知らず、朝から電話がかかってきました。
「授業の時間なのですが・・・」ああ、やってしまった。サマータイムの
はじめと終わりはとかく間違えがち、日本にはないシステムです。
(戦時中は会ったのかな?)
時間をうまく使いましょうという事でしょうが、こちらにはないシステムなので
とかく戸惑い勝ち。日本で授業している講師たちに早速連絡しなければと思う私です。
 
 サマータイム エーット驚き 失敗だ 日本もやろうよ 時間の節約 

すっぽかし

 昨日はインターの生徒がいつもの授業が自分の都合でこられないので、どうしても入れて
くださいといわれ、7時から特別に授業をやることにしました。
最近授業が多く毎日帰りが10時過ぎの日々が続いていました。
 木曜日はたまたま小学生の授業が5時半で終わるので、週一回の楽しい早終わりです。
ほとんどろくな夕食を作らないので、ご飯をたき、近くの孫を呼んで楽しい夕食の日です。
そこに今週だけ入れてくださいとの要望、仕方がないので「早めにきてね」と
お願いし、一人のために待機することにしました。
 ところが、待てど暮らせど生徒は来ません。ラインの返事もなく、8時近くになったので
お母様に電話。「今日は行かないです。明日行くといっていました。」お母様からつれない返事。
夜遅くになり、「明日行きます」という生徒からのライン。「今日じゃなかった?」
という私に、「明日の用事を今日にしました。連絡遅くなりました。」という返事。
怒っていた私は、「連絡は入れてくださいね!」とラインに返事しましたが、音沙汰なし。
日本人の生徒はこんなことはしないのかな!とちょっと疑問符が浮かびました。

羽生結弦の「夢」

 今朝の新聞のコラムに羽生結弦の「夢」というのがあった。
羽生はこう述べている。「自分が夢がかなったのはこの金メダルだけ。ほかの夢はたくさん
捨ててきた。夢はいっぱいあっていい。高い目標だけでなく、低い目標であってもいい。」
またその記事の中で北方謙三の大水滸伝シリーズ「岳飛伝」では秦容将軍がこう語っているといっている。
「届いたと思ったらそれは夢ではない。夢にどうやって向かって言ったかが、男の人生さ。ただ夢は
受け継がれる。振り返ると、夢という墓標が延々と続いている。」
 最近高校生の入試の自己紹介や推薦入試に「将来の夢」を書きなさいというのが頻繁に出ている。
生徒たちはそれぞれあこがれの夢を持っている。羽生ではないが、それぞれ捨てる夢も出てくるであろう。当然私も捨てた夢はたくさんあった。でも小さな小さなかなった夢もあった。
 生徒の皆さん、いくつも夢を持って、いつかひとつでもかなうように努力してください。

 夢を持ち 一歩を歩む そのときに 努力のあとが 次の夢にかける

全員合格そして英検も

都立高校の発表があり生徒は合格。全員合格してやっとシーズンを終えました。
39年続いて全員合格、町の小さな塾としてはうれしい限りです。
 そこへ、またうれしい知らせ!実は中1の生徒が英検4級を受けると言い出して
いました。4級は中2終了程度。そんなに英語のセンスがある生徒ではなかったので
「やめなさい!」と言ったのですが「やります!」と。
学校でも多少補習があるということで、「私の言うこと聞きますか?」と聞いたら
「はい」という返事。仕方がないので特訓開始。中3同様どんなに怒られたことか!
私は私のポリシーを持ってやるので、ある意味生徒はかわいそうなところも。
 でも、でも、合格と聞くと本当に涙が出ますよね!
 塾で教えていてよかったと!

 おめでとう! 何回言っても うれしいね! 今からやさしい いつもの先生

お守り
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
.
.
  • ライブドアブログ