2019年11月

帰りに塾で気晴らしをしてください!

 最近小学生が突然いなくなる事件が続いていますようね。
今回の事件もSNSが関与していたようですね。
 塾でも小学生でも携帯を持っている子がほとんどです。
GPSで居所を知ることが出来るようになってから一年生でも持っています。
それだけお母様が働いている家もおおいのではないでしょうか?
きっと今度の小学生もさびしかったのではないのかしらと思います。
 核家族になり家に帰っても誰もいないとなればやっぱりさびしいですよね。
私も一人暮らしになり明かりの消えた家に帰るとき「あー誰かいればなあ!」と思います。
 小学生の皆さん、家に帰ってさびしいなと思ったら、ランドセルのまま塾に来て
宿題やったり、馬鹿話をしたりしてください。いつでも皆さんのおばばになりますから。

小4割り算第二弾

 例の小4の割り算ですがついに一桁の割り算はパーフェクトに。余りの出るものもすっかり出来るようになり、本人も大満足です。大嫌いだった算数が好きになりそうとあかるい声も出ました。
 ところがところがです。次には2桁の割り算が待っています。ここが出来ないと割り算が出来たとはいえないので、何とかだましだましパーフェクトになるよう信望強くやるしかないですね!
 でも九九をしっかり覚えているのが救いですね。

割り算大発見

 小4の生徒がいつも「割り算大嫌い!わからないもん」と言っているけどまだ一ヶ月しか教えていない生徒なのでてっきり冗談だと思っていました。
 でも学校で算数が「計算の順序」というところに入ったので、どうしても割り算が出てきてしまいます。仕方がないので割り算が好きになってもらおうと3年生のテキストから割り算をやり直すことにしました。そこですごい発見です。実は割り算をやるときに、28÷7とかいうのは出来るのですが、294÷7とかいうのが出来ないことを発見したのです。その場合の生徒の答えは4余り1となって最後の4はしかとするというものでした。当然60÷6は1となるようで「何で10になるの、わかんない!」というのが答えでした。これでは割り算が出来るようになるわけもありません。九九はしっかり暗記しているのですからもったいない!としか言いようがないのです。学校でしっかり教えてほしかったと思うのですが、今ここで発見したことはうれしくて仕方がありません。あと2、3回使って二桁の割り算までパーフェクトになるよう頑張りたいです。

大学入試記述問題は問題

 大学入試の記述問題や民間試験利用。英語は中止になりました。一生懸命どれを受けようかなと
思っていた生徒たちはかわいそうなことになりました。もともとそれぞれ違うテストを同じように
扱うことに間違いがあったことは間違いありません。
 国語にいたってはもっと問題だと思います。ベネッセの子会社が入札を落札したとの事ですが、
記述の採点がどんなに大変なのかわかっているのでしょうか?人手が足りないと学生バイトに採点をさせるそうですが、下手したら採点者よりいい文章を書いている生徒がいるかもしれません。その場合私情は入らないのでしょうか?そもそも能力の違う人々が採点するということは、基準がばらばらということになりかねません。私たちでさえ、一人が良いといった文章を「いやあ、いまいち」と意見が分かれる場合もあるのですから。どうか国語の記述も延期になりますようにと願っています。

札幌オリンピックなの?

 オリンピックのマラソンが札幌で実施されることになりました。
昨日の夜、バンコックの生徒に授業をしていました。拡張って何と聞かれ、たとえば道路とか
広くすることなど例を挙げている中、「そういえば1964年の東京オリンピックで駒沢競技場を作るため道路が拡張され、玉電といわれていた電車もなくなり、私の家の庭も道路になっちゃったの。
せっかく父親が庭にプールをつろうとしていたのに。」などと話し、今回もマラソンが札幌でやることになったといっていたら、「じゃあ、東京オリンピックじゃなくて、札幌オリンピックになるんですね」とさらりと言われました。きっとそのように思っている人は多いのでしょうね。
「合意なき決定」今年の流行語に含まれるかしら?本家はどうなるのでしょう。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Archives
.
.
  • ライブドアブログ