いよいよ娘達の住むシャーロットに到着した。ノースカロライナ州シャーロットは娘に言わせれば全米3位の都市だそうだ。ちょうど空港をリニューアル中で広過ぎてさっぱり分からない。荷物を取ろうと行くがどこだか分からずそこにいた空港の職員らしき人に聞いてみる。何しろ適当な私、ふんふんと聞いて進むが見つからない、字が読めないがリスニングの出来る孫が「ばば、ちゃんと聴いていないでしょ、あっち」でもあそこに書いてあるでしょと口喧嘩をしながらやっと荷物が出て来るところに辿り着きました。27キロもあるスーツケースをどうやって取ろうかと後を振り向くと、大きな白人のお兄さんが。ちょっと会釈をするとサッと取ってくれました。話を聞いた娘はおおわらい無事到着です。
 中心地から車で20分ぐらいの文教地区の娘の住まいは、庭に鹿やら鷹が出現し夜にはホタルが飛び交う静かな所でした。飼い始めた5ヶ月ぐらいの子犬二匹と戯れながら久しぶりに見た二人の孫、現実のおばあちゃんに後戻りでした。
 
 さあ、時差ボケを克服して夏期講習に突入です。
 しっかり中3をしごきましょう笑笑