悔しい事にカナダの学会から帰国中の息子が同じunitedのビジネスの俺は座れるぞ!と言う写真を送ってきました。負けた!
 帰ってきた翌日から夏期講習。なんかまだ時差ぼけが治らないままの授業、意識して声を大きくしています。どうせまともな夕飯にはありつけないので下のローソンで買ってきたサンドイッチを食べていると空いている隙間から教室がちらっと見えます。
 数学の講師が声を張り上げながら説明をしています。1番後ろに座っているS君、講師の声はどこへやら、一生懸命爪の垢を掃除しています。汚い!と言おうとしたのですが彼のプライドもあるでしょうから片手にサンドイッチを持ち、じっと見る事にしました。やく20分講師が巡回してくるまで掃除は続きます。彼はいつも私の時間に、僕はよく聴いていますよと言わんばかりにわたしの顔をじっと見てテキストを見たことがありません。見ていないのですから話とテキストを結びつけることは出来ずポーズだけです。今度は爪と遊んでいます。今の子供たち、彼だけでなく、携帯育ちの為か、集中して人の話を聞くことが出来ない生徒が多いようです。