こんにちは。
金沢文庫の学習塾「塾のナガシマ」副塾長の永島瑠美です。

現在、「塾のナガシマ」では、プレオープンコースでの個別指導を続けながら、
2016年4月の本格開講に向けて、準備を一つ一つ進めています。

2016年2月6日(土)、7日(日)に、“地域の声を取り入れる外に開かれた塾”を目指し、
「無料体験授業&勉強お悩み相談会」を開催しました。
当日は、地域の小中学生とその保護者を中心とする80名のみなさまにお集まりいただきました。

今回の記事では、「無料体験授業&勉強お悩み相談会」 についてレポートします。

参考画像1(講師)

はじめに


トップ画像


「無料体験授業&勉強お悩み相談会」は、何よりも、
参加者のみなさまに楽しんでいただくことを目標にしました。

目次

はじめに、塾長の永島慎一から、「塾のナガシマとは」と題して、
教育内容の特徴についてお話ししました。
形式・教材・方法のそれぞれについて楽しく解説していきます。

塾のナガシマとは

まず、形式の4つの特徴について、「イケ勉」という言葉でまとめました。
「イケ勉」という何だか愉快な響きに、参加者から温かい笑いが起きました。
「イケ勉」については、塾のナガシマ公式サイトをご覧ください。

次に教材についてそれぞれのサンプルをご覧いただきながら、詳しく説明しました。
オリジナルテキストです。

DSCN3391

タカラモノート・目標シート・スケジュールシートです。

DSCN3392

最後に、方法についての解説です。

DSCN3393

文章の読み方、赤・青・黄の色分け、ノートの取り方について、
実際に教科書、ノート、ペンを使いながら説明しました。

無料体験授業

続いて、無料体験授業です。

文系科目は、新小学生5、6年生と新中学1年生には社会「人類の進化と発展」、
新中学2年生には英語「不定詞」、新中学3年生には英語「受け身」の授業を行いました。

理系科目は、新小学生5、6年生と新中学1年生には理科「被子植物」、
新中学2年生には数学「連立方程式」、新中学3年生には数学「相似」の授業を行いました。

参考画像2(イベントの様子)

この単元を学習する意味や、文法や公式の存在意義、
日常生活で応用できる場面、言葉の定義をあいまいにしてはいけない理由、
自分自身の頭で面白さや疑問点を見つけ出すコツ
などについて、
想いを込めて説明しました。

勉強お悩み相談会

無料体験授業のあとは、勉強お悩み相談会です。

勉強お悩み相談会

参加者のみなさまには、イベント内でのご発言や、アンケートのご記入を通して、
学習塾に対する意見や勉強に関する悩みをお伝えいただきました。

勉強お悩み相談会で特に多かったご質問は「勉強嫌いの克服」についてです。

お悩み相談(勉強嫌い)

また、「数学(算数)の文章問題についての苦手意識」を持っている方が
多いこともわかりました。

お悩み相談(文章問題)

こうしたお悩みに対して、「塾のナガシマ」が考える回答を説明しました。

最後に

勉強お悩み相談会が終了すると、最後に塾長の永島慎一から、
「塾のナガシマ」を開業した理由と、成し遂げたい夢についてお話ししました。

最後に
「塾のナガシマ」が成し遂げたい夢については、
イベント終了後に多くのご質問やご感想が寄せられました。
私たち自身も、この夢をさらに深めて想いを強くするきっかけになりました。

ヒアリング結果について

後日、「無料体験授業&勉強お悩み相談会」でお寄せいただいた
学習塾に対する意見や勉強に関する悩みについてのヒアリング結果をまとめました。

ヒアリング結果

また、このヒアリング結果やヒアリング結果から見えてくるものについては
2016年2月10日にニュースリリースも行いました。リンク先をご覧いただけると幸いです。

まとめ

今回の記事では、2016年2月6日(土)、7日(日)に、
“地域の声を取り入れる外に開かれた塾”を目指して開催した
「無料体験授業&勉強お悩み相談会」についてレポートしました。

イベントを通して、無料体験授業へのご感想、教育内容についてのご要望、
学習塾そのものに対するご意見、現在抱えている勉強に関するお悩み、
私たちが成し遂げたい夢へのご感想などなど、たくさんの想いを聞くことができました。

そして、“地域の声を取り入れる外に開かれた塾”をつくることの意味を強く感じました。
さらに、何よりも大切なのは保護者との密なコミュニケーションであると気付かされました。

「塾のナガシマ」は2016年4月の開講に向けて、魅力的な学習塾をつくります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも、「塾のナガシマ」をどうぞよろしくお願いいたします。