こんにちは。「塾のナガシマ」の永島瑠美です。

開講から2ヵ月が経ち、どのクラスもにぎやかになってきました。
一番うれしいのは、「勉強が楽しくなってきた」という塾生が増えたことです。
でも、まだまだいけます。勉強の楽しさ、もっともっと伝えます。

今回の記事では、2016年5月30日(月)に開催した「ドキドキワクワクの特別プログラム」について書きます。
最後までご覧いただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

d15847-10-538689-0

「ドキドキワクワクの特別プログラム」とは

「塾のナガシマ」で2ヵ月に一度開催しているイベントです。
「塾のナガシマ」塾生はもちろん、塾生以外の地域の子供や大人も参加することができます。
今年度は、今回終了した5月を除くと、7月、10月、12月に開催を予定しています。
「塾のナガシマ」講師だけでなく、様々な職業に就くゲスト講師を招いたり、教室の外に出て、歴史的名所巡りや工場見学ツアーを行ったりする企画を準備しています。
各イベントの日程が決定次第お知らせしますので、電話またはメールで事前に申し込んでいただきます。

イベントの目的は、
①日常の中で身近なテーマに疑問を持ち、生活に結びつけた勉強をすることが、実は主要5教科の勉強につながっていると伝える
②勉強内容に関連した様々な職業を紹介し、勉強することが将来の仕事について考えることにつながっていると伝える
③子供も大人もワイワイ一緒に勉強する場を提供し、勉強は楽しいという考え方を地域に広げる

の3つです。

“子供も大人も一緒に塾で学ぶ”、“主要5教科におさまらないことも塾で学ぶ”ことを目指し、これまでの学習塾に対するイメージをガラッと変えるようなイベントです。

第1回(2016年5月30日(月)開催)のレポート

今回のテーマは「新しい薬を発見する確率は、宝くじが当たる確率ぐらい!?」でした。

受講する塾生の学年はバラバラ!
塾生以外の子供や大人も
参加!!
机の上にはお菓子や飲み物!!!
講師はまさかの
アロハシャツ!!!!

13319727_1204741516225028_4871907942814962782_n

普段の授業とは違う雰囲気です。

特別プログラム(最終)1

病気になったときやケガをしたときに飲んだり塗ったりする身近な薬について、Q&A形式で勉強しました。

特別プログラム(最終)2

まずは、薬の種類についてです。

特別プログラム(最終)3

4特別プログラム(最終)

薬は、服用の仕方や法律によって様々な区分があることを伝えました。

次に、薬の作用についてです。

特別プログラム(最終)5

特別プログラム(最終)6

薬が吸収されていく過程や、細胞に薬が作用する様子、作用と副作用の関係などを勉強しました。
これらの内容は、普段勉強している理科につながっていることを伝えました。

さらに、薬ができる過程の話が続きます。

特別プログラム(最終)7

特別プログラム(最終)8

薬ができる過程では、多くの年月とお金がかかっていて、様々な人が関わっていることを勉強しました。
薬の開発の費用対効果、薬に関する様々な法律などは、普段勉強している社会につながっていると伝えました。

その後、薬に関わる仕事について話しました。

特別プログラム(最終)9

特別プログラム(最終)10

研究者、臨床開発者、MR、薬剤師など、薬に関する職業はたくさんあることを勉強しました。
多くの人が関わって薬ができていることがわかります。
それぞれの仕事について詳しく見ていきました。

最後に、塾長からのメッセージです。

特別プログラム(最終)11

特別プログラム(最終)12


薬1粒にはたくさんの人の努力がつまっています。
薬の作用はすごいけれど、薬を飲まなくても良いような体を作ることがもっと大切です。
健康が一番!!ということです。

今回は、「塾のナガシマ」塾生はもちろん、地域の子供や大人も参加し、満員御礼で開催することができました。

参加者からは、
「理科や社会の勉強をしっかりやろうという気持ちになった」
「薬を通じてたくさんの勉強ができることに感動した」
「いつもより頭を使うことができて楽しかった」
「塾でこんな勉強ができることにびっくりした」

という声が聞かれ、大好評でした。

d15847-10-711236-2

講師2人も楽しむことができました。ありがとうございました。

今後について

今後に開催する「ドキドキワクワクの特別プログラム」は、以下を予定しています。

2016年7月31日(日):テーマは「農業」
2016年10月下旬:テーマは「工場見学」
2016年12月下旬:テーマは「鉄道」


各イベントの詳しい日時、申し込み開始日時は、「塾のナガシマ」塾生には毎月の「Learning is Fun!!」にて、塾生以外の方には「塾のナガシマ」公式サイトにてお知らせいたします。

どうぞお楽しみに!!

まとめ

今回の記事では、2016年5月30日(月)に開催した「ドキドキワクワクの特別プログラム」について書きました。

「ドキドキワクワクの特別プログラム」は、“子供も大人も一緒に塾で学ぶ”、“主要5教科におさまらないことも塾で学ぶ”ことを目指し、これまでの学習塾に対するイメージをガラッと変えるようなイベントです。

これからも、「塾のナガシマ」は新しいことをどんどんやっていきます。

普段の授業でも、新しいことを毎回必ず一つ取り入れ、塾生の予想を裏切るようにしています。
授業の形式や配席を変えてみたり、講師の担当科目を変えてみたり、教材のレイアウトを変えてみたり、オリジナルグッズを作ってみたり、クイズ大会をやってみたり、ゲストを呼んでみたり…。
講師が「これは面白そうだぞ!」と思うことは、すべてやってみるようにしています。
塾に来ること=ワクワクすることであってほしいなという気持ちを込めています。退屈させません。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも、「塾のナガシマ」をどうぞよろしくお願いいたします。