こんにちは。
金沢文庫の学習塾「塾のナガシマ」塾長の永島慎一です。

これまでのブログ記事は、すべて副塾長が書いていました。
そのため、「塾長は一体何をやっているんだろう」という声が届くようになってきました。

というわけで、今回の記事は、満を持して、塾長の私が書かせていただきます。

今回のテーマは、授業で扱う「テキスト」についてです。

テキストは、勉強に欠かすことができないアイテムだと私は考えています。
学生時代に、自分に合ったテキストを探して、本屋をウロウロした経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
テキストの見た目や内容は、学習意欲に大きな影響を与えます。
だからこそ、テキストは大切なものだと考えています。

「塾のナガシマ」は、完全オリジナルのテキストを使用します。

kougousei

今回の記事では、
・オリジナルテキストを作成したワケ
・オリジナルテキストのウリ①ルックス
・オリジナルテキストのウリ②コンテンツ

の3点を書きたいと思います。

オリジナルテキストを作成したワケ

「塾のナガシマ」は、「塾生が楽しくワクワクしながら勉強ができるテキスト」を目指しています。
「このテキストを開いて読んでみたい!」
「このテキストなら少しは勉強が楽しくなるかも」、
こんな風に思ってもらえるテキストが理想です。

講師2人は、理想のテキストを求めて本屋を探しまわったり、
市販されていない教材のサンプルを取り寄せたりしました。
しかし、自分たちが理想と考えるテキストに出会うことはできませんでした。
そんな中で、「理想のテキストに出会えないならば、
テキストは自分たちで作ればいいのかもしれない」
と考えるようになりました。

また、オリジナルテキストであれば、自分たちが教えたい内容がテキストにそのまま反映されます。
授業とテキストの内容が非常によくリンクしているため、
授業の内容が塾生の頭の中で整理
されやすくなります。

これらの理由から、私たちはオリジナルテキストの作成を決意しました。

ここからは、このオリジナルテキストのウリについて紹介します。

オリジナルテキストのウリ①ルックス

オリジナルテキストのルックスの特徴は、
・オールカラー
・文字が見やすい
・イラストが盛りだくさん
の3点です。

まず、「オールカラー」についてです。
白黒の味気ないテキストは、なかなかとっつきにくいものです。
私も学生の頃は、カラフルで見やすいテキストを選んでいました。
こうした自分の経験を活かし、少しでも勉強したいと思ってもらえるよう、
オールカラーのテキストを作ることにしました。

次に、「文字の見やすさ」についてです。
文字は、小さければ小さいほど、読みたい・勉強したいという気持ちを弱くさせる傾向にあります。
一方で、文字が大きければ大きいほど、情報量が減ってしまいます。
文字が小さくなりすぎて、塾生のやる気を削ぐことがないように、
大きすぎる文字で、学びの内容が薄くなってしまうことがないように、
さまざまな文字の大きさや書体を試して、絶妙なバランスを考えました。

最後に、「イラストが盛りだくさん」についてです。
テキストにイラストを盛り込むメリットは、
イラストで具体的なイメージを持てるので理解の助けになること、
文字情報とイラストを関連づけるので記憶に定着しやすくなること
だと考えています。 
そこで、テキストにはかわいらしいイラストを多く盛り込むことにしました。
イラストを見たときに分かりづらい概念を直感的に理解できます。
また、イラストにインパクトがあるので、記憶の定着を促します。

hdieyoshi

オリジナルテキストのウリ②コンテンツ

「塾のナガシマ」は、「勉強をただの暗記に終わらせたくない」という想いを持っています。
「なぜ、こうなるんだろう?」と考える機会を少しでも増やしてもらうために、
テキストは、学びの意味を考えたり、言葉の定義を問いかけたりする内容
としました。

学びの意味を考える例としては、数学「1次関数」の単元を学びはじめる前に、
「そもそもなぜ1次関数を学ぶ必要があるのか」ということを考えます。

言葉の定義を問いかける例としては、理科「酸素の性質」の単元において、
「酸素とは燃やす気体である。では、燃えるとはどのような現象か?気体とは何を指すのか?」を
塾生に問いかけ、言葉の定義をはっきりさせます。

また、問題の形式も、ただの穴埋めではなく、
「なぜ、こうなるんだろう?」と、理由を問いかける内容
を多く取り入れました。
問題を、ただの暗記のチェックにはせず、
授業で学んだことをもとに、自分なりに考えるきっかけにしてもらいたいと思います。

さらに、すべての教科で、各単元の最後には、ちょっとおもしろいコラムを用意しました。
コラムには、授業を通して学び取ってほしいこと・考えてほしいことが書かれています。
コラムを読み、自分なりに何かを感じて、自分なりの考えを持ってもらいたいと思います。 

各教科のコラムのテーマは以下の通りです。

 英語:すべての文法には存在意義がある!
 数学:公式は覚えるな!理解しろ!
 理科:森羅万象を説明できる人間を目指す
 社会:歴史は暗記じゃない!先人の生き様を学ぶのだ!
    仕組みが分かるから地理って面白い!
   「学んだことを今日からどう活かすか」考えるのが公民の授業

itijikannsuu


まとめ

勉強が好きになるためには、自分にあったテキストに出会うことが大切です。
少しでも多くの塾生に、
「塾のナガシマのテキストが一番自分に合うテキストだ!」
と思ってもらえるよう、作成したテキストのブラッシュアップを行います。

作成したテキストをもとに授業を行い、そこで出てきた塾生の意見を反映します。
また、テキストに取り入れる時事問題やホットな話題は、絶えず更新します。

「塾のナガシマ」は、「塾生が楽しくワクワクしながら勉強ができるテキスト」を使い、
塾生に、「このテキストを開いて読んでみたい!」
「このテキストなら少しは勉強が楽しくなるかも」という気持ちを持たせたいと思います。
 
今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも「塾のナガシマ」をどうぞよろしくお願いいたします。