金沢文庫の学習塾「塾のナガシマ」副塾長の永島瑠美です。

「塾のナガシマ」ではトレードマークであるロゴを使用しています。

jyukunagasima_logo_ol


このロゴのモチーフ部分はナガシマの頭文字である「N」になっています。
また、鉛筆でチェックを入れた先に黄色い★があり、それが輝く未来につながっていることを表しています。

ロゴは、企業のイメージを表す大切なものです。
本日の記事では、このロゴを作成したプロセスを紹介したいと思います。
ぜひご覧ください。

業者選びについて

インターネットで「ロゴ 作成」と検索すると膨大な業者が出てきます。
いろいろな業者を比較していたら、どの業者にお願いすればいいのかよくわからなくなってしまいました。
業者を選ぶ基準もぶれぶれになってしまい、混乱してきました。

そこで、「塾のナガシマ」は「CrowdWorks」というサイトを使って、コンペ形式でロゴを作成することにしました。

コンペ形式にした理由は、
・ロゴについて具体的なイメージができておらず、とにかくたくさんの提案をしてもらいたいこと
・ロゴ作成費用を自分たちで決められること
・登録されているクリエイターの数、出される提案件数がとても多いこと

です。作成依頼に対して、どんな提案が出てくるのかワクワクします。

作成依頼について

まずはロゴのイメージ、希望する色、使用用途などを登録していきます。
イメージは爽やか、誠実、スタイリッシュなもの、希望する色は緑としました。
使用用途は印刷(名刺、封筒、チラシ、ステッカー、パンフレット等)、ウェブ(ウェブサイト、バナー、フラッシュ等)、看板(看板、サイン等)としました。

クリエイターさんの発想を膨らませていただくため、「塾のナガシマ」のイメージに合ったロゴを作成していただくために、以下の詳細説明を加えました。
クリエイターさんに対し、しっかりと会社のイメージを伝えることが大事だと感じました。

  ★学習塾の理念
   ・教えるのは「勉強のやり方」と「ものの考え方」です。
   ・結果を出し、成功体験を積ませ、努力することの楽しさに気付かせます。
   ・誠実に一人ひとりと向き合い、講師が憧れの人であり続けます。

  ★学習塾の形態
   ・教える対象は小学校5年生~中学校3年生
   ・科目は算数(数学)、英語、理科、社会
   ・補習塾と進学塾の要素を兼ねた総合塾
   ・集団一斉型授業と個別指導を組み合わせた新しい指導法

  ★その他特徴
   ・20代半ばの夫婦が一念発起し、脱サラの後、開業します。
   ・進学実績を追求するだけではなく、「一生涯学び続けることのできる人間を育てる」ことを目指します。
   ・民間企業でのサラリーマンという経歴を活かし、今までにない全く新しいタイプの学習塾を作ります。 
   ・周辺の小中学校の事情に精通し、地域に密着した学習塾を目指します。

提案された様々なロゴ

作成依頼をしてから、様々なクリエイターさんから提案が出されます。
以下は提案されたロゴの例です。
rogokouho1
rogokouho3
rogokouho2
全てを合計すると、様々なクリエイターさんが40件くらいの提案をしてくれました。

気に入ったロゴを作成するためには、なるべく多くの提案をしてもらうことが重要です。
そのためには、提案していただいたロゴに対し、「いいね」ボタンを押すなど、頻繁にリアクションを取ることです。すると、より多くのクリエイターさんに「この会社のロゴを作りたい!」「この会社のロゴのイメージがどんどん湧いてきた!」と思っていただけると思います。

修正について

様々なクリエイターさんが提案してくださった作品の中から気に入ったものを選び、修正を依頼します。
修正依頼については、何度でも行うことができるため、自分の納得できるロゴが完成するまで、クリエイターさんに何度も修正を依頼しました。
修正については全て無料です。
また、迅速に対応してくださるクリエイターさんが多く、スピーディーに制作が進みました。

現在の「塾のナガシマ」のロゴが完成するまで、合計15回くらいの修正をお願いしました。
鉛筆の色、文字の太さ、「N」の谷の深さ、星の色などなど、微修正を何度も繰り返し、クリエイターさんに協力していただきながら現在のロゴが完成しました。

納品と支払いについて

納得できるロゴが完成したら、ロゴを採用することをクリエイターさんに伝え、あらかじめ自分で決めておいた価格を支払います。
支払いは全てクレジットカードで行います。
支払いが確認できると、クリエイターさんからロゴのデータが納品されます。

jyukunagasima_logo_ol

納品されたロゴです。
他にも、モチーフと文字を横に並べたもの、文字だけのもの、モチーフだけのものを一緒に納品していただきました。

現在は、ホームページや教材、看板などいたるところで使用し、「塾のナガシマ」の象徴となっています。

まとめ

本日の記事では、「塾のナガシマ」のロゴを作成したプロセスについて紹介しました。

業者に直接依頼する方法ではなく、インターネット上でのコンペ形式という方法で作成しました。
ロゴ作成をお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

「塾のナガシマ」のロゴが、より多くの方々の目に触れるよう、塾の経営を頑張ります。
今後とも「塾のナガシマ」をよろしくお願いいたします。