キタノ劇場

北のサムライの過去の旅の記憶、たわいもない日々の出来事などをつらつらと綴っております。文章・画像等の転載を厳に禁じる。

2017年01月

高松凌雲(筑後出身)22歳の時、実兄の幕臣古谷勝太郎(箱館戦争にて戦死)を頼って江戸に出た。やがて医師を目指し、オランダ語を学ぶ。全国から俊英の若者が集う適塾に入塾し、蘭方医緒方洪庵に師事。たちまち頭角をあらわす。西洋医学、オランダ語をマスターする。更に ...

ますや本店(郡山市富田)昨日のことなんだが、ますやのラーメンが食べたい症候群に陥り、郡山まで食べに行ってまいりました。この真っ黒なスープが郡山ブラックの元祖なのです。豚ガラスープ、見た目はしょっぱそう(人によって本当にしょっぱいかも?)なんだが、旨味たっ ...

恋妻家宮本学生時代の終わりごろ、恋人に子が出来てしまい、大学院への進学を断念し、教職の道を選び、出来ちゃった結婚をした主人公である。本来、大学院で日本文学を専攻し、作家を目指したかった。しかし、愛、いやそれよりも責任感が上回り結婚したらしい。27年後、そ ...

連日、路面凍結と渋滞に悩まされています。朝は、6時40分ぐらいに出ても相当な通勤時間を要している。とてもとてもネットに入る余裕もないぐらい、せわしない。ところで、昨夏、札幌で食べた『鴨のロースト』・・・美味しかった。そして、かなりボリュームもあったぜよ。 ...

この映画にはやられた・・・久々に号泣モード・オンになっちまったじゃねえか。余命ものと知りつつも熱い愛に感動した。多くは語るまい。興味のある方は、劇場で大いに泣いてくだされ(TT)宮沢りえが演技、白眉なり・・・ ...

このページのトップヘ