理系の東大受験ブログ

高3です。2人で運営してます(淳五郎、序破急)。応援お願いします。

2014年03月

お久しぶりです
更新が滞ってしまいすいません^^;

ダンボールに詰めた後成績表がしばらく行方不明になっておりました、と言い訳しときます

コメントがかなり溜まってしまってます
コメントくださった方々申し訳ありません、返信はもう少ししたら行いますのでしばしお待ちを



引っ越しもひと段落しかけてる(終わったとは言ってない)のでぼちぼち更新再開していきますね

とは言っても受験体験記はオリ合宿後になるかもですが^^;




てか、明日の諸手続き一人で行く感じです

鬱だなー(~_~;)

http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=jyun

そんなこんなの俺だったが、なんやかんやで見事東大理二に合格したのだった
科類が理一から理二に変更されているが、そこは気にしないで欲しい






感動のフィナーレをありがと~う!!!
また、お会いしましょう!!











こんな感じで終わりにしちゃおうかしらと思ってた時期が僕にもありました

「面白い!」「もっと書いて!」

そんなコメントに励まされて頑張って書いてます

正直こっから先はマンネリでツマラナイかも
いや、それは最初から?

もはやどの層向けにもならなさそうだが
続き行くぞおりゃーー!!!


前回のあらすじ
学校のテストと決別した俺氏
だが彼は、情報の取捨選択という言葉を知らなかった
和田式信奉の深みにはまっていく俺氏
果たしてどうなる?


和田式について少し話をしたい
少しって言ってもマジで少しです
ここでは主に東大受験技法についてね

地方公立高校の生徒で意識高い系の人達の中には高1の段階で和田式というものを知り、それを参考に勉強を開始する人も多くいるでしょう
そこで信奉を深め、かつ東大を目指す人は高2辺りで東大受験技法なる本に手を伸ばしたりするんじゃないでしょうか
僕のように高1あたまに東大受験技法買っちゃう人もいるかもしれませんね

僕は和田さんを否定するつもりは微塵もありませんし、彼の本を参考にしたこともあるのでむしろ感謝しています
和田さんの本を読んで勉強の参考にすることは全く悪いことじゃないです

だがしかーーし!!

情報は正しく選びとらないといけません
東大受験技法で書かれている科目ごとの期待できるとされる得点と実際のそれとは大きく異なります
多分和田さん自身の得意不得意が反映されてるんだと思う
とにかく鵜呑みにしちゃダメ絶対

高1の頃の純真無垢な僕がこれを読んで立てた点数計画がこちら

国語35
数学75
物理60
化学35
英語80

なんと、理三合格である

俺氏が間抜けだったのもあるかもしれんけどとにかく実際にどれくらい自分が点を取れやすいか、というのと和田式に書かれている内容とには大きな隔たりがあるということを認識してください

まず、物理はカモ!満点狙える!
とか書かれているけど、多くの受験ブログを漁ってみても50超えてる人自体数少ないです
40超えでもいい方

その辺のリアルとのギャップは過去の受験ブログとかを見れば分かってくると思います
時間はあるけど既習範囲の関係で実際に過去問を解くのが厳しい高1高2生の人は暇なときにでも漁ってみてください

それから、書かれている内容自体はとても参考になるので買ってみるのは大アリです



はい、僕の話に移ります

高2に上がる辺りから、模試の偏差値やら和田式信奉により既に東大に受かった気になっていた俺氏だったが、勉強をサボるということはなく高1のころとほぼ同じペースでコツコツ英数と少し理国を勉強していた

具体的にこの頃は
英語はビジュアルPart2
数学は相変わらず
国語はマドンナ古典文法と漢文道場…だったんだけど漢文道場は数回やって放置しちゃった!ごめんよ(´・_・`)

理科はまだ模試にはなかったから定期テストの時に
物理は漆原→教科書某用問題集
化学は照井→教科書某用問題集
をやるのみ

今思えば、この時期に理科は重要問題集レベルまでマスターするか、理想的にはどうせ学校の授業聞かずに独学するなら自分のペースで先取り進めとくべきだった

公立高校だと、理科は最後まで終わるのが3年の二学期とか三学期になってくるところが多いはず
これだと結構精神的にきついし、何より夏模試では電磁気や高分子で爆死すること間違いなしですのでやる気失せます

とにかくまあこんな感じで英数に力を注いでたら、5月に全統模試がやってきた
その結果がこれ

ちなみに()の中は当時のメモ帳に残されていた試験前に立てた目標偏差値

英語 84.7(80)
数学 74.0(85)
国語 68.5(70)

判定
理一A
理三C

よし!英語は目標達成!
あとの科目は運が悪かった、と全く反省はしなかった
模試の受けっぱなしとはまさにこのこと

その次の6月の駿台がこれ

英語 68.9(70)
数学 74.1(80)
国語 62.6(65)
総合 74.0

判定
理一 今の成績はAランクだ(ry
理三 着実な努力を積み重ねて出遅れを(ry

一つも達成ならず!残念!

まあこの辺の成績からはあんまり伸びんのよ

7月の進研模試

国語 63.9
数学 80.3
英語 82.8
総合 80.3

理一 C
理三 D
デジハリ 志望者順位4位

判定きついなー程度にしか思わなかった
国語の成績でついに偏差値70切ってしまい、他校の友達に、お前は基礎力が足りてないなと言われて言い返せなかったのは覚えている
なお、そいつは総合偏差値50くらいだった模様



この頃には過去の受験ブログとかも漁り尽くし、自分の今掲げている得点目標が非現実的なものであるかもしれないと気づき始めた
てか、一個上のブログ見てるだけでも絶対物理で満点狙えなさそうなのは明々白々だったが、この頃の俺氏はまだ現実から目を背けていた



そしてやって来た夏休み

夏休み入る前に学校ではほとんど数二ビーが終わったから、残りを独習して文系数学の25カ年をやろうと買ってきた
だが残念!結局先日新品のまま、浪人する友人に明け渡したよ!

うーん、高2の夏休みは変に背伸びせずにこれまでの分野で不安なところがあれば復習、無ければ理科にも力を入れてみるのがいいと思う


ちなみに俺は
数学は相変わらずにプラスして理系プラチカ
英語はビジュアルPart2の後に取り組んでいた和訳演習中級編を終えて、遂にあの伝説の神書、英文読解の透視図に手を出した
国語は夏休みは放置
理科もあんまりやってない

こんな感じ

7月23日に英文和訳演習中級編を終えたようでそこにこんなことが書いてあった

和訳演習中級終了!!
443/560点!
400以上→合格
450くらい→二次合格レベル!
っしゃあ!

意味不明だがおそらく英文和訳演習の総得点が良かったから喜んでいるのだろう
これによればビジュアルPart2まで終えただけで東大二次合格レベルまで和訳力が付いた訳だから、やはりビジュアルは神書と言える
伊藤先生万歳!

この頃に受験ブログを始めた
実は高1からずっと機会を伺っていたのだけど、ビビって結局一人では立ち上げられず序破急と共同運営という形でスタートする

だがそもそもやる気のない序破急、瞬殺でブログからは消えた
多分、あいつは俺が未だにこのブログを続けていると知ったら驚嘆すると思う


ちなみにこの頃の模試

学研ハイ
国語 70.8
数学 78.5
英語 77.4
総合 75.6
理一 A
理三 C

全統模試
英語 86.5
数学 86.5
国語 72.6
理一 A
理三 A
デジハリ1位

遂に理三でA

この頃は模試を受けるのが楽しくてしょうがなかった

受けるたびにいい結果で返ってくる

こういう楽しみを味わうためにはやはり早いうちから勉強するのみ
高3とかになるとガチですごい奴らと戦わないといけなくなるからこうはいかない
模試を楽しめるのは高1高2うちだけだから、なんとか早い段階で勉強をスタートしましょう


こんな感じで高2二学期へと続く

http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=jyun

ぶっちゃけこのシリーズ終わりが見えない

もう、お兄さん疲れちゃったよ…

一応筆者は公立に通う人向けに書いてるつもりです
それから、受験終えた人がこれ読みながら自分の高校時代を振り返ったりとかしてくれたら、とっても嬉しいなって^ ^

というわけで前回のあらすじ

これまで英数の成績を順調に伸ばしてきた俺氏だったが、模試の成績は頭打ちになりガチで1位を取りに行った校内実力テストでまさかの一つ順位を落としての3位に終わり、心が折れてしまうのだった


そうそう、高2に上がる前に文理選択がありました
高1の半ばまでは、「おら、文一いって官僚になる!それで、日本をいい国にするんだ!」などと高尚なことを考えてたけど、世の公務員バッシングが半端なく、まだ官僚になってもいないのに国のためになんぞ働けるか!と俺氏は心が折れてしまった
豆腐メンタルとはこのことである

そんな訳で、結構悩んだ末に親や友達の勧めにも後押しされて理系を選択
ちなみに唯一学校の担任だけは、お前の性格は文系やで!と言っていた
性格で文理選択指導をする先生にマジで動揺した

とまあこんな感じで俺氏の高1は終わった


高1と高2の間の春休みは物理と化学について触れずには語れないでしょう

僕の高校は高1の時は物理化学生物を一学期ずつ授業をやるスタイルだったんだが、その物理化学の定期テストでは平均を切ってしまっていた
高1は英数に特化してたからしゃあないっちゃあしゃあない
学校の実力テストも国数英のみだったから対策もしなかったし

そんな僕でしたが理系を選択したからには理科は避けては通れない

というわけで春休みに
物理は漆原の面白いほどわかる本とエッセンス
化学は照井
を買って来て取り組んだ

物理の漆原はマジで神書です
独学する人にはこれオススメ
正直物理は別に学校無くても漆原読んで問題演習すりゃ余裕のよっちゃん以下です
あと、俺は一応ネットの評価そのままにエッセンスをやったけど個人的にはエッセンスは別にいらん気がする
漆原読んでアクセスとかの教科書某用問題集の発展例題と発展問題に取り組めば大丈夫かと

問題は化学で、化学の特に理論と有機は最初が超大変
とりあえずこの時はまだ理論しかいらなかったから照井読んで後は物理と同じくアクセスの発展例題や発展問題をやりました

英語は基礎英語長文問題精講とかいう青色のやつ
数学は相変わらず一対一と青チャートワイドのエクササイズ
国語も相変わらず模試前にちょっとやるだけ

そんな感じで春休みが終わりやってきた校内実力テスト

さぁ!お前の力をみせておくれ!やられたまま終わるおまえじゃないだろ?!

結果 学年総合36位

いやぁーーーーーー!!!!やめぇーーてぇーーー!!!!

そう、この前の実力テストで完全に心は折れ、ついに学校のテストと決別した俺氏なのだった

まあしかし総合はクソな俺氏だったが、なんと物理は学年1位をゲッチュしていた

やはり漆原は神だ!俺のやり方は理科でも通じる!
総合成績がクソなことや化学の成績も芳しくないことからは目を背けた

さらに俺氏は当時和田式を信奉していて、特に東大受験技法は俺氏の聖書となっていた
完全に和田式を鵜呑みにしていた俺氏は校内テストで1位を取っただけで東大物理は60取れるなと確信し始める

しかも学校のテストではいつも数学で上位だったため、東大数学でも70は余裕でいくなどとほざき始めていた

明らかな認識違いをしながら自信だけが肥大していく俺氏

学校からの評価も失墜し教師から嫌われ始める中、無事に軌道修正をはかれるのか?!

http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=jyun

ガンガン書いていくぜ!

前回のあらすじ
学校のテストに翻弄されながらも英数の成績を順調に伸ばしていく俺氏
果たして俺氏は校内実力テストで1位を取れるのか!?


ちなみにちなみに

高1の6月の駿台と1月の駿台の成績比較してみた

科目 6月→1月
英語 52.5→66.6
数学 64.8→78.8
国語 58.9→63.8
総合 60.0→75.1

偏差値インフレーション!!
半年ちょいで総合偏差値15も上げたったで!!


個人的に、公立から数オリ本戦出場レベルに数学が得意とかじゃない普通の人間が東大目指すにあたって大切なのは、如何に早い段階で東大合格層の成績に入るかだと思う

俺の周りで高3からガチになった奴らは惜しいところまでは行くんだけど軒並みあと少しのところで落ちてる

今高1高2でここ見てる人がいたらぜひぜひ今すぐに勉強を始めて欲しい

特に高1なんてのは勉強してる奴ほとんどいないから少しの努力で一気に駆け上がれる
一回駆け上がってしまえば後はその位置を維持していくだけだから気持ち的にすごい楽です
頑張りましょう

高2の人
1年なんぞ一瞬で過ぎます
高2から始めるなんてのは周りより少しばかしスタートが早いだけで、あぐらかいてると全然成績伸ばせないまま高3を迎えることになります
これも俺の体験になるけど、高2から勉強始めた奴でも結構成績伸ばすのには苦労してた
ちょっとやったくらいじゃ成績は上がらない、と覚悟を決めて頑張りましょう

それから、高1高2で勉強始める人にありがちなんだけど、勉強してるっていう事実に満足しちゃって肝心要の成績を伸ばすってところに至らない人が結構います
勉強するにあたっては、今自分が取り組んでいることが本当に成績に繋がるのかを意識してください
できればライバルがいればそういう事態に陥りにくいのかなとも思うんですが、公立だとちとキツイかな?

そういや今思い出した
高1の時、したらばだったか2ちゃんだったかで高1から勉強して楽々東大行こうず、みたいなスレがあって、周りに競い合えるライバルがいなかった俺はそこをよく見にいってた

そこにはあまとう文系とかいうクソ頭よくて勉強についてアドバイスしてるコテハンがいて俺は勝手にそいつをライバル認定してた
パワポケ10の天道と主人公的なアレです

そのスレには他にも、そんなに勉強できないのに英語の解説してる謎の奴とか全統模試全国1位なのにオーラルだけ4点とかでそこだけ偏差値30台の天才とかがいて、結構刺激を受けて勉強の活力にしてた
あまとうを2秒でぶちのめす、を合言葉に一人で黙々と勉強したのはいい思い出

多分今もそういう系のスレはあるから、公立で周りにライバルがいない人は見に行ってみるのもいいかもしれません
ただ、のめり込んだら死ぬので気をつけましょう^ ^


はい、というわけで続きじゃ続き!!


1月の駿台を受けた後の反省が手帳に残ってたので書きます


模試反省・課題

英語
語彙さらに→シスタン4・5章(結局3年になるまでやらなかったがな!)
リスニング→リスニング演習入門編(これもめんどくてやらなかったがな!)
長文→予定通り(これはちゃんとやったぜ!)
数学
ok+乙会トップレベル(おそらく乙会トップレベルを始めようというつもりだったのだろうがそんなものやっとらんから多分放置したくさい)
国語 古文漢文がやばい
古文:単語・ステップアップノート(ステップなんちゃらとか持ってないよ!)
漢文:放置プレイ(粛々と実行しました)

こんな感じで反省はするものの中々実行に移せなかった、というよりも順調に成績が伸びてる英語の読解の勉強が楽しくてそっちばっかりやってました

駿台ちょい前あたりから英語は基礎英文問題精講とかいう緑のやつを例題の下線部以外も全部日本語訳していくという作業を1日2〜3講ずつ進めていきました
これは確か60講くらいから解説が薄くなるからそこまでやりました

国語は模試の直前にマドンナ古文単語、早覚え、吉野のスーパー暗記帳を復習するのみ

数学は相変わらず

ちょうど基礎英文問題精講が終わった頃にやってきた学研ハイレベルの結果がこれ

国語 66.4
数学 84.5
英語 70.5
リスニング 52.7
総合 73.8

校内2位

このあたりから成績が頭打ちに
でもなんだかんだで英数の成績は良く、進研模試よりも校内順位が良かったので満足してた

そして、これとほぼ同時期に実施された校内実力テスト

俺は決めていた、ここで決めてやると
過去問も先輩から受け取りバッチリ対策
現代語訳?答え丸暗記?
全部完璧にこなしたよ!!
さぁ、いくぜ!学年トップへ!!

結果 学年総合3位

ぬおおおーーー!!!ダメなのか!!ダメなんだな!?
ちなみに高1の時は不動の1位はまだおらず、毎回1位は入れ変わってました
それなのに、こんなに安定した成績を残しているのに結果1度も1位を取れずに高1最後の校内実力テストを終える俺氏

辛すぎる

心が折れる音が聞こえた気がした


http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=jyun

若干疲れてきたので次からはやや飛ばしていきますね

さっき一つ目書いてみて全然進まないことが発覚したのでじゃんじゃん書いていきます


前回のあらすじ
学校のテスト勉強してるようじゃダメや!と気づき独学を始める俺氏だったが、周りの目を気にするあまり学校のテストも真剣に取り組んでしまい時間を無駄使いしてしまっているのであった

てなわけで続き

11月に公立高校あるある進研模試がやってきた
うちの高校は7月の進研模試は受けなかったから俺氏にとって初の進研模試

2ちゃんで「偏差値70ないのはゴミ」とか言われてたのを完全に間に受けてた俺は他校の友達に偏差値80は固い、苦手科目でも偏差値70はいくわ、とかほざいてた

その手前絶対恥ずかしい成績は取れんと思い、何の勉強もしてなかった古文漢文の勉強を始めた

漢文は早覚え、古文はマドンナ古文単語と吉野のスーパー暗記帳を2週間くらいで集中的に取り組んだ
英語は相変わらずビジュアルとシスタン2章までに取り組み
数学は一対一と青チャートワイドのエクササイズをやってた

そんなこんなで受けた11月進研模試がコレだ!

国語 75.0
数学 86.8
英語 78.9

校内4位
県内10位

判定はでなかったみたい
間違いなく校内1位だろとか思ってたがまさかのあのクソテストよりも順位を落とす結果に

いかん!もっともっと自分の勉強に集中しないと上位陣に置いていかれる!と危機感を募らせる俺氏
もう今度こそ本当に学校のテストなんかやってられるか!みんながアホみたいに課題の答えを覚えてる間に自分の勉強をして一気に突き抜けてやる!と決意

そんな中やってきた学校の実力テストの結果がコレだ!

学年総合2位

惜しい!!非常に惜しい!!!
前回前々回のテスト問題から、実力テストに使われる題材は毎年ほぼ同じらしいと聞き先輩から校内実力テストの過去問を渡してもらうなどして完璧な対策をした上でなお1位を逃す!
クソ!これでもダメなのか!?次こそは、次こそは1位を取るぞ!!と固く誓った←


こんな感じで学校のテストで自分の勉強を中断しながらもコツコツと英数の勉強を続けた

英語はビジュアルPart1が終わり、英文和訳演習初級編に取り組みながらビジュアルPart1の復習をやり、シスタンも3章まで覚えた
数学は相変わらず一対一と青チャートワイドのエクササイズに取り組んだ

英文和訳演習初級編がちょうど終わったくらいでやってきた1月の駿台模試がコレ

英語 66.6
数学 78.8
国語 63.8
総合 75.1

理一 今の成績はAランクだ。このペースで頑張ろう。
理三 着実な努力を積み重ねて出遅れを挽回しよう。
デジハリ 志望者順位6位


俺はやれる!!そう確信した模試だった


ちなみに同時期に受けた進研模試

国語 70.6
数学 80.7
英語 83.7

総合では前より良くなかったけど、英語が伸びてることが嬉しくてきゃっきゃ言ってた覚えがあります

それくらい、この時期の僕は英語に傾倒してました

こんな感じで順調に英数を伸ばしながら三学期を迎えた

http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=jyun

これから高1から順に体験記書いていきます
役に立つかは非常に疑わしい単なる筆者のオナ○ーですはい

役に立つ記事読みたい人は他所へいきましょう


はい、というわけで
まず東大受験を決意した経緯について
公立中学では勉強において無双状態で特に数学は得意だった

学校の数学の先生にお前なら東大いける、と言われその気になり東大受験を決意

高校受験は余裕で突破し地元では一番進学実績がいい公立高校に進学


6月くらいに学校で初めて校内実力テストがあった
これが2ちゃんでよく言われるいわゆる自称進学校に典型的なテストで、英語古文漢文現代文は出された課題から出題される
よっていかに答えや現代語訳を覚えてくるかが問われるクソテストであった

こんなの意味ねえからやらんくていいよな、などと友達と話しながらも全力で取り組み見事学年総合3位を獲得
こりゃ東大余裕ですわと早くも合格を確信する俺氏←おい笑


このテストの効果は凄まじく学校では淳五郎頭いい的なイメージを確立し、自分自身でも俺は天才に違いないと勘違いするようになった

そのテストの1週間後に受けた駿台模試がコレだ

英語 52.5
数学 64.8
国語 58.9
総合 60.0

判定
東大理一 着実な努力を積み重ねて出遅れを挽回しよう
東大文一 着実な努力を積み重ねて出遅れを挽回しよう
東大理三 着実な努力を積み重ねて出遅れを挽回しよう

見事最低判定を獲得
動揺する俺氏
?出遅れてるの?嘘だろ?

得意なはずの数学もなんか微妙だし、英語にいたっては偏差値55切ってる
あれ?学校の実力テストじゃ英語1位だったぜ?何これ死にたい!

この時学校のテストは当てにならんなと確信し、自分で参考書買って勉強しよう!という考えにいたる

何買えばいいのかわからんかったから「東大 参考書」とかでググりまくり受験ブログの存在を知り、いろいろ見て回った

結果とりあえずは英数を伸ばすことに決め、単語帳はシステム英単語、英熟語は合格英熟語、英文解釈はビジュアル英文解釈、数学は一対一をやることにした

シスタン1章と合格英熟語100個をなんとか覚えて軽くビジュアルに手を付けたくらいで受けた7月初めの代ゼミトップレベル模試がコレ

英語 62
国語 67
数学 70

理一 B
文一 B
理三 D

今見たら氏名掲載されてたわ
この模試で自分で勉強してもいけると確信する

夏休みには文法を文法書でサラッと一通り独学し、数学は一対一英語はシスタン2章までとビジュアルを進めた
そんな感じで過ごした夏休み終わりの全統模試がコレだ!

英語 74.2
数学 75.4
国語 64.9

英語が順調に伸びてるのがわかる
数学はちょい失敗してこの点数
ますます自分の正しさを確信
二度と学校のテスト勉強なんかするか!

そして夏休み明けに受けた例の学校の実力テストの結果がコレだ!

学年総合2位

なんと一つ順位が上がっている
そう、口では散々言いながらも周りからの評判を落としたくないがために夏休み後半は学校の課題の答えを覚えることに専念していたのだ
くそ、まだ上がいるのか!次こそは1位を取ってやる!と意気込む俺氏

そんなこんなで2学期を迎えるのであった


http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=jyun



ちょい待って!
これ全然進まない^^;
めちゃくちゃ頑張って書いたのにおかしいぞ^^;


東京大学理科二類合格しました


みなさん!プッシュプッシュ!!
http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=jyun


追記

今後このブログをどうするかはまだ未定ですが、とりあえず得点開示までに合格体験記的なものや各受験科目について書いていくつもりですのでよろしくです

このページのトップヘ