体験記を全然書かない言い訳を書きます

僕は高3時代ベストな振る舞いが出来ませんでした

高1高2時代の頑張りにより、だいぶ成績は良くなっていたので高3に上がる頃にはどうせ受かるだろうという甘えが頭の片隅にあり、怠けてしまったわけです

さらに、僕が高3時代に最も取り組んだのは理科ですのでそこに関する記述が多くなると思いますが結局理科は最後まで伸び切りませんでした
僕が受かった要因は上手く得点計画を立てたことが大きく、それができたのは高2時代までの頑張りが大きいです

東大自体には受かってしまっている分、僕の高3時代の体験記は成功者のそれとうつってしまいたちが悪いものになりそうですので、むしろ書かない方がいいとも思ってます

逆に言うと僕の受験成功のエッセンスは高1高2時代とリスクを除去した得点計画にあると思っているので、そこの部分では既に受験生に役立つ情報は出し切ったとも言えますね

後は科目別のこととなりますが、得点開示的に科目別で勉強法を書けるとしたら英語くらいなので今後は英語に関する記事を書きつつぼちぼちと体験記を載せていこうかと思ってます

http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=jyun

リクエストがあれば記事にするので何かあれば言ってください