NHK朝ドラ「純と愛」はいつまでも(夏菜さん、風間俊介氏を中心とした出演者ファンサイト)

2012年秋から2013年春、沖縄県宮古島と大阪市大正区を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説「純と愛」が放送されました。 このブログでは、それに主演した夏菜さん、風間俊介氏を中心に、出演者の最新情報を紹介していきます。

「純と愛」では、夏菜さんと風間俊介氏が演じる「純愛コンビ」を中心ににぎやかなメンバーがそろって楽しいドラマが展開されました。

「純と愛」が終わっても、夏菜さん、風間氏など出演者はそれぞれのフィールドを舞台にさらに飛躍します。このブログを通して「純愛ファミリー」を応援したいと思います。

新ドラマ情報 夏菜さんが女刑事に、羊さんは痛快サスペンスミステリーに挑戦

いずれも今日14日からのスタートとなったこの冬の連続ドラマ2本に、夏菜さんと吉田羊さんがそれぞれ出演している。

・夏菜さん 「スペシャリスト」(テレビ朝日系 木曜21:00-21:54 初回のみ22:09まで)
同作品は、解散報道がうわさされているSMAPの草彅剛氏が主演するアクションミステリーで、これまで今年1月を含め4回、土曜ワイド劇場の単発枠で放送されたものが大好評だったのを受けて、連続ドラマにしたものである。

今回夏菜さんはレギュラー化にあたり、警視庁・総合事犯対策課(仮)の敏腕女刑事・我妻真里亜役に挑戦する。実は夏菜さんはこれよりも3年前、同じ木曜ドラマ枠で放送された「ダブルス~二人の刑事~」で巡査の宮田亜紀を演じており、刑事ドラマの経験が生かされるドラマといえる。

物語は刑事でありながら、過去に冤罪で10年間服役しながら、その間に犯罪の手口などを研究した草彅氏演じる宅間善人が、京都を舞台に様々な難事件に挑む痛快アクションミステリーで、今回のレギュラー化ではある事情から宅間が東京の警視庁に赴任するという。夏菜さんが演じる真里亜は、宅間の強力なバディー(コンビ)として難事件に挑戦する。

・吉田羊さん 「木曜劇場 ナオミとカナコ」(フジテレビ系 木曜22:00-22:54 初回のみ23:09まで)

本作は奥田英朗氏の同題名のベストセラーミステリーサスペンスを初めて映像作品化したもので、90年代のトップアイドルである広末涼子さんと内田有紀さんが、20年以上の時を超えて、女優として共演する。

互いにアラサー世代を生きるOLのナオミ(広末さん)と専業主婦のカナコ(内田さん)は大学時代からの無二の親友である。しかし、なかなか自分たちの思った通りの人生が形成できないでいた。そこで考えたのがドメスティックバイオレンスに悩む互いの旦那を殺害しようという計画だった。

羊さんの役柄は、カナコの義姉・陽子を演じる。陽子はこの仲良し2人組が企もうとする殺害計画に疑念を持ち、常に真っ向から対峙する役を演じる。

本「朝ドラの55年」

NHK出版が、連続テレビ小説55周年を記念してその名も「連続テレビ小説1961年から2015年 朝ドラの55年 全93作品完全保存版」をこのほど発刊した。

1961年に「娘と私」でスタートした、連続テレビ小説は、現在放送中の「あさが来た」で93作品放送されている。番組開始当初から1974年までは原則として1年1作品、75年以後は、基本的に上半期は東京発、下半期は大阪発(例外として、1983年度の「おしん」、1991年度の「君の名は」、1994年度後期~1995年度前期の「春よ来い」は1年間。また、1981年度の2作品「まんさくの花」「本日も晴天なり」は2作とも東京製作。1992年前期の「おんなは度胸」から1994年後期から1年間の「春よ来い」の前半部までは、放送順序を入れ替えて前期が大阪、後期が東京発だった)として、女性の視点で描いた一代記を半年~1年間の超ロングランで描いている。

この本では、その過去55年間・93作品に及ぶ朝ドラの歴史を、主たるヒロインや準主役の男性俳優、さらにドラマを支える脚本家、演出家などのインタビューや、ドラマの見所をまとめたダイジェストなどで詳しく解説している。また来年4月放送開始の「とと姉ちゃん」についても簡単に触れている。

定価2300円+税。全国主要書店NHKテキストコーナーや通販でお買い求めください。

「真田丸」

来年1月10日スタート予定のNHK総合テレビ「大河ドラマ・真田丸」(総合日曜20時、再放送土曜13時05分、BSプレミアム先行日曜18時)。すでに堺雅人氏の主演は決まっていたが、それを取り巻く面々のキャストが決定し、このほどマスコミに公開された。 

その中で注目していただきたいのは、朝ドラゆかりの面々が主要キャストで登場することにあり、このうち2人は「純と愛」からのつながりだという。

物語は安土時代から江戸時代にかけて武将として活躍し、真田幸村の異名を持つ真田信繁が、大坂夏の陣で徳川家康を追い込み、天下の武将として知られるまでを描く時代活劇である。

まず男性陣では、今年の「まれ」で、パティシェの池畑大悟役で、希(土屋太鳳さん)を厳しくしごいた小日向文世氏が、今度は真田信繁を名将に育て上げ、スカウトする側で登場する。また「花子とアン」(2014)で編集者・梶原を演じた藤本隆宏氏が信繁を慕う堀田作兵衛役を、「まんてん」(2002)でのちにヒロイン・日高満天(宮地真緒さん)の夫となる花山陽平を演じた藤井隆氏が忍者の佐助役。「ふたりっ子」(1996)の将棋青年・森山を演じた内野聖陽(せいよう)氏は、真田信繁と会いまみえる徳川家康を熱演する。同じ作品で、双子の父・野田光一を演じた段田安則氏は武田信玄亡き後、織田家に迎え入れられた滝川一益を務める。

女優陣では信繁の最大のパートナーとして知られたきりに、2002年「さくら」の高校生の生徒・沼田佳奈子役や、大河ドラマでも「功名が辻」(2005)「天地人」(2009)などでも好演し、ベテランの長澤まさみさん、信繁の祖母・とり役には先ほどの「まれ」でロベールさんを演じた草笛光子さん、豊臣家の名女房・北政所役に、1991年の「君の名は」の真知子役を務めた鈴木京香さん、秀吉を愛した茶々(淀)は、意外にも大河ドラマは初登場という、1999年後期「あすか」のヒロイン・竹内結子(ゆうこ)さん、 家康の最愛の側室である阿茶局は、1985年「はね駒(こんま)」の斉藤由貴さん。

そして「純と愛」からは、徳川家の重鎮・本田忠勝の娘・小松姫を吉田羊さん、信繁の初恋の人・梅を、「純と愛」だけでなく、「花子とアン」でも熱演した黒木華さんが演じる。

これだけのメンバーをそろえて、一部では「ワイドショー大河」などといわれたりしている。何しろ、三谷幸喜氏の脚本ということもあり、アットホームな雰囲気の大河ドラマになることは間違いない。 

吉田羊さん、「映画HERO」でまたも…

フジテレビの王道ドラマ枠「月9」で2001年と2014年の2度にわたり連続テレビドラマ化、その他続編の映画やテレビドラマスペシャルなどが放送された、「HERO」がこの夏、8年ぶりの映画化を果たし、待望のシリーズ完結編を迎える。

この作品は、SMAPの木村拓哉氏が、スーツを着ない検事・久利生(くりう)公平を演じ、様々な難事件を型破りな手法で解決するさまを描いたものであるが、今回は2001年の第1期、そして昨年の第2期のメンバーが集結し、木村氏と松たか子さんの名コンビの復活など注目が集まっている。

今回の映画版は、ある雨の夜、女性が交通事故死した事故を巡り、公平と事務官の麻木(北川景子さん)が取り調べをしているところ、松さん扮する雨宮という公平の元バディーで、現在は大阪地検の検事に栄転したという人物が登場する。雨宮は「死亡した女性は暴力団がらみの恐喝事件の参考人だった」と告げるが…。

吉田さんの今回の役どころは、吉田さん同様年齢不詳の美人検事・馬場玲子を演じる。1月期の「ウロボロス」、4月期の「ドS刑事」に続く刑事ものへの出演で、花の独身検事を務めている。

この映画は7月18日より全国ロードショー公開されるが、当日はお台場・シネマメディアージュにて初日舞台あいさつが行われ、吉田さんをはじめとした主要キャスト10名と、鈴木雅之監督が9:40の上映後と13:15の上映前にあいさつを行う。なお入場券はすでに事前予約販売で完売しており、当日入場は不可となっているが、この舞台挨拶の模様が167の映画館に衛星中継(パブリックビューイング)される(なお、中継先には出演者は登壇しません)。チケット購入については、こちらからお入りいただき、「初日舞台あいさつ全国生中継」のバナー(アイコン)を押してご確認ください。

また、7月20日(海の日)の深夜=21日未明の午前1時から、ニッポン放送「オールナイトニッポン月曜日」に、「HERO」出演者がゲストパーソナリティーを務めることになった。普段は、ウーマンラッシュアワー・村本大輔氏がパーソナリティーを務めるが、この日は村本氏の番組へのゲストではなく、「オールナイトニッポン・『映画HERO』スペシャル」というテーマで、2時間全体を「HERO」漬けにしてしまおうというもの。吉田さんは、正名僕像氏(井戸秀二役)との名バディーでワンコーナーを担当しており、映画の見所、自らの役どころを紹介するほか、リスナーから寄せられた質問にも答える。

放送はニッポン放送発NRN全国ネット(一部NRN以外の局あり)で、7月20日深夜(21日)1時-3時。映画を見る前に、また映画を見た人も、十分楽しめる番組になっているのでお楽しみに!!

吉田羊さんのドラマ番組最新情報(夏ドラと大河)

吉田羊さんが新たに2つの連続ドラマに出演することが決まった。

(夏ドラマ「恋仲」)
フジテレビの「王道恋愛ドラマ枠」として知られる、月曜9時のドラマで放送される青春ラブストーリー。今を時めく福士蒼汰氏と野村周平氏、本田翼さんが主演を務める。本田さんが演じる芹沢あかりという女性が、福士氏演じる三浦葵と、野村氏演じる蒼井翔太という「2人のアオイ」に恋い焦がれ、その2人のアオイのどちらを取るかを描くという物語。

同作品はシンガーソングライターの大原櫻子さんや、注目の若手演技派女優・山本美月さん、新川優愛(ゆうあ)さん、さらにはお笑いコンビ・アジアンの馬場園梓さんなど、注目の女優・タレントさんが多数出演する中、吉田さんは三浦の働く会社の女社長の役でレギュラー出演する。吉田さんと福士氏は2013年に映画「江ノ島プリズム」でも共演しており、今回の共演を大変楽しみにしていたという。

このドラマは7月20日から月曜21時からフジテレビ系でスタート。初回は拡大版。

(2016年大河ドラマ「真田丸」)
これは、「真田幸村」として知られる真田信繁(堺雅人氏)の生涯を描いた時代劇で、真田家に生まれ、青年時代までは上杉景勝と豊臣秀吉の人質として過ごし、その後真田十勇士を率い、関ヶ原の戦いで西軍を率い、さらに大阪の陣で豊臣勢をバックアップするなど活躍し、最後は戦場に散った信繁の勇敢な生涯を描いたものである。同作品は喜劇作家の三谷幸喜氏のオリジナル脚本である。

先ごろ追加出演者が発表され、吉田さんはのちに敵と味方で袂を分かつこととなる兄・信幸(大泉洋氏)の妻・小松姫を演じることが決まった。吉田さんは「ヨウ・ヨウコンビ(洋・羊)でドラマを盛り上げたい」と意気込みを見せている。

2016年1月(放送開始日未定)から、毎週日曜日、総合テレビとBS2で放送。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ