ETCのマイレージカードを賢く利用しよう。

自動車で高速道路を走る機会が多いのであれば、ETC車載器を購入してさらにマイレージサービスに申し込むことによって、高速道路利用額に応じてマイレージがたまり、以後の高速利用料として還元できます。

公務員の不正が多いですね。

この人、休職ということはクビになっていないということ。
即座にクビでしょ。ふつうは。

元審議官、自ら融資依頼…インサイダー事件
 半導体大手「エルピーダメモリ」の増資などを巡るインサイダー取引事件で、経済産業省元審議官・木村雅昭容疑者(53)(休職)が同社の株を購入する前に、増資を含む再建計画の一環として、自ら銀行に同社への融資を依頼していたことがわかった。(読売新聞)

辞職だと退職金がでるのだろうか?
へんなの。

トヨタのスポーツカーですか。かっこいいですよ。

へー。トヨタがスポーツカーを出すんですね。
なかなかいいな。
2000GTを思い出しますね。

トヨタ社長に直訴し復活!誰でも買えるスポーツカー「86」
 東京モーターショーで最も注目を集めた車の一つが、トヨタ自動車が来春発売する新型スポーツカー「86(ハチロク)」だ。市販モデルとほぼ同じ車を公開し、ひときわ来場者の目を引いた。えんじにあ発を担当したチーフエンジニアである多田哲哉氏に聞いた。(産経新聞)

モーターショーに出てたみたいです。
モーターショーは行った事がないのですが、
一度は、いってみたいな。 

お得なETCカードって?

多くの人がクレジットカードを持つ時代となり、カードがひとつの身分証明のようになっています。
ETCの普及により、今まで「クレジットカードは怖くて持てない」と思っていたにも関わらず、クレジットカードを持つことになってしまった人もいるのではないでしょうか。

ETCカードは、多くはクレジットカードに付随するものになっています。
クレジットカードが親カードだとすると、ETCカードはその子カードになるわけです。

よくクレジットカードを作るときには、年会費や特典を比べて、自分の生活スタイルの中でお得に使えるものを選びますよね。
ETCカードについても「どこのETCカードがお得かな?」と悩む人もいるようです。
しかし、結論から言うと、ETCカードに関してはどこのカード会社のものでも特典などは変わりません。
高速道路をETC走行する際の時間帯割引などは同じように利用できます。
マイレージサービスに申し込めば、どこのカード会社のETCカードであろうと、同じように通行料に応じてポイントはたまって行きます。
このサービスに申し込むとマイレージカードというカードが発行されるわけではなく、登録したETCカードに対し、マイレージIDが発行されます。
なので、今使っているETCカードがマイレージカードの役割も果たすわけです。

ここで、どこのETCカードがお得か、という話に戻りますが、親カードの年会費や特典で選ぶのがよいと思います。
ガソリンスタンド系のカードや、ビデオレンタル店のカードなど、今はほとんどのカードでETCカードの申し込みもできるので、自分がよく利用するところで作るのが、もっともお得でしょう。
ただし、給油やビデオレンタルなどでたまったポイントと、ETC利用でたまったマイレージとは別のものになります。
ETCマイレージは、ETCを使って高速道路を無線通行したときにのみたまるポイントで、高速道路の通行料としてのみ還元されます。

ブログの紹介です。

AHL日記
山中湖の生活
アスクルの車
奥利根の生活
東アジアの生活
福岡クラブ
カウンセリング日記
バイオパワー
プチビジネス日記
ルート23
ステレオブック
タフネス生活
チャランゴ日記
ウオチョー日記
雑貨の館

航空会社のマイレージとETCマイレージ

今やカード社会といわれるほど、たくさんのクレジットカードやポイントカードなどが普及しています。
鉄道などの交通機関を利用するときも切符ではなくカードで改札をくぐったり、自動車を使う人では高速道路もカード支払いやETCカードなどで通行できるようになっています。
現金を扱うことがないため、煩わしさがなく、また多くのカードにはポイントなどの特典がついていたりして、ますますカード利用が便利になってきています。

人によってよく利用する移動手段は異なりますが、飛行機によく乗る機会があれば、各航空会社のマイレージカードを持つと乗るたびにマイルがたまってお得になります。
自動車で高速道路を走る機会が多いのであれば、ETC車載器を購入してさらにマイレージサービスに申し込むことによって、高速道路利用額に応じてマイレージがたまり、以後の高速利用料として還元できます。
まだ「マイレージ」と聞くと航空会社が発行するマイレージカードのイメージが大きいかもしれませんね。

しかし飛行機利用と高速道路利用、それぞれでたまるマイレージとは、まったく別のものです。
航空会社では、飛行機利用のほかに買い物や提携施設利用などによってもマイルがたまり、航空券や商品、各種サービスなどに交換することができます。
これに対し、高速道路利用によるマイレージは、高速道路をETCで無線通行した時の金額によってポイントがたまるもので、同じカードで買い物をしたからと言ってマイレージがたまるものではありません。
飛行機も自動車も同じ「マイレージ」という言葉を使っているので、ちょっと仕組みがわかりにくいかもしれませんね。
いっそのこと、自動車の場合は「キロメートルサービス」という名称にしたら、もっとわかりやすいのかも・・・
ちなみにETCを使って高速道路を利用したときに使えるマイレージサービスでは、サービスに申し込むとマイレージIDが発行されますが、マイレージカードというものは発行されません。
サービス申し込み時に登録したETCカードに対してポイントがたまっていく仕組みです。

[PR]
中学受験 自宅学習
中学受験 自宅学習
中学受験 自宅学習
中学受験 自宅学習
中学受験 自宅学習