アイスランド南部の火山噴火で欧州各地では閉鎖する空港が相次いでおり、18日に予定されているポーランドのカチンスキ大統領夫妻(政府専用機の墜落事故で死亡)の国葬に参列する各国首脳らには、陸路移動を余儀なくされるなどの影響が出ている。

 AP通信などによると、ポーランド大統領府は16日、遺族の強い要望で国葬を予定通り18日に南部クラクフで行うとの方針を明らかにした。ただ、同国の空港は17日現在も閉鎖が続いており、再開のめどは立っていない。

 国葬に出席予定のメルケル独首相は、訪問先の米国から帰国途中の16日、火山灰の影響で政府専用機がベルリンに戻れず、急遽(きゅうきょ)、ポルトガル・リスボンの空港に着陸。ここで1泊し、陸路での帰国と国葬出席を目指すことになった。

 韓国は17日、鄭雲燦首相の国葬出席を取りやめ、代わりに駐ポーランド大使を出席させると決定。スロバキアのガシュパロビッチ大統領は陸路でクラクフ入りする。国葬にはオバマ米大統領やメドベージェフ露大統領も出席する予定で、これまでのところ、米露からポーランド政府にキャンセルの連絡はないという。

【関連記事】
ポーランド国葬延期せず アイスランド火山噴火
独首相、ベルリンに戻れず
江田参院議長のポーランド弔問中止
アイスランド火山噴火 空の足は大混乱
ポーランド大統領の埋葬場所めぐり論争

<春姫道中>徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)
長野の一家3人死体遺棄、4人を逮捕(読売新聞)
東京でアパート火災、1人死亡1人重体(読売新聞)
<派遣法改正案>見直し求め労働者らが座り込み(毎日新聞)
寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)