東京都江戸川区で暴行を受けた区立松本小学校1年の岡本海渡君(7)が死亡した事件で、同校の担任教諭が昨年12月、家庭訪問をしたが、海渡君と会えなかったことが26日、区教育委員会への取材で分かった。
 警視庁小岩署は同日、傷害致死容疑で、両親の健二容疑者(31)と千草容疑者(22)を送検した。
 区教委によると、海渡君は小学校側が暴行を把握した昨年9月から今月までに、計31日間欠席していた。
 担任の男性教諭(28)は昨年12月、学校行事の連絡などのために3回家庭訪問したが、いずれも千草容疑者が対応するなどし、海渡君には会えなかった。
 海渡君は今月8日の始業式から、続けて欠席したが、事件直前の21、22日には登校。外見の異常や本人からの訴えはなかったという。 

【関連ニュース】
昨年9月に暴行把握=区側に歯科医連絡
デモ参加者に催涙スプレー=17歳高校生を逮捕
「食べるの遅い」と暴行=長男死亡、容疑で両親逮捕
生徒に体罰、中学教諭を書類送検=平手打ち、廊下に引き倒す
南日本銀行員、当て逃げで逮捕=ナンバーの跡残り浮上

1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)
「私は無罪です」村木被告、毅然と語る 郵便不正事件(産経新聞)
アライド代表社員に懲役4年求刑 FX無登録営業で出資金詐取(産経新聞)
「万引き、二度としてはならぬ」=摘発少年や保護者に動画-警視庁(時事通信)
防犯カメラ立証不十分、窃盗容疑の店員無罪(読売新聞)