端午の節句を前に、大阪・ミナミの貴金属店「GINZA TANAKA心斎橋店」で、純金や銀のミニチュアかぶとの展示販売が行われている。

 値段は銀製の数万円のものから、純金550グラムでできた約370万円のものまでさまざま。剣の形の前立てが特徴の楠木正成モデルが一番人気だという。

 昨年は「愛」の文字をかたどった前立ての直江兼続モデルも作られたが、人気は今ひとつで姿を消した。担当者は「愛よりも力強さが重視されるようです」。

みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)
<特急しなの>タヌキはね遅れ 愛知・春日井(毎日新聞)
国会議員バンドのライブに700人…Gi!nz(スポーツ報知)
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響-日航・全日空(時事通信)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)