台湾の“大使館”に当たる台北駐日経済文化代表処は24日、口蹄(こうてい)疫被害が広がる宮崎県に義援金300万円を送った。東京都港区の交流協会東京本部で贈呈式が行われ、馮寄台駐日代表が宮崎県東京事務所の岡村巌所長に義援金の目録を手渡した。

 贈呈式では馮代表が「台湾と日本は密接な関係にあり、台湾に被害があれば日本は最初に救援してくれる国。微力だが役立ててほしい」とあいさつした。

 台湾と宮崎県は以前から深い交流があり、昨年8月、台湾南部が台風8号の被害に遭った際には同県が見舞金を送っている。今年1月には台北-宮崎間に定期航空便も就航している。

【関連記事】
政府方針決定へ調整本格化 北沢防衛相が訪米
「環境面配慮」現行案との違いにこだわった首相 
「なぜ決断できないのか」 渋々「辺野古」を明言
民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避
公明・山口氏 「首相は月末に辞任を」
虐待が子供に与える「傷」とは?

豪華施設、有価証券…裕福な仕分け対象公益法人(読売新聞)
<鳩山首相>贈与税3470万円を納付
諫早開門訴訟で裁判長現地視察(産経新聞)
中小医療機関での医療安全で「院長のリーダーシップを」(医療介護CBニュース)
独法通則法改正案を可決=参院総務委(時事通信)