January 01, 2018






stylophone genX-1 & cat

















本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

(00:00)

December 30, 2017





StylophoneGENX-1

















ウェブマガジンQETICにて、『Stylophone GEN X-1』の使用レポートを書かせていただきました。

https://qetic.jp/technology/stylophonegenx1-171230/274543/




//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページはコチラ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(14:38)

December 29, 2017







最近見つけた、ちょっと気になるエフェクターをご紹介します。

HOLOGRAMというメーカーの

「Dream Sequence」というエフェクターがなにやらカッコいいです。

こちらのエフェクターは、入力した楽器の音を、

上下1オクターブ、ピッチシフトして

リズミカルにシーケンスさせて鳴らす事ができるんだそうです。

アルペジェーターや、トレモロ、モジュレーション・エフェクトなど、

様々なテンポの曲で威力を発揮しそうです。


「Dream Sequence」には3つのプリセット・バンクがあり、

USER BANKには、カスタマイズできる

ステップ・シーケンス・パターンが、

FACTORY BANKには、複雑なプリセットが、

SAVED BANKには自身で作った音をセーブできるのだそうです。

さらに、タップ・テンポ・システムを使えば

音楽とリズムを合わせる事ができ、

ハーモニーやドローンなどのノートやコードをキャプチャーできる、

ホールド・サンプラー・セクションが搭載され、

ツマミの動きをオートメションさせる事も可能なのだそうです。


特徴をおおまかにまとめると以下のとおりです。


◆上下、1オクターブ・ピッチシフト

◆パターン・シーケンサー

◆ダイナミック・ADSR・モーフィング・リズミック・ゲート

◆タップ・テンポ機能

◆デジタル制御によるアナログ・ドライブ/トーン

◆アナログ・ドライパス

◆インフィニット・HOLD・サンプラー

◆24のビルトイン・プリセット内蔵

◆11のカスタム・プリセットをセーブできる

◆フット・スイッチをタップする事で、カスタム・パターン・レコーディング

◆ノブのオートメーションをセーブできる

◆MIDI イン・アウト搭載

◆エクスプレッション・ペダル・インプット 各種コントロールに対応

◆トゥルー・バイパス・スイッチング(エレクトロ・メカニカル・リレー)



ユーチューブの動画を見るかぎり、

とても良い感じの音してます。

リズム・マシンを鳴らして、

同じテンポで一緒にギターを弾いたら、

ロックのようで、テクノのような、

なにやら面白い音楽が作れそうな予感がします。

ちょっと欲しいです。


詳しくは、HOLOGRAMの日本の正規代理店の

ブティックペダルNYCのサイトをチェックしてみてください。

http://www.boutiquepedalnyc.com/product/1052



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページはコチラ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(21:46)

December 26, 2017





▼KORG Volca Kick - Sync Play with DAW - Music By FALCON-106




コルグ「Volca Kick」をDAWとシンクさせて

一曲演奏させて頂きました。

PCとMIDIケーブルで接続した

「Volca Kick」をシンクさせて、

キック専用マシンとして使用し、

それ以外の音は

ネイティブ・インストゥルメンツのMaschineで制作しました。

本製品は、キック・サウンドを作る事に特化した、

アナログ・キック・ジェネレーターで、

コルグの往年のシンセサイザー、

「MS-20」前期型のフィルターが内蔵されています。

アナログ回路ならではの、

存在感のあるキックを出力できます。






//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページはコチラ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(18:50)

December 12, 2017




▼KORG VOLCA FM & SPACE ECHO - Dub Chords



KORG「 VOLCA FM」と、

Roland RE-201 Space Echoの

アナログ・ディレイをかけて、

ダブを演奏している動画を見つけました。


この2つだけで、音楽が完成している所がすごいです。

ディレイのフィードバックが良い感じで、

ずっと聴いていたいです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページはコチラ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(17:51)







//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページはコチラ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(15:14)

December 11, 2017

YAMAHA「DX21」と「RX21」のテレビCMです。



先日、中古楽器コーナーで、

格安のYAMAHA 「DX21」を発見し、

一瞬、買おうかと思いましたが、

ジャンク品で音が出なかったので

断念しました。

YAMAHA 「DX21」は、

最大同時発音数8音、

4オペレーター8アルゴリズムのFMシンセサイザーで、

デュアル・モードで二つの音色を重ねて鳴らしたり、

コーラス・エフェクトも内蔵されているから

魅力的でしたが、いつか触ってみたいです。





こちら動画は、「DX21」でテクノ系の

ベース・ラインを鳴らしているのですが、

その硬い音色は、NITZER EBBなんかに通ずる

ボディー系の音に聴こえます。

ゴツゴツした、良い音してます。


同じ時期に発売された「DX100」も、

ハウスやテクノ系のベース音源として

とても人気がありますが、

この動画を見るかぎり、

「DX21」も結構カッコいいですね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(23:36)

December 02, 2017



最近、個人的に気になっているギターをご紹介します。

Suproというメーカーから発売されている、

「Coronado II Vibrato」というギターです。

黒光りしたボディーに、

ギラリと光る金属のアームやピックアップがカッコいいです。

本製品は、1960年代初頭にシカゴで制作された、

ビブラート・バーと2つのピックアップを搭載した

ワイド・ボディーのSuproエレクトリック・ギターを

再現したものなんだそうです。

60年代っぽいヴィンテージな佇まいに、なんとも魅力を感じます。

弾いてみたいです。


内蔵されているVistatoneピックアップは、

1950年代初頭に開発された、

ヴィンテージのシングル・コイルを再現してあるそうです。

特徴は以下のとおりです。


◆Vintage Suproボディ・デザイン

◆ジェット・ブラック仕上げ

◆再設計された2つのボルト・ネック・ジョイント

◆Vintage-Vistatoneピックアップ

◆ピックアップごとのボリュームとトーン・コントロール

◆ローズウッド・ブリッジ

◆ビブラート・テールピース

◆アコースティック・グラストップ

◆セミホロー・マホガニーバック

◆ドットインレーのマホガニーネック

◆24 ¾スケール



アームの付いているモデルの「Coronado II Vibrato」と、

アームの付いてないモデルの「Coronado II 」が発売されています。



こちらは「Coronado II 」ではなく、

カスタムした「Coronado」をプレイしている動画です。

アームの形が少し違うけど、「ガシャガシャ」かき鳴らす音が、

すごくカッコいいです。


今に「ES335」の黒が欲しいなと思っていたのですが、

「Coronado II 」も捨てがたいです。

詳しくは、オフィシャル・サイトをチェックしてみてください。

https://suprousa.com/guitars/americana-series-guitars/1582vjb-coronado-ii-vibrato/


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(22:04)

December 01, 2017




DSC_0006

もう一度ギターを録音し直してます。

すでに打ち込みの音が色々鳴っているので、

ギターが邪魔にならないように、

フレーズ自体を考え直して、前回録った時よりも

すっきりした構成にしました。

DSC_0008

前回ギターを録音した時、丸一日かけて録ったのに、

それらは全部、消去しました。

あの一日は一体何だったんだと思ったりもしますが、

まあ、それも経験値になったと考える事にします。


聴き直してみたら、リズム感が悪い箇所があったので、

そこはもう一度、録音し直しですね。

打ち込みだけで作るのと違って、

手弾きパートを録音するのは、集中力を使うので、

ちょっと大変ですね。

DSC_0005


最近大活躍のES335です。

シンセよりも触っている時間が増えて来ました。

ギターを弾いてない期間が結構長かったので、

リズム感良く演奏するのに一苦労です。

同じフレーズを何十回も録音して、

その中で上手くいったテイクを採用する方法で制作してます。


今何を作っているかというと、

この前ニューアルバムの、"HOLOGRAPHIC SKY"を発表した後、

作りたい音楽が少し変わり始め、

ギターを弾きたくなって来たんですよ。

なので、その試作品みたいな曲を作ろうとしてます。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



(21:45)

November 30, 2017




Olegtron 4060

















ウェブマガジン QETICに、フィンランドのシンセサイザー・メーカー「Olegtron Mechatronics」から発売されている、「Olegtron* 4060」の使用レポートを書かせて頂きました。

https://qetic.jp/music/olegtron4060-171130/270719/



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(15:40)

November 29, 2017





DSC_0001

















THE BEATLES Live at the BBC

本作品は、ビートルズが60年代初頭〜中頃にかけて、

BBCラジオで演奏した貴重なライブ音源を集めた作品です。

ラジオ番組の司会者と、メンバー達の会話を所々にはさみながら、

たくさんの曲が楽しめます。

初期ビートルズのナンバーが聴けるだけでなく、

チャック・ベリーの「Too Much Monkey Business」、

「Rock & Roll Music」、「Memphis」や、

カール・パーキンスの「That's All Right」、

「I Got a Woman」なんかを

ビートルズ流のロックンロール・アレンジでカバーしていて、

軽快で勢いがあって、すごくカッコいいです。

全部で56曲が、2枚組CDに凝縮されていて、

聴きごたえがあります。

なんといっても、ラジオ放送を聴いているような構成と、

古めかしい音質がとても味わい深くて、

ついつい聴いてしまいます。

BGMとして部屋で流しておくと、

まるで60年代のラジオを聴いているような気分で楽しめます。




(19:17)

November 27, 2017





DSC_0001

















ギターの弦を、Elixirの弦に張り替えたら、

音のクオリティーが一段階上がった感じがします。

全くクセがないというか、

すごく良い響きです。

なんでも本製品は、コーティングの技術によって、

弦に汚れが付きにくく、

高音質で寿命が長く、

滑らかな弾き心地を実現しているんだそうです。

いい買い物しました。



先日Pro toolsにギター・パートをたくさん録音したけど、

もう一度録り直したくなって来ました。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(22:32)

November 26, 2017





DSC_0014

打ち込みパートを録音した後、ギターを録音してます。

ギターは練習スタジオに行って録音しようかとも考えましたが、

部屋に置いてあるVOXの小型アンプに、

シュアーのSM57をセッティングして

自宅でなんとか録音しました。

DSC_0013

ギターは20年くらい前に購入した、

クロサワ楽器オリジナルの「ES335」です。

細かいキズがたくさんついて

だいぶ味が出て来ました。

当時は若かったので赤を購入したのですが、

今となっては、黒も渋くて良かったなと

思う事もあります。

でも音は申し分ないので、

これからも録音や練習に、たくさん使用して行きたいです。

DSC_0010

こちらはPro Toolsの画面です。

自分にとって、普段は使用頻度が低いPro Toolsですが、

ギターを重ね録りするとなると、

やはりこのソフトが適していると思い、

忘れかけた操作を思い出しながら作業しています。



今回は、

左右でギターがジャカジャカ鳴ってる感じにしようと思ったのと、

展開ごとにギターの音が少し変化するようにしたかったので、

もう何十回も録音し直しました。



まだ全部は録り終わってませんが、

今日は集中力が切れたので、

一度、EQや、仮ミックスをして音を整えようと思います。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(19:58)

November 23, 2017





DSC_0002


DAW上に打ち込んだシーケンス・フレーズを

MIDIケーブルでYAMAHA 「V50」に送って

鳴らした音を、ハードディスクに録音しました。

FM音源のシンセと言えば、

ネイティブ・インストゥルメンツの「FM8」も良く使うのですが、

YAMAHA 「V50」は、「FM8」に比べて、

それほどキラキラしてない所が好きですね。

地味で硬い音が欲しくなった時に

重宝してます。


DSC_0001


以前、YAMAHAさんの「DX7」と、

reface DX」の記事を書かせていただいた時に、

実機を触らせていただいたのですが、

あの2つもカッコ良かったです。


「DX7」の指で軽く弾いた時に、

ストンと落ちる鍵盤の感触がとても良かったです。

マスター・キーボードに使用したいですし、

単にきらびやかなサウンドでなく、

厚みと重みがあり、

ソフトウェアと違って、

少しノイジーな所がカッコよく、

思わず購入を考えたくらいです。


「reface DX」の方は、

「DX7」から受け継がれた

きらびやかなサウンドでありながら、

より軽やかで、透明感のある印象でした。

コンパクトで持ち運びが楽にできる所が

ストロング・ポイントですね。

もしライブでFM音源のサウンドを

手弾きしたいなら、

「reface DX」がおすすめですね。


▼YAMAHA refaceDX DEMO PLAY by FALCON-106



▼YAMAHA『DX7』 DEMO PLAY by FALCON-106



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(21:57)

November 21, 2017





DSC_0002


今日はJUNO-106で作ったシーケンス・フレーズを

DAWに録音しました。

作業スペースの関係上、

録音したら一度シンセをかたずけなければならないのが、

少々面倒です。


JUNO-106は、音に粘りがあるというか、重みがあるというか、

コーラス・スイッチを入れた時の

音のワイドな感じも含めて、

存在感があって好きですね。


今日は、フィルターをゆっくり動かしたフレーズを録音できました。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(00:39)

November 18, 2017





DSC_0001


DSC_0002

ソフトウェア・シンセを使ってシーケンスを作ってから、

なんとなくこのフレーズは、SH101の音が合いそうだと思い、

RMEのFIREFACE UCのMIDIアウトから

MIDIケーブルをKENTON electronicsのPRO SOLOに接続し、

PRO SOLOのCV、GATEからSH101にケーブルを接続して、

SH101を鳴らして、その音をDAWに録音しました。

他の音に埋もれない存在感がありますね。



この前ニューアルバムを発表したばかりですが、

あれからまた作りたい音楽が少し変わり始めて来ていて、

次回作に入る予定の試作曲を作り始めています。

発表は一年後か、二年後とかになってしまうかもしれないので、

時々、制作日記を書いていこうと思います。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください!


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(00:41)

November 12, 2017








『Stylophone』を作った「Dubreq社」が、

新製品の『Stylophone GEN X-1』

(スタイロフォン・ジェン・エックス・ワン)を発売しました。

「ポータブル・アナログ・シンセサイザー」として

進化した本製品と、

ルーパーを組み合わせて、

一曲演奏させて頂きました。



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください!


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(18:37)

October 31, 2017





Oscillatoscope2b

















いつもお世話になっている、ウェブマガジンQETICにて、

サーキット・ベンディングで有名な

「ハイス・ジースクス」のビデオ・シンセサイザー、

「Oscillatoscope 2b」の使用レポートを書かせていただきました。

https://qetic.jp/technology/oscillatoscope2b-pickup/265756/




//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください!


itunes
amazon
google play

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(22:59)

October 25, 2017





HOLOGRAPHIC SKY
































FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"、

itunes、amazon、google play、その他、

様々な配信サイトからダウンロード・リリースします。

ダイジェストのプロモーション・ビデオ・クリップを

ユーチューブにアップしたのでお楽しみください。

一コマずつパソコンで書いて、

ペラペラ漫画のように作ったので、結構大変でした。


以下、FALCON-106 "HOLOGRAPHIC SKY"をダウンロードできる主要サイトのリンク先です。

itunes
https://itunes.apple.com/jp/album/holographic-sky/id1295521893

amazon

https://www.amazon.co.jp/Holographic-Sky-Falcon-106/dp/B076D3F2HP/ref=sr_1_1?s=dmusic&ie=UTF8&qid=1508663610&sr=1-1-mp3-albums-bar-strip-0&keywords=Falcon-106

google play

https://play.google.com/store/music/album/FALCON_106_HOLOGRAPHIC_SKY?id=Bn74o756wt4vgbzp4hdt7f73bhm





今回のアルバムは、2年位かけて、まじめに、地道に作り上げました。

今の自分に一番フィットする、サウンドが出せた思います。

FALCON-106名義の作品としては、

(Tokyo Electro Beat Recordingsから、出させて頂いたEPも含めれば)

7作品目で、

KOMABA名義でリリースした最初の3枚のアルバムも含めれば、

本作品が10作品目となります。

自主レーベルやこのブログをスタートさせたのが、

2007年の秋頃だったので、

今年で10年目の作品でもあります。


お陰様で、たくさんの音楽を作ってこれました。

今、一区切りついた心境です。



それと、レーベルをスタートさせた時から使っている、

「KOMABA INDUSTRIAL」というレーベル名は

今の自分にはマッチしていない気がしていたので、

変えようと思い、

今回から「Vector Scan」(ベクター・スキャン)と言うレーベル名に変更しました。

なので、レーベル「Vector Scan」の1作目という事になります。




今の自分の心境に一番合う音楽を作ろうとした結果、

BPMが遅い曲が以前よりも増え、

速い曲がない訳ではないのですが、

今回は少な目になってます。

打ち込みはDAWで作りましたが、

アナログ・シンセや、ギターの音も録音しました。



制作期間中は、

自分が本当に今作りたい音楽とは何かを考え、

周囲の同調や雑音からなるべく距離を置き、

自分自身と向き合い、孤独な気持ちで

制作しましたので、

そんな気持ちが反映されています。



哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

リスニングに適した、

エレクトロニック・ミュージックとなっています。



今の自分に出せる、

最善の音楽を出し切りましたので、

何かを感じてくだされば、嬉しいかぎりです。

2017/10/25 mikiya komaba

(22:40)

October 23, 2017





Selected TEBR Works Vol.2

























2017/10/29(sun)に東京流通センターにて開催される

音楽・メディアミックス同人販売会 M3に

都内クラブを中心に活動する事で知られるエレクトロ・レーベル、

「Tokyo Electro Beat Recordings」(TEBR)が出店する模様。

今回の出店では、過去のTEBRからのリリースをコンパイルした

"Selected TEBR Works Vol.2"のCD-Rを500円で販売するという。

こちらはTEBRからの今までリリースされた楽曲に加え、

BAXIMの新曲が収録された作品となっている。

また会場では過去作品のCDなどの販売も行うという。

興味のある方はぜひチェックしてもらいたい。


■会場限定発売
Various Artists - Selected TEBR Works Vol.2
1. Sleng Teng Neu! - Slap110番 (Doppler-Telecom-Mix)
2. firedrill - Howhardcanyoubreak(electro mix)
3. BAXIM - Singha
4. Space Thunder X - Transform
5. shyko-ne - scissors
6. FQTQ - Electric!Electric!
7. Yoshihiro Hayashi - Existence
8. CRZKNY - DEPTH (Dubb Parade Remix)
9. Yebisu303 - Consciousness.dat
10.Falcon-106 - IRREGULAR CONSTRUCTION
11.ureyu - gorge vs mecha gorge
12.AE35 - Underdrain(noise&noise remix)
13.Paul Blackford - Fireflies
14.SUNTRA - Beta Horizon


自分も10曲目に参加させて頂きました。いつもありがとうございます!

詳しくはTEBRのオフィシャル・サイトをチェックしてみてください。

http://tokyo-electro-beat.net/

(18:53)