September 14, 2017







ネイティブ・インストゥルメンツから、新世代のMASCHINE、

「MASCHINE MK3」が発売されたようです。

ついこの前、「MASCHINE JAM」が発売されたと思っていたら、

もう新機種が登場とは驚きです。

新しい「MASCHINE MK3」は、画面がカラーで大きく、見やすそうですし、

デザインも無駄がなくなって、落ち着いた雰囲気がカッコいいですね。

「MASCHINE MK3」本体の大き目の画面でシーケンス画面や、

ミックスの画面も、確認できて、

オーディオ・インターフェイスまで付いているところを見ると、

より一層、コンピューターの画面を見ずに、

単体のハードウェアのような感覚で使えそうなのかな。

ネイティブ・インストゥルメンツのサイトによれば、

新しい機能が色々追加されているみたいです。

大まかにまとめると以下の通りです。



◆ドラム・パッドのサイズが大きくなり、フラムやロールのような複雑な動きも、余裕を持ってプレイできる。パッド感度が向上し、軽いタッチでも表現豊かな演奏が可能。各パッド間の距離は以前と同で、今までと同じ感覚で叩ける。


◆2基のフルカラー・ディスプレイと4方向プッシュ式エンコーダー付き。ハードウェアからサウンドをロードでき、直観的に使用できる。高解像度のスクリーンで、ミキシングや、アレンジの確認、サンプルをスライスなどが可能。


◆96kHz / 24-bitオーディオ・インターフェイスを搭載。MASCHINE MK3にケーブルを接続して、レコーディングとサンプリングが可能。ステレオ・ライン端子とMIDIを装備。USBバスパワーで動作。付属の電源ユニットを使用すれば、パッドをより明るく点灯できる。


◆8つのタッチセンサー付きノブは各パラメーターの調整だけでなく、タッチすると、タグクラウド、サウンド設定、FXパラメーターの専用コンテキストメニューを表示できる。ボタン操作で、使用頻度の高いFX、インストゥルメント、プラグインパラメーターをマクロにマッピングできる。


◆Smart Strip機能搭載。キーボード・ホイールのように、サウンドにピッチベンドやモジュレーションをかけ、スタッターやスクラッチなどPerform FXを操作も可能。またサンプル、シンセ、ドラムをギターのようにストラミングして、新しいテクスチャー、ビルド、展開を作成できる。


◆ソフトウェアも、MASCHINE 2.6.5にアップデート。


IDEAS VIEW
トラックのスケッチやアレンジをより直感的に行える。異なるフレーズのレコーディングや別のビートをノンストップでプレイし、気に入ったグルーヴが見つかるまで、ミックスや色々な組み合わせを試す事ができる。


PARAMETER SNAPSHOT MORPHING
Lock機能を使うと、現在のパラメーターの状態を保存し、サウンドの調整やエンベロープを変更後、ボタン一つで元の状態に戻せる。この機能と新しいモーフィング機能を組み合わせて、パフォーマンス中に即興で新しい展開を追加することができる。


VARIATION ENGINE
トラックにテクスチャーを加え、新しいアイデアを得るのに適している。Randomizeで新しいパターンやメロディーを瞬時に生成、Humanizeでドラムにスウィングを加えることができる。





今回の「MASCHINE MK3」、個人的には、パッドが光りすぎない、若干落ち着いたデザインが良いですね。

あと、フルカラー・ディスプレイで作業がしやすそうなのと、

Smart Strip機能で面白いニュアンスが出せそうなところも魅力かな。

興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょう。

詳しい製品情報はコチラ
https://www.native-instruments.com/jp/products/maschine/production-systems/maschine/



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

FALCON-106 ニューアルバム、"HOLOGRAPHIC SKY"

itunes、amazon、google play、等からダウンロード・リリースしました。

哀愁を帯びたメロディーを 大切にし、

落ち着いた気持ちで聴ける、

ピュアなエレクトロニック・ミュージックとなっています。

ぜひ聴いてみてください。


itunes
amazon
google play
試聴ページ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

(01:24)