自民党の川崎二郎国対委員長は25日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる虚偽献金事件で在宅起訴された首相の元公設第1秘書、勝場啓二被告の判決が確定した場合、首相の実母から提供された資金の使途を記した資料を開示するよう首相に要求していくことを明らかにした。

 川崎氏は「これまで鳩山首相や小沢一郎民主党幹事長を辞任に追い込めなかったことは誠に残念だ。今後の国会審議を通じ、首相らをどう追い込むか、民主党の体質をどう追い込むかが大きな課題だ」と述べた。

【関連記事】
鳩山首相は内閣改造・党役員人事で反転攻勢へ?
小沢氏問題で一様に沈黙守る民主は「異様」
鳩山首相の偽装献金問題 ずさんな資金管理次々と
“凋落”民主…身内から次々と責任追及のイヤミ
党首討論 首相、小沢氏の国会説明を進言へ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<電子書籍>普及で総務などの3省合同の懇談会が発足(毎日新聞)
<ナシ>受粉作業ピーク 福岡・朝倉(毎日新聞)
山手線トラブル、原因は切れた情報通信ケーブル(読売新聞)
菅家さんに無罪判決へ=足利事件再審、18年ぶり名誉回復-宇都宮地裁(時事通信)
自称霊能力者ら追起訴=女性に薬物飲ませ殺害-大阪地検(時事通信)