今週は日曜日には10万円勝負レース2鞍提供の特別勝負週となり、今年一番の儲けどころとなります

競馬

お申し込み方法


今週は2年連続的中の朝日杯フューチュリティステークス週となります。


↓昨年の朝日杯FSは10万円勝負の2点勝負で42万円の払い戻し

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2017-12-17.html

↓一昨年の朝日杯FSは予告の5点指示で36万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2016-12-18.html


過去2年は小点数で高額払い戻しとなっているレースですが、今年も3点以内の10万円勝負指定レースとなります。

さらに、今週は日曜日に朝日杯FSと同等以上の自信度の10万円勝負レースを提供させていただきます。

今週は土曜日1鞍、日曜日2鞍の3鞍提供週となり、日曜日には10万円勝負レース2鞍提供の特別勝負週となり、今年一番の儲けどころとなります。


今週日曜日提供の10万円勝負レース内容



1頭目の強力情報馬
・・・・・・戦では並のパフォーマンスでの勝利でしたが、後半特化に持ち込んだ・・・・・・・は着差以上に圧巻の競馬をしており、トップスピード面に関してはトップレベル・・・・・・・・・・・・・重賞で勝ち負けできるレベルの1頭と言えます。
・・・・・戦目は・・・・・・・への延長というだけでなく、ペースも2.0とかなりのスローでL1最速戦を、L3-2では1.●のギアチェンジも伴う後半特化戦で強烈な瞬発力を見せており、この時は少し時計がかかっていた状態で、・・・・・の・・・・・・Sでも・・・・・で1:●●.4。
超スローでしたがラップ推移的な補正で見れば遜色はなく、道中は無理せずに最後方で進めながらスローの団子状態で進めて前との差はそこまでない状態で3角に入り、3角地点ではまだ最内で最後方に位置し、前もペースを上げず4角で徐々に外に誘導しながら追い出して出口で大外に出すと、直線序盤で前の・・・・・・・・・・・・の外からグンと切れて一気に先頭に立ってL1でも食らいつく・・・・・・・・・・を突き放して最後は流しての・・・・・・・・・・・・・・・・完勝となりました。
・・・・・・・・・・・・・の仔でギアチェンジをこの時点でここまで見せてくるというのはかなり珍しく、最速ラップは・・・・・・でこれは当日の・・・・・・・より速い時計です。
800m通過はレースラップ的には同じで、このラップ推移をL1で引き出してきており、自身では加速ラップというより先頭列まで上げてきたL2の段階でも恐らく10秒台後半の脚を使っているはずで、この馬場でここまで弾けたという点からもトップスピード戦向きなのは間違いありません。
この一戦はかなり高く評価できるもので、この一戦からも・・・・・・は短く・・・・・・・・・・・・がベストの印象があり、今回の・・・・・・・・・はベストの舞台と言えます。
・・・・・では・・・・・・・(・・・・・・・・・・・・勝ち)とクビ差の・・・・着で、・・・・・・・・・・・では・・・・・・・・(・・・・・・・・・・でクビ差の2着)とハナ差の・・・・・・着の実績がある事からも、・・・・・・・・・・の・・・・・・・となるここは確勝級の1頭と言えます。


2頭目の強力情報馬
・・・・・、・・・・・・・・・を連勝し、・・・・・・の・・・・走前は1ハロン短縮の・・・・・・・・m戦に使われましたが後方で脚を溜めるも・・・・・・・・・・mでは脚が溜まり切らず、4角で・・・・・・・・・・・に被せられてからスパートすると1ハロン標手前では前をまとめて呑み込みそうな勢いを見せるも最後はじりっぽくなってしまい・・・・・・着。
・・・・・・・・・・の前走は・・・・・・・・・・のレースとなりましたが中間は・・・・・・・騎手が乗って良馬場の坂路で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・という好時計をマークし、・・・・・・走前の5●.●秒から・・・・・秒も時計を詰めてきていました。
・・・・・走前は・・・・・・・長めに持っていた中での好時計となりましたが、前回は・・・・・・騎手が普通に乗っての・・・・・秒更新となり、・・・・・・・・・状態面がアップしていることが分かります。
ただ、レースでは・・・・・・+・・・・・・・・で行きたがるそぶりを見せており、直線では前がズラッと壁になってしまい追い出しを待たされるロスがありました。
進路が出来てからはグイっと伸びてきていただけに、・・・・・・・・・・・のここは更に高いパフォーマンスが期待できる1頭です。

上記の強力情報馬2頭が同一レースに出走する1戦となり、会員様には上記内容を公開しての10万円勝負を行っていただきます。





先週の結果
土曜日の勝負の1鞍の結果

中京2レース

11フィールザファラオ(ブログ公開情報馬)

この馬はデビューから3戦目までは走法から芝を使われてきましたが、4戦目からダートに使われて一気の距離短縮で4着。

その後は1400mに距離を伸ばして2→1着となりましたが、「返し馬の時から外にモタれる面を見せたり、道中も遅くなるとコントロールが難しくなっていたので、流れが速くなる上のクラスの方が絶対に良いと思いますよ。未勝利を勝った時も全力で走っていなくて、外から来られた時に寄せて行ったら渋太さを出してもうひと伸びしていましたから、上のクラスでも全然やれますよ。」との事。
しかし、昇級後は8,6着と掲示板にも届いていないため、今回は昇級3戦目でもそこまで人気していません。

昇級初戦の2走前はゲートで滑って、その後に躓いてしまいながらも追い込んできており、「北村宏騎手がもう一度乗せてほしいって言ってきたので」と岩戸調教師が話していましたが、再度騎乗した前走では着順を上げるも6着に敗れました。
前走は返し馬の時点で他馬の後ろに入れて馬を落ち着かせており、北村騎手に注目していましたが。
発馬を決めて内をロスなく回ってうまく流れに乗れていましたが、4角で外から寄られてしまい、ラチとの間に挟まれる致命的な不利を受けてしまい、そこで上位と離されてしまいました。
不利がありながらも時計は詰めており、6着といっても勝ち馬とはコンマ4秒差だっただけにスムーズならかなり際どかった内容でした。

今回は人気を落としているだけに妙味の大きい1頭と言えます。



↓矢印で示した黒い帽子がフィールザファラオ

1a





↓外の馬に寄られてフィールザファラオの進路が狭くなります

2a





↓ここで接触して、寄れてきた馬に先を越されます
(不利を与えた蛯名騎手はこの後振り返っていたほど)


3a






↓最後は不利を与えられた馬を内から抜いてジワジワ伸びての6着。

4a




会員様情報では6番人気のフィールザファラオの単勝・複勝指示となり、単勝9.9倍、複勝2.9倍パーフェクト的中で19万2000円の払い戻しとなりました。

会員様からの的中報告メール↓


192





99




55




33






22






11






192








お申し込み方法


↑メールが届かない場合はブログのコメント欄にてお知らせ下さい。

(コメント欄は管理人のみ閲覧可能となっています)



2017年のG1レース結果
12戦8勝275万9200円獲得


スプリンターズS 24万6400円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2017-10-01.html


秋華賞 32万6600円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52260251.html


菊花賞 21万3200円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52301570.html


天皇賞・秋 7万2000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52343857.html


マイルチャンピオンシップ 49万6000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52472919.html


ジャパンカップ 53万1000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52513888.html


阪神JF 46万円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52594535.html


朝日杯FS 42万円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52635029.html





予備掲示板2
http://m.z-z.jp/?n225mini2

日曜日の勝負の1鞍 阪神JF

競馬

お申し込み方法



今週の阪神ジュベナイルフィリーズは過去5年で3回的中のレースとなります。

2013年:2点で的中し、37万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2013-12-09.html

2014年阪神JF予告通り3点で的中!ワンツースリー独占!

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2014-12-14.html


2016年:3点指示で的中!12万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2016-12-11.htm


2017年:2点指示で的中!46万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2017-12-10.html



阪神11レース

阪神JF

直線に急坂がある阪神芝1600mはスローペースでもこの時期の2歳馬には厳しいコースで、始めての多頭数での揉まれる競馬をここで経験する馬も多く、ほとんどの馬はスローペースの経験しか無いだけに、厳しい流れに戸惑う馬も多くなってきます。
このレースは単純に現時点での完成度と能力が高い馬が勝つレースで、展開の紛れはほとんどありません。
このレースは厳しい流れの中で脚を溜めて最後まで急坂を伸びて来れる馬が強いレースで、そういうタイプの馬で完成度の高さを見せている馬を狙います。

9クロノジェネシス
人気馬で軽視するならこの馬で、血統的にもオークス向きのイメージがあるだけに阪神マイル戦では強気にはなれません。
ここ2戦はかなりのスローからラストの上がり勝負のみの競馬となっており、今回はテンのスピードが2秒近くは速くなる激流の可能性が高く、激流マイルを追走した上で前走のような末脚が使えるかは未知数です。
父バゴ×母父クロフネという血統配合のこの馬が阪神マイルの舞台でディープインパクト産駒よりもキレる末脚を使えるとは考えられないだけに、血統面でもダノンファンタジー、シェーングランツのディープ産駒を評価します。




土曜日の勝負の1鞍の結果

中京2レース

11フィールザファラオ(ブログ公開情報馬)

この馬はデビューから3戦目までは走法から芝を使われてきましたが、4戦目からダートに使われて一気の距離短縮で4着。

その後は1400mに距離を伸ばして2→1着となりましたが、「返し馬の時から外にモタれる面を見せたり、道中も遅くなるとコントロールが難しくなっていたので、流れが速くなる上のクラスの方が絶対に良いと思いますよ。未勝利を勝った時も全力で走っていなくて、外から来られた時に寄せて行ったら渋太さを出してもうひと伸びしていましたから、上のクラスでも全然やれますよ。」との事。
しかし、昇級後は8,6着と掲示板にも届いていないため、今回は昇級3戦目でもそこまで人気していません。

昇級初戦の2走前はゲートで滑って、その後に躓いてしまいながらも追い込んできており、「北村宏騎手がもう一度乗せてほしいって言ってきたので」と岩戸調教師が話していましたが、再度騎乗した前走では着順を上げるも6着に敗れました。
前走は返し馬の時点で他馬の後ろに入れて馬を落ち着かせており、北村騎手に注目していましたが。
発馬を決めて内をロスなく回ってうまく流れに乗れていましたが、4角で外から寄られてしまい、ラチとの間に挟まれる致命的な不利を受けてしまい、そこで上位と離されてしまいました。
不利がありながらも時計は詰めており、6着といっても勝ち馬とはコンマ4秒差だっただけにスムーズならかなり際どかった内容でした。

今回は人気を落としているだけに妙味の大きい1頭と言えます。



↓矢印で示した黒い帽子がフィールザファラオ

1a





↓外の馬に寄られてフィールザファラオの進路が狭くなります

2a





↓ここで接触して、寄れてきた馬に先を越されます
(不利を与えた蛯名騎手はこの後振り返っていたほど)


3a






↓最後は不利を与えられた馬を内から抜いてジワジワ伸びての6着。

4a




会員様情報では6番人気のフィールザファラオの単勝・複勝指示となり、単勝9.9倍、複勝2.9倍パーフェクト的中で19万2000円の払い戻しとなりました。


192









今週はお試し週のため、土曜日は2鞍の情報を提供させていただきます。

土曜日の勝負の2鞍目

中山12レース

7ソイルトゥザソウル
新馬戦はスプリントのスピードに出負けしながら無理矢理ついていって最後に脚をなくしてしまい、直線でフラついて伸びあぐねての5着。
2戦目は一転して脚を溜めて突き抜ける圧巻の競馬で、スローペースで少々のズブさを見せながら大外一気で1頭だけ違う脚を使って差し切る強い内容でした。
その次走のアスター賞では上手に折り合って直線では外から伸びてきた3着馬に馬体を併せにいったあとに、内から先に抜け出していた勝ち馬に馬体を併せに行ってジワジワと迫っての2着。
その後のサウジアラビアロイヤルCは外枠に入ってしまい、内でジッと脚を溜めたいこの馬にとっては厳しい枠順となってしまいました。
最後はジリジリと伸びていましたが、道悪+タメが利かなったためにフラつく面も見せており、自己条件で内枠に入れば巻き返せる1頭と言えます。
この馬は脚の使いどころが難しいタイプだけに東京よりも中山コース向きの馬で、中山ではアスター賞で1枠から6番人気で2着しており前走も中山マイル戦で、交わされてからも粘り強さを見せての3着と中山コースで好走しています。
3走前の若竹賞では6着となりましたが、レース前に落鉄して蹄鉄の打ち替えにかなり手間取った影響が大きく出てしまい、直線半ばでは鞍上が手綱を引いて止めるような場面も見られ、参考外の1戦です。

その後に休養に入り、休み明けの1戦となった2走前は福島1800m戦に使われて6着となり、叩き2戦目の前走は距離延長の2000m戦で3着となりましたが、前走騎乗した木幡騎手は「(前走乗った)丸田騎手からは1800mでも長いと聞いていたので、(2000m戦の)今回は最初は無理させずに距離を保つように意識的に出たなりで運びました。ごまかせば距離は持ちましたけど、行きっぷりが良いのでベストはもっと短い距離ですね」との事。
今回はオープンクラスで3着の実績のあるベストの中山マイル戦となり、叩き3戦目+得意コースで大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。
間隔は詰まっている中でも今週は6ハロンから意欲的な内容で追われており、勝負度合いの高い1頭と言えます。

人気の16クイーングラスは大とびのタイプで適正的には東京向きの馬で中山コースでは信頼度は下がります。
16クイーングラスを狙うよりも中山巧者で中山1600mのこのレースを待って照準を合わせてきた5シュバルツリッターを狙います。

この馬は馬の後ろに入れたいタイプで、前走は待望の中山マイル戦での内枠となりましたが、道悪馬場で内が荒れていたために荒れた馬場を進んでの4着。1,2着馬が16番枠、9番枠で直線も大外を回していただけに、馬場差が大きく影響した1戦と言えます。
2走前の中山戦では大外枠からの競馬となり、ロスの多い競馬の中でスローの瞬発勝負で上位2頭に見劣っての3着となりました。
中山コースでは不利な流れや馬場でも崩れずに走れており、今回は・・・この先は会員様情報で公開させていただきます。






お申し込み方法


↑メールが届かない場合はブログのコメント欄にてお知らせ下さい。

(コメント欄は管理人のみ閲覧可能となっています)



2017年のG1レース結果
12戦8勝275万9200円獲得


スプリンターズS 24万6400円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2017-10-01.html


秋華賞 32万6600円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52260251.html


菊花賞 21万3200円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52301570.html


天皇賞・秋 7万2000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52343857.html


マイルチャンピオンシップ 49万6000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52472919.html


ジャパンカップ 53万1000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52513888.html


阪神JF 46万円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52594535.html


朝日杯FS 42万円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52635029.html





予備掲示板2
http://m.z-z.jp/?n225mini2

速報!土曜日ブログ公開の6番人気馬フォールザファラオが豪脚一閃で差し切り勝ち!19万2000円獲得で今週は早くもプラス確定となりました。

競馬

お申し込み方法



今週の阪神ジュベナイルフィリーズは過去5年で3回的中のレースとなります。

2013年:2点で的中し、37万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2013-12-09.html

2014年阪神JF予告通り3点で的中!ワンツースリー独占!

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2014-12-14.html


2016年:3点指示で的中!12万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2016-12-11.htm


2017年:2点指示で的中!46万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2017-12-10.html




土曜日の勝負の1鞍の結果

中京2レース

11フィールザファラオ(ブログ公開情報馬)

この馬はデビューから3戦目までは走法から芝を使われてきましたが、4戦目からダートに使われて一気の距離短縮で4着。

その後は1400mに距離を伸ばして2→1着となりましたが、「返し馬の時から外にモタれる面を見せたり、道中も遅くなるとコントロールが難しくなっていたので、流れが速くなる上のクラスの方が絶対に良いと思いますよ。未勝利を勝った時も全力で走っていなくて、外から来られた時に寄せて行ったら渋太さを出してもうひと伸びしていましたから、上のクラスでも全然やれますよ。」との事。
しかし、昇級後は8,6着と掲示板にも届いていないため、今回は昇級3戦目でもそこまで人気していません。

昇級初戦の2走前はゲートで滑って、その後に躓いてしまいながらも追い込んできており、「北村宏騎手がもう一度乗せてほしいって言ってきたので」と岩戸調教師が話していましたが、再度騎乗した前走では着順を上げるも6着に敗れました。
前走は返し馬の時点で他馬の後ろに入れて馬を落ち着かせており、北村騎手に注目していましたが。
発馬を決めて内をロスなく回ってうまく流れに乗れていましたが、4角で外から寄られてしまい、ラチとの間に挟まれる致命的な不利を受けてしまい、そこで上位と離されてしまいました。
不利がありながらも時計は詰めており、6着といっても勝ち馬とはコンマ4秒差だっただけにスムーズならかなり際どかった内容でした。

今回は人気を落としているだけに妙味の大きい1頭と言えます。



↓矢印で示した黒い帽子がフィールザファラオ

1a





↓外の馬に寄られてフィールザファラオの進路が狭くなります

2a





↓ここで接触して、寄れてきた馬に先を越されます
(不利を与えた蛯名騎手はこの後振り返っていたほど)


3a






↓最後は不利を与えられた馬を内から抜いてジワジワ伸びての6着。

4a




会員様情報では6番人気のフィールザファラオの単勝・複勝指示となり、単勝9.9倍、複勝2.9倍パーフェクト的中で19万2000円の払い戻しとなりました。


192









今週はお試し週のため、土曜日は2鞍の情報を提供させていただきます。

土曜日の勝負の2鞍目

中山12レース

7ソイルトゥザソウル
新馬戦はスプリントのスピードに出負けしながら無理矢理ついていって最後に脚をなくしてしまい、直線でフラついて伸びあぐねての5着。
2戦目は一転して脚を溜めて突き抜ける圧巻の競馬で、スローペースで少々のズブさを見せながら大外一気で1頭だけ違う脚を使って差し切る強い内容でした。
その次走のアスター賞では上手に折り合って直線では外から伸びてきた3着馬に馬体を併せにいったあとに、内から先に抜け出していた勝ち馬に馬体を併せに行ってジワジワと迫っての2着。
その後のサウジアラビアロイヤルCは外枠に入ってしまい、内でジッと脚を溜めたいこの馬にとっては厳しい枠順となってしまいました。
最後はジリジリと伸びていましたが、道悪+タメが利かなったためにフラつく面も見せており、自己条件で内枠に入れば巻き返せる1頭と言えます。
この馬は脚の使いどころが難しいタイプだけに東京よりも中山コース向きの馬で、中山ではアスター賞で1枠から6番人気で2着しており前走も中山マイル戦で、交わされてからも粘り強さを見せての3着と中山コースで好走しています。
3走前の若竹賞では6着となりましたが、レース前に落鉄して蹄鉄の打ち替えにかなり手間取った影響が大きく出てしまい、直線半ばでは鞍上が手綱を引いて止めるような場面も見られ、参考外の1戦です。

その後に休養に入り、休み明けの1戦となった2走前は福島1800m戦に使われて6着となり、叩き2戦目の前走は距離延長の2000m戦で3着となりましたが、前走騎乗した木幡騎手は「(前走乗った)丸田騎手からは1800mでも長いと聞いていたので、(2000m戦の)今回は最初は無理させずに距離を保つように意識的に出たなりで運びました。ごまかせば距離は持ちましたけど、行きっぷりが良いのでベストはもっと短い距離ですね」との事。
今回はオープンクラスで3着の実績のあるベストの中山マイル戦となり、叩き3戦目+得意コースで大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。
間隔は詰まっている中でも今週は6ハロンから意欲的な内容で追われており、勝負度合いの高い1頭と言えます。

人気の16クイーングラスは大とびのタイプで適正的には東京向きの馬で中山コースでは信頼度は下がります。
16クイーングラスを狙うよりも中山巧者で中山1600mのこのレースを待って照準を合わせてきた5シュバルツリッターを狙います。

この馬は馬の後ろに入れたいタイプで、前走は待望の中山マイル戦での内枠となりましたが、道悪馬場で内が荒れていたために荒れた馬場を進んでの4着。1,2着馬が16番枠、9番枠で直線も大外を回していただけに、馬場差が大きく影響した1戦と言えます。
2走前の中山戦では大外枠からの競馬となり、ロスの多い競馬の中でスローの瞬発勝負で上位2頭に見劣っての3着となりました。
中山コースでは不利な流れや馬場でも崩れずに走れており、今回は・・・この先は会員様情報で公開させていただきます。






お申し込み方法


↑メールが届かない場合はブログのコメント欄にてお知らせ下さい。

(コメント欄は管理人のみ閲覧可能となっています)



2017年のG1レース結果
12戦8勝275万9200円獲得


スプリンターズS 24万6400円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2017-10-01.html


秋華賞 32万6600円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52260251.html


菊花賞 21万3200円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52301570.html


天皇賞・秋 7万2000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52343857.html


マイルチャンピオンシップ 49万6000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52472919.html


ジャパンカップ 53万1000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52513888.html


阪神JF 46万円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52594535.html


朝日杯FS 42万円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/52635029.html





予備掲示板2
http://m.z-z.jp/?n225mini2

競馬