FC2 ブログランキング競馬


お申し込み方法




今週の秋華賞は近2年で86万円、52万円を獲得したのと同様に5倍額の勝負レースとなります。

また、今週土曜日の勝負の1鞍は2~3倍額勝負レースとなりました。



土曜日の結果

京都1レース


5スウィープザボード

近2走はダート1400mに使われていますが、「他馬や砂を気にして集中して走れていません。もっと距離を延ばして追走が楽になれば変わってくると思います」と、川須騎手の進言で今回は2ハロン延長の1800m戦に使われる事になりましたが、2走前は前半に砂を被って集中力を欠きながらも締まったダートで2着に好走できており、非力なタイプだけに道悪の締まったダート+追走が楽になる距離延長は大きなプラス材料と言えます。

前走は力の要る良馬場で砂を被ってしまい、砂を被った途端に行きっぷりが悪くなってしまい、道中は追い通しで回るのがやっとというけ馬で度外視可能の1戦と言えます。

今回は大きく条件が好転し、小頭数で砂を被りにくい今回はパフォーマンス一変の可能性が高い1頭となります。

9レディアリエス

牝馬にしては逞しい馬で、初戦はまだひと絞りできそうな馬体で6着となりましたが、ゲートでアオって出遅れてしまい、中団のラチ沿いを進めて直線で外に持ち出しましたがステッキが入っても反応していませんでした。

稽古を見ると芝でも走れそうなぐらいの軽いフットワークをしているだけに締まったダートは歓迎材料と言え、基本的にゲートは速いタイプだけに距離延長の今回は締まったダートで好発を切れればガラリ一変しておかしくない1頭と言えます。


会員様情報では馬単3点指示的中で45万2100円獲得となりました。


74502










日曜日


京都11レース

秋華賞


13デアリングタクト

3走前のエルフィンステークスでは強烈な末脚を発揮して2戦2勝となり、当時の評価では『スピードの質的に未知な面があるため、ハイペース確実の桜花賞より距離を延ばしたオークスでポジションを取って要所での反応を生かした方が勝機はありそうですが、素材的な魅力は間違いなく、この馬が見せたパフォーマンスは例年レベルの桜花賞なら十分に本命対抗レベルに相当します。エルフィンSはラストの伸びが素晴らしく、馬場を考えても時計的にも優秀で、最後は流したとはいえラップも優秀でした。そのエルフィンS後の松山騎手の話では、「レース間隔が空いていた割にイレ込みがありまして、ゲートでも悪さをしてタートのタイミングが合いませんでした。ちょっとイレ込むところがあるので、間隔を空けたほうがいいかもしれないということで、先生と相談して決めました。初戦からエルフィンSまでも間(3カ月弱)がありましたが、休み明けを感じさせないしっかりした走りをしてくれたので、間隔が空いても問題ないことがわかりましたし。ここ2週乗っていて、1日(水)は併せ馬で右にモタれるような面もありましたし、チューリップ賞を使わなかったのは正解だったなと思います。」との事。新興勢力としては間違いなく一番魅力のある1頭と言え、レステンシアの展開で負かせる可能性があるのはこの馬が最有力候補となります。』と公開し、情報通りにレシステンシアを撃破して477.6倍的中となりました。

前走は『桜花賞よりも勝機があるオークス』となり、「超ハイレベルの桜花賞2着馬不在で桜花賞で3馬身以上の差をつけた馬が相手となる1戦だけに、メンバー弱化+適性面強化となる今回は確勝級の1頭と言えます。」と会員様に公開させていただき、無傷の4連勝となりました。

今回は秋華賞を戦う上で必要な後半のポテンシャル面をどこまで引き出せるかというのがポイントとなりますが、これまで着差以上の強い競馬をしてきておりオークスであの内容ならこの世代では抜けた存在と言えます。






お申し込み方法



↓2017年の秋華賞は32万円獲得↓

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2017-10-15.html


17年の秋華賞情報内容

◎14ディアドラ


前走の紫苑Sの上位1〜3着馬の4コーナー時点での位置取りを見ると、2,3着のカリビアンゴールドとポールヴァンドルはロスなくインを通っているのに対して、ディアドラはスローの流れを大外を回しての勝利となりました。

着差は僅かですが、これはディアドラと2,3着馬には大きな力の差がある内容だったと言えます。

2相馬の札幌HTB賞は倒した相手がハイレベルで、突き放した3着馬は1000万でも能力上位のフォワードカフェ、4着馬は500万をあと0.1秒でタイムランクAという時計で快勝してきたタンタグローリア、5着馬は1000万で2回2着があるエニグマバリエートという相手でした。

更に、2着に競り落としたラヴィエベールは展開に恵まれずに準オープンを勝てなかっただけという馬で、GIIIぐらいなら馬券に絡んでもおかしくない馬です。

この次走で準オープンへ格上挑戦してタイム差なしの3着となっており、この馬に休み明けで勝ったディアドラの評価は高まります。

また、オークス当日の東京芝は反則的にイン先行が有利で、内枠で好位を通ったソウルスターリングとモズカッチャンは馬場のバイアスの恩恵を受けて1、2着となりました。

最速上がりで差してきた3着馬のアドマイヤミヤビと4着馬のディアドラは物理的に無理なレースとなりましたが、ディアドラは中1週の強行ローテーションでオークスに挑んでおり、順調度ではアドマイヤミヤビの方が優勢でした。

それを考えればアドマイヤミヤビに匹敵する能力を持っている事は分かります。


最後に未勝利を勝った芝1400m戦を振り返ります。

12.6 – 10.6 – 11.4 – 11.8 – 11.8 – 11.9 – 12.0 (34.6-35.7)

好時計が出たように未勝利レベルとはいえスローではなく淀みなく流れた一戦となり、これだけ流れた芝1400mの未勝利戦を完勝しているというのは秋華賞では大きなアドバンテージとなります。

秋華賞は内回りの芝1400mで好走経験ある馬が激走するレースで、今回の上位人気馬でこの条件に該当するのはこのディアドラだけです・・・この先は会員様情報で公開させていただきました。


12.6 – 23.2 – 34.6 – 46.4 – 58.2 – 70.1 – 82.1 (34.6-35.7) ディアドラの未勝利

12.4 – 22.9 – 35.8 – 48.0 – 59.9 – 72.5 – 84.2 – 95.6 – 106.9 – 118.6 (35.8-34.4)

12.0 – 22.5 – 33.8 – 45.4 – 57.4 – 69.7 – 81.6 – 93.4 – 105.0 – 116.9 (33.8-35.3)

12.0 – 22.7 – 34.5 – 46.3 – 58.0 – 70.2 – 81.7 – 93.4 – 105.2 – 117.0 (34.5-35.3)

12.1 – 22.5 – 34.4 – 46.6 – 58.9 – 71.2 – 83.1 – 94.9 – 106.7 – 118.6 (34.4-35.5)

12.3 – 23.3 – 36.5 – 49.9 – 62.2 – 73.8 – 85.2 – 96.5 – 108.0 – 120.4 (36.5-35.2)


ディアドラの未勝利のレースラップの下に過去5年の秋華賞のレースラップを並べてみましたが、およそ未勝利勝ち時の芝1400mで経験したペースは秋華賞の前半1000m、前半1400mの通過時計と比較しても遜色ないものです。

この流れを経験しているというのは大きな強みで、こういう内回り適性があって2000mもこなせる馬が秋華賞ではよく走ります。


会員様には単勝・馬連・3連単指示となりましたが、結果は◎ディアドラが1着となり、単勝 ・馬連・3連単パーフェクト的中となりました。


33















18年の秋華賞は5倍額勝負で86万円獲得↓

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-10-15.html


◎11アーモンドアイ

カンタービレはローズSで想像以上に強い競馬をしましたが、今回は相手関係がかなり落ちるサラキアやラテュロスレベルが上位人気するメンバー構成。

現時点でこの馬を相手に互角にやれる馬は見当たらず、唯一期待があった紫苑S圧勝のノームコアの不在で今年の秋華賞は1強となりました。

力の要る馬場でもシンザン記念で出色の末脚を見せており、新馬戦で唯一ギアチェンジでエンジンがかかるまでに出し抜かれて2着に敗れましたが、秋華賞は基本的に3角下りからペースが上がっていく点と全体のペースもある程度早くなることが多いため、よほど極端な流れにならなければまず届きます。


昨年の秋華賞では1番人気のアエロリットが2番手でレースを進めて直線で早くも脱落して、自身の戦績でワーストの7着に失速しました。

アエロリットは、前走で古馬相手のクイーンSで逃げ切り勝ちを決めており、強い馬なのは間違いありませんでしたが、作年はレース当日の馬場悪化が、騎手の意識を上回るほと激し勝った点も要因の1つと考えられます。

秋華賞は逃げ、先行で好走することが難しく、過去10年で見ても逃げ、先行馬はかなり苦戦(優勝馬は11年のアヴェンチュラのみ)しています。

その理由はコース形態にあり、秋華賞が行われる京都内回りの芝2000mは、最初の1コーナーまでの距離が約300mで最後の直線距離も短く約400mしかありません。

このため最初の1コーナーでハナを主張したい逃げ候補馬と、向正面で動いて直線までにポジションを確保したい馬が早目に動く事で毎年のように淀みないペースが生み出されます。

逃げ馬不在で、先行馬が手薄だった年の2冠馬ジェンティルドンナにマークが集まった2012年は1000m通過が62秒2の超々スローペースでしたが、それ以外は1000m通過は1分を切っており、58~59秒台となっています。

このペースでは高速馬場でも先行馬が粘り切るのは厳しく、過去10年でそのペースでも先行策から押し切って優勝したのはアヴェンチュラのみとなっています。

 今年の注目馬は藻岩山特別を淀みないペースで逃げ切ったミッキーチャームで、オスカールビーやサヤカチャンあたりに行かせて、2番手からの競馬が濃厚で、前を追い抜こうとする気性の馬だけに、前述の通りに前が飛ばす展開になりがちな秋華賞では適性的にマッチする先行馬と言えます。

過去に好走したアヴェンチュラとの比較ならミッキーチャームが粘れてもおかしくないだけのパフォーマンスを見せているだけに、調整過程が怪しいクラシック上位馬のラッキーライラックや、秋華賞とは適性の異なるローズS上位組、2馬身差の圧勝となったノームコアが不在の紫苑S組等、今年は人気上位勢に不安が大きいため、この馬が注目の1頭となります。


結果は注目馬ミッキーチャームが逃げて2着に粘り込み、馬連、ワイドダブル的中となりました。


131











昨年の秋華賞は5倍額指定のワイド2点指示的中で52万円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-10-15.html


19年の秋華賞情報

◎8カレンブーケドール


2走前のオークスがかなり強いパフォーマンスで、前半のスピードの高さは間違いなく、そこからのL3最速で11.4秒は馬場を考えるとポテンシャルタイプの印象がありますが、4Fで分散された中で外から渋太く最後まで粘り込めた点は大きく評価できます。

この馬は速いラップを要求されない競馬で一気にパフォーマンスを上げてきており、オークスでは一番強い競馬をしてきたと言え、速いラップを要求されにくい秋華賞向きの1頭と言えます。

オークスでは2400mでも59-59という厳しい平均ペースの流れに乗ってL3最速、L4でも11秒台に入ってくる過酷な仕掛けを外から動く形で抜け出していました。

これはかなり強い競馬をしており、このペースでしっかりとポテンシャルを引き出せているというのがこの馬の大きな武器と言え、2000m以上の中長距離向きなのは間違いありません。

前走の紫苑Sはゲートを出た後にトモを落としてしまい、出して行った事で3角までハミを噛んでいたために度外視可能と言える3着となっており、今回は前走の敗戦で妙味が生じる信頼度の高い1頭と言えます。


会員様にはワイド2点指示での的中となり、7.1倍的中で53万2500円獲得となりました。


jda











↓日曜日情報のお申込みはコチラで受け付け中です

お申し込み方法




2018年のG1レース結果は24戦8勝で332万5200円獲得。

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-12.html


的中率33.3%

回収率230.9%



お申し込み方法

2020年春のG1レース成績(11戦8勝)

高松宮記念は21万馬券的中で65万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-03.html

大阪杯はワイド1点的中で17万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-04-05.html

桜花賞は477.6倍的中で19万1040円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-04-12.html

皐月賞は16万5000円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-04-19.html

天皇賞・春は552倍的中!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-03.html

NHKマイルカップは61万5000円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-10.html

ヴィクトリアマイルは3点指示で31万3500円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-17.html

ダービーは馬単3.5倍的中!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-31.html





お申し込み方法


12/15 朝日杯FS 6.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-12-16.html



12/8 阪神JF 130万800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-12-09.html

12/1 チャンピオンズカップ 70万3000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-12-02.html

11/24 ジャパンカップ 72万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-11-25.html

11/17 マイルチャンピオンシップ 42万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-11-18.html

10/27 天皇賞・秋 54万9320円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-10-28.html

10/13 秋華賞 53万2500円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-10-14.html

9/29 スプリンターズS 6万800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-09-30.html

6/2 安田記念 4万37200円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-06-02.html

5/26 ダービー 99万5300円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-05-26.html

5/19 オークス 215万9520円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-05-19.html

4/14 皐月賞 72万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-04-15.html

2/17 フェブラリーS 46万3400円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-02-18.html





2018年のG1レース結果は24戦8勝で332万5200円獲得。
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-12.html

的中率33.3%
回収率230.9%

お申し込み方法

2月2日 不的中(コンマ1秒差で78万円取り逃し)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-02-03.html


↑メールが届かない場合はブログのコメント欄にてお知らせ下さい。

(コメント欄は管理人のみ閲覧可能となっています)



2018年のG1レース結果は
24戦8勝で332万5200円獲得となりました。

的中率33.3%
回収率230.9%



・11月25日 ジャパンカップ 42万円獲得
(2点指示での3倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-11-26.html

・11月18日 マイルCS 64万4000円獲得
(5点指示での3倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-11-18.html

・10月14日 秋華賞 86万円獲得
(2点指示での5倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-10-15.html


・9月30日 スプリンターズS 41万4000円獲得
(4点指示での3倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-09-30.html

・5月20日 オークス 18万円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-05-21.html


・4月8日 桜花賞 6万800円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-04-09.html

・3月25日 高松宮記念 50万7000円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-03-26.html

・2月18日 フェブラリーS 23万9400円獲得
(3点指示での3倍額勝負)

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-02-19.html



2017年のG1レース結果
12戦8勝275万9200円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/cat_1329567.html



予備掲示板

http://m.z-z.jp/?n225mini