FC2 ブログランキング競馬


お申し込み方法



10月11日(日)は、3倍額の勝負レース提供となります。

土曜日の結果


東京12レース


14レッチェバロック

「距離は1400mまでだと思います」とルメール騎手が話しており、前走のユニコーンSは距離が1ハロン長く、ペースを緩めない逃げで勝ち馬にマークされる厳しい展開だっただけに悲観する内容ではありません。

新馬戦を大差で勝ち、ひと息入った昇級戦では9馬身差で圧倒的なスピードを見せ、この時の1分23秒6は同日の古馬2勝クラスよりもコンマ1秒速く、翌日の鎌倉Sよりもコンマ3秒速いものでした。

9馬身差の圧勝を決めた2戦目の終い1ハロンが13.4まで落としている点を考えても1600mはこの馬にとっては明らかに1ハロン長い距離と言え、2戦圧勝の1400m戦の自己条件なら巻き返し可能の1頭と言えます。


16カミノコ

2走前の札幌戦は輸送しても体を減らさずに挑んで2着に好走。

久しぶりの1000m戦で出遅れて位置取りは後ろになりましたが手応えは良く、スムーズに進路が出来て時計の速い馬場で逃げた馬が押し切る流れを考えれば評価できる内容の競馬が出来ていました。

また、勝ち馬とは5キロの斤量差もあっただけに勝ちに等しい内容のレースと言えます。

前走は1200m戦に使われて3着に好走しましたが、展開的には差し切れていたはずですが中山の坂が応えた印象があり、東京コース替わりはプラス材料と言えます。


9スリーグランド

前走は中7週での1戦となりましたが「1400mのここまで待ちました」との事で減った馬体を戻して挑み、直線の坂で外へ出して残り1ハロンから急追して2着に好走しました。

直線では狙ったところを4着馬に取られてしまい、進路を下がるロスが生じて一番外に出せたのが直線半ばだった点と、先行馬有利の決着だった点を考えれば評価できる内容の2着と言え、使った後も余裕ある動きを見せているだけに、叩き2戦目でスムーズなら更に高いパフォーマンスが期待できる1頭と言えます。


8セイヴァリアント

最後に脚を使えるタイプで、ワンターンの東京コース巧者。

東京以外では(1.1.0.6)で、東京コースなら(1.3.4.4)と安定しており、東京コースで掲示板を外したのは新馬戦で砂を被った1度のみとなっています。

近走は東京戦で2,3,3,5着という結果となっていますが、2走前は下がってくる馬をパスしようとしたところで浮ついて突っ張るような走りになってしまい、参考外の1戦と言えます。

阪神コースに変わった前走は3,3,2,1,5,1,5着の三浦騎手からテン乗りの福永騎手となり、好走条件からは若干外れた中での13着だけに度外視可能で、前走で負けて得意の東京戦+三浦騎手騎乗となるここは前走の大敗で妙味が非常に大きい1頭となります。


1アポロチーター

前走騎乗した木幡騎手が「1200mは忙しい感じがありますし、渋太いタイプですから東京の1400m戦が一番良いと思います」と話しており、今回は東京1400m戦で高いパフォーマンスが期待できる1頭。

前走の新潟1200m戦では大型馬の休み明け+1ハロン短縮で3番手でも手綱を動かしながらの競馬となり、最後まで渋太く踏ん張って3着を確保してあと1ハロンが欲しいような内容の競馬となりました。

大型馬の叩き2戦目+ベスト条件となるここは大きくパフォーマンスを高めてきそうな1頭と言えます。


4オーロラテソーロ

前走はスリーグランドからコンマ1秒差の3着となった同馬。

前走は左回りの1400戦というこの馬のベスト条件で巻き返してきましたが、今回は叩き2戦目で更に上昇してきそうな1頭と言えます。


会員様情報では上記情報馬6頭の3連単ボックス指示となり286.3倍的中で14万3150円獲得となりました。

fsa









日曜日

京都2レース
1カスティーリャ
デビュー前からバネの利いたいいフットワークをしていた馬ですが、ひと息入れたことで体がひと回り大きくなって動きにも素軽さが増してきています。
初戦は3〜4角で動けない場面があり、前走は勝負どころで外を回るロスが響いて3着となりましたが、2着馬はその後勝ち上がっており、4着馬も次走の再戦でコンマ1秒差の勝ち馬ゴールドチャリスでした。
ゴールドチャリスはフェニックス賞でヨカヨカ(先週のひまわり賞で無傷の3連勝を達成)の3着馬で、ここでは能力上位の存在と言えます。
久々となった前走は「久々の分、イレ込みが激しかったです。」との事で、出脚が鈍くてテンに行けませんでしたが徐々にポジションを上げて3角手前で5番手に上がると勝負どころで追い上げを開始して安泰の2着となりました。
前走はレコード勝ちした勝ち馬が強すぎたケースと言え、これまで戦ったハイレベルメンバーに比べるとここは軽い1戦となるため、叩き2戦目でガス抜きが出来た今回は確勝級の1頭と言えます。



お申し込み方法




2018年のG1レース結果は24戦8勝で332万5200円獲得。

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-12.html


的中率33.3%

回収率230.9%



2019年のスプリンターズSは情報馬2頭が2,3着となり60.8倍的中

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-09-30.html


2018年のスプリンタ―ズステークスは41万4000円の払い戻し

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-09.html



twh








2017年のスプリンターズSは24万6400円の払い戻し


2017年のスプリンターズS内容
スプリンターズSの過去の良馬場での日本馬の優勝馬に限れば、1分7秒6を切る持ちタイムがあることが条件の1つとなります。
2013年のスプリンターズSは前半3F32.9のハイペースとなり、上り3F34.3(自身34.0)の競馬となりました。
この年のセントウルSでは前半3F33.8のミドルペースで上り3F33.7(自身34.2)となり、スプリンターズSとは適性の異なるレースでした。
今年のセントウルSがまさに2013年と同じで、前半3F33.8のミドルペースで上り3F33.7の決着となっていました。
そして今年はペースが速くなりそうなメンバーが揃い、2013年のようにセントウルSはミドルペース→スプリンターズSはハイペースとなりそうです。
2013年はマヤノリュウジンが15番人気で3着となっており、この馬は前哨戦のセントウルSでは7番人気で7着に敗れましたが、勝ち馬ハクサンムーン、2着ロードカナロアからは4馬身差をつけられるも、3着馬とはコンマ2秒差の競馬でした。
そして本番のスプリンターズSでは勝ち馬ロードカナロアからコンマ1秒差の3着に好走しています。

4フィドゥーシア
前走はとても力を出し切ったとは思えない凡走となりましたが、前々走までの直線1000m戦連続起用の影響で前進気勢が強くなり過ぎていたように思えます。
精神的なモロさが出た大敗となりましたが、同馬の大敗は過去にも何度かありますが、その次走で即一変歴も複数見られます。
前々走のハイペースでの競馬好走を見ても決して弱い馬ではなく、スンナリと内枠から先行できれば通用可能です。
ハイペース濃厚の今回は13年のマヤノリュウジンと同様に巻き返してくる可能性がある1頭となります。

3セイウンコウセイ
前走はシュウジが暴走気味に逃げた32.2秒というハイペースを2番手で追いかける形となり、それで4着に踏ん張ったというのは強い内容での負け方。
準オープンまではダートや1400mで実績のあった馬で、1200m専用のスピード馬ではないという点で、近年の傾向にも合致。
道悪の高松宮記念を勝ったように、この馬もスピードだけでなくパワーがあるので、初の中山芝コースですが問題無さそうです。

9メラグラーナ
芝の1200m戦の中では中山というコースは3、4コーナーが外回りで緩やかという独特の特徴があり、差し馬でこのコースを特に得意としている馬が見られますが、中山3戦3勝のこの馬はまさにそのタイプで、他場と比べると勝負どころでの上がっていくスピードが中山だと段違いに楽に上がっていきます。
そして加速力は鋭いのですが、長く脚が続かないため、直線の短いコースというのもプラスとなっています。
持ち時計が遅い分、G1では足りない印象ですが、まとめて差しきれるとしたらこのコースしかありません。

2レッツゴードンキ
昨年も微差の敗戦で、高松宮記念は2着に好走し、スプリンター適性の高い1頭。
前走のヴィクトリアマイルは外枠で掛かってしまい参考外の1戦で、昨年のスプリンターズSも前に入られてポジションが下がってしまいながらもメンバー最速の脚で伸びてきていました。
今年は岩田騎手が昨年と同じ轍を踏まないように前半からポジションを取る可能性が高く、好走が期待できる1頭です。

会員様には3倍額勝負をしていただき、馬連17.6倍的中となり24万6400円の払い戻しとなりました。


10










↓日曜日情報の登録受け付け中

お申し込み方法

2020年春のG1レース成績(11戦8勝)

高松宮記念は21万馬券的中で65万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-03.html

大阪杯はワイド1点的中で17万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-04-05.html

桜花賞は477.6倍的中で19万1040円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-04-12.html

皐月賞は16万5000円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-04-19.html

天皇賞・春は552倍的中!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-03.html

NHKマイルカップは61万5000円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-10.html

ヴィクトリアマイルは3点指示で31万3500円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-17.html

ダービーは馬単3.5倍的中!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-31.html





お申し込み方法


12/15 朝日杯FS 6.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-12-16.html



12/8 阪神JF 130万800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-12-09.html

12/1 チャンピオンズカップ 70万3000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-12-02.html

11/24 ジャパンカップ 72万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-11-25.html

11/17 マイルチャンピオンシップ 42万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-11-18.html

10/27 天皇賞・秋 54万9320円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-10-28.html

10/13 秋華賞 53万2500円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-10-14.html

9/29 スプリンターズS 6万800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-09-30.html

6/2 安田記念 4万37200円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-06-02.html

5/26 ダービー 99万5300円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-05-26.html

5/19 オークス 215万9520円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-05-19.html

4/14 皐月賞 72万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-04-15.html

2/17 フェブラリーS 46万3400円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-02-18.html





2018年のG1レース結果は24戦8勝で332万5200円獲得。
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-12.html

的中率33.3%
回収率230.9%

お申し込み方法

2月2日 不的中(コンマ1秒差で78万円取り逃し)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-02-03.html


↑メールが届かない場合はブログのコメント欄にてお知らせ下さい。

(コメント欄は管理人のみ閲覧可能となっています)



2018年のG1レース結果は
24戦8勝で332万5200円獲得となりました。

的中率33.3%
回収率230.9%



・11月25日 ジャパンカップ 42万円獲得
(2点指示での3倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-11-26.html

・11月18日 マイルCS 64万4000円獲得
(5点指示での3倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-11-18.html

・10月14日 秋華賞 86万円獲得
(2点指示での5倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-10-15.html


・9月30日 スプリンターズS 41万4000円獲得
(4点指示での3倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-09-30.html

・5月20日 オークス 18万円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-05-21.html


・4月8日 桜花賞 6万800円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-04-09.html

・3月25日 高松宮記念 50万7000円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-03-26.html

・2月18日 フェブラリーS 23万9400円獲得
(3点指示での3倍額勝負)

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-02-19.html



2017年のG1レース結果
12戦8勝275万9200円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/cat_1329567.html



予備掲示板

http://m.z-z.jp/?n225mini