ヨット Jennifer号 航海記 探鳥旅行記

定年後仲良し夫婦がヨットとトラベルトレーラーで国内を旅行する航海記、探鳥旅行記

舳倉島 友達と島で見かけた野鳥 目撃情報 2017春

  ”” 頻繁に内容を追記しています 頻繁に覗いてください ””

 「フェリー運行予報は海象情報からの私的推測で、補償免責です」 
フェリー運行確認先:0768-22-4381
目撃情報は友から聞いたり、自らの目撃を記載しました 実際はこれより多めの種が現存していると思われます

5月30日(火) 曇晴      17℃〜27℃  波高1.0m  フェリー運行を予想します

5月29日(月) 曇晴      17℃〜26℃  波高1.0m  フェリー運行を予想します

5月28日(日) 晴曇     17℃〜25℃  波高1.0m  フェリー運行を予想します

5月27日(土) 晴曇     16℃〜24℃  波高1.0m  フェリー運行を予想します

5月26日(金) 曇晴     17℃〜24℃  波高1.0m  フェリー運行を予想します

5月25日(木) 曇       17℃〜24℃  波高1.0m  フェリー運行を予想します

5月24日(水) 曇       15℃〜24℃  波高1.0m  フェリー運行します
目撃情報 「イナバヒタキ」 「コウライウグイス」 ウミネコ カラスバト キジバト コサギ チュウサギ アオサギ ダイサギ ジュウイチ ツツドリ赤 カッコウ トビ ハヤブサ ブッポウソウ モズ アカモズ ツバメ ヒヨドリ ウグイス メボソムシクイ キマユムシクイ メジロ コムクドリ マミチャジナイ キビタキ コサメビタキ サメビタキ ハクセキレイ アオジ カシラダカ  31種

5月23日(火) 曇晴     13℃〜26℃  波高1.0m  フェリー運行します
目撃情報 「イナバヒタキ」 「コウライウグイス」 「チゴモズ」 ウミネコ カラスバト キジバト コサギ アオサギ アマサギ アカガシラサギ ジュウイチ ツツドリ赤 カッコウ ホトトギス アマツバメ キアシシギ トビ ハヤブサ サンショウクイ ツバメ コシアカツバメ ヒヨドリ ウグイス オオムシクイ メジロ オオヨシキリ コヨシキリ コムクドリ ツグミ キビタキ マミジロキビタキ♀ ムギマキ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ ハクセキレイ マヒワ シメ イカル カワラヒワ ホオアカ コホオアカ アオジ カシラダカ   44種

5月22日(月) 晴曇     17℃〜26℃  波高1.0m  フェリー運行します
目撃情報 「イナバヒタキ」 「コウライウグイス」 ウミネコ カラスバト キジバト コサギ アカガシラサギ ツツドリ カッコウ キアシシギ オグロシギ トビ ハヤブサ ブッポウソウ ツバメ ヒヨドリ キマユムシクイ メボソムシクイ コムクドリ マミチャジナイ シマゴマ キビタキ ムギマキ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ ハクセキレイ マヒワ シメ カワラヒワ ホオジロ アオジ 32種 

5月21日(日) 晴曇     18℃〜27℃  波高1.0m  フェリー運行を予想します
目撃情報 「イナバヒタキ」 「シベリアムクドリ?」 「ヤナギムシクイ」 ウミネコ カラスバト キジバト チュウサギ アマサギ カッコウ アマツバメ シギ科 トビ ハヤブサ アカモズ ツバメ ヒヨドリ ウグイス キマユムシクイ オオムシクイ コムクドリ ギンムクドリ  ツグミ ノゴマ コサメビタキ サメビタキ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ イカル カワラヒワ アオジ 30種

5月20日(土) 曇晴     17℃〜26℃  波高1.0m  フェリー運行します
目撃情報 ありませんが、非常に少なかったそうです 

5月19日(金) 晴曇     15℃〜26℃  波高1.0m  フェリー運行します
目撃情報 ないです 

5月18日(木) 晴曇     13℃〜23℃  波高1.0m  フェリー運行を予想します
目撃情報 「コマミジロタヒバリ」 「コウライウグイス数羽」 「チゴモズ」 ウミネコ カラスバト キジバト アマサギ ツツドリ ツバメ ヒヨドリ ウグイス キマユムシクイ ムジセッカ メジロ コムクドリ マミチャジナイ コルリ キビタキ マミジロキビタキ オオルリ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ セグロセキレイ マヒワ シメ カワラヒワ シベリアアオジ 30種  
天気が続き、どんどん抜けてしまいます    


5月17日(水) 曇晴     12℃〜22℃  波高1.0m  フェリー運行します
 目撃情報  「オウチュウ」 「ヤナギムシクイ」 「コウライウグイス数羽」 「シベリアムクドリ」 「セグロカッコウ」 「シベリアツメナガセキレイ」 ウミネコ カラスバト キジバト カイツブリ チュウサギ アオサギ アマサギ チュウダイサギ カッコウ ジュウイチ トビ ツミ ハヤブサ ブッポウソウ ハシブトガラス サンコウチョウ チゴモズ ツバメ ヒヨドリ ウグイス チョウセンウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ キマユムシクイ ムジセッカ エゾムシクイ メジロ チョウセンメジロ コムクドリ ムクドリ シベリアムクドリ カラアカハラ ツグミ コルリ シマゴマ イソヒヨドリ キビタキ マミジロキビタキ ムギマキ オオルリ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ ハクセキレイ ビンズイ キセキレイ オオヨシキリ マヒワ シメ カワラヒワ アオジ シロハラホオジロ クロジ 59種  

5月16日(火) 曇晴     13℃〜22℃  波高1.0m  フェリー運行します
 目撃情報  「ヒメイソヒヨ♂」 「コウライウグイス若」  「チゴモズ」 「カラフトムジセッカ」 「マミジロキビタキ」 「シベリアツメナガセキレイ」 ウミネコ カラスバト キジバト アオサギ アマサギ ダイサギ ツツドリ カッコウ キアシシギ キョウジョシギ オグロシギ トビ ハヤブサ ミサゴ ブッポウソウ ハシブトガラス ツバメ コシアカツバメ ヒヨドリ ウグイス キマユムシクイ メジロ コムクドリ コマドリ シマゴマ キビタキ ムギマキ♂ オオルリ コサメビタキ エゾビタキ サメビタキ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ ビンズイ キセキレイ マヒワ シメ イカル カワラヒワ アオジ クロジ シロハラホオジロ カラアカハラ 48種

5月15日(月) 曇晴     12℃〜21℃  波高2.0m  フェリー運行します
 目撃情報  「ヤツガシラ」 「コウライウグイス」  「チゴモズ」 「セグロカッコウ」 「オウチュウ」(船に止まっただけ) 「ハチクマ」 「シベリアツメナガセキレイ」 ウミネコ カラスバト アオバト キジバト チュウサギ アオサギ アマサギ ダイサギ ツツドリ カッコウ アマツバメ チュウシャクシギ トビ ハヤブサ サンショウクイ モズ ツバメ ウグイス チョウセンウグイス コムクドリ カラムクドリ ニュウナイスズメ ツグミ シマゴマ キビタキ ムギマキ オオルリ コサメビタキ サメビタキ マミジロツメナガセキレイ キセキレイ イカル カワラヒワ アオジ クロジ  オオヨシキリ コヨシキリ キアシシギ ノゴマ ビンズイ ツミ エゾムシクイ エゾビタキ コルリ シロハラ センダイムシクイ ハシブトガラス ヒヨドリ ハクセキレイ シメ マミチャジナイ  58種   よい天候が続くと先を急ぎ、抜けるようですね

5月14日(日) 曇晴     15℃〜22℃  波高1.0m  フェリー運行を予想します
 目撃情報  「ヤツガシラ」 「コウライウグイス」  「チゴモズ」 「セグロカッコウ」 「シベリアムクドリ」
ウミネコ カラスバト キジバト コサギ チュウサギ アオサギ アマサギ ツツドリ チュウシャクシギ トビ ツミ ハヤブサ サンショウクイ サンコウチョウ モズ オナガ ツバメ 「アカハラツバメ」 ヒヨドリ ウグイス チョウセンウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ メジロ チョウセンメジロ ムクドリ ニュウナイスズメ マミジロ マミチャジナイ ツグミ コマドリ シマゴマ(どっさり) ジョウビタキ キビタキ コサメビタキ サメビタキ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ ツメナガセキレイ タヒバリ マミジロツメナガセキレイ キセキレイ マヒワ カワラヒワ アオジ シロハラホオジロ カシラダカ キマユホオジロなど

5月13日(土) 雨曇     15℃〜22℃  波高1.0m  フェリー運行します
 目撃情報 「ヤツガシラ」 「コウライウグイス」 「キタツメナガセキレイ」 「チゴモズ」 ウミネコ カラスバト キジバト コサギ チュウサギ アオサギ アマサギ ツツドリ チュウシャクシギ トビ ツミ ハヤブサ サンショウクイ サンコウチョウ モズ オナガ ツバメ ヒヨドリ ウグイス チョウセンウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ メジロ チョウセンメジロ ムクドリ ニュウナイスズメ マミジロ マミチャジナイ ツグミ コマドリ シマゴマ ジョウビタキ キビタキ コサメビタキ サメビタキ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ ツメナガセキレイ タヒバリ マミジロツメナガセキレイ キセキレイ マヒワ カワラヒワ アオジ シロハラホオジロ カシラダカ キマユホオジロ 51種

5月12日(金) 曇晴     15℃〜22℃  波高1.0m  フェリー運行します
 目撃情報 「ヤイロチョウ」 「セグロカッコウ」 コウライウグイス ヒヨドリ シマゴマ サンショウクイ コサメビタキ トビ ツバメ アオジ コマドリ コルリ キジバト シロハラホオジロ シメ チゴハヤブサ ハヤブサ ダイサギ チュウサギ アマサギ コホオアカ シベリアツメナガセキレイ マミジロ 「キタツメナガセキレイ」 ツメナガセキレイ キマユホオジロ シマアオジ カラフトムシクイ センダイムシクイ キビタキ ニューナイスズメ メボソムシクイ オオルリ マミチャジナイ 「マミジロキビタキ♀」 チュウシャクシギ トケン ビンズイ タヒバリ オジロビタキ チゴモズ 41種 

5月11日(木) 曇       16℃〜20℃  波高2.0m  強風波浪でフェリー欠航です
 目撃情報 「コウライウグイス4羽」 「チゴモズ」 「マミジロキビタキ♀」 アカモズ ゴイサギ キマユムシクイ ウミネコ カラスバト ツツドリ トビ ハヤブサ サンショウクイ サンコウチョウ ツバメ ヒヨドリ ウグイス センダイムシクイ チョウセンメジロ コムクドリ マミジロ ツグミ コマドリ コルリ シマゴマ キビタキ マミジロ キビタキ ムギマキ オオルリ コサメビタキ ハクセキレイ 「シベリアハクセキレイ」 アトリ シメ イカル カワラヒワ アオジ シベリアアオジ キマユホオジロ キマユホオジロ クロジ カシラダカ アカガシラサギ アマサギ ブッポウソウ ムナグロ 「キタツメナガセキレイ」 エゾビタキ カラフトムシクイ オオヨシキリ? コルリ 51種
  
5月10日(水) 雨曇     13℃〜23℃  波高1.0m  フェリー運行します
 目撃情報 「ヤマザキヒタキ」 「カラフトムシクイ」 カラスバト アオバト チュウサギ アオサギ ダイサギ ツツドリ アマツバメ トビ サンショウクイ モズ ツバメ ヒヨドリ ウグイス センダイムシクイ キマユムシクイ ムジセッカ エゾムシクイ コムクドリ マミジロ マミチャジナイ ツグミ アカハラ コマドリ ノゴマ コルリ 「シマゴマ」 キビタキ ムギマキ オオルリ コサメビタキ ハクセキレイ タヒバリ シメ カワラヒワ 「シマアオジ」 アオジ シロハラホオジロ キマユホオジロ オオヨシキリ キアシシギ カモメ科 キクイタダキ チュウシャクシギ ホオアカ   カラフトムジセッカ
46種  

5月9日(火)  雨曇     13℃〜21℃  波高1.0m  フェリー運行します
 目撃情報 カラスバト ダイサギ ツツドリ トビ ハヤブサ サンショウクイ サンコウチョウ ツバメ ウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ キマユムシクイ エゾムシクイ コムクドリ マミチャジナイ キビタキ ノビタキ ハクセキレイ ビンズイ キセキレイ アトリ アカマシコ シメ イカル カワラヒワ シマアオジ アオジ 「シベリアアオジ」 シロハラホオジロ キマユホオジロ 「シマノジコ」 「シマアオジ」 ムギマキ♂♀ オオルリ マミジロツメナガセキレイ 「アカモズ」 アオサギ ジュウイチ コサメビタキ ヒヨドリ ウソ キジ モズ ウミウ ヒメウ 「キタツメナガセキレイ」 ノゴマ♀ 「シマゴマ」 「マミジロキビタキ」49種 

5月8日(月)  晴曇     12℃〜24℃  波高2.0m  強風高波でフェリーは欠航です
 目撃情報はありません

5月7日(日)  晴    12℃〜19℃  波高3.0m  強風高波で欠航です
 目撃情報はありません

5月6日(土)  雨    14℃〜22℃  波高2.0m  強風でフェリー欠航です
 友は島抜けしましたから、目撃情報はありません

5月5日(金)  曇晴   13℃〜24℃  波高1.0m  フェリー運行します
目撃情報 ズグロチャキンチョウ チョウセンウグイス(珍) マミチャジナイ ハクセキレイ ハヤブサ ノジコ ゴイサギ カワラヒワ ヒヨドリ アトリ ウソ コルリ キビタキ オオルリ サンショウクイ シロハラ センダイムシクイ ウグイス 他  

5月4日(木)  曇晴   10℃〜21℃  波高1.0m  フェリー運行します
目撃情報 コウライウグイス ズグロチャキンチョウ コルリ キビタキ カラアカハラ エゾムシクイ センダイムシクイ キマユムシクイ アトリ ウグイス ハヤブサ 他
 
5月3日(水)  晴曇    8℃〜22℃  波高1.0m  フェリー運行します
 今日の目撃情報はありません 

5月2日(火)  晴     8℃〜18℃  波高1.0m  フェリー運行します
目撃情報 キガシラセキレイの♂♀ ズグロチャキンチョウ タイワンハクセキレイ ムネアカタヒバリ キマユホオジロ シマゴマ トビ ビンズイ アカハラ センダイムシクイ ハヤブサ アオサギ ダイサギ カイツブリ ジョウビタキ♀ コイカル クロジ 他

5月1日(月)  雨曇   11℃〜18℃  波高1.0m  フェリー運行します
目撃情報: 
ツバメ キビタキ♂♀ カワラヒワ オオルリ♂♀ イカル アトリ ビンズイ ムジセッカ コホオアカ カシラダカ ホオアカ ダイサギ キセキレイ カルガモ キマユホオジロ ハヤブサ タイワンハクセキレイ タヒバリ ツメナガセキレイ イソシギ アオアシシギ カイツブリ ノビタキ コイカル♂ コサメビタキ カラスバト ツグミ ウグイス ヒヨドリ アカハラ アオジ トビ アオサギ センダイムシクイ 34種

4月30日(日) 晴    11℃〜23℃  波高2.0m  強風高波でフェリーは欠航です
目撃情報: チフチャフでました
ウミネコ カワラヒワ トビ アカハラ アオジ ウグイス ハクセキレイ オオルリ♂ アオサギ キビタキ♂ ツバメ キセキレイ ノビタキ ジョウビタキ カシラダカ コシアカツバメ エゾムシクイ コムクドリ キビタキ♀ オオルリ♀ ヒヨドリ アトリ メジロ ツバメ ミヤマホオジロ ノジコ コイカル♂ ジョウビタキ コマドリ センダイムシクイ ハヤブサ クロツグミ シロハラ シベリアアオジ イカル キマユホオジロ トラツグミ 新たに入りましたね
38種

4月29日(土) 曇雷雨  13℃〜19℃  波高2.5m  強風高波でフェリー欠航です
目撃情報:セグロカモメ アオジ オオルリ キビタキ トビ ウグイス ウミネコ ダイサギ アオサギ ツグミ マヒワ ヒヨドリ メジロ アトリ ビンズイ ハヤブサ ハクセキレイ シメ コサメビタキ イカル モズ キセキレイ ノビタキ カシラダカ イソヒヨドリ カワセミ ムジセッカ ジョウビタキ イカル コルリ センダイムシクイ シジュウカラ コホオアカ 32種  バーダさん7名
キビタキ、オオルリの多くが抜け、全体の頭数は前日比、かなり少なくなったそうです

4月28日(金) 晴曇  8℃〜18℃   波高1.5m  フェリー運行しますが、「着け返し」
目撃情報:
ウミネコ セグロカモメ ハクセキレイ ツグミ ハチジョウツグミ キビタキ アトリ ウグイス トビ オオルリ ヒヨドリ マヒワ メジロ カワラヒワ ルリビタキ センダイムシクイ アオジ ミヤマホオジロ シジュウカラ カシラダカ ウソ ヤブサメ コサメビタキ カラスバト他 普通種でしたが数は多かったそうです

 この日から30日にかけて強い西風が吹き、天候が荒れます 島に鳥が下りると良いですが

4月27日(木) 曇晴 10℃〜17℃  波高1.0m  フェリー運行します
 台風1号は日本のはるか南 影響はない

4月26日(水) 雨  12℃〜16℃  波高2.5m  強風でフェリー欠航です
 フィリッピンのはるか東に台風1号が発生しました  影響はない予想

4月25日(火) 晴  11℃〜21℃  波高2.0m   フェリー欠航です


昨年春、島での普通種の目撃情報で多かったものをリストしました  情報提供時の参考にしてください

マガモ  ウミネコ カラスバト アオバト キジバト コサギ チュウサギ アオサギ アマサギ ダイサギ ゴイサギ セグロカッコウ ヨタカ ジュウイチ ツツドリ アマツバメ ソリハシシギ チュウヒ トビ ツミ ハヤブサ アカアシチョウゲンボウ アカショウビン ブッポウソウ ハシブトアカゲラ コウライウグイス サンショウクイ サンコウチョウ モズ アカモズ シマアカモズ チゴモズ オナガ シジュウカラ ヒメコウテンシ ツバメ コシアカツバメ  アカハラツバメ ショウドウツバメ ヒヨドリ ヤブサメ ウグイス チョウセンウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ キマユムシクイ、ムジセッカ カラフトムシクイ エゾムシクイ オオムシクイ メジロ、チョウセンメジロ シベリアセンニュウ コムクドリ カラムクドリ ギンムクドリ ムクドリ  ニューナイスズメ マミジロ カラアカハラ マミチャジナイ ツグミ ハチジョウツグミ シロハラ アカハラ コマドリ ノゴマ コルリ シマゴマ ルリビタキ ジョウビタキ ノビタキ イソヒヨドリ キビタキ マミジロキビタキ ムギマキ オオルリ コサメビタキ、サメビタキ オジロビタキ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ シベリアハクセキレイ ツメナガセキレイ タヒバリ ムネアカタヒバリ マミジロツメナガセキレイ ホオジロハクセキレイ マミジロタヒバリ ビンズイ キセキレイ イワミセキレイ アトリ マヒワ ベニヒワ アカマシコ イスカ シメ イカル カワラヒワ ホオアカ シラガホオジロ コホオアカ ミヤマホオジロ シマアオジ ノジコ アオジ シベリアアオジ シロハラホオジロ キマユホオジロ クロジ カシラダカ

ひとりごと:
ある有名な野鳥図鑑著者との雑談では、ヒタキなどは夜半、夜明け前から渡りに飛び出し、午前中には目的地に到着するようです 午前中に島の上空で急に雨が降ったりすると、鳥は雨をよけて緊急避難着地するそうです 天気が続きますと、渡りの野鳥は上空を急ぎ通過してしまうようです 
春の鳥は繁殖地に向かっていますから、先を急ぎます よって、立ち寄っても滞在時間は短いようです 抜けが早いようです  島に船も出ないほどの悪天候は大きなチャンスかもです  雷鳴は吉です 
珍鳥を見かけるのは、春は5月中下旬、秋は10月中下旬、超珍鳥は渡りが終わる最後の時期に、迷って来ると言われています 爆弾低気圧が日本海を東に通過した後、大チャンスだとエキスパートは言います 
私もそう思って狙っています

参考:船酔い対策
船に酔いやすい方が多いですよね  それは正常です 日本一周ヨットマンの女、家内は私より強いです 
「ニューへぐら」、波高1mでは船酔いは最小限です 船酔い防止のコツは、前晩の深呑みは避け、船の中央付近に座り、頭を壁や前の席に押し当てる 下のデッキ床に寝転がる(席取り競争は激しい)はベスト
天気が良かったら、上段甲板で海鳥探し 鳥がでたら船酔いは最小ですね
波高2mを超えたら、決死の覚悟で乗りましょう 誰でも船酔いします
波高2.5mでは運行限界のようです 島についても即時折り返し便ですから、探鳥できないので、乗らない

メモ::島のブヨ、ヌカカに刺されるととても長きに腫れて痒い  猛烈です
私の対策:手袋、首周りにショール、網をかぶる、登山用のスパッツか長靴
屋外専用強力防虫香 富士錦パワー赤箱 家内が腰にぶら下げます
虫よけフマキラー”医薬品”Skin VAPE  それでも侵入してくる
かゆみが出たら花粉症薬「アレグラ」がよく効きます  ブヨは鳥の餌です


5月22日 イナバヒタキ  舳倉島

 昨日5月21日にイナバヒタキが確認されたと聞き、今日島に渡ってみました
相変わらずの晴天で、陽炎が恐れられました

居た場所は海岸沿いの岩がゴロゴロした草地でした  少しは期待していましたが、炎天の時間、陽炎は容赦しません
イナバヒタキです  456種目です
KB6_3693KB6_3696KB6_3706KB6_3744






何度か飛んでくれましたが、納得の一枚がありません  同定用の画像です
KB6_3466KB6_3675KB6_3686KB6_3718






みじめな画像ですが、陽炎は致し方ないよと、図鑑写真家からは慰められました  それでも何とかならぬかと、研究のきっかけを作ってくた、舳倉島探鳥です
超高速撮影 暗く撮ってみる 画素数の少ないカメラで撮影する
一番良いのは、朝早くなのでしょうが、泊まらない私達。

5月21日 金沢市 健民海浜公園 

 地元の方のBlogに、エゾセンニュウが鳴いてると聞き、飛島から舳倉島に行く道すがら、立ち寄ってみました
鳴けばすぐにわかる特徴のある節回し https://www.youtube.com/watch?v=BprD23llx-0
静かに待てど声は聞こえず、姿もありません 道東ではどこの公園でも鳴いていますが、姿を見るのは稀です

あきらめて、公園内を歩きました 見ることが出来た野鳥を掲載してみます

エナガが群れで居ました
KB6_3132KB6_3133KB6_3139





特徴のあるオオムシクイが周囲で鳴いていました これもきっとオオムシクイ
KB6_3242KB6_3236KB6_3216





マミチャジナイ
KB6_3324KB6_3305KB6_3311





マミチャジナイの水浴び風景
KB6_3395KB6_3405KB6_3419KB6_3429






明日は舳倉島に行ってみます

5月20日 飛島での探鳥は続きます

 今日も探鳥が続きます 個体はオスできれいだそうです 何とか撮りたいですが、出なければ観察もできません  ここはと思しき場所に誘いを入れられましたが、お昼前すべてに変化が無く、撤収することにしました
場所を大きく変えたか、抜けたか、不明です

 http://torihenro.com/ja/bird-8718.html 参考になさってください

探している間、見かけた野鳥たちです  舳倉島でも、ここ飛島も野鳥は少なくなりました
サンショウクイです
KB6_2934KB6_2957KB6_2964KB6_2966






シジュウカラ          花とホオジロ
KB6_3014KB6_3026










帰り道、覗いた岸壁にハヤブサのカップルが
顔つきから、最初の2枚はメスで、巣から飛び出て来たのはオスのようです  抱卵中と考えられます
KB6_3030KB6_3046KB6_3091KB6_3108

5月19日 飛島 で探鳥

 18日の早朝、何人かの方が観察、撮影をしておられますので、とても期待をして夜を徹して現地に向かいました  エキスパートに混ぜてもらい、一緒に探しますが、お目当ては見つかりませんでした

探している周囲では2羽のコウライウグイスが鳴き、飛んでいました
KB6_2889KB6_2891KB6_2899



6月18日撮影  舳倉島 コマミジロタヒバリと珍鳥 

 珍しい鳥が出たときき、滞在中の輪島港から船に乗りました
コバネヨシキリだと、聞いたことが無い珍鳥 島に上陸し、早速目撃された場所にて、待機します
それらしき個体の飛翔の姿は2度ほど見ましたが、茂みから茂みへ水平にまっすぐに飛びます  何処にも止まってくれなく、結局帰りの船の時間になってしまいました
19日、画像を元に同定された方の話では、コバネヨシキリではなく、ヤブヨシキリだという事です
ヤブヨシキリでも迷鳥で私達も観察したことが無いので、残念でした

待ってる間に、 エゾビタキと コマミジロタヒバリが周りで遊んでくれました
KB6_2675KB6_2831





ヤブヨシキリを探している最中に、飛島で本邦初認の鳥が出てると、情報が入り、行ってみることにしました

5月16日 シベリアツメナガセキレイ 舳倉島

 今日の舳倉島には、「ヒメイソヒヨ♂」 「コウライウグイス若」  「チゴモズ」 「カラフトムジセッカ」 「マミジロキビタキ」 「シベリアツメナガセキレイ」 など興味を引く種が出ていました

この中で、まだ観察していない種がありました  場所を教えていただき、お仲間と一緒に観察できました
シベリアツメナガセキレイの♂です  初見で455種目です

DSC_5580DSC_5599DSC_5741





一緒にいたハクセキレイと大きさを比較して見てください 
DSC_5716





お詫び: カメラが壊れたか、思わぬ設定をしたのか、ピントが定まらないとんでもない写真になりました 逆光ではありますが、精細度が出ていません
明日はそのセットの原因追及をして次に備えます  予備のカメラはありますから、安心です

5月17日 試写してみました。カメラの設定はそのまま、メディアを CD、SD両方やっても異常は無い
問題が再現しないのが一番厄介  疑わしいのはレンズではなく、カメラと考えるが妥当でしょうか 一昨年12月に完全OHした後、まだ9.5万ショット 何が起きたのか
 
とにかく次の撮影は予備のD3sでやってみます  リスクは避けたいですね

左から D800E SD、D800E CD、 D3s CD 
DSC_5804DSC_5809KB6_2605 D800E CD D3s CD

4月8、9日撮影  セアカモズ 鹿児島県

 5月2日からこのセアカモズを見かけなくなったそうで、抜けたと考えられます
現地で観察と撮影にご協力いただいた地元のバーダーさんへの配慮とお約束で、今日まで画像の公開を止めていました

地元の方のお話ですと、このセアカモズはある程度、亜種カラアカモズの血を受け継いでいるそうです 日本で見掛けるセアカモズは交雑種が多いそうです セアカモズとカラアカモズ両種の繁殖地、重なってる地域(モンゴル)があり、その交雑個体が日本に来るという説です
セアカモズの詳細はお任せするとして、写真を掲載します  初見で452種目です
DSC_1367DSC_1378DSC_0286DSC_9136




追記: 2014年4月25日鹿児島県トカラ列島、平島で撮影したモズです 私はシマアカモズと記載
DSC_5683シマアカモズ♂微細先の地元のバーダーさんによると、この個体はセアカモズの交雑種ではないかと、コメントありました

5月1日 フーキェンアオヒタキ♂ Fujian Niltava


  (注)5月4日 現地からの情報では、朝5時半から15時半まで出なかったそうです


 初めはチャバラオオルリという情報が入って来ました  目撃したグループからはフーキェンアオヒタキだと言ってきました 最終的にはエキスパートに私の目撃情報を示し、フーキェンアオヒタキだと同定されました

難儀してやっと撮れた画像です  初見で454種目です
DSC_4718DSC_4726DSC_4731





これはたまたま見つめていた先に止まったのをすかさずシャッターを  これはラッキー画像です
DSC_4702DSC_4708





図鑑、Princeton Field Guides の Birds of East Asia、 Page442によりますと、福建省のごく一部で留鳥として生息すると、地図上でマークしてあります  留鳥なら動かないはずですが、年に何回かは韓国でも珍鳥として記録があるそうですから、それらが先の強風に乗ってきたのでしょうか まさに迷鳥ですね 
日本初かもです

” フーキェンアオヒタキ ” 名前の由来(想像)  福建省で生息する鳥なので、福建(フッケン)フーチエン⇒「フーキェン」を冠して、和名を命名したのでしょうか

いずれにしても、せっかく日本に来てくれましたから、この機会に勉強をしようかと、思っています
場所は舳倉島ではありません

4月23日 コオリガモ メスの観察

 6日ほど前、九州で探鳥をしていましたら、友から藤前干潟にコオリガモがいるよと

たまたま治療目的で自宅に戻ってきましたので、今朝現場に行ってみました
10分前まで目の前に居ましたが、さきほど遠くに飛びましたとギャラリー  
遠方を見るためにスコープを取りに車に戻っていた間に、家内が目の前で発見、撮影をしておいてくれました  なかなかの出来栄えでしょう
DSC_4529DSC_4548DSC_4551DSC_4558





戻った私も撮影することが出来ました  初見で453種目です
パタパタ、スクリューもやってくれました
DSC_4612DSC_4623DSC_4673DSC_4675






明日病院で破砕手術を受けますが、粉砕してくれることを祈ります
大型連休の後、舳倉島に行く予定です  楽しみですね

4月18日 まだ来ぬ渡りの野鳥待ち

 そろそろ来ては良いだろう、渡りのピーク

今日は毎日掲載してる野鳥に加え、新入りが加わりました
2羽のノジコです 白色のアイリングがはっきりしています
DSC_4240




この個体はオスだと思われます 目の前が黒ずんでいます
DSC_4295




もう一羽の個体はわずかの黒すみがありますし、全体にうす緑色味からメスか、オスの若鳥かもです
DSC_4315




途中ですが、今日で九州での野鳥待ち受けは休止して、自宅に向かいます
追記:4月21日 どこも今年は渡りの出が悪いそうですね きっと一気に来ますよね 楽しみですね

4月17日 強雨の合間の探鳥

 今日も探鳥が続きます 冬鳥に混じって顔を出す渡りの野鳥を探しています

昨日遠くからしか撮影できなかったヒメコウテンシ、お約束通りちゃんと撮れました
なんと2羽来ていたことが分かりました
DSC_3714DSC_3650DSC_3892DSC_3916





ツバメが電線に鈴なりでした  その中で  
ショウドウツバメを見つけました   右は亜種ツバメです
DSC_3424DSC_3433




ユリカモメが1羽来ました 地元の人の話では、初めてではないかと
DSC_3794DSC_3837





マミジロツメナガセキレイは2羽
DSC_3512DSC_3556





タヒバリも健在です
DSC_3989DSC_3989





ムネアカタヒバリ
DSC_3949DSC_3965DSC_3997<





今日ズグロチャキンチョウを見かけましたが、撮る前に逃げちゃいました
画像は平島で撮ったアーカイブです  明日もう一度トライしてみます
★ズグロチャキンチョウDSC_06052 平島





それとシロハラクイナをちょいと見かけました
地元の方に聞きますと、この頃見かけることがあると言います
画像は長崎県で撮ったアーカイブです 明日ぜひ観てみたいです
★シロハラクイナDSC_7737 長崎市





明日は久しぶりの晴天です  南風ですから、何か入っているかもですね
期待しましょう

4月16日 猛烈な雷雨の後の探鳥

 昨夜から日本ではこの地方だけが大荒れでした  
落雷 4月16日朝一日中雨の予報でしたが、9時過ぎになって雨もやみ、探鳥に出かけられました




今日のハイライトはヒメコウテンシです
80mほど先のあぜ道に動く鳥の影を家内は見逃さなかったです  とても遠くでしたから、証拠写真程度です
この種は平島で観ています
DSC_3253DSC_3262DSC_3263





アカガシラサギも私達に慣れてきて、近くまで来ます
DSC_3178DSC_3266DSC_3172





アトリとツバメの電線絡み
DSC_3108DSC_3112





ギンムクドリはオスが2羽、メス3羽の群れでした
DSC_3307DSC_3324





今日もセッカを見かけました
DSC_3146DSC_3149





タヒバリです
DSC_3197DSC_3190DSC_3287DSC_3282





ムネアカタヒバリですね
DSC_3030DSC_3052DSC_3099





今日はマミジロツメナカセキレイを1羽しか見かけなかったです
DSC_3072DSC_3333DSC_3341





ツバメチドリは友達になったぐらい、リラックスしていました
DSC_3121DSC_3211DSC_3125





今日はズグロチャキンチョウを2羽見たと、地元のバーダーさん 明日以降探してみます
そうそう、明日は一日中雨とかです 時に止み間があると良いですが

4月15日 今日の探鳥結果  

 なかなか渡りが盛り上がらないまま、今日も一日過ぎました

サクラ絡みがやはり美しいですね  蝶も絡みました
DSC_2557DSC_2570DSC_2592DSC_2318





ツバメチドリもまだ群れでいました
DSC_2344DSC_2367





ここはやたらとキジが多いです 食用として飼われていたコウライキジと違いどうしてここにキジが多いのか  
後ろの2枚は連れあいのようです
DSC_2352DSC_2381DSC_2792DSC_2798





セッカが良く鳴き飛びます  貯金貯金貯金  ヒヒヒってね
DSC_2443DSC_2446DSC_2453





タヒバリが出ていました  遠くて絵になりませんが
DSC_2724





これは亜種キセキレイですが、喉元が黒が普通ですが、白い個体も居るんですね 最近知りました
DSC_2966





今日は暑い日でした  ツバメは水浴びに夢中でした
DSC_2820DSC_2823





地元のバーダーさんが、アカガシラサギがいるよ〜〜と
DSC_2915DSC_2934DSC_2951





アマサギは美しい夏羽に
DSC_2964DSC_2959DSC_2961






何でもない種ばかりですが、せっかく撮ったので一部だけ、アップしました

4月14日 別の探鳥地に到着しました

 第一日目、どんな野鳥が出てるか、偵察に行ってきました

コムクドリがヤマザクラとなじんでいました  隣の樹の隠れたり、飛び出したり
DSC_1837DSC_1859DSC_1894DSC_1867




アカハラもヤマザクラに
DSC_1882




畑に行ってみました  アトリが数百羽の群れで採餌をしていました 飛び出すときだけわかります
DSC_1932




ツバメチドリが6−7羽畠に  きれいな夏羽で装っていました
DSC_1949DSC_1960DSC_2057DSC_2060




ノビタキも多く見かけました
DSC_1967




ムネアカタヒバリも数羽採餌中
DSC_2171




これはタイワンハクセキレイです
DSC_2035




マミジロツメナガセキレイを2羽見つけました  とても美しい黄色の夏羽の個体でした
DSC_2106DSC_2114DSC_2099DSC_2110




マミチャジナイ 右  アカハラ左
DSC_2238




アカハラのオスメス  アカハラでも媚班のある種もありですね  アイリングはアカハラの特徴
DSC_2280DSC_2279DSC_2302




1時間ほどの探鳥でいろいろ見かけました
明日は範囲を広げて見て回ろうかと思います   お楽しみに



4月13日 今日もここで探鳥

 新しい渡りの野鳥が入って来ない南の先端  今日こそはと、期待に胸を膨らませて鳥場に立ちます

今日もチャキンチョウが何度か出てきました
昼食をするため、別の広場で駐車していましたら、家内が あ、チャキンチョウだと
運転席から7−8m先の地面に  急ぎ800mmで窓越からねらいます 腕が折れそうです
DSC_1803





次の瞬間、チャキンチョウのメスは、近くの松の木の中に  本人は隠れたつもりが、丸見えです
DSC_1822DSC_1829




その他見かけた野鳥
DSC_1645DSC_1741DSC_1746




これも
DSC_1785DSC_1794




結局新たな野鳥は入ってきませんでした  荒天では渡らず、好天でも渡らず  何時わたるんでしょう
まだ早いのかなあ
明日から別の地で渡りの野鳥を迎え撃ちます  楽しみに



4月12日 好天で渡りの野鳥を期待しました

天候が回復しましたから、野鳥がやってくることを期待して、探鳥地を巡りました

チャキンチョウは今日も元気にしていました
DSC_1525DSC_1520





草原で見つけた野鳥
DSC_1480DSC_1495DSC_1552DSC_1589





他に
DSC_1581DSC_1571DSC_1633





田んぼにはチュウダイサギが婚姻色でした
DSC_1603DSC_1610DSC_1616





見ていただいた通り、昨日とは大きく変わっていません  すなわちこの地からは抜けなかったし、入っても来なかったです 今晩は晴天のですから、南から野鳥がどっさり来てくれるのでしょうか  明日が楽しみですね

4月11日 今日も渡りの待ち伏せ探鳥

 今日で南さつま市は6日目です 
お目当ての野鳥が観察でき、チャキンチョウも観れました それなりに満足です
今日の鳥果をまとめますと、悪天候が続き、入りが悪く、今日も芳しくはありませんでした

どきっとしたのはこの個体
まさかウスベニタヒバリだと、感激したのですが、エキスパートに同定していただいたら、亜種ムネアカタヒバリでした 着眼は タヒバリの中でウスベニタヒバリとムジタヒバリだけが「目先」(目の前の黒い班)があるんだそうです この個体は中間羽で冬から夏への衣替えの途中だそうです よく間違うそうですDSC_0864DSC_0856DSC_0848





タイワンハクセキレイがいました
DSC_0908





ホオジロハクセキレイも 
DSC_1319




ミヤマホオジロのメス
DSC_0005




今日午後から南の風が北に変わって、急に寒くなりました
昨日まで暑くてTシャツでトラベルトレーラで過ごしていましたが、今は厚着してガスストーブを入れています
野鳥の渡りに変動がないか心配です  北風が強かったら、渡って来れませんし

4月11日 チャキンチョウのメス成鳥 

 超エキスパートにお願いして、同定をしていただきました
決め手になった写真はこれでした
DSC_0984まず腰の黄色が鮮明で、クチバシの根元が肉色でない(ズグロチャキンチョウとのちがい)ので、この個体はチャキンチョウのメス成鳥だそうです



同定で来たので、リラックスして写真をお楽しみください
今日は雨上がりで、羽衣も乾いていますので、色合いが自然です
DSC_0964DSC_1272DSC_1224




木止まりも撮れました
DSC_1059DSC_1123DSC_1244




地元の他の都市からも来て観察しておられます
できる限り多くの人が観察できると良いですね

4月10日 チャキンチョウのメスタイプを観察

 友からの連絡を受けて現地に急行しました
時折、豪雨に見舞われての撮影でした チャキンチョウもずぶぬれなら、家内も私も濡れネズミ
時々車に入って暖を摂りながらでしたから、体調に支障はありませんでした  他ごとながら

チャキンチョウは一羽で入っていました
DSC_0625DSC_0637




木止まりも撮影できました
DSC_0563DSC_0577




下尾筒も黄色み部分が多いので、ズグロチャキンチョウではなく、チャキンチョウのメスタイプまたはオスの幼鳥の可能性がありそうです
追記:4月11日 専門家の検討で、チャキンチョウのメス成鳥と同定されました
DSC_0518DSC_0559




このチャキンチョウは昨年10月に舳倉島で撮影したものです
★チャキンチョウDSC_7768 舳倉島





今日も友達に感謝の日です
なお、この個体は4月9日に地元の方によって初認され、即日公開可となったそうですから、Blogにアップしました なお、場所は法人所有地ですから、開示ありません  私達は声をかけて了解をいただきました

4月9日 昨日と同じ場所で探鳥

 今日は曇りだと予報が入り、もしかして南からどっさり春の渡りが入るのではないかと、勝手に観測

結論から言いますと、昨日の方が種類も多く、羽数も多かったです

どんなのが観察できたでしょうか
ホオジロハクセキレイは3羽いました
ほとんど幼鳥から抜け出した羽衣
DSC_0096DSC_9768DSC_9771





もう少しで成鳥
DSC_0053DSC_9849DSC_9855





今日観た個体では一番幼い個体
DSC_9789DSC_9896DSC_9905






この他に亜種ハクセキレイ        キセキレイが一緒にいました
DSC_0129DSC_0012DSC_9808





ミヤマホオジロのメスが1羽で採餌していました 1羽で渡ってきたのでしょうか
DSC_0019DSC_9962DSC_9988





ノビタキも1羽でいました  昨日見た個体と同じでしょうか
DSC_0089DSC_0068DSC_0073





その他、   ムクドリ         ホオジロ        アオジ        シロハラがいました
DSC_0055DSC_0154DSC_9816DSC_9907





友が今日別の先端に行ったそうですが、渡りの姿は観なかったそうです
雨天で渡りが遅れているのか、まだ渡らない時期なのか 時間をかけて待ちましょう

4月8日 今日探鳥地で観た野鳥

 時々強い雨に見舞われ、それでも楽しく野鳥観察ができました
今日やっとお目当ての野鳥も観察でき、感激しました 時期をみてBlogにアップいたしましょう

昨日観察したモズ、その嫁だと思われる個体、その近くで見かけました
DSC_8900




空き地にホオジロハクセキレイの若鳥を見かけました  盛んに採餌していました
DSC_9459DSC_9466DSC_9470





アマサギは3羽立ち寄っていました
DSC_9445DSC_9519DSC_9539





コムクドリのカップルが
DSC_9585DSC_9591DSC_9635





ノジコと                                アトリ
DSC_9602DSC_9606DSC_9595





アオジ
DSC_9624DSC_9625





アカハラ オスとメスだと思って撮ったのですが、左がオスだとすると顔の黒味が無いですね
 注;幼鳥でメスタイプとします
DSC_9661DSC_9639





他に、シロハラ幼鳥      ノビタキ           ビンズイ         ツバメなどが
DSC_9456DSC_9484DSC_9691DSC_9712





今夜からは雨も上がり、新たな渡りが到着するか楽しみです

4月7日 探鳥のち豪雨

 昨日の午後に続き、お目当ての珍鳥を探します  おおむね場所は分かったのですが、雨時々曇りの天候ではなかなか出てきません 雨続きですから、未だ抜けてはいないでしょうが
時々、とても窓を開けていられない雨に襲われました


昨日午後は小雨でしたから 数枚の写真は撮れました
タヒバリの群れを畑で見かけたり
DSC_8846




亜種モズが雨の中でも採餌をしていました
DSC_8886




今日10時過ぎから、びっくりするような雨が降ってきました  もう珍鳥は出てきませんですし、時間がもったいないですから、鳥場を車で巡ってみました
とんでもない景色です 豪雨で山からの濁流が、山道を川のように流れ落ちていました
DSCN6482




鳥場の神社はうっそうとして、何か居そうな気配でしたが、雨中では何とも
DSCN6484




外は猛烈な雨です 私達はトラベルトレーラの中で寝食していまして、雨中外に出られず、宇宙船の中状態です
まあ、ヨット長期航海で慣れていますから、何とかやれています  荒天でも揺れたりしませんから、その分快適ですし。

明日も予報では一日雨です 私達は山中を巡って山鳥探しをする予定です

4月6日 アカヤマドリ 観察

 前から聞いてはいたのですが、なかなか行けなかった場所
アカヤマドリのオス、こんな美しい姿でした 初見で451種目
KB6_2488




尾が長いですから、どうトリムしたら美しく表現できるものか  難儀です
KB6_2541




KB6_2577



機材;カメラD3s レンズ AF-S NIKKOR 300mm 1:2.8G ED

多くの場合は私は即日Blogアップしていきます 
地元の方への配慮や情報源とのお約束で、場所情報は明かせない場合が多いです

4月5日 渡りの野鳥を出迎えに 九州先端に

 昨年は与那国島、その前の2年は平島で春の野鳥をで迎えました 珍鳥に恵まれ、感動しました
今年は都合がありまして、九州本土の先端で出迎えることにして、先ほど九州に入りました
下の画像は私が島で撮った写真です ここ数年で以下の珍鳥が九州本土でも目撃されています 
さて、今回出会えるのでしょうか

ミヤマヒタキ平島    カンムリオウチュウ平島   クロウタドリ与那国島
★ミヤマヒタキDSC_8004 平島★カンムリオウチュウDSC_7290 平島KB6_0999超微細






目と耳に不安がある老夫婦が、良き友とNet情報を頼りに、知恵と健脚を総動員して探鳥いたします 
どんな野鳥に出会えるか、楽しみに待っていてください
老人の700km走行は疲れます
おやすみなさい
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ