ヨット Jennifer号 航海記 探鳥旅行記

定年後仲良し夫婦がヨットとトラベルトレーラーで国内を旅行する航海記、探鳥旅行記

 1月28日 ヒメカモメ 千葉県漁港

 永年の思いが成就しました ヒメカモメ 初見で548種目
2020年4月の石川県千里浜で目撃されたとき、15秒差で撮影が叶わなかったです
昨日から現地に入り、目撃場所を見回り、目から涙が出るぐらいに一生懸命ユリカモメに混ざっている個体を探しました 
そんな時、出たっ!と教えていただき、別の漁港に向かいました
かなりの数撮影しましたが、一部をアップしておきます 
是非皆さんも観察されてください 

DS9_5252DS9_5253DS9_5254DS9_5256




DS9_5476DS9_5690DS9_6044DS9_6100




ヒメカモメの採餌姿 水面に浮く魚くずを食べてるようです
DS9_5109DS9_5111DS9_5113DS9_5115




DS9_4733DS9_5306DS9_5960DS9_6099




DS9_5642ユリカモメとの大きさ比較です ヒメカモメは先頭下です



DS9_1610180m先の堤防に、(Google Maps測)
止まったことがありました 隠れた頭だけしか見えませんが
他種カモメとの大きさ比較ができますね

DS9_16101原画角です




追記; たくさんのカモメから一羽を見つける分けですが、飛翔時はどのカモメよりも早く羽ばたいているように見えました 私はその特徴で、個体を見つけ追って、手取り撮影しました 距離は80−180mでした 
私には、800mmは重すぎて使えなかったです
機材 300mmf2.8+FTZII+Z9

 1月28日 オオホシハジロ♀ 茨城県漁港

 オオホシハジロが銚子の近くの漁港に居るとかで、観てきました
DS2_9361DS2_9267DS2_9199




DS2_9518DS2_9473DS2_9447



機材;800mmf5.6+FTZ+Z7


DSC_2222オオホシハジロのオスは三重県で2018年2月に観察しました

 1月14日 ハクトウワシ 道東温根沼 アーカイブ

 温根沼 ハクトウワシ キャプチャ" hspace="5" class="pict" align="left" />2021年2月、道東の温根沼で2年越しに探していたハクトウワシを観察しました
’22年冬は花咲漁港で目撃情報があったのみで、今期は年末年始に目撃されたと噂に聞きました

猛禽のエキスパートに依れば、頭が白くなっていない幼鳥の頃から道東で越冬し始めていて、4歳目の’20年に尾岱沼で初めて、白い頭で目撃され、ハクトウワシだと認識された
この種の生態では、幼鳥の頃に過ごした場所にこだわって、毎年来るだろうと考えられています
この地方でも鹿の駆除が続けられていて、森の中には鹿の屍が多くあり、それを餌にしていれば、なかなか人目につくところに出ないので、継続的な目撃のチャンスは少ないだろうと、談

ワカサギ釣り客の残し魚、氷下魚漁での雑魚を当てにするオジロワシ、オオワシに混じって来たことで、私は観察撮影が叶いました
この冬も来てくれると良いですね  皆さんお待ちかねです

画像は’21年撮影の一部です  次はハクトウワシがオオワシから魚を奪うシーンを撮りたいです
ハクトウワシ 07ea51e1DSC_5477 (2)DSC_5505 (2)DSC_5514 (2)



DSC_5546 (2)DSC_5549 (2)DSC_5630 (2)DSC_5566 (2)




温根沼 ハクトウワシ キャプチャ

 1月11日 トモエガモ大群れ  アーカイブ画像

 長崎の「イット」の情報に依りますと、12月25日に長崎県の長与町、1月4日に諫早で10万羽ほどのトモエガモの巨大群れで空が真っ黒になったそうです 
トモエガモは元々は朝鮮半島で越冬するそうですが、最近は日本で越冬する数が増えたらしいです

私は2018年2月に木曽川で大きなトモエガモの群れを観たことがあります 以下がアーカイブ画像です
撮影場所から群れまで、Google地図で確認をすると約100-120m きれいな写真ではありませんが、トモエガモの数を数えてみてください 全景6枚組です 
トモエガモのオスは巴型で分かりやすいですが、メスはクチバシの根元に白い斑点があります
DSC_2715DSC_2716DSC_2718

次の3枚です
DSC_2719DSC_2720DSC_2802

見かけたら、ぜひこのBlogのコメントに目撃情報をアップなさってください

 1月 8日 アメリカコハクチョウ 石川県 画像はアーカイブ

 突然、ナキハクチョウがどこかに居るかもと、知人から情報が入りました
早速複数の知人に捜索依頼を致しまして、石川県ではないかとなり、地元の方に捜索依頼を出していました
画像が送られてきました 大きさはコハクチョウより二回り大きく、クチバシは真っ黒
しかし、目先から口角、その下にかけての下嘴とさいとの接合形状が違い、同定はアメリカコハクチョウとなりました ワクワクする楽しい時間を過ごしました

画像は2017年1月5日、斐伊川河口で撮影したものです
DSC_3363DSC_3369

 1月 2日 ウタツグミ  アーカイブ

 正月から嬉しい便りです 名古屋市の都市公園にウタツグミが出たと  春から縁起が良いですね
時間が出来次第行ってみたいと思います 
追:観たい人が多く、鳥が落ち着かず、なかなか観れないらしいです しばらく様子をみようかと 
追:ウタツグミは落ち葉のある土壌のミミズ探しますが、この個体は日中、高い木に隠れるようです

画像は2014年3月に相模原ででた個体です
DSC_9234図鑑写真

12月29日 亜種チョウゲンボウ♀

 亜種ハヤブサの珍しいい個体が居ると聞き、早朝に行ってみました
天候は晴天強風の良い朝でした 
待っていた目の前、一旦停車案内板にトリが止まりました わーっと思ったのですが、亜種チョウゲンボウのメスでした
DS9_9553DS9_9534DS9_9573DS9_9581




目当てのハヤブサは観られませんでした
以前、シベリヤハヤブサを観た近くですが、今日はハト、ズズメ、ムクドリ達はリラックスしていましたから、周囲には来ていなかったと思われます ハヤブサが採餌するとカラスが騒ぎますが、そんなこともなく、幸せな田んぼ風景でした  年明けにチャレンジしたいと思います 

12月11日 カナダヅル クロヅル  アーカイブ

 最近滋賀県にカナダヅル、昨日河北潟にはマナヅルが確認されています
熊本の出水市に向かっているのでしょうか 立ち寄り地としては珍しいです

出水市の越冬地で観察した時の画像です
DSC_9810カナダヅル家族カナダヅルはすぐに見つかりました
前日見た成鳥2羽、幼鳥2羽の家族鶴です 
きっと同じ個体だと思われます



DSC_9827撮影して楽しんでいましたら、いきなり飛び出しました




DSC_0327クロヅル羽広げ 右ナベクロ?羽を広げてるのがクロヅルの成鳥です




DSC_0036ナベクロヅル中央
中央はナベヅルとクロヅルの交雑種ナベクロヅルだそうです  
現地のエキスパートが教えてくれました
私にとっては貴重な一枚です

12月10日 クロハゲワシ 今年も

 にわかにクロハゲワシの目撃情報が数地域から入ってきました
なかなか餌場が決まらず動きが速いようです  ぜひお近くで見つけてくださいな
長野県南部の高原の個体は鹿の死肉を見つけているようで安定し、積雪の中、飛翔の姿は絵になるそうです
追記:12月16日に大阪の大和川で確認された個体は、18日に同所で落鳥として発見されました 餌にありつけず餓死したか、病気で落鳥したか 19日に回収され、検体のあと、大阪自然史博物館に寄贈されると Blogが 残念です  剥製で会えるかももですね

下は2017年11月諫早で観察したアーカイブ画像です
DSC_4157DSC_4013DSC_3945DSC_3931

12月 9日 ヒメハジロ 多摩市

 佐渡加茂湖、コムケ湖で出会いがなかったヒメハジロ
昨日、知人から目の前に居ますよと吉報が 
早速昨晩現地に家内と向かい、今朝出会えることが出来ました  初見で547種目です
距離は50−60mありましたが、幸運にも朝日を追い風に撮ることが出来ました
DS9_8944DS9_8716DS9_9049DS9_9335





DS9_8863DS9_9174DS9_9389DS9_8846





運よく飛び出しと、飛翔も撮れました
DS9_9402DS9_9404DS9_9405DS9_9409





DS9_9421DS9_9435DS9_9436DS9_9452



最近飛島でムナフヒタキ、立川でゴマフスズメなど観れず、見放され、鳥運尽き果てていましたが、若干挽回です 

11月26日 オオワシ 下関市や対馬

 日本海にオオワシが入ってきましたね
下関市は幼鳥 対馬尾崎には成鳥 美しいいです

画像は今年1月に道北で観た、成鳥と3歳若鳥です
DS2_6468DS2_6561

11月25日 石垣島 カンムリオウチュウ  ハイイロガン 消息

 石垣市の野鳥ガイドさんの11月24日のブログに、しばらく行方が分からなくなっていた、カンムリオウチュウの画像が掲載されています  
また目撃されたのでしょうか  11月9日がラストと聞いたけど?
在住の方の11月24日の野鳥ブログには、ハイイロガンが掲載され、時々田んぼに現れているようですね

どこにでも出かけて初見鳥を追っかけていたころが懐かしいです  以下はアーカイブ画像です
カンムリオウチュウ 2015年4月 トカラ列島平島で観た個体です
DSC_7290DSC_7296






ハイイロガン 2018年1月 佐渡市で観た個体です
DSC_0127DSC_0209

11月15日 オニアジサシ  アーカイブ

 西尾市、石垣市からオニアジサシも目撃情報が入ってきました
きっと皆さんの近くにも来ていることと思います
画像は2016年のクリスマスイブに田原市赤羽港で観た個体です なかなか愛想が良かったです
DSC_1649DSC_1678DSC_1709DSC_1765

2022年秋 舳倉島 天気予報と船の運航予想 終了します

 所感
 この秋、珍鳥は目撃されなかったようですね  毎年鳥種、羽数は減少している気がします サイトに訪問頂いた延べ人数は、本日までで1,924人でした 少しはお役に立ちましたでしょうか
期間中に友からは、日ごとの目撃情報を頂き、その都度コメントに書き込み、非公開で残していました 後日ですから、コメントを公開にしておきますので、参考になさってください

そろそろ舳倉島へ探鳥に出かける方もいらっしゃいます。
秋は珍鳥をみかけました
     ヒゲガラ       ヒメウタイムシクイ     ノハラツグミ
DSC_3357DSC_6640DSC_0965




運航会社は当日朝にしか運行可否は教えてくれません。お自宅から輪島港まで行くまでに時間がかかりますし、島流しにならないようにするため、航路の海象予報と船が出るかどうかの予測を中心にお伝えしましょう
 「船の運行予測は日本一周ヨットマンの経験と海象情報からの私的推測で、補償免責です」 
実際の船運行は:0768-22-4381又はHP ttps://hegura.com/  に当日7時半以降に確認ください  
新型コロナウイルス感染拡大防止のためマスク着用、不要不急の乗船自粛など「お知らせ」が出ていますので、HP ttps://hegura.com/を参照ください

11月13日(日) 曇一時雨  14℃〜19℃   波高 1.5 m    南  20m 欠航
11月12日(土) 晴時々曇  11℃〜17℃   波高 1.0 m    南  6m 通常運航
11月11日(金) 晴一時雨  11℃〜15℃   波高 1.0 m    東  8m  欠航  天候良好 まさかの
11月10日(木) 曇時々雨  12℃〜18℃   波高 1.5 m    西  10m 通常運航
11月 9日(水) 晴時々曇   9℃〜17℃   波高 1.0 m    西  6m 通常運航
11月 8日(火) 晴一時雨  11℃〜16℃   波高 1.5 m    西 10m 欠航
11月 7日(月) 曇一時雨   9℃〜17℃   波高 1.0 m    東  8m 通常運航
11月 6日(日) 曇時々晴   5℃〜17℃   波高 1.0 m    西  8m  欠航  海象良好でまさかの欠航 
11月 5日(土) 晴時々曇   8℃〜14℃   波高 1.5 m    北西 8m 通常運航
11月 4日(金) 曇一時雨  11℃〜15℃   波高 1.5 m    西 10m 欠航
11月 3日(木) 曇一時雨  13℃〜20℃   波高 1.5 m    南 10m 欠航
11月 2日(水) 晴時々曇  13℃〜19℃   波高 1.0 m    南  8m 通常運航 
11月 1日(火) 曇時々晴  12℃〜18℃   波高 1.5 m    南  8m  通常運航 
 1日から冬季運行で、日帰り鳥見は一時間短くなります 島発14:00
10月31日(月) 晴時々曇  13℃〜19℃   波高 1.5 m    東  8m 着き返し
10月30日(日) 晴時々曇  13℃〜19℃   波高 1.5 m    北  8m 通常運航
10月29日(土) 曇のち雨  14℃〜21℃   波高 1.5 m    北  8m 通常運航
10月28日(金) 晴のち曇  14℃〜22℃   波高 1.5 m    北東10m 通常運航   出ないと予想してました
10月27日(木) 雨時々晴  14℃〜21℃   波高 1.5 m    南  8m 通常運航
10月26日(水) 晴のち曇  13℃〜20℃   波高 1.5 m    北東 8m まさかの欠航 海穏やか
10月25日(火) 曇時々晴  12℃〜19℃   波高  2.5 m    北 20m 欠航
10月24日(月) 曇のち雨  10℃〜18℃   波高 1.5 m    北  8m なぜか、着き返し
  島の水道復旧
10月23日(日) 曇のち晴  10℃〜16℃   波高  2.5 m    北 20m  欠航
10月22日(土) 曇のち晴  15℃〜21℃   波高 1.5 m   南西15m 欠航
10月21日(金)  曇     11℃〜20℃   波高 1.5 m   南西15m  欠航
10月20日(木) 曇のち晴  10℃〜18℃   波高 1.0 m   西  4m  通常運航 当面宿泊は出来ないそうです
10月19日(水) 晴のち曇  10℃〜17℃   波高 1.5 m   北  8m 通常運航
 本日、舳倉島の水道に不具合が起き、宿泊者は全員島から離れました  船会社の話では、日帰りの探鳥のために、船に乗ることは出来ますが、島ではトイレなどでも水道は使えないかもです 今日は普通種27種が目撃され、いつもと比べ低調です
10月18日(火) 晴時々雨  13℃〜18℃  波高 2.5 m    北 10m  欠航
10月17日(月) 曇時々晴  17℃〜23℃  波高 1.5 m    西 10m 欠航
10月16日(日) 曇時々晴  16℃〜22℃  波高 1.0 m    南  8m  通常運航
10月15日(土) 晴のち曇  14℃〜21℃  波高 1.0 m    北  8m  通常運航
10月14日(金) 晴時々曇  15℃〜22℃  波高 1.0 m    北東 8m  通常運航
10月13日(木)  晴     14℃〜22℃  波高 1.5 m    東  10m  欠航
10月12日(水) 曇時々晴  14℃〜20℃  波高 2.0 m    北   8m  通常運航
10月11日(火) 晴一時雨  15℃〜20℃  波高 3.5 m    北  20m  欠航
10月10日(月) 雨のち曇  16℃〜21℃  波高 1.5m     南  10m  欠航
10月 9日(日) 曇一時雨  13℃〜22℃  波高 1.5 m    北東 10m  欠航
10月 8日(土) 曇時々雨  17℃〜20℃  波高 3.5 m    北  15m  欠航
10月 7日(金) 曇時々雨  13℃〜18℃   波高 1.5 m    北東 10m  欠航
10月 6日(木) 曇時々雨  16℃〜21℃   波高 2.0 m    北東 10m  欠航
10月 5日(水) 曇時々晴  20℃〜24℃   波高 3.0 m    南  20m 欠航
10月 4日(火) 晴のち曇  19℃〜26℃   波高 3.0 m    南西 20m 欠航
10月 3日(月) 晴のち曇  19℃〜26℃   波高 1.5 m    南  10m  欠航
10月 2日(日) 雨のち晴  19℃〜26℃   波高 1.0 m    北   8m  通常運航
10月 1日(土) 曇時々晴  18℃〜25℃   波高 1.0 m    西   6m  通常運航   
 9月30日(金) 曇のち晴  18℃〜24℃   波高 1.0 m    北   8m  通常運航
 9月29日(木) 雨のち曇  19℃〜25℃   波高 1.0m    北東  6m  通常運航  
  9月28日(水) 雨のち曇  19℃〜24℃   波高 1.5 m   北東  8m  通常運航
 9月27日(火) 曇のち雨  20℃〜24℃   波高 1.5 m   北東 10m  着き返し
  着き返し:午後の天候が荒れるとき、船は舳倉島に行きますが、荷物の積載作業が終わり次第、輪島に帰ります   
 9月26日(月) 晴時々曇  19℃〜25℃   波高 1.0 m   南西  6m  通常運航
 9月25日(日) 晴時々曇  18℃〜25℃   波高 1.5 m   北西  8m  通常運航
 9月24日(土) 雨のち曇  22℃〜27℃   波高 1.0 m   北西  8m  通常運航
 9月23日(金) 曇時々雨  21℃〜26℃   波高 1.0 m   東    8m 通常運航

11月 1日 飛島にオガワコマドリ

 お目当て野鳥が見つかりません
ちょうど来ていたオガワコマドリが私たちを慰めてくれました
DS9_6013DS9_6017DS9_6003DS9_6021




DS9_6024DS9_5954DS9_5977DS9_6041

11月1日 飛島で五目撮り

 お目当て珍鳥がなかなか出てきませんので、暇つぶしに撮りました
DS9_5416DS9_5625DS9_5634DS9_5696




DS9_5516DS9_5680DS9_6120




DS9_5229DS9_5937

10月14日 ハシグロヒタキ アーカイブ 対馬

 鹿児島県笠沙町にハシグロヒタキが出たと、知人から
静かな鳥情報下に久々の朗報です  抜けちゃったみたいですが

2017年9月に対馬の仁田内でたまたま見ることが出来ました
DSC_6328  この時期何が入ってくるか楽しみですね
 自宅で緊急出動待機中です

10月 8日 シギチドリ 名古屋市

 探し物は今日も見つかりません  3日目です
DSC_6635DSC_7096DSC_6536 このシギの成鳥冬羽を探しています
 2019年8月千葉県の観察アーカイブ画像です



ウズラシギを見かけました 足が長く見えましたので、何者かと 
2,3枚目を見ますと、なるほど  つま先歩きだったのか それにしても足長い
DS9_2416DS9_2418DS9_2432




ハマシギ幼鳥かな ずいぶん黒い  別のは黄色いタグをつけていました 足鑑は判読できず
DS9_2301DS9_2480




どれだどれだ これら画像には居ないようです
DS9_2478DS9_2603


機材 800mmf5.6+FTZII+D9

10月 5日 キリアイ 名古屋市

 シギの探し物をしていましたら、キリアイを見かけました  夏羽の美しい個体ですね

DS9_1950DS9_1586 - コピーDS9_1776DS9_1586

10月 2日 コウノトリ JO127 オス6歳 西尾市

 来てるよと聞き観てきました コウノトリは何度も観ていますが、近くに来ましたから

DS9_8110DS9_7553DS9_7022DS9_7541




DS9_8661DS9_8470DS9_8706DS9_8718




DS9_7184DS9_7203DS9_7206DS9_7218




DS9_7610DS9_7554DS9_7801DS9_7802




個体検索結果
個体識別 JO127 オス  6歳 
孵化 2016年3月26日
孵化場所 飼育下で孵化
飛び立ち 2016年6月4日
放鳥した機関 千葉県野田市

9月21日 台風後の鳥見 オオアジサシ他

 鳥見にとって台風後は気がかりです 
少なからず被害が出ていますから、不謹慎な行動ではありますが、老人に免じてお許しを

台風の影響が濃い渥美半島に行ってみました 
オオアジサシはやっと3羽でした  先週は知人が70羽が杭に止まっていたとか
クチバシの赤いのを探しましたが、居ないようでした
DS9_6884DS9_6771DS9_6779DS9_6812




河口にはトウネンの群れが (実はヒメウズラシギではないかと、しかし風切りが短い)
DS9_6686DS9_6673DS9_6718DS9_6718 - コピー - コピー



太平洋側の港に行ってみましたが鳥は一羽も居ませんでした
直産市場でどっさり買い物ができた家内は、満足そうでした

9月15日 アカハラダカ 対馬  アーカイブ画像

  内山峠ではアカハラダカの渡り、ちょうどこの時期です
午前7時3分の画像です 500羽を超すアカハラダカのタカ柱ができました
画像はその一部を撮りました 800mmではなく、300mmで撮るべきでした 
DSC_5752DSC_5755次の10分後、500羽を超すタカがまた森から湧き出て、柱が立ちました すごい群れです




午前9時にも数百羽の渡るアカハラダカが頭上を越えていきました 早朝朝鮮半島をでた集団ではないかということです
DSC_5850DSC_5852




 観察所で見ていましたら、何羽かが近くに下りてきました 早速近く行き、撮影しました
DSC_4120DSC_4123DSC_4136




台風14号の通過2日後の9月22日ごろ、島じゆうに潜んでいたアカハラダカが一斉に沸き立ち、すさましいアカハラダカの渡りがあるでしょう  行ってみたいですね
http://www5b.biglobe.ne.jp/~nojiko/watari22.html

9月11日 赤蕎麦 ノビタキ アーカイブ記事

 そろそろ赤蕎麦ノビタキの時期ですね 今年も開花が進んでいるそうです
https://blog.nagano-ken.jp/kamiina/other/40738.html

 赤そばの花はかわいらしいです 長野県の伊那谷の里山で栽培されていました
赤く染まった飾りをつけたノビタキです
DSC_4509ノビタキ♀可愛いノビタキのメスがいました
心がなごみますね



DSC_4543微細花飾り











DSC_4543微細花飾1はたまた、これが良いのでしょうか




DSC_4571ノビタキ♂ノビタキのオスです
なかなかハンサムですよね



DSC_4588なにか叫びました




DSC_4966あらよっと 超微細朝ですから、採餌に忙しいです
きっと花虫でもいたのでしょう



DSC_5075キョロキョロ虫を探しています




DSC_5090超超微細結構美しい小鳥ですね




DSC_5150トンボゲット 微細大きなトンボを咥えています
観てたら丸呑みしました



DSC_5752母さんみたいな優しい顔をしていますね




DSC_5980超微細畠の傍にも降りて虫を探します




今からそばの花が咲く時期です お出かけになってはいかがでしょうか

9月 8日 アカアシカツオドリ 琵琶湖に今年2羽目

 知人からの知らせで、湖北野鳥センターのTwitterにアカアシカツオドリの掲載を見ました
8月上旬に湖上で保護された個体とは違うそうです
私達は過去に津市の海岸と、南硫黄島の付近で観たことが有ります 下の画像は津の海岸で撮影したものです  行動範囲が広く、4−5日張り付いてやっと観察ができました 家内と感激の時を過ごしました

DSC_9037DSC_9095超微細DSC_8932DSC_9170




餌が豊富な水域ですから、しばらく居るでしょうか

8月29日 シギチドリ 五目撮り 西尾市

 シギチドリも渡りの季節になりました
めずらしい種はいませんでしたが、楽しんできました
DS9_6452DS9_6421DS9_6269DS9_6276




DS9_6280DS9_6285DS9_6305DS9_6313




DS9_6349DS9_6388DS9_6406




DS9_6358DS9_6511
月別アーカイブ
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ