ヨット Jennifer号 航海記 探鳥旅行記

定年後仲良し夫婦がヨットとトラベルトレーラーで国内を旅行する航海記、探鳥旅行記

6月11日 シロエリオオハム 夏羽

夏羽のきれいな個体がいるよと聞き、行ってみました
DSC_0867DSC_0937DSC_0917DSC_0811





広げるとこんなんです  背中の夏羽が美しいですね
DSC_0578DSC_0733





アップしてみました       首の下の羽は紫色に光るそうですが、濡れ羽でかつ陽光が無く、残念
DSC_1035DSC_0872DSC_0864





下尾筒を横断する黒い線があります。オオハムには無いので、これはシロエリオオハムですね
DSC_0744DSC_1064

6月9日 ミゾゴイ 黄色いスズメ

 今年も繁殖してると聞き見てきました  
今どのステージかはわかりませんが、首を伸ばして
DSC_0290





相方は森の中をあっちこっちと採餌 人慣れしてて、近くに来てくれました
DSC_0352DSC_0366DSC_0461










近くに黄色っぽいスズメがいました            3枚目の写真は普通のスズメ
DSC_0502DSC_0515DSC_0511

舳倉島 天気予報と船の運航予想 野鳥目撃情報 2018春

 今年も野鳥の渡りの目撃情報が来ていますね 
そろそろ舳倉島に探鳥に出かける方もいらっしゃいますから、海洋の天気予報と船が出るかどうかの予想を中心にお伝えしましょう  野鳥の目撃情報は入った時だけ掲載します

以下は昨年、一昨年春の海洋の天気予報と出航、野鳥の目撃情報です 参考になさってください
  舳倉島 友達と島で見かけた野鳥 目撃情報 2017春
http://blog.livedoor.jp/k14kawa/archives/1832096.html
  舳倉島 友達と島で見かけた野鳥 目撃情報 2016春
http://livedoor.blogcms.jp/blog/k14kawa/article/edit?id=1784257
 
 「フェリー運行予想は海象情報から見出した私的推測で、補償免責です」 
フェリー運行確認先:0768-22-4381 7時半以降に
http://wajimaonsen.com/shop_detail/083.html
目撃情報は友からお寄せいただいたり、自らの目撃を記載します 実際はこれより多めの種が現存していると思われます


5月28日(月) 曇        17℃〜23℃   波高1.0m   北東  6m   船運行
野鳥情報はありません  今日で船運行、野鳥情報はおしまいです

5月27日(日) 曇時々雨    17℃〜25℃   波高1.0m   北東  6m   船運行
野鳥情報はありません

5月26日(土) 晴時々曇    16℃〜26℃   波高1.0m   北東  6m   船運行
野鳥情報はありません

5月25日(金) 晴時々曇    16℃〜27℃   波高2.0m   南西 15m   船欠航
野鳥情報はありません

5月24日(木) 雨 後晴     15℃〜24℃   波高1.0m   北東  4m   船運行
野鳥情報はありません

5月23日(水) 雨        14℃〜20℃  波高1.5m    南東  8m   船運行
野鳥情報はありません(鳥見ヒト20人)

5月22日(火) 晴        10℃〜23℃  波高1.0m    南   6m   船運行
ウミウ オオミズナギドリ(航路) ウミネコ カラスバト アオバト キジバト チュウサギ アオサギ アマサギ ダイサギ セグロカッコウ ツツドリ カッコウ トビ ハヤブサ チゴハヤブサ ブッポウソウ サンショウクイ サンショウクイ チゴモズ ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ キマユムシクイ オオムシクイ コムクドリ ムクドリ マミジロ ツグミ コルリ ルリビタキ ノビタキ イソヒヨドリ キビタキ マミジロキビタキ♂ オオルリ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ アトリ マヒワ イスカ シメ イカル カワラヒワ アオジ シロハラホオジロ キマユホオジロ 52種(鳥見ヒト50人)

5月21日(月) 晴         9℃〜21℃  波高1.0m  北東  6m   船運行
ウミウ ウミネコ カラスバト コサギ チュウサギ アオサギ アマサギ ダイサギ ササゴイ ツツドリ カッコウ ホトトギス ヤマシギ トビ ハヤブサ ブッポウソウ コウライウグイス4羽 サンショウクイ アカモズ チゴモズ ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ウグイス センダイムシクイ キマユムシクイ エゾムシクイ オオムシクイ メジロ オオヨシキリ コムクドリ ムクドリ コルリ ルリビタキ キビタキ マミジロキビタキ♀ ムギマキ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ アトリ マヒワ イスカ シメ イカル カワラヒワ アオジ 47種(鳥見ヒト90人)

5月20日(日) 曇後晴     10℃〜1℃  波高2.0m    北 10m   船欠航
ウミネコ カラスバト キジバト コサギ チュウサギ アオサギ アマサギ ダイサギ ツツドリ赤色型 カッコウ ホトトギス ソリハシシギ ツバメチドリ トビ ハヤブサ ブッポウソウ コウライウグイス サンショウクイ モズ チゴモズ ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ウグイス センダイムシクイ キマユムシクイ メジロ オオヨシキリ コムクドリ マミチャジナイ コルリ イソヒヨドリ キビタキ マミジロキビタキ♀ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ ハクセキレイ キタツメナガセキレイ キセキレイ アトリ マヒワ イスカ カワラヒワ アオジ シロハラホオジロ  46種(鳥見ヒト60人)

5月19日(土) 雨後曇     11℃〜14℃  波高3.0m    北 10m   船欠航
ウミネコ カラスバト キジバト コサギ アオサギ アマサギ ダイサギ カラシラサギ カッコウ ホトトギス アマツバメ ツバメチドリ トビ ハヤブサ アカアシチョウゲンボウ ブッポウソウ ヤイロチョウ コウライウグイス モズ チゴモズ ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ウグイス メボソムシクイ キマユムシクイ エゾムシクイ メジロ オオヨシキリ ヒレンジャク コムクドリ ニュナイスズメ ツグミ ハチジョウツグミ イソヒヨドリ キビタキ マミジロキビタキ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ ハクセキレイ キセキレイ アトリ マヒワ イスカ カワラヒワ ホオアカ アオジ シロハラホオジロ  49種(鳥見ヒト60人)
島の北側は大しけの波が打ちつけて立ち入りができず、探鳥は出来なかったそうです 民宿のビール枯渇

5月18日(金) 曇後雨     20℃〜28℃  波高2.0m  北西 15m   船欠航
ウミウ ウミネコ カラスバト キジバト チュウサギ アオサギ アマサギ ダイサギ ヨタカ♂♀ アマツバメ ハリオアマツバメ キョウジョシギ キアシシギ ムナグロ トビ ハヤブサ ブッポウソウ コウライウグイス サンショウクイ サンコウチョウ アカモズ ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ウグイス センダイムシクイ キマユムシクイ ムジセッカ チョウセンメジロ オオムシクイ オオヨシキリ コヨシキリ コムクドリ ホシムクドリ マミジロキビタキ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ ハクセキレイ ビンズイ アトリ マヒワ シメ イカル カワラヒワ アオジ シロハラホオジロ  47種(鳥見ヒト60人)

5月17日(木) 曇後雨     20℃〜25℃  波高3.0m  南西 15m   船欠航
キタツメナガセキレイ ウミウ ウミネコ カラスバト キジバト チュウサギ アオサギ アマサギ ダイサギ ゴイサギ ヨタカ ツツドリ カッコウ アマツバメ ムナグロ トビ ハヤブサ ブッポウソウ サンショウクイ アカモズ ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ウグイス キマユムシクイ オオヨシキリ シマゴマ ムギマキ コサメビタキ サメビタキ ハクセキレイ アトリ マヒワ イスカ シメ イカル カワラヒワ コホオアカ アオジ シロハラホオジロ  40種(鳥見ヒト60人)

5月16日(水) 晴後曇     16℃〜28℃  波高1.5m 南西 15m   船欠航
 コガモ カワウ又はウミウ ウミネコ カラスバト アオバト キジバト アマサギ ダイサギ ツツドリ ホトトギス キアシシギ トビ ハヤブサ ブッポウソウ サンショウクイ モズ ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ウグイス キマユムシクイ オオヨシキリ コヨシキリ メジロ コムクドリ マミジロ コルリ シマゴマ イソヒヨドリ マミジロキビタキ♀ ムギマキ オオルリ コサメビタキ サメビタキ エゾビタキ ハクセキレイ アトリ マヒワ イスカ イカル コイカル カワラヒワ ホオアカ コホオアカ アオジ シマアオジ シベリアアオジ シロハラホオジロ キマユホオジロ 49種(鳥見ヒト60人)

5月15日(火) 晴        11℃〜25℃  波高1.0m 北西 10m   船運行
クロジョウビタキ♀ コマミジロタヒバリ オシドリ ウミネコ カラスバト キジバト オオミズナギドリ(航路) コサギ アオサギ アマサギ ダイサギ ゴイサギ カッコウ ホトトギス アマツバメ トビ ハヤブサ ブッポウソウ サンショウクイ アカモズ ハシボソガラス ツバメ コシアカツバメ イワツバメ ヒヨドリ ウグイス センダイムシクイ キマユムシクイ オオヨシキリ メジロ コムクドリ ニュウナイスズメ マミチャジナイ シマゴマ イソヒヨドリ キビタキ マミジロキビタキ ムギマキ コサメビタキ サメビタキ オジロビタキ ハクセキレイ ビンズイ アトリ マヒワ ベニヒワ カワラヒワ シラガホオジロ コホオアカ シマアオジ アオジ シベリアアオジ シロハラホオジロ キマユホオジロ カシラダカ 56種 (鳥見ヒト120人余)


5月14日(月) 晴時々雨   12℃〜18℃  波高1.0m 北西  6m   船運行
コマミジロタヒバリ カルガモ ウミネコ カラスバト アオバト キジバト オオミズナギドリ(航路) チュウサギ アオサギ アマサギ ダイサギ ジュウイチ カッコウ トビ ハヤブサ アカアシチョウゲンボウ ブッポウソウ サンショウクイ ハシボソガラス ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ キマユムシクイ オオムシクイ コムクドリ シマゴマ ルリビタキ ノビタキ イソヒヨドリ キビタキ マミジロキビタキ ムギマキ オオルリ ハクセキレイ ビンズイ アトリ マヒワ カワラヒワ コホオアカ ミヤマホオジロ ノジコ アオジ シベリアアオジ キマユホオジロ クロジ カシラダカ シマノジコ 50種
5月13日(日) 雨        12℃〜20℃  波高1.5m   南   8-15m 船運行
野鳥情報はありません
5月12日(土) 晴時々曇   12℃〜23℃  波高1.5m   西   8m   船運行
注目種 イワミセキレイ シベリアジュリン夏羽 コマミジロタヒバリ ヤイロチョウ カラムクドリ シマノジコ マミジロキビタキ コウライウグイス カラスバト ホトトギス カッコウ ツツドリ ブッポウソウ コマドリ シマゴマ シロハラホオジロ、キマユホオジロ ムギマキ

5月11日(金) 晴         9℃〜23℃  波高2.0m 南西 15m   船欠航
ヒメイソヒヨドリ ♂♀ イワミセキレイ
5月10日(木) 曇時々晴   10℃〜14℃  波高1.5m 北東  8m   船運行
ヒメイソヒヨドリ ♂♀ イワミセキレイ
5月 9日(水) 曇時々雨   13℃〜17℃  波高2.0m   北 10m   船運行
ヒメイソヒヨドリ ♂♀
5月 8日(火) 曇り       13℃〜17℃  波高1.5m   東 10m   船運行
野鳥情報はありません
5月 7日(月) 雨時々曇   13℃〜19℃  波高1.0m   東 10m   船は着け返し運行です                    島には行けますが、折り返し輪島に帰ってきます 日帰り探鳥はできません
野鳥情報はありません
5月 6日(日) 晴後雨     13℃〜24℃  波高3.0m 南西 15m   船欠航
野鳥情報はありません
5月 5日(土) 晴時々雨    13℃〜21℃  波高2.0m   西 10m   船欠航
野鳥情報はありません
5月 4日(金) 雨後曇      10℃〜18℃  波高2.5m   西 15m   船欠航
野鳥情報はありません
5月 3日(木) 曇 時々雨   12℃〜17℃  波高2.0m   西 15m   船欠航
野鳥情報はありません
5月 2日(水) 曇時々雨  14℃〜22℃  波高1.0m   東 4m  船運行
ウミネコ カラスバト チュウサギ アオサギ ダイサギ トビ ハヤブサ サンショウクイ ハシボソカラス ハシブトガラス ヒバリ ツバメ ヒヨドリ ヤブサメ ウグイス キマユムシクイ エゾムシクイ メジロ コムクドリ ハチジョウツグミ アカハラ コマドリ イソヒヨドリ キビタキ マミジロキビタキ オオルリ コサメビタキ ハクセキレイ アトリ ベニヒワ シメ カワラヒワ ホオアカ コホウアカ アオジ 35種 

5月 1日(火) 晴時々曇  15℃〜24℃  波高1.0m   西 4m  船運行します  オオヒバリ ホシハジロ ウミネコ カラスバト チュウサギ アオサギ クサシギ トビ ハヤブサ サンショウクイ ハシボソカラス ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ヤブサメ ウグイス センダイムシクイ キマユムシクイ エゾムシクイ メジロ コムクドリ マミチャジナイ ツグミ ノゴマ ジョウビタキ ノビタキ イソヒヨドリ マミジロキビタキ ムギマキ コサメビタキ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ ビンズイ アトリ イスカ カワラヒワ コホオアカ アオジ 38種 

4月30日(月) 晴時々曇  15℃〜25℃  波高1.5m  南西15m+  欠航です
ホシハジロ オオバン ウミネコ カラスバト チュウサギ アオサギ トビ ハヤブサ カワセミ サンショウクイ ハシボソカラス ハシブトガラス ツバメ ヒヨドリ ヤブサメ ウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ メジロ ムクドリ センダイムシクイ メボソムシクイ エゾムシクイ メジロ ムクドリ マミジロ ツグミ アカハラ コマドリ ルリビタキ ジョウビタキ ノビタキ キビタキ イソヒヨドリ オオルリ コサメビタキ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ タヒバリ ビンズイ キセキレイ アトリ カワラヒワ ホオアカ コホオアカ アオジ 46種 (鳥見ヒト20人)

4月29日(日) 晴時々曇  13℃〜26℃  波高1.0m  南西10m  船運行しました
目撃情報:カルガモ ウミネコ チュウサギ アオサギ トビ ハヤブサ ハイタカ ハシボソカラス ハシブトガラス ツバメ コシアカツバメ ヒヨドリ ヤブサメ ウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ メジロ ムクドリ ツグミ アカハラ コマドリ コルリ ルリビタキ ジョウビタキ ノビタキ キビタキ イソヒヨドリ オオルリ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ タヒバリ ビンズイ キセキレイ イスカ カワラヒワ コホオアカ 36種 (鳥見ヒト50人)

4月28日(土) 晴時々曇  11℃〜22℃  波高1.0m  南西2m   船運行しました
目撃情報:シベリアアオジ ウミネコ チュウサギ アオサギ トビ ハヤブサ  ハシボソカラス ハシブトガラスツバメ コシアカツバメ ヒヨドリ ヤブサメ ウグイス メボソムシクイ メジロ コムクドリ ムクドリ マミチャジナイ ツグミ アカハラ コマドリ ルリビタキ ジョウビタキ ノビタキ キビタキ オオルリ 
コサメビタキ ハクセキレイ タイワンハクセキレイ ビンズイ アトリ ベニヒワ イスカ カワラヒワ 
アオジ クロジ 36種 (鳥見ヒト30人)

4月27日(金) 曇時々晴  12℃〜22℃  波高1.0m  南西6m   船運行しました

4月26日(木) 曇時々晴   9℃〜17℃  波高1.5m  西風6m   船運行しました



2018年 舳倉島 野鳥目撃情報チェックリスト   5 月  日( )
情報源 ご芳名         

カモ科 マガモ   ハト科 カラスバト アオバト キジバト  ウ科
ミズナギドリ科   サギ科コサギ チュウサギ アオサギ アマサギ ダイサギ ゴイサギ
カッコウ科   ジュウイチ セグロカッコウ ツツドリ ヨタカ           
アマツバメ科   アマツバメ
チドリ科       シギ科  ソリハシシギ    カモメ科 ウミネコ    
タカ科 チュウヒ トビ ツミ     フクロウ科  カワセミ科 アカショウビン   ブッポウソウ科
キツツキ科  ハシブトアカゲラ  ハヤブサ科  ハヤブサ アカアシチョウゲンボウ 
サンショウクイ  コウライウグイス     サンコウチョウ
モズ科    チゴモズ モズ シマアカモズ アカモズ  カラス科   オナガ ハシブトガラス
シジュウカラ科  シジュウカラ   ヒバリ科   ヒメコウテンシ ヒバリ
ツバメ科  ショウドウツバメ  アカハラツバメ ツバメ コシアカツバメ  
ヒヨドリ科  ヒヨドリ  ウグイス科 チョウセンウグイス ウグイスヤブサメ   エナガ科
ムシクイ科  ムジセッカ カラフトムシクイ キマユムシクイ オオムシクイ メボソムシクイ エゾムシクイ 
センダイムシクイ  メジロ科 チョウセンメジロ メジロ、 センニュウ科 シベリアセンニュウ
ムクドリ科   ギンムクドリ ムクドリ コムクドリ カラムクドリ  ヒタキ科  マミジロ カラアカハラ 
マミチャジナイ ツグミ ハチジョウツグミ   シロハラ アカハラ コマドリ ノゴマ コルリ シマゴマ 
ルリビタキ ジョウビタキ ノビタキ  イソヒヨドリ キビタキ マミジロキビタキ ムギマキ オオルリ 
コサメビタキ、サメビタキ オジロビタキ    ニューナイスズメ
セキレイ科 イワミセキレイ ツメナガセキレイ キセキレイ シベリアハクセキレイ タイワンハクセキレイ 
ハクセキレイ タヒバリ ムネアカタヒバリ マミジロツメナガセキレイ ホオジロハクセキレイ  
マミジロタヒバリ ビンズイ
アトリ科  アトリ  カワラヒワ マヒワ ベニヒワ アカマシコ イスカ シメ イカル
ホオジロ科  シラガホオジロ  シロハラホオジロ ホオアカ コホオアカ キマユホオジロ カシラダカ
ミヤマホオジロ シマアオジ ノジコ シベリアアオジ アオジ クロジ


メモ::島のブヨ、ヌカカに刺されるととても長きに腫れて痒い  猛烈です
私の対策:手袋、首周りにショール、網をかぶる、登山用のスパッツか長靴
屋外専用強力防虫香 富士錦パワー赤箱 家内が腰にぶら下げます
虫よけフマキラー”医薬品”Skin VAPE  それでも侵入してくる
かゆみが出たら花粉症薬「アレグラ」がよく効きます  ブヨは鳥の餌です 受け入れましょう

5月15日 舳倉島 探鳥 オジロビタキ♂

 雨が続ききっと新たに鳥が入っていると、島に入りました

オジロビタキ オスの美しい個体がいました
DSC_9761DSC_9769DSC_9778DSC_9866





コマミジロタヒバリは落ち着き、海岸の石の間に  陽炎が強く、近くても良い絵になりません
DSC_0018DSC_0026





今日はトケンのうち、ホトトギスとカッコウが入っていました  草むらから毛虫を咥えて
DSC_0071DSC_0072DSC_0092





飛び出しです
DSC_0118DSC_0124DSC_0125





マヒワのオスメス
DSC_9945DSC_9933DSC_9960





これ何だろう マミジロタヒバリかも
DSC_9497DSC_9499





これ何だろう 検証中
DSC_9998DSC_0005





クロジョウビタキのメス 目撃現場に行ってみましたが、場所が変わってニヤミス 残念
明日から3日間は大陸の低気圧に吹き込む高気圧の縁の風、15m以上が続きます 船が出ないと思います

5月12日 舳倉島 探鳥 コマミジロタヒバリ

 未だ観ていないイワミセキレイを目当てに、計画より5日ほど早く舳倉島に渡りました
ひょっとしてヒメイソヒヨドリのオスメスも観れるかもと、期待を胸に船に乗り込みます

しばらくイワミセキレイの目撃ポイントで息をひそめて待ちますが、なかなか出てきません
今日は船に80人を超すバーダーさん、残留組の40人を合わせた賑わいで、目撃ポイントを通過する方は街中の賑わい  早朝に出てたそうですから、まだ抜けていないと楽観
そんな雑踏の中でも、キマユホオジロは採餌に余念がありませんでした
DSC_9077DSC_9081DSC_9117DSC_9409





マミジロキビタキがいるそうなので、撮影してみました  オスはいつ見ても綺麗ですね
DSC_9139DSC_9161DSC_9181DSC_9171





別行動していた家内から、コマミジロタヒバリを人が遠巻きに取り囲んでいますよと、電話あり
2年前に与那国島で観察したことがあります  撮影距離が遠く証拠写真程度です
DSC_9240DSC_9247DSC_9262DSC_9270





森に戻りますと、シマゴマが
DSC_9315DSC_9326DSC_9348DSC_9354





同じ場所にシラガホオジロ  手元が狂い、シャッター速度間違えちゃった
DSC_9302DSC_9306DSC_9308





その他、ムギマキ
DSC_9280DSC_9276





キビタキ
DSC_9223DSC_9273





アオジのメス
DSC_9414DSC_9449DSC_9457DSC_9465




今日は、イワミセキレイ シベリアジュリン夏羽 コマミジロタヒバリ ヤイロチョウ カラムクドリ シマノジコ マミジロキビタキ コウライウグイス カラスバト ホトトギス カッコウ ツツドリ ブッポウソウ コマドリ シマゴマ シロハラホオジロ、キマユホオジロ ムギマキなどが出ていたそうですが、イワミセキレイ探索に時間を取られ、不満足でした
明日から2日間は雨模様です、その後が楽しみですネ

5月2日 小笠原航路 父島近海 海鳥観察

 2日目の朝がやってきました  10秒周期のうねりにずっと向かって進んできましたので、大きな船に乗っていますと体に堪えます 撮影の準備をするのも船酔いが始まりそうで、進みませんね

オナガミズナギドリが多くなってきました
KB6_4926KB6_4932KB6_4953KB6_4985





クジラが潮を吹いていました 頭部と潮吹きの位置からしますと、相当大きな個体だと思われます
種を調べておきます  追記:先端の形状と潮吹き口から推測すると、マッコウクジラではないかと
KB6_4761KB6_4765



父島を出航すぐの海域で、カツオドリをどっさり撮りました  
島は二見港、大根の鳥帽子岩です
KB6_5196KB6_5159KB6_4886





船について来ます 船に驚いて魚が海面に上がってくるのを待ちかまえます
DSC_8977KB6_4825KB6_4874





カツオドリは海面に来た魚をぐっさり捕獲します  
魚の画像を確認しますと太刀魚みたいです 立って空中も泳げるんだ
DSC_8849DSC_8772KB6_5183KB6_5184





小笠原 父島には固有種の亜種オガサワラヒヨドリがいます 船乗り場の周辺で探してみました  トカゲもいました 初見で484種目  トカゲは外来種のグリーンアノールらしいです
DSC_8732DSC_8736DSC_8755





オガサワラメジロは人が連れてきた、シチトウメジロとイオウトウメジロの交雑だそうです
初見で485種目です
DSC_8681DSC_8693DSC_8716





おがさわら丸の一部の写真と、本島からやってきたセールボート 僕も来たかったなあ
DSC_8750DSC_8751KB6_5129





父島港出港の時は、波止場には島太鼓と多くのお見送り人  船だって見送っていました  海上保安庁も
DSC_8758DSC_8760DSC_8761KB6_5133





IMG_20180502_153302IMG_20180502_103958

5月1日 小笠原航路 伊豆七島沖 海鳥観察

 10時30分に東京竹芝桟橋を出港したおがさわら丸の左岸に三脚を構えました
家内は海は好きではないので、先達の鳥見の方と2人でした

東京湾を出てすぐ、14時頃にイルカの群れに遭遇しました オオミズナギドリもおすそ分けを期待して付いていました イルカの種名はカマイルカではないかと思われます
KB6_4199KB6_4200KB6_4226KB6_4248



16時14分、距離は500m余か、パソコンで見たとき、一番左の個体の翌下面が真っ白だったので、アホウドリかと早合点しました。 指摘コメントもあり、エキスパートに確認をしてもらいましたら、4羽ともオオミズナギドリだと、わかりました。訂正します。 時に翼下面が真っ白に写ることがあるそうで、良い勉強になりました。
アホウドリを求めて、また海原にでかける意欲が出てきました。
KB6_4489



16時42分、オナガミズナギドリの群れに遭いました
KB6_4669KB6_4599KB6_4581KB6_4595





ほとんど同じ頃、オナガミズナギドリに混じった、オオミズナギドリにも出遭いました
KB6_4346KB6_4347KB6_4365KB6_4712





クロアシアホウドリが突然現われました 上下尾筒も黒い黒褐色の個体です  距離は200m余
初見で483種目
KB6_4621KB6_4622KB6_4625





すぐ後に、上下尾筒が白い白色の個体が来ました 現場では相棒が教えてくれて撮影できましたし、白色個体など分かりました 連れてきてもらったご利益ですね
KB6_4399KB6_4403KB6_4405





そのクロアシアホウドリが海面に下りようとしました 魚などの捕獲は無かったような
KB6_4430KB6_4431KB6_4432





機材 NIKON D3s + 800mm f:5.6

4月29日 我が家のバラ

 この時期、ヨット航海や、野鳥の観察遠征で自宅のバラは見る機会がありませんでした
今年は遠征の合間に観賞できました

私は赤いバラが好きです  樹齢が30年を超えています
KB6_4157KB6_4161KB6_4162KB6_4170





家内はどちらかと言いますと、黄色が好きです  家も黄色に塗り替えました
KB6_4165KB6_4167KB6_4163





我が家の玄関前、ミュンヘンの鍛冶屋で作ってもらった作品です
南ドイツや、オーストリアの町で見かける鍛造鉄の看板で、飲食店の店先に掲げてありますよね
Stein Bach ドイツ語で 石 川です   我が家の看板です
KB6_4175

4月22日 長崎県の半島岬 小島で探鳥 シロハラホオジロ♂

 昨日と同じ場所で、小鳥を待つことにしました  もっといろんな種の野鳥が入っても良い場所、時期ですが

シロハラホオジロのオスです
DSC_8573DSC_8579DSC_8581





シジュウカラのオスです  水浴びを念入りにしてゆきました
DSC_8589DSC_8594DSC_8601DSC_8618





目の前に
DSC_8642

4月21日 長崎県の半島岬 小島で探鳥 マミジロキビタキ♀

 野鳥の渡りの出迎えの為、来てみました 南西諸島からトカラルートの一部でしょうか

まずエゾムシクイと思しき個体が2羽
DSC_7893DSC_7894DSC_7898





DSC_8462DSC_8466DSC_8478





キビタキのオスも2個体見ました
DSC_8085DSC_8110DSC_8130DSC_8171





DSC_7981DSC_7997





キビタキのメスが2個体
DSC_8538DSC_8545DSC_8550




DSC_8556DSC_8560DSC_8561





マミジロキビタキ メスタイプが3個体 いずれも上尾筒が黄色いです
一時に複数のマミジロキビタキを観察するのは珍しいですね 群れで渡ってるのでしょうね
DSC_8257DSC_8265




DSC_8391DSC_8390




DSC_8320DSC_8330DSC_8317DSC_8313

4月18日 諫早干拓で探鳥 ツリスガラ

 何か渡りの野鳥は入っていないかなと、立ち寄ってみました

セッカが何羽も鳴き飛んでいました  貯金貯金貯金  いっひっひっひ って聞こえます
DSC_7043DSC_7049DSC_7080DSC_7097




口の中が真っ赤ですから、オオヨシキリです
DSC_7061




ツバメチドリが1羽、行手を阻みました 私達に興味を覚えたのか、近づいてきました
じっと見てから背を向け  (陽炎が立ち残念な画像になりました)
DSC_7165DSC_7184DSC_7187




ツバメチドリが進んだ先にヒバリがいまして、威嚇しています 巣作り間近でしょうか
DSC_7146DSC_7152




アトリが数十の群れを、数回確認しました 
アトリの群れを見つけると、ズアオアトリが混じっていないか確認をします
DSC_7241DSC_7260




ツグミは羽模様に個体差がありますね  時にとんでもない種かもと、撮影しています
DSC_7197DSC_7203




ツリスガラが4羽いました  真逆光で嘆きの画像です
DSC_7487DSC_7530DSC_7538




諫早干拓には珍し系はいませんでした


4月19日と今日20日は長崎県の半島岬で大捕り物をしていまして、1回だけ特徴のある鳴き声が聞け、弾丸のような飛翔を確認しましたが、撮影は叶いませんでした 難儀な鳥ほど撮りたいものです
親切な地元の方の話では、鳴き声が聴けて、飛翔が観れたなんて幸運だぜ  だって



4月17日 佐賀市東与賀 大授榒 シギチドリ

 日本最大、シギチドリ通過地の一つ、大授榒(ダイジュガラミ)には毎年春秋の大潮の時に訪れます

圧倒されるハマシギの大きな群れ  爆発です
DSC_6814DSC_6815DSC_6826



ハマシギ、何羽いるのでしょうか
DSC_6700DSC_6751DSC_6641DSC_6767




次に多いのはダイゼンでしょうか
DSC_6761DSC_6587DSC_6586




その他幾種ものシギチドリを見かけました
チュウシャクシギです
DSC_6615DSC_6591DSC_6611




オオソリハシシギです  赤味の強いのがオス夏羽、モノトーンのはメス夏羽です
DSC_6568DSC_6573DSC_6637DSC_6640




アオアシシギもいました  時にはコアオアシシギも入るそうです
DSC_6552DSC_6564DSC_6566




エリマキシギのメスがいました  オスだとエリマキ姿が見えるかも
DSC_6550DSC_6557DSC_6559




オバシギです  コオバシギもいたそうですが、撮れなかったです
DSC_6648DSC_6554DSC_6984





ホウロクシギと腹の白いのがダイシャクシギです
DSC_6602DSC_6600DSC_6602 - コピー





メダイチドリとシロチドリです
DSC_6670DSC_6671DSC_6989





目の周りが白いのがヘラサギです ほとんどはクロツラヘラサギです 多い時は40羽を超えたそうです
DSC_6807DSC_6944DSC_6945DSC_6946





ミヤコドリも何羽かいました  飛翔が美しい鳥です
DSC_6660




他にはキョウジョシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、ダイサギなど渡りの途中の野鳥がいっぱいです
ぜひ大潮の日、時間においでください 干潮時は野鳥は何もいません

4月16日 笠沙恵比寿の浜で探鳥 南さつま市

 びっくり鳥が来ているかもと、笠沙に来てみました
リゾート施設の浜に出て、覗いてみましたら

家内が指さす、65mほど先の波防テトラの上にツメナガセキレイが2羽いました  遠いです
DSC_6372DSC_6374DSC_6379DSC_6386






もう一羽のツメナガセキレイ
DSC_6485





タイワンハクセキレイが10羽+その浜に 
欲がありまして、メンガタハクセキレイ、シベリアハクセキレイを探しましたが、いませんでした
DSC_6342DSC_6348DSC_6392DSC_6504





ムネアカタヒバリが4羽同じ浜で採餌中でした
DSC_6413DSC_6448DSC_6502





この浜を縄張りとするハシブトガラス  黒い大きな筒を持った者が気になっているようでした
DSC_6516




笠沙の周辺を廻ってみましたが、これと言った渡りの野鳥は見つかりませんでした
今の時期、ちょっと少なすぎますね
追伸:同市にズグロチャキンチョウが入ったそうです


4月15日 亜種コシジロヤマドリ 鹿児島県民の森

 何年か前から探していた憧れのコシジロヤマドリ 九州の南部の一部に生息しています
この森にいることを知り、お友達にお願いして探してもらいました

今日の午前中は佐賀市の大授搦でシギチドリを観察してから、鹿児島の山に入りました

腰の白いコシジロヤマドリです  近くに巣でもあるのでしょうか、車の周りから離れません
初見で482種目です
KB6_3605KB6_3896KB6_3413





私達はしばらくじっとしていましたら、ヤマドリはすこし落ち着き、周りで餌を捕り始めました 全身も撮れました
ヤマドリとは独特な付き合い方があるようですね
KB6_4033KB6_4011





全身の図鑑写真も撮れました  最後まで尻尾は揚げてくれませんでした 警戒心の強い個体です
KB6_4030KB6_3952




残すは亜種ウスアカヤマドリだけです

4月1日 亜種ヤマドリ 岐阜県中濃

 九州に住む友がヤマドリを観に立ち寄りたいと  では居るかどうか、確かめに行ってきました 
岐阜県の山の中、小さな公園に出ていました

今の時期、尾が長いですから、不定形なフレームになってしまいました
KB6_2200KB6_2038KB6_2150




KB6_2335KB6_2271KB6_2070




尾は揚げた方が良いですね
KB6_3013KB6_2962KB6_2891









ヤマドリの木止まりはあまり見かけませんね
KB6_2290KB6_2299KB6_2303KB6_2310




餌を探していた時、大きな蜂にびっくり         顔のズームアップ 怖い顔です
KB6_2822KB6_2826KB6_2396KB6_2653




お粗末さまでした
機材 カメラ: D3s  
レンズ: AF-S NIKKOR 300mm 1:2.8G ED VR と AF-S NIKKOR 24-120mm 1:3.5-5.6G VR

追伸: 
昨年4月6日に福岡県で亜種アカヤマドリを観察しました
http://blog.livedoor.jp/k14kawa/archives/1830379.html

昨年10月9日に香川県で亜種シコクヤマドリを観察しました 
http://blog.livedoor.jp/k14kawa/archives/1843256.html

ぜひ比較して見てください

残るは亜種ウスアカヤマドリ、亜種コシジロヤマドリです  5亜種で満願です

3月28日 今日の花壇  野鳥はカワラヒワだけ

 今か今かと野鳥の渡りを待っています  ちらほら情報は聞こえては来るのですが、腰は上がりません

今日は今年始まって以来の夏日ですから、我が家の花壇もそれなりの色めきたちます
一緒に眺めてみましょう  最近はずいぶん手入れを怠っています

居間の前にはメインの小花壇に、スイセン、チューリップ、それに希望を追い求める心花パンジー
KB6_2000KB6_2005





我が家の庭にはこぼれ実で毎年花を咲かしてくれるヒメキンギョソウ 夏になればケシの花だらけに
KB6_2008KB6_2014KB6_2020





5月になりますと、12株ほどのバラが咲きます  最近は野鳥遠征でなかなか観れません
KB6_2011KB6_2012



機材 カメラ:NIKON D3s  レンズ:AF MICRO NIKKOR 70-180mm 1:4.5-5.6 D ED
     ふふ、なかなかシブイセットでしよう

3月17日 シロカモメ ワシカモメ 銚子

 シロカモメ 第一回冬羽
KB6_1618KB6_1457





 ワシカモメの成鳥です
KB6_1923KB6_1925KB6_1928KB6_1932

3月17日 セグロカモメ 銚子

 一番多いのがセグロカモメです  珍しいカモメが混じっているのでしょうが、みなセグロカモメに見えて困ります
セグロカモメの成鳥
KB6_1638KB6_1644KB6_1664





友からの指摘です セグロカモメの2wだが、嘴の色がシロカモメの様に半分で分かれているので、シロカモメXセグロカモメの交雑種かもだそうです 難儀な判断だそうです  
KB6_1441

3月17日 オオセグロカモメ 銚子

オオセグロカモメ

手前がオオセグロカモメの成鳥 真ん中はセグロカモメ、一番奥と三枚目は、第一回冬羽かな
KB6_1627KB6_1630KB6_1905

3月17日 ウミネコ 銚子

 撮ってきた画像を一枚ずつ見て、種を判別する練習をしています

ウミネコです 成鳥は見つけました
KB6_1731KB6_1681KB6_1684





右手前は、ウミネコの第一回冬羽でしょう  奥にいるのはセグロカモメ第二回冬羽かなぁ
KB6_1728





いました、ウミネコの1wでしょうか
KB6_1702

3月17日 亜種カモメ コカモメ探し 銚子

 まだ観かけないカモメ類がいますから、17日も銚子に行っていました

亜種カモメの中にコカモメが居まして、銚子に来ているらしいです ですから亜種カモメもしっかり観察するようにしています  これは亜種カモメと思われます
DSC_5722KB6_1467KB6_1520KB6_1513





波けし堤防に亜種カモメを見つけました 一説では風切り羽で一番外から3枚目、黒い羽根は亜種カモメ、白斑があるのはコカモメだそうです 1,2枚目の画像では3枚目は黒ですから、カモメかなあ  残念だ
DSC_5746DSC_5752DSC_5754DSC_5755






亜種カモメの幼羽を見つけました  
DSC_5733DSC_5734DSC_5735DSC_5736

3月10日 カナダカモメ 精査結果 銚子

カモメの判別に難儀しています  
まだ継続した観察経験と知識がありませんが、どこかで状況を打開せねばなりません
事前に友から判別帳をもらったり、図鑑をしっかり読みこんだり、Blogを見たりして準備をしました
当日は観察現場でエキスパートに出会えたのも、ラッキーでした

先のカナダカモメBlogアップ後、残りの画像を再度精査してみました
自分では判別はこころもとありませんから、カナダカモメらしい個体を自身で抜き出して、知識のある友に見てもらい、判別してもらいました 

カナダカモメの1wだそうです  観察#6個体目
KB6_0732





カナダカモメの2wだそうです  同じ個体です  観察#7個体目
KB6_0902KB6_0842





カナダカモメ1wだそうです  観察#8個体目 
KB6_1278





自身で選んだカナダカモメ候補10個体のうち、ここに掲載した3個体がカナダカモメで、ワシカモメ1w1個体、セグロカモメ1w−3wが6羽でした 私には選べる知恵がありませんでしたが、勉強のきっかけにはなりました
まずは普通種のカモメ類を完全に判別できることだそうです 精進します

3月10日 セグロカモメ  銚子

セグロカモメはどっさりいました
DSC_5707DSC_5616KB6_1074KB6_0532






取り間違いがありましたら、コメントください

3月10日 オオセグロカモメ 銚子

カモメをたくさん観察しました 観たい種は別のBlogで掲載しましたが、この章ではその他

このカモメ、ちょっと見は、3Sオオセグロカモメですが  どうでしょうか
背の色はオオセグロ。嘴の色がちょっとちがう感じだけど、尾羽から風切りが突出してない
DSC_5610DSC_5609





オオセグロカモメは群では目立ちますね  
                   複数個体の下の写真、背の灰色の濃いのがオオセグロカモメです
DSC_5698DSC_5639
  • コメント( 0 )

3月10日 亜種カモメ 1W  成鳥 銚子

 久しぶりに亜種カモメの1Wを観ました   別の場所で成鳥も観ました
KB6_0830KB6_0835DSC_5503DSC_5504






友に聞いてやっと気が付きました 成鳥もHDから見つけました


月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ