ヨット Jennifer号 航海記 探鳥旅行記

定年後仲良し夫婦がヨットとトラベルトレーラーで国内を旅行する航海記、探鳥旅行記

6月20日 クロアシアホウドリ 三陸の山田町沖

 この海域ではよく見かけるクロアシアホウドリです  成鳥のようです
DS9_7806DS9_7799DS9_7791DS9_7809




オオミズナギドリと並走することもありました
DS9_7860DS9_7864DS9_7821DS9_7937

6月20日 カツオドリ 苫小牧航路 三陸の山田町沖

 やっと明け始めた4時15分ごろ、300mほど先に黒い大型な海鳥 先ほど現像するまでクロアシカツオドリと思っていました  
なんとカツオドリの幼羽
生息地を図鑑で確認しますと、北限みたいですね  珍しい海域で観察が出来ました
DS9_7495DS9_7498DS9_7501DS9_7545




航行中、Findshipでいつも現在地を確認しますが、同時刻はここにいました

キャプチャDS9_7544  左は25%縮小の原画角画像です











ただいま5000枚を超える画像を処理しています
おいおいブログにアップしていきます

6月15日 野付半島 ノビタキ タンチョウほか

 激しい雨が予想されましたので、電波の届かない林道から脱出し、野付半島に来ました

ノビタキが子育てに忙しそうでした
DS9_6978DS9_6950DS9_6897DS9_6738




DS9_6836DS9_6777DS9_6794DS9_6363




ヒバリ
DS9_6575DS9_6579DS9_6620DS9_6639




タンチョウ
DS9_5934DS9_5852DS9_5871DS9_5800




オジロワシ
DS9_6718DS9_6510DS9_6522DS9_6561




エゾシカ
生まれて間もない小鹿 しきりにお乳を探していました  近くにいたオスのエゾシカ お父さんでしょうか
DS9_6383DS9_6408DS9_6412DS9_6424

6月12日 ベニヤ原生花園 ノゴマほか

 野鳥の繁殖で有名は原生花園です 今日も全国からバーダーさんが来ていました

ノゴマです オスは喉元が赤くて美しいです
DS9_5095DS9_5057DS9_5118DS9_5139




オオジュリンです 
DS9_5287DS9_5290DS9_5378DS9_5426




ヨシキリ うるさく囀ります
DS9_5557DS9_5186DS9_5511DS9_4740




ノビタキ
DS9_5202DS9_5222DS9_5243




カッコウ 托卵をしようと高いところから伺います
DS9_5622DS9_5621DS9_5629




オジロワシがここでも繁殖してるそうです
DS9_4847DS9_4870DS9_4858




原生花園です  お花も撮りました
DS9_5168DS9_5274DS9_5277DS9_5280




DS9_5282DS9_5614DS9_5619DS9_5638

6月10日 シブノツナイ湖 ツメナガセキレイ オス

 ツメナガセキレイの繁殖地、今年も元気にオスが見張りをしていました
愛嬌がありました
DS9_4552DS9_4553DS9_4562DS9_4490

6月4−10日 十勝川源流域 林道巡り 

 苫小牧に到着後食料を買い込み、十勝川の源流付近の森に入り、10日まで森をさ迷いました

クマゲラのドラミングを頼りに探しますが、姿をかすめたぐらい
アリの巣らしき樹の根元でそれらしき姿は垣間見ましたが、確証は取れません

アーカイブ画像です
DSC_0118DSC_7050DSC_7051





シマフクロウの飛び出し後姿は観れたのですが、撮影が間に合わず不発  難儀しています
DS9_4430



アーカイブ画像ですが、頑張ります
DSC_7682DSC_7255








エゾシカはよく見かけました
DS9_4301DS2_4264DS9_4395




林道の溝から這い上がれない小鹿、親シカが心配そうに 早々にその場から立ち退きました
DS2_4284DS2_4301




時にキタキツネも見かけます 出会っても結構余裕の態度です
DS9_4382DS9_4376DS9_4351DS9_4338



ヒグマにも出会いました  2頭組、1頭単独
前窓にピントを取られてしまいました こちらを発見するや、驚き走り去ります 
車内なら安全です 森の中に入ったりはしません 家内との約束です
DS2_4242




気晴らしに、一旦オホーツクの原生花園に行ってみます

6月 1日 クロアシアホウドリ 名古屋ー仙台航路

 クロアシアホウドリを数個体観かけました 画像の列は同じ個体です
DS9_3104DS9_3123DS9_3134




DS9_2779DS9_2801DS9_2850




DS9_3410DS9_3443DS9_3467DS9_3509




5−6羽の群れもいましたが、遠くて画像は不鮮明でした

6月 1日 オオミズナギドリの大群れ  名古屋―仙台航路

 オオミズナギドリがパラパラ観かけてはいましたが、銚子を過ぎたころ、大きな群れに出遭いました
水面に小魚の大きな群れがいるのでしょうか  何万羽いるでしょうか
DS9_2447DS9_2387DS9_2399DS9_2408



DS9_2312DS9_2320DS9_2367DS9_2374

5月30日 アネハヅル アカアシカツオドリ アーカイブ

 関東にアネハヅルとアカアシカツオドリが居ると、にぎやかです

2回観察したことがありました
DSC_2135DSC_2148DSC_2158DSC_2161




アカアシカツオドリ  三重県と硫黄三島で観ました
DSC_9020超微細DSC_9037DSC_9095超微細DSC_9170




DSC_9191超微細




是非観に行って下さいな

5月 6日撮影 ブロンズトキ Glossy Ibis アーカイブ

 最近愛知県下で短時間の目撃情報があったそうです
きっと美しい夏羽だったでしょうね
この画像は2021年5月に出雲市で撮影した2羽の個体です 呼吸を忘れて撮影してた覚えがあります  
身近に来てるかもです、探してみてください

ブロンズトキ  
図鑑の解説によれば夏羽の様ですが、この2羽、個体の大きさがずいぶん違いますので雌雄の差かもですね 
DSC_5050DSC_5054DSC_5457DSC_6034




追伸 しばらく投稿がありませんでした
   家庭菜園ブドウやブルーベリーの世話や、次の遠征の準備で忙しく過ごしていました
   元気にやっていますよ

4月19日 亜種アマミシジュウカラ 奄美自然観察の森

 今回も撮影が出来ました  亜種アマミコゲラもいるのですが、未見で今回もかなわずでした
亜種アマミシジュウカラです
DS2_4153DS2_4156DS2_4159DS2_4161

4月19日 ルリカケス 奄美自然観察の森

 奄美で代表的な固有種の一つ、ルリカケス 鳴き声はよく聞きますがなあなか姿を確認できませんでした
DS2_4130DS2_4133



DS9_0809DS9_0814DS9_0816

4月19日 アカヒゲ♀ 奄美自然観察の森 

 アマミヤマシギ、オオトラツグミ、アマミノクロウサギが観れた翌日、また観察の森に行ってみました

アカヒゲのオスとメスが連れだって目の前の池にやってきました
私達の姿を見てオスは茂みに隠れてしまいましたが、メスは愛想が良かったです
DS9_0214DS9_0236DS9_0220DS9_0261




DS9_0318DS9_0330DS9_0346




DS9_0398DS9_0435DS9_0447



DS9_0594DS9_0627DS9_0659



DS9_0664DS9_0682

4月18日 亜種オオトラツグミ 奄美市朝戸林道

 やっと出会えました 亜種オオトラツグミ 
初見で563種目です
DS9_9282DS9_9218DS9_9305DS9_9368

4月18日 暗色型ノスリ 笠利町宇宿

 黒っぽいノスリがいました よってミフウズラはまず出てこないでしょう
DS9_0022DS9_0032DS9_0102

4月18日 ツバメチドリ 笠利町宇宿

 美しい野鳥ですね 夏の装い
DS9_9975DS9_9698DS9_9868DS9_9848

4月17日 蝶 奄美市三太郎峠

 飛ぶものには反射的に反応し、シャッターを切ります
蝶が美しく舞っていました
アマミカラスアゲハ
DS9_6992DS9_6993DS9_6990DS9_6983



ツマムラサキマダラ♂
DS9_7539DS9_7561



アサギマダラ
DS9_7601DS9_7525DS9_7573DS9_7579

4月17日 ズアカアオバト 奄美市三太郎峠

 この林道を走っていましたら、何十羽ものズアカアオバトに出会いました
非常に生息密度が高いです
DS9_7463DS9_7045DS9_6937DS9_6877

4月17日 亜種リュウキュウキビタキ 奄美市三太郎峠

 美しいさえずりが力強く響いています 同行のエキスパートは逃しません
声のする樹にカメラを向けていましたら、なんと向こうから画角に入ってくれした
以前、宮古島でオオクイナを待っている時にも、目の前に出てくれて観察することが出来ました
奄美でも非常に稀だそうです 対面出来て嬉しいです
DS9_7134DS9_7190DS9_7081DS9_7272

4月17日 亜種リュウキュウメジロ 奄美市三太郎峠

 やっとまともな撮影が出来ました 2015.4.16 奄美市笠利町ですでに見ています
DS9_6664DS9_6672DS9_6677

4月17日 アマミノクロウサギ 奄美市金作原

 稀なウサギを観られることが出来ました アマミヤマシギの探索時、数m先の土手で草を食べていたアマミノクロウサギ 観るのも撮影するにも初めてです  興奮しました
DS9_7684DS9_7755DS9_7764DS9_7788

4月17日 アマミヤマシギ 奄美市金作原

 10時間林道を探し尋ね、やっとアマミヤマシギに巡り合えました
暗い夜明け前、林道を微速で走っていましたら、目の前にひょいと降りました
ライトに照らされたミミズに反応したみたいです 時に棚からぼたもち あるあるです 
初見で562種目です  後日画像を追加します
DS9_8618DS9_8741DS9_8809DS9_8843

3月30日撮影 大授搦

 念のため観たい野鳥探しの現場に  しつこく
この野鳥でもない  やっぱり抜けたか  珍鳥3日は本当だ
DS9_5343 (2)



干潟には
ズグロカモメ 最初はユリカモメかと
DS9_5379DS9_5380DS9_5382DS9_5383




DS9_5404DS9_5543DS9_5546DS9_5575



カモメの習性で急に群れが舞い上がり旋回します 結束の確認とか
なんとほとんどがズグロカモメでした 観たことないズグロカモメの群れ
DS9_5740 (2)DS9_5744 (2)



コアジサシ かと
DS9_5507 (2)DS9_5510 (2)DS9_5513 (2)DS9_5523 (2)



クロツラヘラサギ 18羽
DS9_5900DS9_5907DS9_5908DS9_5929



シギチドリがあいかわらず存在感を
DS9_5418 (2)DS9_5433 (2)DS9_5456 (2)DS9_5464 (2)

3月29日撮影 野母崎で五目撮り

 午後野母崎に行ってみました

イソヒヨドリのオス
DS9_3208 (2)DS9_3189 (2)DS9_3173 (2)



スズメ 
DS9_5238 (2)DS9_5247 (2)DS9_5248 (2)DS9_5253 (2)



タカブシギ 2羽
DS9_3356 (2)DS9_3543 (2)DS9_4039 (2)DS9_3952 (2)



ノビタキ
DS9_5130 (2)DS9_5145 (2)



タヒバリ かな
DS9_5178 (3)DS9_5168 (2)DS9_5214 (2)DS9_5192 (2)



エナガ
DS9_4212 (2)DS9_4230 (2)DS9_4235 (2)DS9_4245 (2)



ウグイス
DS9_4304 (2)DS9_4307 (2)



シジュウカラ
DS9_4156 (2)DS9_4163 (2)DS9_4175 (2)DS9_4182 (2)



ヒヨドリ
DS9_4141 (2)DS9_4142 (2)



シロハラ
DS9_4190 (2)DS9_4194 (2)



ホオジロハクセキレイ 3羽
DS9_5067 (2)DS9_4975 (2)DS9_5005 (2)DS9_5056 (2)



ヤツガシラ
DS9_4741 (2)DS9_4846 (2)DS9_4388 (2)DS9_4938 (2)





3月29日撮影 大授搦

 待ってるのはこの鳥ではありません
DS9_3061 (2)



オオカワラヒワかな
DS9_2602 (2)DS9_2706 (2)



結局お目当ては出ずのようです

3月28日撮影 大授搦

 観たい野鳥がいるとの事で、やってきましたが生憎の天気で観れずです
ツクシガモ、シギチドリが大きな群れを形成していました
DS9_2172 (2)DS9_2269 (2)DS9_2261 (2)DS9_2247 (2)

2月 9日撮影 カモメ科 道東の漁港

 北海道鳥見でカモメを観かけましたが、何か珍しい種が混ざっていないか見直してみました
やはり現場で見抜く力が無いといけません 心がけます
オオセグロカモメ
DS1_0965 (2)DS1_0926 (2)DS9_1054 (2)DS1_0870 (2)



セグロカモメ
DS1_0824 (2)DS1_0831 (2)DS1_0966 (2)



シロカモメ
DS1_0960 (2)DS1_0855 (2)DS1_0928 (2)



ワシカモメ
DS1_0856 (2)DS1_0849 (2)DS1_0851 (2)

3月 3日撮影 シロエリオオハム 下北半島沖

 悩ましい種ですね チンストライプが有るない、ないのもいるとか 海鳥ハンドブックを見ても決め手がない 教えて下さい
ベントストライプが有れば アビ ライファーだが

エキスパートの同定ではシロエリオオハムだそうです
DS9_9869 (3)DS9_9875 (2)

3月 3日撮影 コアホウドリ 下北半島東通村沖

 太平洋フェリーではいつも観かけます 珍しくもありません
4−5羽観かけましたが、今回は遠くを飛んでいて、写真にはなりませんね
DS9_0108 (2)DS9_0115 (2)

3月 3日撮影 ウミスズメ科 下北半島六ケ所村沖

 エトロフウミスズメ 航海鳥見をしてる人は、エトロフウミスズメは大きな群れで観れますよと、言いますが、私は航路では初めて観ました 時期もあるんでしょうが、なるほどと納得
DS9_1498 (2)DS9_1504 (3)



ウミスズメも観れました 港では観たことがありましたが、航路では初めて 不思議ではないですが
DS9_1418 (2)DS9_1469 (2) 

3月 3日撮影 ウミガラス 下北半島六ケ所村沖

 ウミガラスの生息数は増えたと言いますが、3羽も一緒に観かけました 
400mぐらいあるでしょうが、画像はいまいちですが、種の同定には十分です
DS9_1254 (2)DS9_1246 (2)DS9_1230 (2)DS9_1229 (2)

3月 3日 トウゾクカモメ 苫小牧ー八戸航路

 北海道の豪雪や明日からの太平洋の荒天の予報を聞き、瞬間の好天間隙を狙い、苫小牧から八戸へフェリーを利用しました 
航路は無風ベタなぎで、若干出が悪かったように思います
この航路も何度か鳥見をしたことがありましたが、なかなか良い場所です

トウゾクカモメ成鳥非生殖羽
DS9_2027 (2)DS9_2025 (2)DS9_2023 (2)DS9_2022 (2)



幼羽中間型
DS9_1049 (3)DS9_1051 (2)DS9_1049 (2)DS9_1050 (2)

3月 1日撮影 アカエリカイツブリ 納沙布岬沖

 矢のように飛んでた鳥
DS9_6270 (2)DS9_6271 (2)DS9_6308 (2)

3月 1日撮影 ケイマフリ 納沙布岬沖

 ケイマフリが目につきました
幼鳥ですね
DS9_5690 (2)DS9_5688 (2)DS9_7723 (2)DS9_5734 (2)



成鳥生殖羽
DS9_7634 (2)DS9_7280 (2)DS9_7277 (2)DS9_7281 (2)



成鳥非生殖羽
DS9_6835 (2)DS9_6827 (2)DS9_6814 (2)DS9_7634 (2)

3月 1日 コウミスズメ 納沙布岬沖

 やっと念願が叶いました コウミスズメです  実は初見で561種目です

DS9_8118 (2)DS9_8292 (2)DS9_8300 (2)



DS9_7933 (2)DS9_7963 (2)DS9_8027 (2)



DS9_7473 (2)DS9_7483 (2)DS9_7489 (2)DS9_7486 (2)



機材 800mmf5.6+FTZII+Z9
月別アーカイブ
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ