ヨット Jennifer号 航海記 探鳥旅行記

定年後仲良し夫婦がヨットとトラベルトレーラーで国内を旅行する航海記、探鳥旅行記

12月12日 ミズカキチドリ ハジロコチドリ 名古屋市

 久しぶりにハジロコチドリ複数個体の目撃情報が入っていました
すでに観察したことがありましたので、パスしていましたら、ミズカキチドリが混ざっているとの事

10日に現地で観察、撮影しましたが、足が泥にまみれで、肝心の足のミズカキ部が見られません
幸い昨晩雨が降り、田圃の水かさも増えて何らかの期待が持てると、今日12日に再度行ってみました

広い地域、一枚がとても大きな田圃で、無数のチドリの中から、個体を探すのは容易ではなかったです 
現場での目視判定は私にはできませんので、10日、12日で撮った4,000枚余の撮影画像を一枚一枚確認しました

この個体がミズカキチドリと考えられます  初見で502種目です
追伸:複数のエキスパートからのコメントが入ってきまして、ミズカキチドリに間違いないそうです
参考:http://www.geocities.jp/legend_yui/mizukakitidori.htm

DSC_2388DSC_2410DSC_2422





やっと一枚、中趾と内趾の間に「小さなみずかき」があることが画像で確認できました 困難を極めました
DSC_2431DSC_2431 - コピー




この個体はハジロコチドリで内側にミズカキはありません
DSC_2186

11月8日 蕪栗沼周辺 亜種シジュウカラガン

 亜種シジュウカラガンに亜種ヒメシジュウカラガンが混ざっていないか捜査を継続しました
DSC_8495DSC_8496DSC_8497DSC_8501




マガンは落ち着きがありますが、何かのきっかけで亜種シジュウカラガンは良く飛び出します 距離80m
DSC_8642DSC_8643DSC_8644DSC_8645




飛ぶと全身が見られますから、亜種ヒメシジュウカラガン見つけやすいかも
DSC_8647DSC_8648DSC_8649




DSC_2615DSC_2623



DSC_8337DSC_8363



DSC_8788 DSC_8789



亜種ヒメシジュウカラガン、それらしき特徴のある個体は見つかりませんでした

機材 800mmf2.8 FTZ Z7

11月8日 伊豆沼 ガン 朝陽の風景

 今朝、日の出のガンを観てきました 

別のねぐらからガンがどんどん集まってきます なんでだろう
DSC_9160



辺りはどんどん明るくなってきました
DSC_9271



日の出直後です
DSC_9321



ガン達は餌場に向かって仲間を連れて、徐々に飛び立って行きます  
中にはガン渡り陣型で遠くに行くものもいます
DSC_9557



機材 300mmf2.8 FTZ Z7

11月7日 伊豆沼 ガンのねぐら入り

 日の出に一斉にガンが飛び出す様は素晴らしいと聞き、ねぐらへ下見に来ました

ガンがどんどんねぐらに帰ってきます 
遠くにもガンの点が無数見えますか、センサーに着いたホコリではありません
DSC_2743




水面をガンが覆いつくします  この周辺に2−3万羽来てるそうです ここには一万羽は来るでしょう
明日の夜明け前が楽しみです  私達はガン達と一緒に湖畔で眠ります
DSC_2749DSC_2754


機材 300mmf2.8 D800E

11月7日 伊豆沼 内沼 オオハクチョウ 亜種コハクチョウ

 湖には白鳥が似合いますね
内沼                    伊豆沼
DSC_2671DSC_2656 機材 300mmf2.8 FTZ Z7




オオハクチョウ  亜種コハクチョウ
DSC_9052DSC_9055 機材 800mmf5.6 FTZ Z7

11月7日 蕪栗沼周辺 亜種シジュウカラガン

 登米市周辺に1200羽の亜種シジュウカラガンが入ったと聞きました 
ひょっとして、亜種ヒメシジュウカラガンが混じっていないか、観察に立ち寄りました

数千羽のマガンの中から亜種シジュウカラガン探します 
何十羽かの亜種シジュウカラガンを見つけますが、いずれも遠かったです   
ゆっくり車を前進、ばったり2羽に出くわし、彼らもびっくり 私達もじっと 徐々に固くなって
DSC_8458DSC_8469DSC_8494



緊張の糸が切れ、突然飛び出しました  おかげで貴重な飛び出しが撮れました 迷惑でごめん  
DSC_8495DSC_8496DSC_8497DSC_8501




1300枚の画像をゆっくり見て、稀種を見つけます
他の種もいろいろ撮れましたが、帰宅後に整理しアップします おたのしみに

11月7日 蕪栗沼周辺餌場田圃 マガン

餌場でマガン、シジュウカラガンを待っていました  来たきた

数千羽のガン
DSC_2549DSC_2543




どんどん餌場田圃に下りてきます
DSC_2536DSC_2523




別の方向からもやってきます
DSC_2458DSC_2527DSC_2470DSC_7913




餌場田圃です
DSC_8788DSC_8955DSC_8558DSC_8509



機材 800mmf5.6 FTZ Z7

11月5日 男鹿市 イワヒバリ成鳥

 いつもは高山に分布するイワヒバリが海岸線のここに来ました こんなところで越冬するのでしょか
DSC_2354DSC_2337DSC_2380DSC_2394





近くに来てくれました               ぐっとトリム
DSC_2406DSC_2429DSC_2375DSC_2376





機材 300mmf2.8 D800E

11月2日 庄内平野 亜種マガン 亜種ヒシクイ

 何千羽のコハクチョウに混じって、亜種マガン百羽余 亜種ヒシクイ数十羽もいました

亜種マガンです
DSC_7431DSC_7433DSC_7608DSC_7610






DSC_7617DSC_7626DSC_7664DSC_7671




亜種ヒシクイの群れ
DSC_7266DSC_7250DSC_7256



DSC_7588DSC_7589DSC_7591DSC_7594

11月2日 庄内平野 ノスリ♂成鳥

 ノスリを見かけました
DSC_7219





DSC_7188トカゲに飛び掛かりGet




DSC_7224この画像を観た時に、尾羽の黒帯、翼の透き通る白から、ケアシノスリかもと思ったのですが、エキスパートの見立てでは、ノスリのオス成鳥だそうです  日本で見かける個体は幼鳥が多く、尾羽の黒帯は無く、ノスリのオス成鳥をケアシノスリとよく間違えるそうです ノスリのオス成鳥はなかなか見かけない個体だそうです

11月2日 鶴岡市 庄内平野  コハクチョウ

 美しい鳥ですね 昨日より増えました 
酒田の港、夜でも飛びながら鳴くコハクチョウの声が響きます 夜通し飛んでくるのでしょうか
DSC_7291DSC_7693DSC_7698





DSC_7529DSC_7742DSC_7180




機材 800mmf5.6 FTZ Z7

11月1日 鶴岡市 庄内平野 亜種ハクガン

 26日、飛島にルビーキクイタダキが出たと聞き、30日トレーラーを引っ張って酒田に向かいました
しかし海が荒れて、なかなか船が出ませんので、男鹿半島の入道埼で時間つぶし探鳥をしましたが、思った野鳥は出ません 
昨日酒田に入り、今朝の出港を待ちましたが、7日目の欠航となりました ルビーキクイタダキも行方知れず

今日1日は庄内平野を廻ってみました
数千羽のコハクチョウに混じって亜種ハクガンを1羽見つけました 真逆光で画像にピンが立ちません
DSC_7007DSC_7014DSC_7019DSC_7100





そっと順光側に回って撮影をしてみます
白物は逆光の方が白つぶれしなくて良いと言われますが、私は順光の方が扱いやすいです
美しい成鳥個体です  ハクガンはガンの群れにではなく、保身のため白い白鳥といるのでしょうか
DSC_7138DSC_7130DSC_7136DSC_7139





一緒に居たコハクチョウです
DSC_7170DSC_7148DSC_7166DSC_7167





コハクチョウの羽ばたき
DSC_7119DSC_7120DSC_7122DSC_7123





美しさのあまり
DSC_7154DSC_7155DSC_7156DSC_7157





十数羽のヒシクイの群れもコハクチョウと一緒に居ましたが、いち早く逃げ去りました
DSC_6997


10月14日 八戸航路 苫小牧⇒八戸  クロトウゾクカモメ

 10月11日に名古屋港を出航、仙台に立ち寄って、13日までの3日間の苫小牧航路、デッキで海鳥を待ちますが、出てきません 14日は苫小牧から八戸への海原でやっと2個体のクロトウゾクカモメ 
まだ時期は早いのかなあ こういうこともあるのかなあと思ったりします

そんな中でもきらりと光る初見の海鳥がいました  100m、いやもっとあったでしょうか
クロトウゾクカモメか 細い尾羽があります    初見で501種目
エキスパートに会いまして、同定していただいたところ、やはりクロトウゾクカモメの幼鳥で良いと断定
DSC_4758DSC_4759DSC_4760





別個体
エキスパートに会いまして、同定していただいたところ、これはクロトウゾクカモメ暗色型の幼鳥で良いと断定いただきました
DSC_4764DSC_4765





オオミズナギドリが一番多かったですが、とにかく遠くで、これは200mほどあったでしょうか
DSC_4554DSC_4556




機材 800mmf5.6+FTZ+Z7

舳倉島の海象 ニューへぐら運航予想  2018年秋

舳倉島の天候とフェリーの運航可否が気になりますね  情報をアップデイトしてみます

フェリー運行予想は天気情報からの私的推測で、補償免責です  
要確認 0768-22-4381
なお、11月からは帰りの便は1時間早まり、14時になります 日帰り探鳥は大忙しですね
島での日々の野鳥目撃情報は、ほぼ掲載していきません

  2018年

10月31日(水) 曇り      10℃〜16℃  北西15m  波2.5m  フェリー 欠航
10月30日(火) 曇時々雨   11℃〜16℃  北東10m   波3.0m  フェリー 欠航
10月29日(月) 曇時々雨   12℃〜18℃  西風15m   波4.0m  フェリー 欠航
10月28日(日) 曇り      14℃〜20℃  南西15m   波6.0m  フェリー 欠航
10月27日(土) 曇時々雨   15℃〜21℃   西15m   波3.0m  フェリー 欠航
10月26日(金) 晴時々曇   13℃〜22℃  南西15m   波4.0m  フェリー 欠航
10月25日(木) 曇時々晴   14℃〜20℃  北風6m    波1.0m  フェリー運行
10月24日(水) 曇時々雨   15℃〜22℃  西風6m    波1.5m  フェリー運行
10月23日(火) 晴時々曇   13℃〜24℃  南東8m    波1.0m  フェリー 着け返し
10月22日(月) 晴れ      12℃〜22℃  東風6m    波1.0m  フェリー運行
10月21日(日) 晴れ      13℃〜20℃  北風4m    波1.5m  フェリー運行
10月20日(土) 曇時々晴   13℃〜20℃  北風8m    波1.5m  フェリー運行 
10月19日(金) 曇時々雨  14℃〜20℃  北風15m  波2.0m   フェリー 欠航 
10月18日(木) 曇       13℃〜20℃  北東10m   波1.0m  フェリー 着け返し
10月17日(水) 曇時々晴   13℃〜19℃  北風10m   波1.5m   フェリー 欠航  
10月16日(火) 曇時々晴   14℃〜20℃  北東風6m  波1.0m   フェリー運行
10月15日(月) 曇時々晴   15℃〜21℃  西風2m    波1.0m   フェリー運行 
10月14日(日) 曇時々晴   15℃〜21℃  北風8m    波1.5m   フェリー運行
10月13日(土) 曇時々晴   14℃〜22℃  西風4m    波1.5m   フェリー運行
10月12日(金) 曇後晴    15℃〜20℃  北西10m   波2.5m   フェリー 欠航
10月11日(木) 雨時々曇   15℃〜18℃  西風8m    波1.5m   フェリー運行
10月10日(水) 曇後雨    15℃〜23℃  東風10m   波1.0m   フェリー 欠航
10月09日(火) 晴曇      16℃〜26℃  東風6m    波1.5m   フェリー運行

10月15日撮影 新政府専用機 ボーイング777―300ER

八戸から苫小牧の航路で海鳥を観察していましたら、15時08分ごろ、B777がフェリーの上空を南に飛んでゆきました
DSC_4967 (2)DSC_5004




話には聞いていました新政府専用機、ボーイング777―300ER 
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%80%81%E6%96%B0%E6%94%BF%E5%BA%9C%E5%B0%82%E7%94%A8%E6%A9%9F%E3%82%92%E7%BE%BD%E7%94%B0%E3%81%A7%E8%A6%96%E5%AF%9F-%E6%9D%A5%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%81%AB2%E6%A9%9F%E5%B0%8E%E5%85%A5/ar-BBODa0n?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp#page=2


本命の海鳥はこのミズナギドリ類のみでした 精査中
DSC_4847

10月12日 太平洋フェリー 名古屋⇒仙台

 皆さんが話題にされる苫小牧、八戸航路の海鳥観察を体験したく、一人でやってきました 7日間の旅路です
秋の観察には、1っか月早いよとエキスパートは言いましたが、寒いデッキも嫌ですし、暇ですから行ってみようと

やはり海鳥はほとんどこの航路では、見かけませんでした
オオミズナギドリかなと思うのですが、決め手になるほどの画像ではありません
DSC_4114DSC_4113DSC_4082DSC_4077





暇でしたから  途中で見かけた船舶を
DSC_4088DSC_4091





犬吠埼灯台と銚子漁港
DSC_4094DSC_4103

10月6日 金武町の田んぼで探鳥

 台風が過ぎた後、何か入っていなでしょうか
変わり映えしません 珍し系はいませんでした
DSC_3191DSC_3203DSC_3232DSC_3365





DSC_3377DSC_3429DSC_3455DSC_3593





DSC_3860DSC_3862DSC_3865DSC_3867





DSC_3836DSC_3760DSC_3878DSC_3969





DSC_3883DSC_3982DSC_3892





機材 800mmf5.6+FTZ+Z7

10月6日 やんばるの森 サシバ

 台風25号が去った翌朝

やんばるの森でノグチゲラ、ヤンバルクイナやホントウアカヒゲを待ちました  声はするけどなかなか出てきません 24号で木々の枝が散乱し、環境が大きく変わったためか

80mほど先の梢に何か  PCでよく見ましたら、
(オオハヤブサではないかと 顔が真っ黒です)  
コメントがはいり、友と考察した結果  サシバ成鳥で、オスかもです
DSC_3096DSC_3097DSC_3100






リュウキュウヒヨドリかな
DSC_3154





お目当てには巡り合えません

機材 800mmf5.6+FTZ+Z7

10月5日 台風25号通過直後 金武町の田んぼ

 夜半に通過した台風、まだ風雨は残っていませんが、何か田圃に入っていないか探鳥に出かけました

DSC_2991DSC_3050DSC_3038DSC_3061





DSC_3010DSC_2996DSC_3046





DSC_3001DSC_3004DSC_3016





DSC_3018DSC_2998DSC_3040





機材 800mmf5.6+FTZ+Z7

10月4日 金武の田んぼ クロハラアジサシ

 強い風にも負けず飛び回っていました
DSC_2921DSC_2934DSC_2969DSC_2981





マミジロツメナガセキレイの群れを見掛けました
DSC_2681DSC_2685





防風林にはイソヒヨドリのメスをみかけました
DSC_2808





機材 800mmf5.6+FTZ+Z7

10月4日 金武の田んぼ  鳥達の台風対策

 25号台風が近づいています 風も強くなってきた昼頃 鳥達はそれぞれ風対策をしていました
DSC_2292DSC_2319DSC_2369DSC_2712





サギたちは田んぼの防風林の陰に身を寄せ合って、守りの体勢です 
急に気圧が下がってくることで、大風を予測するのでしょうね アマサギがほとんどです
DSC_2740DSC_2796DSC_2891









未だ観ぬ、ジャワアカガシラサギを探したのですが、見つからずです

10月4日 金武の田んぼで探鳥 ハリオシギ

 早朝やんばるの森に行ってはみましたが、強い風と雨に見舞われ、探鳥の場合ではありません
先日の台風24号でやんばるの森は荒れていまして、それもあって野鳥は出てきません

せっかくですから、雨に強いシギチドリを観に金武の田んぼに来てみました
いつも見掛けてる、渡り途中のシギチドリを見受けました
DSC_1316DSC_1342DSC_1357DSC_2504





DSC_1510DSC_2251DSC_2571DSC_1393






DSC_2571DSC_2626DSC_2831





ジシギ 1,2枚目の個体、尾羽からハリオシギのようです    3枚目はチュウジシギ
DSC_1790DSC_1875DSC_2437






機材 800mmf5.6+FTZ+Z7

10月3日 やんばるの森 夜の部 リュウキュウアオバズク

 コノハズクを観たくて夜間の森に行ってみました 

ズアカアオバトです
DSC_0989






ヤンバルクイナです  光は影響を考え赤味に  夜間は樹の上で天敵をかわすんですね
DSC_1086DSC_1271






リュウキュウアオバズク 別個体です
DSC_1297DSC_1309






機材 300mm f2.8 +FTZ + Z7

10月3日 やんばるの森 ヤンバルクイナ ノグチゲラ

 今日からやんばるの森で探鳥です

やはりヤンバルクイナがお目当てです  一回だけ観かけました
DSC_0809DSC_0810DSC_0811





次のお目当てはノグチゲラですが、声はすれども姿を見せません それもちょっとだけ 
太目の鉄格子に阻まれてAF効かず
成鳥メスだと思われます  明日から頑張って探します
DSC_0948DSC_0950





この森で見かけた 亜種リュウキュウキジバト  本土のそれに比べて暗色です
DSC_0778






リュウユウハシブトガラス 本土の種に比べ小型です
DSC_0786






クロサギ 黒色型
DSC_0884DSC_0891





機材 800mmf5.6+FTZ+Z7

10月2日 沖縄金武の田んぼで探鳥 タイワンシロガシラ

 那覇空港に到着してその足で金武町の田んぼに向かいました
実はジャワアカガシラが居ると聞き、急行したのですが、観かけませんでした

クロハラアジサシが無数田圃でバッタを捕ってきました
DSC_0342DSC_0314DSC_0315DSC_0318






電線にはシロガシラが 沖縄にいる種は亜種タイワンシロガシラだよと、別のBlogで知りました
DSC_0544タイワンシロガシラ
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ