18日午後7時40分頃、三重県鈴鹿市道伯のマンション3階通路で、男性が倒れているのが見つかった。

 男性は病院に運ばれたが、腹などを刺されており、間もなく死亡した。同じ階の人が直前に言い争う声を聞いていることなどから、鈴鹿署は殺人容疑事件とみて捜査を始めた。

 同署の発表によると、男性は40~50歳で、外国人風。左胸と脇腹に深い刺し傷があった。同署で身元の確認を急いでいる。

 マンションは6階建てで短期契約者が多く住んでいるという。県道沿いにあり、周囲には住宅や飲食店、商店が点在している。

架空請求詐欺被害が倍増=3月の振り込め-警察庁(時事通信)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
宮乃餅、復権 お土産ショップで一番人気 製造元も「予想外」 栃木(産経新聞)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望(医療介護CBニュース)