現職警察官が高1の少女にわいせつな行為をしたとして、新潟県警は22日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、新潟中央署刑事1課の警部補、西村強容疑者(45)=新潟市西区寺尾西=を逮捕した。同条例違反で県警の現職警察官が逮捕されるのは初めて。

 県警の調べでは、西村容疑者は5月15日夕方、新潟市内の高1の少女(15)に、同市内のホテルでわいせつな行為をした疑いが持たれている。

 西村容疑者は「未成年と知っていた」と容疑を認めているが、少女と出合った経緯などについては供述が2転3転しているという。

 西村容疑者は、同署の盗犯係の係長で事件当日は休日だったが、日中は出勤し、その後犯行に及んだという。

 県警の住友一仁警務部長は「県民の皆様に深くおわび申し上げます。捜査・調査を尽くし、厳正に対処します」とコメントした。

【関連記事】
痴漢被害の女性にわいせつ 駐在所の警部補送検、免職
女装自衛官、突然ワンピースまくり上げ…公然わいせつ容疑で逮捕
警部補が酒気帯びで覆面パト運転 警視庁
暴力団と不適切交際で警官2人を懲戒免職 奈良県警
ブログで自慢… 改造拳銃所持で福岡県警警部補を逮捕
中国が優等生路線に?

仕分け後半戦、傍聴席の反応冷ややか…空席も(読売新聞)
接続遮断、限定的に=年度内実施で合意―ネット上の児童ポルノ対策・総務省有識者研(時事通信)
急速な円高けん制=「市場の動き注視」―菅財務相(時事通信)
口蹄疫で追加支援策 赤松農水相 一律補償を撤回(産経新聞)
<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)