2008年03月11日

海外勤務者の賃金・年収・諸規程集

小生がお仕事柄よく使い、便利だと思う書籍を紹介しておきます。


■書名 海外勤務者の賃金・年収・諸規程集
■発行 政経研究所
■著者 太田貞雄
■価格 25,000円(税込)
■版型 A4版367頁
■出版 2006年5月
■ISBN なし
■お勧め度 ☆
■コメント
海外駐在員の給与、諸規程の見直しをする際、他社事例を自力で集めるのはなかなか骨が折れます。
本書には17社の事例が収録されていますので、それなりに利用価値がありますがいかんせん高い。
公立図書館やジェトロライブラリーにもよく蔵書されていますので、必要になった都度貸し出しを受けるのもよろしいかと思います。


k1996006 at 07:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)お勧め書籍 

2008年03月04日

中国経済六法 2007年版

小生がお仕事柄よく使い、便利だと思う書籍を紹介しておきます。

■書名 中国経済六法 2007年版■発行 日本国際貿易促進協会
■編者 射手矢 好雄(弁護士)
■価格 21,000円(税込)
■版型 A5判2,900頁
■出版 2007年1月
■ISBN 978-4-930-86747-6
■お勧め度 ☆☆☆
■コメント
400以上の重要法令が丁寧に翻訳されています。初版は原題の記載がなく、中国人スタッフとのやり取りがたいへんでしたが、現在では原題もしっかり記載されるようになりました。1年おきに本版・増補版が刊行される傾向にあるので、2008年版は増補版の可能性が高いです。
初版では巻頭に中国法体系のアウトルックが寄稿されておりましたが、最近では惜しくもこれがなくなりました。
また、税務面の法令収録が少ないので、この分野は別の方法で補う必要があります。


k1996006 at 19:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)お勧め書籍 

2008年02月27日

お勧め書籍

小生がお仕事柄よく使い、便利だと思う書籍を紹介しておきます。

■書名 海外勤務者の賃金・年収・諸規程集
■発行 政経研究所
■著者 太田貞雄
■価格 25,000円(税込)
■版型 A4版367頁
■出版 2006年5月
■ISBN なし
■お勧め度 ☆

■コメント
海外駐在員の給与、諸規程の見直しをする際、他社事例を自力で集めるのはなかなか骨が折れます。
本書には17社の事例が収録されていますので、それなりに利用価値がありますがいかんせん高い。
公立図書館やジェトロライブラリーにもよく蔵書されていますので、必要になった都度貸し出しを受けるのもよろしいかと思います。


k1996006 at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お勧め書籍 

2008年01月18日

海外勤務者の税務と社会保険・給与Q&A

小生がお仕事柄よく使い、便利だと思う書籍を紹介しておきます。


■書名 海外勤務者の税務と社会保険・給与Q&A
■発行 清文社
■著者 藤井 恵
■価格 2,520円(税込)
■判型 A5版368頁
■出版 2007年4月
■ISBN 978-4-433-33527-4
■お勧め度 ☆☆☆☆
■コメント
セミナー等でおなじみの藤井恵女史の著作。
海外進出をして社員を海外に勤務させている又はこれから勤務させようとしている企業、その企業の中の海外人事・総務・経理関連部門担当者や海外駐在する方々が対象。海外勤務者の日本での税務・社会保険の取扱い・海外勤務中の給与体系・危機管理・健康管理・子女教育や勤務地国での税務上の取扱などについて、100のQ&A方式で図表等をまじえて実務的にわかりやすく解説されています。


k1996006 at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お勧め書籍 

2007年12月26日

中国契約マニュアル 主要契約条項の日中対照文例集

小生がお仕事柄よく使い、便利だと思う書籍を紹介しておきます。


■書名 中国契約マニュアル 主要契約条項の日中対照文例集
■発行 中央経済社
■編者 大渕愛子
■価格 3,600円(税別)
■版型 A5版
■出版 2006年3月
■ISBN 978-4-502-93810-8 (4502938106)
■お勧め度 ☆☆☆
■コメント
主だった契約書の「雛形集」です。丁寧な解説が記述されており実務向きですが、350ページというボリューム上の制約から6類型の記載にとどまっております。
また、ある程度日本の法律が理解できないと記載内容がまったく理解できないと思います。
法律はぜんぜん判らん!という方は、まずはビジネス実務法務検定2級程度の法律知識を身につけ、その後本書を手にすると内容が良く理解できると思います。


k1996006 at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お勧め書籍 
Categories
About me
livedoor 天気
アクセスカウンター