subversion

February 16, 2009

gitいままでバージョン管理クライアントにはSVKを使っていたのだけれども(レポジトリはいろいろな理由でSubversion)、なんかいいタイミングだったのでGitに移行してみた。

git-coreとgit-svnを入れて、
git svn clone http://svn.codecheck.in ./codecheckin
などとして、あとは内部でgit svn rebaseとかgit svn dcommitとかgit addとかgit commitとか。

単純な部分でSVKでやっていた部分をカバーしてくれて、さらに高速だったので即採用。


最終的にはgit的branchとかgithubとかに慣れていく予定。


とりあえずegg.elとanything-c-shell-history.elで完全にEmacs内で完結できるようになった。


Git++
Emacs++

August 05, 2007

tracソフトウェア開発に便利なsubversionとtracを設定する機会があったのでメモ。
まあ、大規模なソフトウェア開発では今回の設定で使っていないので、結構甘いとこあるかも。


【subversionのインストール】
■バージョン管理ソフトsubversionのインストール。
#yum -y install subversion mod_ssl


【subversionレポジトリの作成】
■プロジェクトとして"testproject"を想定してリポジトリを作成。
# mkdir /home/svn
# cd /home/svn
# svnadmin create /home/svn/testproject
# svn mkdir file:///home/svn/testproject/trunk
file:///home/svn/testproject/tags
file:///home/svn/testproject/branches -m 'Create trunk, tags, and
branches.'
# chown -R apache.apache /home/svn/testproject


【tracのインストール】
■/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoに以下のように追加。

#dag
[dag]
name=Dag RPM Repository for Redhat EL4
baseurl=http://apt.sw.be/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt


■yumでtracをインストール。
#yum -y trac mod_python install


■これ以降dagレポジトリを使わないのならenabled=0に修正。


■これでtracに必要なモジュールも同時にインストールされたわけだけれども、このままだとtracは英語版のままなので日本語版に変更。必要なモジュールは導入しつつ英語版tracは削除。ひどい。
#yum remove trac
#wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/trac-0.10.4-ja-1.zip
#unzip trac-0.10.4-ja-1.zip
#cd trac-0.10.4-ja-1
#python setup.py install


【tracプロジェクトの作成】
■subversionの"testproject"用のtracプロジェクト環境の作成
# mkdir /home/trac
# trac-admin /home/trac/testproject initenv
# chown -R apache.apache /home/trac/testproject


■testuser(1人目)にBASIC認証用のpasswordを設定
#/usr/bin/htpasswd -c /home/trac/trac.passwd testuser

■testuser2(2人目)にBASIC認証用のpasswordを設定
#/usr/bin/htpasswd /home/trac/trac.passwd testuser2


/etc/httpd/conf.d/python.confに以下を追記


SetHandler mod_python
PythonHandler trac.web.modpython_frontend
PythonOption TracEnvParentDir /home/trac
PythonOption TracUriRoot /projects



AuthType Basic
AuthName "TestProject"
AuthUserFile /home/trac/trac.passwd
Require valid-user



/home/trac/testproject/conf/trac.iniのdefault_charsetをUTF-8に変更。
他にも[header_logo]のlinkなどもhttp://〜projects/testproject/に変更するとよいかも。

[header_logo]
link = http://〜/projects/testproject/

[trac]
default_charset = UTF-8



再起動
#/etc/ini.d/httpd restart

http://〜/projects/でtracプロジェクトの一覧、http://〜/projects/testproject/でtestprojectのtracへのアクセスが可能になる
ログインをするときにhtpasswdで設定したBASIC認証を行う。


以上で設定は終了。tracの設定変更は基本的にtrac-adminコマンドを使ってするのだけれどもその方法などはtracページ自体についているヘルプドキュメントにわかりやすく解説しているので便利。


にしてもsubversion便利。バージョン管理は必須だわ。