<医療事故>ガーゼ取り残し、25年後に摘出 長崎(毎日新聞)

 長崎市立市民病院(同市)は18日、25年前に手術した50代女性の体内にガーゼ1枚を取り残し、今年1月に摘出したと発表した。女性は摘出後、合併症で再手術を受けたが、今は体調は良好という。手術記録は同病院で保管されていたが、当時の執刀医は既に退職して連絡が取れず「取り残した原因は不明」としている。

 女性は現在、長崎県外在住。長崎市内に住んでいた85年11月、市民病院で消化管の手術を受けた。その際に綿製のガーゼ(長さ40センチ、幅26センチ)1枚を脾臓(ひぞう)に張り付けたが、そのまま取り忘れたという。

 手術後、女性は特に大きな体調不良などを感じなかったが、昨年12月に微熱が続いた。県外の病院のCT(コンピューター断層撮影)検査でガーゼ残存が判明した。女性は85年以降手術経験がないため、連絡を受けた市民病院はミスを認めて、1月に摘出手術をした。

 ガーゼは脾臓に癒着していたため、ガーゼと共に小腸の一部も摘出。女性は術後に合併症を起こし4月12日に再手術をして、5月15日にやっと退院した。同病院は口頭で女性に謝罪し、今後は補償などを話し合うという。

 同病院の鈴木伸(しん)院長は「誠意を持って対応したい。手術時にガーゼの数を数えるなど再発防止も徹底する」と話した。【錦織祐一】

【関連ニュース】
慶大病院訴訟:「妻なら子宮を取る」…向井氏が遺族に説明
医療事故:手術で女性死亡 人工心肺装置異常か 東京
賠償提訴:「慶大病院、がん誤診」と死亡女性の両親
慶大病院訴訟:「妻なら子宮取る」 向井氏、肉腫女性遺族に説明
提訴:「慶大病院、がん誤診」 死亡女性の両親、賠償求め 向井万起男氏ら担当

「代表発言と公約同じ」小沢幹事長、首相に苦言(読売新聞)
殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場(時事通信)
早朝、マクドナルドに強盗9万円わしづかみ 京田辺市(産経新聞)
慈恵医大病院を捜索=「申し訳ない」と医師―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
<もんじゅ>排気モニター故障で警報 環境には影響なし(毎日新聞)

取り立てチーム 船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)

 市税などの滞納者を対象とする千葉県船橋市の“取り立て専門チーム”が成果を上げている。わずか6人のメンバーで09年度は1億8500万円を回収した。払えるのに払わない悪質滞納者からの徴収はどの自治体でも喫緊の課題となっており、北海道や大阪、山口県など計35の自治体が視察に訪れている。【橋本利昭】

 成果を上げているのは船橋市の債権回収対策室。対象は、裁判所の決定がなくても自治体が滞納者の財産を差し押さえて回収できる「公債権」で、市税▽国民健康保険料▽介護保険料▽保育所の保育料▽下水道使用料--など計9種類がある。それぞれ2~5年の時効を過ぎると徴収できず、これらの債権を一元的に管理し、取り立てる部署を持つ自治体は全国的に珍しいという。

 対策室の回収方法はシンプルだ。まず複数の種類にまたがる滞納者を文書ベースで割り出し、預貯金や給与、売掛金など財産を洗い出す。警告書を送るなどしても連絡がなければ、個別訪問をせず直ちに財産を差し押さえる。

 相手が何らかの事情で生活に困窮していることが分かった場合は徴収を猶予・停止することもあるが、永嶋正裕室長は「断固たる態度で臨めば多くは素直に納める。生活苦でもやりくりして納付する市民がおり、資力がある者の滞納は許さない」と話す。

 船橋市の滞納総額は00年度、過去最悪の137億円(うち市税99億円)に達した。徴収強化で市税の滞納こそ大きく減らせたが、国保料や介護保険料は増え、滞納総額は08年度114億円と小幅な減少にとどまった。市は同年度、対策室を設置した。

 昨年10月に視察した大阪府和泉市の辻宏康市長は「簡素な方法で大きな成果を上げている」と評価し、今年4月、同様の組織を設置した。

【関連ニュース】
建設国保:無資格加入1918事業所で
全建国保支部の無資格加入:1918事業所で確認 地方支部の8割、保険料安く
新高齢者医療制度:65歳以上国保統合、税負担9000億円削減--厚労省試算
大阪市:債権の重複滞納額133億円 市税など、徴収チーム発足へ /大阪
県:税滞納者から6億1100万円徴収--昨年度 /佐賀

虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―岐阜(医療介護CBニュース)
<事件>マンションで男性2人刺され心肺停止 大阪・西淀川(毎日新聞)
種子バンク 保存50万種突破 北極凍土で運用2年(産経新聞)
普天間移設、首相「5月末決着」断念表明(読売新聞)
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)

築地マグロ競り見学、先着1日140人限定に(読売新聞)

 外国人観光客の人気スポットとして知られる東京・築地市場(中央区)のマグロの競り売り場について、東京都は見学客の受け入れを1日最大140人に制限する方針を決めた。

 大型連休明けの来月10日から実施する。

 早朝に行われる競りを巡っては、近年、外国人観光客が急増。一方で、魚に触るなどして業者とトラブルになるケースも増えたため、都は2008年に通路を区切って見学場所を仮設。見学客は警備員に誘導され、順番に競りを見てきた。

 しかし、事態は改善されず、08年12月には年末年始を挟んだ繁忙期の受け入れを初めて中止。ワシントン条約締約国会議でクロマグロの禁輸案が提案されマグロ全体への関心が高まると、今月5日には500人を超える見学客が殺到して混乱したため、8日からの約1か月間についても見学を中止していた。

 10日からは、開場日は毎日、整理券を先着順で発行し、70人ずつ2回に分けて入場させる入れ替え制とする予定。

胸に刺し傷の重体女性が死亡 横浜(産経新聞)
前原国交相は「永田町の郷ひろみ」? 新上限料制で小沢系からは批判強まる(産経新聞)
仙台教諭殺害 自宅裏に血痕付き足跡 北へ数百メートル、犯人逃走か(産経新聞)
おまわりさんのお仕事体験 中央区京橋の警察博物館(産経新聞)
<潮干狩り>初夏の陽気のなか3万人楽しむ 横浜(毎日新聞)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ