気象庁は1日、3月の天候まとめを発表した。北日本から西日本にかけて雨や雪の日が多く、東日本太平洋側の月間降水量が平年の159%で観測史上最大となったほか、北日本や東日本の日本海側の月間日照時間も観測史上最少となった。南から暖かく湿った空気が入りやすい気圧配置になることが多かった影響だという。

 地点別の月間降水量は▽静岡市381.5ミリ(平年の180%)▽長野県諏訪市159.5ミリ(同186%)▽三重県尾鷲市444.5ミリ(同187%)--など9地点で観測史上最大。月間日照時間は▽福井市78.2時間(同60%)▽鳥取市78.8時間(同62%)--など6地点で最小値を更新した。【飯田和樹】

【関連ニュース】
チリ津波:地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で
浜岡原発:5号機の大きな揺れの原因は「増幅効果」
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
震度計:26地点で運用停止 軟弱地盤で過大観測
天気:近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧

北海道厚沢部の車両火災 子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)
大阪の1級建築士、アパート構造計算書を偽装(産経新聞)
証拠ないのに発表、違和感…銃撃事件で元長官(読売新聞)
首相、公約修正に前向き 連合の見直し要望受け(産経新聞)
屋内での喫煙規制スタート=「受動」防止条例を施行-神奈川(時事通信)