2010年04月

<ひき逃げ>女性はねられ死亡 警察が捜査 群馬県高崎(毎日新聞)

 25日午後11時5分ごろ、群馬県高崎市下小鳥町の県道で、女性が血を流して倒れているのを通行人が発見、119番した。女性は頭と胸を強打し間もなく死亡。車ではねられた跡があったことから、県警高崎署は道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失致死容疑で捜査している。

 同署によると、女性は高崎市緑町1、飲食店従業員、大塚あつ子さん(57)。歩いているところをはねられ、車はそのまま逃走したとみられる。現場付近にブレーキ痕はなかった。【鳥井真平】

【関連ニュース】
ひき逃げ:逆走し逃走の乗用車が衝突 3人軽傷 大阪
女児ひき逃げ死:元理事長に実刑 横浜地裁判決
ひき逃げ:女子高校生重体 京都の男を逮捕…岐阜・各務原
不審死:路上に男性遺体、頭などから出血 北海道・北見
3人死亡ひき逃げ:同乗者の男3人を不起訴に 名古屋地検

身は給食、皮は卒業証書に 篠崎5小でタケノコ掘り(産経新聞)
検挙率わずか2割…暴力団排除へ正念場の福岡県(産経新聞)
匿名ブロガーの性別・年代を判別 企業向けに分析サービス(産経新聞)
交番の警察官に生卵=容疑で少年ら逮捕-警視庁(時事通信)
遅発性悪心・嘔吐を防ぐ制吐剤を新発売―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)

<臨時交付金>電線地中化などは1割 大半が従来型事業に(毎日新聞)

 内閣府は22日、09年度2次補正予算で、「電線地中化などを支援する」として計上した地方自治体向けの臨時交付金(総事業費5719億円)のうち、対象の4事業に使われたのが9.9%にとどまったと明らかにした。大半は、道路の補修や公民館建設などの従来型の公共事業に使われていた。使途を限定しなかったことが原因だが、「コンクリートから人へ」のスローガンが結果的に骨抜きに終わった格好だ。

 交付金は「地域活性化・きめ細かな臨時交付金」。鳩山政権は2次補正の編成にあたって「ばらまき、ハコモノの公共事業はやらない」と宣言。交付金については、電線地中化の他、都市部の緑化、橋の補修、林道の整備に充てられるとして、「地方の活性化につながる」と説明していた。古川元久副内閣相は会見で、自治体にも財政負担を求める仕組みだったため、4事業への交付が伸びなかったと説明。「課題をまとめ、反省に基づいてやっていく」と述べた。【坂井隆之】

雑記帳 オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)
山崎さん、着物姿ですし振舞う 野口さんも手伝う(産経新聞)
【健康】ストックウオーキングで全身運動 体への負担少なく効果大(産経新聞)
成田足止めの外国人旅行客に、どら焼き差し入れ 茨城空港土産(産経新聞)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)

中国での消化器領域のラインナップ強化へライセンス契約―エーザイ(医療介護CBニュース)

 エーザイは4月16日、スペインのアルミラル社の上部消化管機能改善剤シニタプリドについて、中国での独占的開発、生産、販売権を獲得するライセンス契約を締結したと発表した。中国でニーズの高い消化器領域での製品ラインナップを拡充するのが狙い。

 シニタプリドは、スペインで「軽度および中等度の運動機能不全型胃腸症」「プロトンポンプ阻害剤不応性の逆流性食道炎に対する併用療法」を効能効果として、アルミラル社が販売している。エーザイによると、中国の消化管機能改善剤市場は4.7億元(約63.8億円、1元=13.57円で換算)で、現在、機能性胃腸症で約1500万人、逆流性食道炎で約1100万人の患者がいると推定されている。

 エーザイには、中国事業における消化器領域の薬剤として、既に販売している胃炎・胃潰瘍治療剤セルベックスや、肝臓疾患用剤・アレルギー用薬強力ネオミノファーゲンシー、グリチロンのほか、現在開発中の慢性B型肝炎治療剤クレブジン(フェーズ3試験実施中)や分岐鎖アミノ酸製剤リーバクト(申請準備中)がある。


【関連記事】
抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ
日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ
ドロップタイプの乗り物酔い薬にレモン味が登場―エーザイ
アルツハイマー型認知症治療薬の選択肢拡大へ
タケプロンに効能追加申請―武田薬品

40歳でゲーム漬け…ひきこもりも高齢化 人格固まり抜け出せず(産経新聞)
イチネンHD、黒田会長が退任へ(レスポンス)
「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)
<英語指導助手>千葉県柏市で「偽装請負」認定 授業できず(毎日新聞)
中尊寺副住職、女子高生にワイセツ(スポーツ報知)

福岡競艇場に両腕漂着!諸賀さんの遺体の一部と確認(スポーツ報知)

 ボートレース場から遺体の腕―。9日午前9時頃、福岡市中央区の福岡競艇場内の海で、清掃中の男性が人の両腕を発見した。福岡県警では、指紋から、腕は3月6日に行方不明になっていた会社員・諸賀礼子さん(32)=同市博多区=の遺体のものと確認。3月15日に、同じ博多湾内にある能古島の海岸に胴体の一部が漂着していたのに続き、バラバラにされた遺体が見つかった。

 レース前の競艇場で、ショッキングなバラバラ遺体発見劇が起きた。

 同競艇場によると、清掃委託された業者の男性が両腕を見つけた。レース開催日の朝は船を使い、コース内外のごみなどを取り除くのが恒例で、この日の朝も男性は清掃を開始。同9時頃、競艇場の観客席「東スタンド」から北に約150メートル離れた、競艇場と外海を仕切る「遮へい壁」付近の内側の海に漂う、黒いポリ袋を発見した。

 男性はごみと思い、網ですくい回収。ところが、袋から人の手首が見えていた。驚いた男性から連絡を受け、競艇場職員が警察に通報。県警によると、両腕は肩付近から鋭利な刃物のようなもので切断され、腐敗が進んでいた。切断面以外の目立った外傷はなく、装飾品もつけていなかった。袋は何も印刷がない市販のごみ袋で、口は結ばれ、腕以外には入っていなかったという。

 遮へい壁の下は海とつながっており、県警では、潮流状況から施設外で遺棄され場内に流れ着いたとみている。

 福岡市のバラバラ殺人事件では、3月15日に下腹部から大たい部までの胴体の一部が、競艇場と同じ博多湾内の能古島の海岸に漂着しているのが見つかっていた。胴体は警察でDNA鑑定した結果、行方不明になった諸賀礼子さんの遺体と特定された。この胴体も、鋭利な刃物で切断されていた。県警は指紋を調べ、この日発見された腕も諸賀さんのものと確認した。

 競艇場は、能古島から南東に約9キロ。県警は博多湾内を中心に、遺体のほかの部分の捜索を続けていた。諸賀さんは3月6日から行方不明に。自身のネット上の書き込みから交通事故に絡むトラブルが浮上しているが、依然、未解決。遺体の残る部分の発見と、事件の全容解明が待たれる。

 【関連記事】
ボートレース 福岡競艇場 福岡県警 を調べる

強風 東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
奥西死刑囚の即時釈放を…支援者ら高検に要請(読売新聞)
薬事法違反 キノコ原料、未承認医薬品広告掲載容疑で逮捕(毎日新聞)
避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)
乗降中のバスに車が追突、9人軽傷…相模原(読売新聞)

幹事長代理に河野氏 自民 選挙対策、若手を起用(産経新聞)

 自民党は5日の臨時役員会で、離党届を出した園田博之前幹事長代理の後任に河野太郎衆院議員(47)を充てる人事を決めた。また、夏の参院選に向けた選挙対策本部に政策分野ごとの組織「政権力委員会(ネクスト・ジャパン)」を新設することも決め、中堅・若手を積極的に起用する方針だ。

 谷垣禎一総裁は役員会後の記者会見で「新しい自民党の姿が見える態勢にする」と強調した。今回の組織改革で参院選を前に党が変わった姿をアピールする狙いだ。

 一方で「既存の執行部をいじるわけではない」とも語り、党内で渦巻く大島理森幹事長ら執行部の刷新を重ねて否定した。

 政権力委員会は、野党時代の民主党「次の内閣(ネクストキャビネット)」になぞらえ、「外交」や「経済財政運営」など14の委員会で構成。人選は谷垣氏に一任され、今週中に立ち上げる。谷垣氏は選対本部に入る役員について「政策グループ(派閥)を離脱してもらう」と述べた。参院選後には党則を改正し、常設化する方針だ。

 臨時役員会ではまた、衆参両院議員による「全議員懇談会」を月2回開く方針も確認した。

インフルで「休校・学年・学級閉鎖」ゼロに(読売新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 職員に3つの目、必要(産経新聞)
<東ティモール>子どもたちにサッカーボール 湘南ベルマーレとPWJが贈る(毎日新聞)
<ネット選挙>ヤフーなど7社が解禁求め7万人の署名提出(毎日新聞)
詐欺罪での立件視野 犬猫死骸、数年前から投棄(産経新聞)
プロフィール

k1ugc72j

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ