民主党の小沢一郎幹事長は16日の松山市での記者会見で、インターネットを利用した選挙運動の解禁について「各党が進めようということであれば、そういう方向でいいのではないか」と述べ、与野党で合意すれば容認する考えを示した。
 一方、同党の平田健二参院国対委員長は会見で「この参院選でやるべきではない。議論を続け、次の衆院選なり、次の次の参院選でできるということではないか」と語った。 

影武者欲しい? 桜を見る会で、首相がそっくりさんと握手(産経新聞)
雑記帳 都心から最も近い「潮干狩り」始まる(毎日新聞)
<舛添前厚労相>新党に触れず 東国原知事と会談(毎日新聞)
米の鳩山政権不信、頂点…5月決着「期待せず」(読売新聞)
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳(産経新聞)