民主党の峰崎直樹財務副大臣(65)=参院北海道選挙区=は21日、夏の参院選に出馬せず、今期限りで引退することを決めた。党北海道連の佐野法充幹事長が同日、道連で記者会見し、明らかにした。
 佐野氏によると、峰崎氏は都内で三井辨雄道連代表らと会談し、参院選不出馬の意向を表明。三井氏らは、札幌市議で新人の藤川雅司氏(53)を後継として擁立する方針を説明し、峰崎氏も了承した。峰崎氏は「予算委員会の最中であり、(不出馬の)正式表明は後日にしたい」としている。
 道連は同選挙区の2議席独占を目指し、新人でテレビリポーターの徳永エリ氏(48)の擁立を既に決めている。 

【関連ニュース】
参院北海道に女性リポーター=峰崎氏は擁立せず

国民新党の下地氏、民主の検察リーク調査に「参加しない」(産経新聞)
<親権制限制度>導入を法制審に諮問…法相が方針(毎日新聞)
<自民党>新綱領原案まとまる 新憲法制定など掲げ(毎日新聞)
<センター試験>信州大で14分早くスタート 理科1(毎日新聞)
低額宿泊所FIS 新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)