憲法などの法令解釈を担当することになった枝野幸男行政刷新担当相は16日の閣議後会見で、政府の憲法解釈について、「一般論として、政権が代わったところで、間違った解釈を見直すことはあり得る」との認識を示した。ただ、具体的に見直しが必要な解釈があるかについては「現時点では該当するものがあるとは考えていない」と述べた。

 鳩山政権では、これまで法令解釈の答弁を担ってきた内閣法制局長官の国会答弁を認めず、閣僚が答弁することになっている。【影山哲也】

「都市型軽費老人ホーム」、4月にも―小規模ホームの参入促す(医療介護CBニュース)
登ろう8000メートル峰 登山家・竹内洋岳さんパートナー募集(産経新聞)
パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷-岡山・山陽道(時事通信)
<ダイキン>リコールの室外機 24台「修理済み」虚偽報告(毎日新聞)
石川議員の対応「倫理観ゼロ」と大島幹事長(読売新聞)