東京都小平市津田町の津田塾大学の中庭にある大きなイチョウの木から、サクラの枝が生えてピンク色の花を咲かせている。6日、同大職員が発見した。

 イチョウは高さ15メートルを超える大木。校舎よりも高く、同大のシンボルの一つとなっている。約30年前には、雷が落ちて折れたこともある。

 同大は今年創立110周年という節目。新入生を迎える季節でもあり、「お祝いムードにふさわしい」と職員は珍事を歓迎している。

 国立科学博物館筑波実験植物園(茨城県つくば市)の奥山雄大研究員は「土がたまった枝の分かれ目のくぼみに、サクラの種が落ち、芽が出たのではないか」と話している。

<日本航空>整備士が無届け修理 03年の整備記録ない機体(毎日新聞)
勤務していたピザ店に刃物強盗、売上金奪う 容疑の男逮捕(産経新聞)
岩場の迫力体感 三宮に西日本最大級のクライミングジム(産経新聞)
桜島 爆発的噴火400回超す 昨年より約7カ月早く(毎日新聞)
高松高裁も「違憲状態」 衆院選1票の格差訴訟(産経新聞)