田辺三菱製薬(大阪市)の子会社が新薬の試験データを改ざんした問題を調査していた厚生労働省は13日、薬事法に基づき、田辺三菱を今月17日から25日間の業務停止とする行政処分を発表した。

 大手製薬会社の業務停止は極めて異例。

 田辺三菱は、子会社に対する監督責任が問われた。同社のほか、子会社の製造会社「バイファ」(北海道千歳市)が、今月14日から30日間の業務停止処分を受けた。

 発表によると、同社は世界初の遺伝子組み換え技術による人血清アルブミン製剤「メドウェイ注」を承認申請する際などに、試験データを改ざん。不純物の濃度を実際より低く見せかけたり、アレルギーの陽性反応を陰性反応のデータに差し替えたりするなど、16件の試験などで不正を行っていた。

 バイファは、旧ミドリ十字が遺伝子組み換えの薬品を開発するため1996年に設立された。田辺三菱は旧ミドリ十字を吸収合併していた。

3死体遺棄容疑者、被害者宅で「絞殺」と供述(読売新聞)
高速で車乗り捨て走って逃げる 無免許容疑の男逮捕(産経新聞)
<嘉麻市長選>松岡氏が再選 福岡(毎日新聞)
<1歳男児死亡>虐待の疑いで女性から事情聴取 大阪・堺(毎日新聞)
財政試算示すも「持続性」に不安の声-高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)