鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた同会の元事務担当者で首相の元公設第1秘書・勝場啓二被告(59)について、検察、弁護側とも控訴期限の6日までに控訴せず、東京地裁で言い渡された禁固2年、執行猶予3年の有罪判決が確定した。

 判決によると、勝場被告は鳩山首相やその母親から提供された資金を、実際には寄付していない個人からの献金として記載するなどし、同会の2004~08年の政治資金収支報告書に総額約3億5900万円の虚偽記入を行うなどした。

 この事件では、東京第4検察審査会が先月26日、同法違反容疑で刑事告発された鳩山首相を東京地検特捜部が不起訴(嫌疑不十分)としたことを「相当」とする議決を公表した。

空自技官、勤務中に現金収受=収賄容疑で基地捜索-北海道警(時事通信)
「県警に行って」無賃乗車の男を現行犯逮捕(読売新聞)
普天間移設 防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める(毎日新聞)
石原知事、漫画規制案で「非実在青少年って何?」(産経新聞)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)