週末迷走日記(仮)

大好きなおいしもの、建築家と家づくり、そして出会った人、モノ、コトなど。

誰が編集者の魂を救うのか(向井湘吾『リケイ文芸同盟』)

出版社を舞台にした
たわいもないライトな恋愛小説なんだけど
(で、結構おもしろいんだけど)
終盤に"編集者の魂"という言葉が出てきて
ガツンと響いてしまった。

主人公の恩師が言う。
「編集者は、本を作る機械ではありません。」
「そんな状況で自らの心まで圧したとしたら……。編集者の魂は、誰が救ってくれるのです?」
「身の底から突き上げてくる、止めどない情熱の奔流。それに従うことでしか、我々の魂は満たされません」
「あなたはそれを、理解できなかった。彼女の魂を見放したようなものです」

向井湘吾『リケイ文芸同盟』幻冬舎、2015年
IMG_8695[1]


紆余曲折(絵本表紙の変遷)

絵本『おとなからきみへ』
絵本本体のほうは、ようやくひと段落か

紆余曲折した表紙の変遷
IMG_8540

ミニチュアを作って
なるべくリアルにイメージすること

ツペラツペラ亀山達矢さん(あるいは怒涛の2月10日)

自分史上過去最高に忙しい2019年1月・2月
(まだ年賀状の整理も出来てません・・・)

その極みのような2月10日(日)の出来事

朝、阿南のコメダ珈琲で
羽尻利門さんと絵本『おとなからきみへ』の色校正。
IMG_8497[1]

毎日新聞の記者さんが偶然近くの席で仕事をしてて
羽尻さんのお知り合いだったので、
お願いして写真(↑)を撮ってもらいました。
なので、ちょとギコチナイ。

IMG_8493[1]


からの、鳴門の松井たこ焼きさんで
お昼ご飯代わりに
IMG_8499[1]


車中で頬張りながら
板野町文化の館へ急ぐ。

看板を見て、会場を間違えたのかと思った(笑)
IMG_8501[1]


中に入って、ひと安心。
IMG_8503[1]

(定員の倍のお申し込みがあったそうです。
 さすが、やなせたかし文化賞!)

tupera tupera(ツペラ ツペラ)亀山達矢さん
かっこ良くて、面白い!
IMG_8502[1]

板野町の読み聞かせグループの人たちが
主催していて

来場者にくれる手作りのしおりと飴。
IMG_8508[1]

会場入り口には
手作りのグッズが。

IMG_8505[1] IMG_8504[1]

著作の販売も盛況。
IMG_8506[1]

代表作の1つ『しろくまのパンツ』
IMG_8507[1]


こんなサイン。
IMG_8510[1]

主催の方と少しお話ししたあと、
一路徳島市内へ。

居酒屋酒猫さんでGeen3月号の校正をして・・・
ようやく仕事終了!

の後、酒猫さんへ飲みに行くことになり
IMG_8511[1]


小雪のなか歩いて帰宅する。
IMG_8512[1]


帰りついたら、朝の5時でした。
(二日酔いじゃないぞ・笑)


2019年賀状(と正月のお酒)

新年あけましておめでとうございます。

IMG_8404

会社用の年賀状を29日に、
プライベートは31日に
今年もなんとか投函することができました。

上の写真にもチラッと写ってますが
酒器(亥年なので、お猪口)を載せていて

実は気合を入れて、結構撮った。

IMG_8390

最近はぐい呑みを使うことが多くて
お猪口は久しぶりだな・・・

と思いはじめると、とまらなくて(笑)

大晦日の夜は、ひとり燗酒祭り。
盃をいろいろ試してみる。

IMG_8393

フライング開封したお正月用のお酒は
芳水「特別純米酒」

地酒なので何度も呑んでいる・・・と思うのだけど
記憶より端麗な気がしました。
ホームページによると
兵庫山田錦/60%/9号系酵母

環境デザインワークス清水裕且「通り土間のある二世帯住宅」内覧会

あれよあれよと12月も後半戦ですが
これは、なんと!8月19日のこと。

環境デザインワークス・清水裕且さんの
「通り土間のある二世帯住宅」の内覧会に伺いました。

IMG_7823

吉野川の堤防沿い。

IMG_7821

ベランダと斜めの頬杖的な柱が
印象的な外観。

IMG_7819

通り土間。
壁一面が収納になっていました。

IMG_7812

1階。親世帯のLDK。

IMG_7814

2階。子ども世帯のLDK。

IMG_7817

ベランダの雰囲気が最高にいい。


なんとなく、いつもの顔ぶれ感が。
IMG_7825

みんな夏の装いなのは仕方ない。


プロフィール

k2sh

タグクラウド