「日本の棚田百選」に選ばれた和歌山県有田川町清水の「あらぎ島」(約2・3ヘクタール)に水が張られ、田植えの準備が整った。週末にも本格的な田植えが始まる。

 棚田は54枚あり、6農家が耕作。有田川町清水行政局の担当者によると、今年は春先の気温が低かったことなどから、苗の生育が例年に比べやや悪いという。

 棚田の最上部にある通称「天井田」では、平成18年に秋篠宮妃紀子さまが悠仁さまを懐妊された際、地元の若手グループがモチ米を栽培、祝いもちを献上したことがある。

【関連記事】
棚田オーナー制度 現状と課題 国土守る中山間地農業 耕す苦労知って
「葉っぱはキャベツ、根は大根?」 キャベコン展示に人気
棚田保全に都市住民・企業が協力 自然にふれあい農村活性化
ヒガンバナが見ごろ 奈良・明日香村の棚田
ミカン畑に囲まれた「光の島」 和歌山県有田市
少子化を止めろ!

死刑執行「当分行われない」 廃止議連・亀井氏が発言(J-CASTニュース)
<女性遺体>死因はくも膜下出血 殴られたような傷 横浜(毎日新聞)
代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
四川大地震 千年前にもM8級…同じ断層帯 静岡大チーム(毎日新聞)
訃報 北林谷栄さん98歳=「日本一のおばあちゃん役者」(毎日新聞)