JH3FENの思いつくままに

アマチュア無線のこと、そのほかの趣味のことを思いつくままに・・

フリ-ライセンス無線

 ちょくちょく聞く免許不要の無線
 ハム局は減る一方のようですが、フリラ無線はニギヤカなのかなぁ?。今の4アマは2日の講習会で取れるので、ほとんどフリー!?ですけどねぇ。Hi

 昔からある27MHzのCB無線のリグは高価ですし、ANTなどの制約も多くてイマイチ?ですが、新しい?UHF帯のCB無線は結構自由みたい。各メーカーから色々な無線機が出ているのは知っていましたが、ヤエスからデジ簡(5W登録局3R)の新機種が出た・・とかで、ちょっとニギヤカです。

 幾つか動画やメーカー、販売店サイトを見て勉強(^^;しました。Hi
 コールサインは自分で適当(昔の27MHzCB風?)に決めるのですが、重複は無いのかなぁ。Hi 山から10mW機でDXを狙っている人も多いようですネ。351MHzのデジ簡(5W)の運用具合はハンディ機や車載機の144/430MHzで、お手軽に移動運用するのと似ていますね。
 デジ簡機は外部の八木ANTなども使えるようなので結構遊べるみたい・・ですが、アマチュア(144/430/1200)と同じ?感じなら、敢えてやって見るコトもないのかなぁ・・。

CQ誌2021/11月号 その2

 毎度の私的感想。(^^;の続き・・

解説!ハリクラS-38・・
 回路図だけ見ていると、子供の頃に家にあった東芝の"カナリア"(2バンドのトランスレス5球スーパー)と同じ!?・・と言ったらOTさんに怒られるかなぁ。(^^; ハリクラにはBFOとバンドスプレッドが付いているので、7MHzならソコソコ聞こえそうですね。Hi
 小学生の頃、家庭用短波ラジオで7MHz AMのQSOを聞くのに、ダイヤルを回すのが難しかった・・のは覚えています。

真空管で伝える基本技術 28MHz AM/CW受信機・・
 なかなか面白いですが、p109の回路図の間違い、誤植・・が多すぎ。V2のSGの抵抗は560kΩ→56kΩかな。L5が消えているし、このあたりのC値の未記入、C/Rの単位の間違い、L7の巻き数なし・・など。編集部の未確認?・・ですね。
 まあ、純粋な製作記事じゃないし、コレを参考にするOMなら、この程度は・・気にしない・・かなぁ。(^^;

別刷り"2021アマチュア無線機器カタログ"・・
 機器だからか、アンテナは無いですネ。Hi
 今年は(私には今のところ)注目機が"無い"ので・・ちょっと・・つまらないです。(^^;

オール千葉コンテスト

 土曜はTシャツ一枚でしたが、日曜は長袖・・急に季節が進みました。日暮れの外気温は18℃。(^_^)

 さて、この土日は幾つかのコンテストで7MHz/CWはニギヤカでした。

 日曜の午後の千葉コンテストに・・いつものように?(目的外)・・参加(^^;。コンディションもまずまず・・の感じ。
 "藩アワード"の千葉県内の未QSOポイントを半日探してQSO。全部は埋まりませんでしたが効率的!?。Hi

 今年は"出遅れ"と"アクティビティ低下"で、まだ"藩アワード200賞"もまだ未完成・・その上、必要なメンバー5局中2局しかありません。毎年アクティブなメンバー局もあまり聞こえず・・。(;_;)
 ひょっとして・・皆さん・・FT8に行っちゃった!?のかなぁ。

CQ誌2021/11月号 その1

 毎度の私的感想。(^^;

特集は"アマチュア無線機器購入ガイド2021"・・
 まあ、年末にかけてのお買い物・・の方には良いのかなぁ。Hi

 記事はWiresX(C4FM)とD-Starの分けた話になっているのは仕方ない?かな。リグ(メーカー)の選択で決まってしまうわけですが、人気のFM/VU車載機、ハンディ機としての視点が無い感じ。

 まず、人気でお手頃のVUハンディ機ではFT5DとID-52が2強でしょうか?。WiresXとD-Starなので比較されないのかも知れませんが、機能性能には差があります。
 ID-52はFMラジオだけで、FT5DはFM/AMラジオ(BC~HF)が聞けるのは大違い。
 AIRバンドは共に聞けるけど、定格ではID-52の方が高感度?。某比較動画では・・但しFT3D(FT5Dと同定格)とID-52では・・聞こえ方が全然違ったのには驚いた。FT5Dでは改善されていて欲しい・・けど、定格では変化なし。気になる方は事前にチェックのほどを・・。
 私ならアルインコのDF-G7・・144/430/1200で、AIRの感度も良さそう?・・もイイなぁ。(^^;

 そうそう、新製品のFTM-6000の実売価格にビックリ・・価格破壊と言うより、"定価"ってナニ。Hi


マルチFGのSSG的使い方・・
 中華製FGが安く出回っているので、SSG的に使えるか・・と思っていましたので、タイムリーな記事。
 まあ、出力の周波数とレベルの確度とATTの問題・・と言った(予想通り?)ところですねぇ。

 続く・・

JARL会員局名録 2022-2023年版 予約

CALLBOOK22_2110 もう次のCALL BOOK(2022-2023)の発刊。2年経つのは早いですね。
 今はあまり役には立ちません?が・・予約特別価格中に・・送金しました。(^_^)

Windows 11のシステム要件

Win11_UP_CHK_1 今度のWin11は・・システム要件によると・・古いCPUやマザーボードでは使えない(!)のですね。
 システム要件にはTPM2.0以外に、CPUが"ギガヘルツ((GHz)以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたは System on a Chip(SoC)。"とありますが、これは正しくなく、"PC正常性チェック"プログラムでは、ウチのcore-i3はダWin11_UP_CHK_2・・と表示されます。
 この半導体不足の折に、"NEWマシンに買い換えたら!"という・・オオキナオセワ(^^;・・表示も見えたりします。

 そもそも"正常性チェック"って、ウチのマシンは(今のところ)"異常"じゃない!けどネ。(^^; "移行性"とかに名称を変えた方がイイのでは!?!?。
 ちょっとハードウェアのインストール条件が"厳しすぎる"のではないかな?・・これにはVY 不満。(^^;

 ローカルのOMから・・インストールの制限を回避する方法がある・・というinfoを頂いたので、試して見たいと思うのですが、サブマシンの古いノートPCで試してみますか・・ねぇ。
 仮に、古いCPUなどで動作しても、将来のUpdateでの保証はしない・・とも聞きますねぇ。

 さすがに本格的にメインマシン・・仕事、無線その他で使用・・をUpdateするにはちょっと危険(^^;なので、まずは"評価"してからです。(^_^)

 非対応の古いマシンにWin11をインストールするのには・・レジストリを書き換えたり、Win10のインストーラにWin11をインストールさせる・・など、色々あるようですネ。


JARL ANT保険手続きシーズン!

ANT_HOKEN_2022 今年、当地での台風は、今のところ大した事ない・・ですが、まだまだ油断できませんね。

 さて、今年もJARLのANT保険の申込シーズン。(^_^) ライフメンバーにも申込書が届きました。
 振込用紙に記入するのは、昨年と同じ感じ。まだWeb(IT)化はされていないようですねぇ。Hi
 郵便局に行くのがちょっと面倒(^^;ですが、サッサと送る事にします。(^^;

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

Kiyo

記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ