JH3FENの思いつくままに

アマチュア無線のこと、そのほかの趣味のことを思いつくままに・・

無線

IC-7300 その15 個人主観的使用感(^_^)

 301局(CW 290,SSB 11)QSOした時点での使用感・・。

◎全体として
 価格帯はエントリーだけど、コスパは高い。一部周辺機能(例、ANT切り替え機)が省略されていたり、FANなどの音が大きいだけ・・。

 デジタルサンプリング機(私は本機をSDRとは呼ばない)ですが、普通にQSO出来ます。HiHi
 そういう意味では、「スペアナ」を取るか、「144/430MHz」を取るかで、FT-991の選択も有りですね。
 今後、他メーカーの動向が楽しみです。(^^;

◎期待外れが1つ
 仮想COMポートは、リグコントロールとは分けてもらいたかった。(>_<) USBでのFSK/PTTが事実上使えない(使いにくい)。これについては、どういう使用法を想定しているのか、メーカーに聞いてみたいですね。

◎送信
 SSBは、HiFi音質的な事は分かりませんが、7MHzの国内QSOパイルアップで、ワンコールWkd.を複数回。「通りの良い音」を実感しました。
 細かい点では、気になる順番で、1.送信時のファン音(置き方によるけど・・)、2.FBKのリレー音、3.サイドトーンに少しキークリック。(サイドトーンは、IC-9100も同様。)

QSLカード 4月分

QSL1604 4月分のQSLカードが届きました
 今回も厚紙の封筒入り。前回比1割減の763g。

 2年前にQSOしたロシアの南極の局のQSLが届きました。(^_^)

 DXからのQSLは、アメリカンサイズのきれいなカラー印刷のカードが多いですね。
 私のカードはJARL規格ギリギリの薄い紙(ハガキサイズ)ですので・・DX用に用意しようかなぁ・・。最近は、DXの印刷会社に注文する方も多いようですね。
 その前に、デザインが問題だなぁ・・。(^^;

 いつものように同一局を纏めてから、チェックします。

IC-7300 その14 良いところ

 コレまでは、気になる所ばかり書いていましたが、全体としてよく出来ています。
 次は、スペアナ以外の良い所。(^_^)

1.NRが効果的
 ウチみたいに都市ノイズが多い所では、軽くNRを使うと聴感上のS/N比良くなり、聞きやすくなります。実用的な感じがします。

2.録音再生機能内蔵
 長時間の録音が可能。外部にレコーダーを用意しなくて済むのは、VY FB。

3.フィルタ機能
 ICOMのお家芸。Hi

4.内蔵時計が正確
 IC-7100/ID-5100は、GPSで補正しないと結構時刻表示がズレますが、IC-7300は3週間以上経過してもほとんど?ズレていません。(個体差があるかも)

EP2A (^_^)

EP2A_1604 Iranは7MHz/CWでCFM済みなので、Band Newに期待・・でワッチ。

 先日の深夜、14MHz/CWでリアル599で入感していました。NA指定でしたのでワッチ(待機)していましたが、長時間NAだったので、アキラメ。(;_;)
 10MHz/CWにQSYしてみると、ここでもFB。コールするとまもなくWkd.(IC-7300/100W)

 その後チャンスは無かったのですが、Pedi.最終日近くになって・・信号はあまり強く無かったけど呼ぶ局が少なかったので・・何とか14MHz/CWでもWkd.(^_^)

IC-7300 その13 その他

1.外部SP
 内蔵SPで特に問題ありませんが、手持ちの外部SP(SP-21)を付けました・・が、あまり変わらない。と言う事は、内蔵SPが良く出来ている!?。Hi


2.LCD保護フィルム
 ライフの短いスマホやタブレットでは、タッチパネル(LCD)の保護フィルムは無くても・・個人的には・・気になりません。
 でも、無線機は長く使うので、貼り付けておきたいところ。バンド切り替えなど、操作も多いですしネ。

 メーカーOPT.は無い(一部SHOPのオリジナル商品は有るようですが、かなり高価!?)ので、スマホの汎用品(4.2インチ用)を少し切って貼り付けました。100均でもあるようですので、お好み・・で。

IC-7300 その12 細かなこと3

5.ATUのデータ
 調べたところ、パンドスタッキングレジスタにATUの情報が入っていない!?ようです。レジスタ選択でのQSYのたびに(周波数が離れていれば)、TUNEする必要があります。

 周波数の差とかHi-SWRで自動TUNEする機能がありますが、相手のいる周波数で送信した途端に、TUNEのキャリアが出るのは良くないので、レジスタにATUのTUNE情報も入れて欲しいですね。


6.マルチファンクションダイヤル
 多機能なのでクリック付きはイイとしても、RITの場合はもう少し分解能が高くて、クリック感は軽い方がいい感じ。

IC-7300 その11 細かなこと2

2.タッチパネル
 タッチパネル面がベゼルより一段凹んでいるので、パネルエッジ(例・モード)は押しにくい。
 IC-7100のように面一だと、VY FB。


3.CW-KEY SET(CW関連設定)が、MENUのSETからも設定出来るとFB。
 ストレートキーとエレキーを切り替えるのに、MENUのSETの中を探し回りました。・・が、実はKEYERのEDIT/SETにありました。ココだと、メッセージの設定と思えてしまい直感的で無い・・。
 どちらからでも設定出来るとFBですね。


4.付属品のACCケーブル
 配線の難しいDIN13Pinのコネクタに、ケーブルが予め付いているのは、VY FBです。
 でも残念ながらケーブルが、5cm程度と少し短い・・。せめて30cm位はあると、なお一層FBと思います。
IC7300_ACC

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ