JH3FENの思いつくままに

アマチュア無線のこと、そのほかの趣味のことを思いつくままに・・

無線

ARRL Membership / eQSL.cc

ARRL_RENEW 早いモノで2011に再入会したARRLから、It's Time to Renew Your ARRL Membership のメールが届きました。
 毎月QSTを送ってくるのと、デジタル版のQSTが読めるくらいですが、そのウチにDXCCの申請で少し割り引きが・・。(^_^)
・・と言うわけで、Webから手続き、送金しました。

 eQSL.ccも先日loginした時に、何やら英語で表示されましたので、Silver Memberを維持するように手続きしました。

 まあ、何やらお金が一杯掛かりますねぇ。(^^;

 そうそう、先日14M/CWでQSOした8J1RLが eQSL を発行してくれました。(^_^)
 LoTWはやらないのですかぁ?! > JARL

ID-5100D その26

 それにしても、標準ではコントローラのケーブルは長いのに、MICの長さは普通なのでヘンですねぇ。(^^;
 延長ケーブルの材料は手持ちにありそうなので、自作してみましょうかねぇ。

 これは、京都下京430レピータを選択した画面ですが、右の方にXGWと表示しています。
ID5100_XGW
 どうやらコレは、GateWay越えは出来ないレピータ(山かけのみ)を示しているようですが、取説にこの説明は見当たりませんね。

 電源ON後のGPS衛星捕捉(時間)も問題無いようです。
ID5100_GPS1
 近所の公園横で自車の位置を表示させたところです。停車中ですが速度2.5km/h・・まあいいでしよう。Hi
 GLも出ていますので、QSLカード発行時に間違える事はなさそうですね。
ID5100_GPS2
 この時の衛星の補足状況です。5機見えています。

ID5100_GPS3
 この時、受信したある局のデータです。19.9km離れたところにいる局で、同じID-5100をお使いのようです。なかなか面白いですね。

ID-5100D その25

 日頃は無線はシャックだけで、今は車にはANT/無線機は積んでいません。必要な時は、無線機は助手席にハンディ機を転がしています。そろそろ移動運用もしてみたいので、次の車では何とかしようと思っています。(^_^)

 ・・そこで廃車寸前Hiの車にID-5100Dを仮設?してみました。

 電源はシガープラグから引けるように、アダプタを作って見ました。50W出力ではちょっとアブナイですが、LOW出力ならこれでOKでしょう。
MOBILE_POWERAKIZUKI_ANT
 ANTはまともな?メーカー製の古いのを何本かは持っていますが、今回は昨年江戸に行った時に、秋月で買った安いマグネット付きの144/430のホイップです。何かには使えるだろうと、迷った末に買った・・ANT。(^^;

 これを試しに・・使ってみます。(^_^)
 仮設してSWRを計ったところ、144/430共にほぼ1:1ですのでOKです。
 比叡山430レピータが良く聞こえます。

4極ミニプラグ その2

 そのOMのシャックに、PCフリーソフトによるデジタルモードでON AIRして戴くため、ソフトのインストールと設定のお手伝いにお邪魔したのですが、その時にPCの4極ミニプラグジャックを見たのでした。

DIGI_IF_OM デジモードのI/Fは、JH3GXF OMがずいぶん以前のCQ誌に発表(現在はWeb)されたもので、組み立てテスト済み(写真はOM撮影)でしたが、接続するリグが違うので、その変更作業もありました。

 新たなリグに接続するためにI/Fを調べて見ると、若干の問題がありましたので、その修正とリグとの接続ケーブルの作成を行いました。

 一応、改造接続設定は無事完了し、オンエアは可能になりましたが、ベテランOMとは言え、以前のRTTY機(θシリーズやタスコのTU)の操作とはずいぶん違いますので、これから慣れて戴く必要があります。HiHi

4極ミニプラグ

 iPhoneなどのスマホの普及で、4極3.5φのミニプラグ・ジャックを見かける様になりました。

 先日も、あるOMのシャックのノートPCに、イヤホンジャックは有るのですがMIC端子が無いので、コストダウンのため省略かな・・最近はUSBかな・・と思ったのですが、よく考えてみると・・コレが4極プラグ。

 外付けのUSBオーディオI/Fでも、一部の製品は4極プラグを採用しているようです。

 色々調べてみますと、MICの信号接続に2種類あって、似たようなモノなのに、そのために互換性が無い・・。先端から順にL/R/GND/MICと、L/R/MIC/GNDの2種類なんです。

 主流?はiPhoneが採用しているCTIA規格?のL/R/GND/MICのようですが、見かけ一緒なので、使用する場合は気を付けなくてはイケマセン。

 どうもPCのMIC端子については、以前YAESUのヘッドセットを接続する時に調べたのですが、何故か、普及している割に、詳しい技術資料が見つからず困った事がありました。

 これもいつの間にか(?)2極プラグから3極プラグに変わりましたね。

サブRIGでON AIR

 普段はFT-DX5000MPでON AIR。
SUB_RIGs 先日FT-817NDを使用してから、他もたまには使わないと調子が悪くなりそう・・と思い、IC-7100M,FT-450DM,TS-2000SXを、順番に丸一日~使いました。7MHzのSSB/CWをメインに、7~28MHzです。

 50W機の場合、国内SSBのパイルアップでは正直もう少しパワー・・と感じますが、コンディションにも助けられて、欲しい所を取りこぼすこともなく・・。(^_^)

 やはりFT-450DMのCW/FBKは、やはりリレーの音でサイドトーンが聞きにくい。300Hzのフィルタは聞きやすい反面、強力隣接局の抜けが若干・・。メモリを使えば良いのだけど、バンドスタッキングレジスタが無いのは、ちょっと不便。

 普段VU機として使っているため、車載していないIC-7100Mは、外付けATU(Z-100Plus)とSP(SP-930)を付けています。操作さえ慣れれば、これだけで充分楽しめます。200W~のリニアが欲しい・・ところ。(^^;

 くたびれているTS-2000SXは要メンテではあるけど、前メイン機だったので、それなりに使えます。一度メーカーに調整に出してみますかねぇ。今となっては1.2GでALL MODEなので手放しにくい。Hi
 但し、内蔵のエレキーの長点メモリ?がジャマで、(私には)使えないので、外付けエレキーを使用。他のRIGの内蔵エレキーはOKなんですがねぇ。

 でも、FT-DX5000MPに戻ってみると・・、ヤッパリこれが使いやすいですねぇ。(^_^)

 次は、自作(CQ誌付録の基板)の7MHz/200mW TX(RXはIC-R8500)かなぁ。ちゃんと免許申請してあります。Hi

新着QSL FT5ZM

QSL_FT5ZM 今年の1月末~に18M/21MのCWでQSOして、OQRSで請求していた FT5ZM(Amsterdam Is.) の紙QSLが、先日届きました。(^_^)
 もちろん、LoTWでCFM済みです。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ