JH3FENの思いつくままに

アマチュア無線のこと、そのほかの趣味のことを思いつくままに・・

無線

WACA/WAKU 2014/11

 ZAアワード効果は絶大!。
 町村/道の駅を中心に、10月は・・例月の倍!?以上・・NEWをたくさんWkd.。(^_^)

WACA(7MHz/SSB)・・Wkd.!!(^_^)/
WACA(MIX)   ・・・Cfm.!!(^_^)/
全町村(MIX) ・・・Wkd.!!(^_^)/

 八街市、中央市をようやくWkd. VY TNX!
 福島県双葉郡双葉町は96%が「帰還困難区域」、4%が「避難指示解除準備区域」で大変な状況ですから・・しばらくはWkd.はムリ?と・・あきらめていましたが、ラッキーにも開通した国道6号線モービル走行中(双葉町内は駐停車禁止らしい)の局とQSO出来ました。VY TNX。

7MHz/SSB(Wkd.)
WACA    0残  (-2)    ( )は前月からの変化。
WAKU   10残  (-4)
町     4残  (-19)
道の駅 831    (+22)


WAKU(MIX)はあと2つ・・110116 横浜市泉区 120106 千葉市美浜区

MIX(Wkd.)
WAKU 残2 , 町 残0 , 道の駅 900 , 湯けむり 1075 , 湖沼 407 , WFA 384

ID-5100D その30

J2 icomのメルマガに、ID-5100の新ファームウェア(Release J2)のお知らせがありましたので、早速アップデートしてみました。
 今回は、機能追加のようですが・・バグフィックスの具合が気になります。(^^;

 OPC-2218LU/OPC-2350LUは持っていないので、J1の時と同様にOPC-1529(RS232C)で行いました。

Before                                  After(J2)
J1_1AJ2_3
書換中
J1_1J2_1J2_1AJ2_2J2_2A
・・と言う事で無事完了。メイン(1.05→1.10)、コントローラ(1.01→1.10)、DSP(1.00→1.10)のプログラムが変わったようです。

CPU M: 1.05 → 1.10
CPU S: 1.00 → 1.00 (変わらず)
CPU C: 1.01 → 1.10
DSP:   1.00 → 1.10

 例のSQLと、ディマーの件は変わらず・・。(;_;)

*メモリの内容は全てクリアされますので、必ずSDメモリ等にセーブしておかないといけません。

QSLカード 10月分

QSL1410 JARL QSLビューロから、10月分のQSLカードが届きました。(^_^)
 今回も1ケ口。前回(526g)よりは二割増えて648gでした。

 さて、チェックを始めて見ますと・・心の目を広く開いてもHi・・相変わらず?使えないカードが出てきます。
 自局のコールサインがどこに印刷されているのか、分からない程度のQSLカードは、どこかに小さく印刷されているので問題は無いのですが・・

 ちょっとボヤキモード。SRI

 例えば、
1.コールサインの文字の上半分が、プリンターの異常で印刷されていないため、文字が明確には判定出来ない。
2.グリッドロケーターがハムログで(ログには)自動記入されているが、QSLカードの印刷の番号と異なる。
  QTHから調べてみると、ユーザーリストが正しくて、カードの印刷が間違っている事が判明。
3.湖沼アワードのLA番号が(手書きで)書き間違い。
4.運用地がJCG番号と町名で手書き記入されているが、町名が個性的な文字過ぎて判読不可能。Hamlogの町村コードも入っていない。
5.プリンターで印刷されたQSLカードで、右端が印刷範囲から逸脱しているために少し切れていて、その部分の情報(各種のコード番号など)が印刷されていない。
6.運用地と住所が明確で無いQSLカードがある。
  例えば。JA6xyz局が8エリアに住んでいてJA6xyz/8と印刷。QTHは8エリアで移動先(たぶん現住所)とあり、別の8エリア内のQTHが移動地(たぶん運用地)と書かれている。

 他にも、キリが無い位・・。
 JST/UTCや、Confirming Our QSO/Ur RPTの区別のチェックが無い・・などは、まあ・・ウン!?。

 これで、カードには某有名アワードクラブのマークが印刷してあったり・・。(^^;

TOWER メンテナンス 2014/10

 9月にメーカーに依頼してワイヤーとウィンチの交換はしましたが、通常のメンテは自分でやらないといけません。(^^;

 今日は、朝から風も弱くVY FINEでしたので、気になっていました錆び止め塗装と、足場パイプの交換をしました。

TOWER_1410 亜鉛ドブ付けメッキのタワーですが、30年も経つと少し錆びが出かけている所がありますので、そこを重点的に適当に亜鉛塗料を塗ります。
 あと、マストのてっぺんまで、アクセスするための足場パイプが赤さび。15年ほどタワー上にありました。
 手持ちの古いパイプで、錆びの少ないモノを切って、亜鉛塗料を塗ったモノに交換。

 さすがに、15年前のようには行きませんね。
 クランクアップタワーですので、僅かな登りですが、年齢(と運動不足)による体力の低下を感じます。(;_;)
 暑くも寒くもない快適?な半日ほどの作業でしたが、ドッと疲れました。(^^;

車の電源引き込み

 ディーラーにお願いして一ヶ月点検時に併せて、車内にDC電源を引き込んで貰いました。
 車の購入契約時に同時に頼んでおきました。
 DCケーブルは5.5SQの赤黒平行線、それとACC引き込み用のコードを持参して依頼。
 車載の50W程度のリグですから、この程度のケーブル(5.5SQ)で良し・・としました。50Wでも多数のリグとかなら、発々とか外部の電源が必要ですしね。

CAR_DC1
 それで、ディーラー作業は無事完了。
 後は、自分で行うリレー取り付けなどの配線が必要です。なかなかエンジンルーム内に、既存の取り付け穴を利用して、上手くリレーを取り付けるのは難しいですが、なんとかなりそうです。

FB DX!

 HFが賑やかです。
 WWコンテスト前と言う事もあるのでしょうか。

 DX Pedi.も聞こえたら、QSO出来る!?感じです。(^_^)
VK9DLX_1aVK9XSPTX7G
4W_K7COZK3Q
 ログUPのタイミングで、もう少し増えています。
 Pedi.以外でも多数・・。まあ、DXerには、なんて事は無いのでしょうけど、国内QSOerには・・ネ!?。

録音機 for FT-DX5000MP その2

 作った録音ケーブルをテストしたところ・・、何やらノイズを拾います。回り込みもあります・・。(;_;)

 ノイズを拾うのは、使ったミニプラグ一体のコードがシールド線では無かった・・まあイイんじゃない・・と、軽くやったのがマチガイ。(^^;

AF_REC_FT5000_2 そこで、別のシールドコードのミニプラグ一体のモノに交換。ICレコーダーはプラグインパワーのMICに対応するため録音時にDC2V程度が出ていましたので、(キモチワルイので念のため)RCAプラグの中にCを入れてDCカットしました。

 回り込みはレコーダー側にパッチンコア4tで解決。(^_^)
 念のためRCAピン(FT-DX5000MP)側にもパッチン4tを入れておきました。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ