JH3FENの思いつくままに

アマチュア無線のこと、そのほかの趣味のことを思いつくままに・・

無線

JARL会員証

 3年会費の正員はプラスチック製(クレジットカードサイズ)の会員証になるようですね。

 ライフメンバーもライフメンバー会費の継続によって、プラスチック会員証やバッジなどが有るようですが、私みたいなカード転送費だけのライフメンバー局には関係なし・・。

 プラスチックの会員証とか紙の会員証とか、大差無いように思うけど・・喜ぶ人はどれ位いるのかなぁ。本質的な組織維持の取り組み(財政維持)には・・どうなんですかねぇ。

 わたしゃ、紙JNを廃止するとか、QSLカードを徐々に電子化して、ビューロ関連費用を削減するとか・・の施策がイイように思うのですが・・ねぇ。
 えっ、ソレすると、会員が大幅減少するって!?・・。(^^;

Dstarターミナルモード

 早くも?新製品のID-4100のターミナルモードで、ON AIRしている局を・・比叡山430のレピータで・・聞きました。
 固定局(移動しない局)で変更届されたのでしょうね。(^^;
 早く、手続きの簡易化を進めて欲しいものです。簡易化の答申だったか・・が、出てからもう2年位はたったのかなぁ・・。

 ターミナルモードは、レピータを使えないQTHの局には便利ですね。他にリフレクタ・・なんてのも存在するようですし、このあたりドップリと浸かって遊ばないと・・追いつかないですねぇ。

 CW、AWARD、デジモード・・色々とやることが多くて、全部中途半端です。(^^;

ペースメーカー

 ローカルのOMが最近、心臓ペースメーカーを装着されました。徐々に健康を回復され、喜ばしい限りなのですが・・OMはkW局をお持ちで、電波がペースメーカーに与える影響を心配されています。

 術前に、色々と情報を探されたのですが、
  某無線機メーカーには、その手の情報は無し。
  ネットには、業務用VU機を胸の上に置いて評価した論文が有った。(結論、影響は無い・・)
程度で、HFのハイパワーについては見当たらず・・。

 経験豊富な医師に聞いた話では、「無線機での障がいは聞いたことがない」・・との事。
 でも一部では、携帯(電話程度のQRP)でも、近くで使うな・・みたいな話がありますしねぇ。

 現在は、ペースメーカーのメーカーでの検討待ち・・。(結論が出るまでは、リグに電源を入れるな・・との指示だとか!?)

 まあ、「シールド付きの宇宙服みたいなのを着たら(^^;」・・とか、「kWでも、離れたANTから輻射されるのだから、大した事はないんじゃない」などなど、周囲の無責任な話だけはイッパイ。(^_^;

 何か情報がありましたら、教えてください。orz

JT65 QSO

QSO_JT65_1703 この所、JT65でのQSO、国内、DX共に完結?しないQSOが多い感じ・・。

 今日は7,041kHzで国内局とQSO中、170Hzの帯域内で誰かが送信(CQ?)したのです。相手局は-22~24dBと弱かったので、気付かずに送信したのかも知れません。
 そのため、RRR(RR73)が確認出来なかったので、再送したのですが、返って来たのは・・先にレポートが送られてきたのにもかかわらず・・なんと「QSO B4」(@_@)。

 QSO B4は、誰にでもあるミスオペレーションかもしれないし、QRMもママある事なのですが、いずれにしても、最近、RRR/RR73までキチンとQSO出来ない事が・・色々な理由で・・増えてます。(;_;)

 その後、相手は確認は出来ていると思って「73」を送信。その後、相手局からQTHとPOWERが送られてきましたので、まあ、QSOは完了かと・・。

春の移動シーズン

 この3連休、暖かくなって、移動シーズンの到来です。
 北国の各エリアでも、移動運用の常連さんがアクティブ。(^_^)

 おかげさまで、ビックアワード一がCWで、2/3を越える433ポイントをWkd.
 MIXでは646ポイントの完成局が、もう現れたようですね。(@_@)

 クラスタに載っても、聞こえなかったり・・珍局が出ていても、不在だったり・・でナカナカですが、646(CW)ポイントの完成を目指して、遊んでいます。
 難関の北海道と長野県が半分ほど、それと区部がムズカシイですが、公園アワードの好影響が期待出来そうです。

 公園アワードも各局アクティブですが、CWでは、鳥取、長崎、大分各県が聞こえません。

CQ 2017/4月号

 今月号が届きました。いつも?のように「提灯記事」がありますが、まあ、それはイイとして・・またまた、個人的感想。Hi

 別刷りのリモートシャックについては、興味ある方には、まとまっているのでFBですね。

 一番気になったのが、AMのコーナーの真空管式のスーパーリゼ(超再生RX)の記事。
 こういうのを見ると、ツイ作りたくなってしまいますね。
 中学生の頃に、「初ラ」か「ラ製」の記事で、真空管で6m用を作った事を思い出しました。よく聞こえました・・。(^_^)

 でも、超再生RX・・本文中にもちょっとダケ触れられてはいるのですが、不要輻射が多い。
 特にRF AMP無しでしたら、発振回路(それも帯域のかなり広い)にANTをつなぐようなものですから・・。ローカルに大迷惑・・になるのではないかと心配します。

 次に、最近の流行でJT65などのデジモードの記事。
 「はやり」ですから記事は良いのですが、how toモノがおおくて、通信の原理や各種モードの免許申請諸元なんかの記事は少ないですね。免許情報はネットに多くありますが、間違いも結構あり、保証認定機関等から問い合わせを受けると・・「お手上げ」なんて事も多いようです。

 さて、内容を見ると、今月は出力に関する話題。
 衛星通信との比較になっていますが、私的には「??」と感じます。電離層があるのでねぇ・・パワーとANT利得が、全てを決めている訳ではないです。HF/7MHzSSBのパイルで、10WでもkWに勝つ?事もありますから・・。

 一部SNSで話題になった「ハイパワーが悪いのか?」や、「ALCレベル」を取り上げてもらいたい・・と思います。
 このあたり、結構・・「都市伝説」化しているようにも感じます。

IC-7610プレスリリース

 関係者ではありませんが・・発表がありましたね。(^_^)

 発売は夏頃?と思っていたら、ボーナス前の5月。希望小売価格は、IC-7600を下回っています。
 メーカーはヤル気満々ですね。

 価格は新製品発売直後でも、最近の製品では7カケ?位が実勢価格ですから、IC-7610の店頭価格が気になりますねぇ。
 まあ、仮に7カケでも税込み\280k位の計算・・なので、かなり頑張らないとカエナイ。(;_;)

 主な特徴には出ていませんでしたが、サブRXのダイアル(サブダイアル)がどうなったのかが気になります。
 どれかのつまみに割り当てたか、あるいはリモートエンコーダRC-28を使うのか・・?

 コレ、使い勝手に大きく関わりそうなので・・。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ