JH3FENの思いつくままに

アマチュア無線のこと、そのほかの趣味のことを思いつくままに・・

無線

WARC ANT メンテ

VDP_WARC 先日来の低気圧が去り低気温が一休み・・でもまた土曜日は雨のようですね。
 今日は少し時間があったのと、昼前から天気がよく風もなく、少し暖かくなってきたので、気になっていたWARC BANDのV-DPのトラップの防水処置をしました。

 防水処置と言っても、トラップの劣化した樹脂キャップに自己融着テープを巻いて、ビニルテープで保護するだけです。

 狭小地のクランクアップタワーのメリット!?で、タワーを下げれば、このANTだけ2階の屋根から手が届き、安全にメンテ出来ます。(^_^)

新バンドプラン

 来年1月5日からのバンドプランが出ましたね。

 主として新しい475kHzバンドの追加と、狭帯域デジタル周波数の国際対応・・と言った所ですが、それに伴って、SSBなどでも変更がありますから、確認しておいた方が良いようです。

 一番関係しそうなのが、7MHzのSSBが従来の7,030kHzからが7,045kHzから・・になった事ですね。SSB,SSTV,RTTYなどで混乱?していたのが、(少し)整理されました。
 もちろん7MHzではLSBですから、ダイアル表示は7,048kHzから上・・ですね。ごく一部にサイドバンドの事を気にしていない・・と思われる局もいらっしゃるようなので、老婆心ながら。(^^;

 詳細はココ↓
http://www.jarl.org/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/bandplan20150105.pdf

Bouvet Island (3Y/B) Pedi.

 ON4WW Markさんから、長いemailが届きました。

 何かなぁ・・と思って(少し)読んでみました。最近のDX Pedi.でOQRSの時に、ホンの少しドネーションをした事があるので、DXerと見なされた!?みたい・・です。Hi

 用件は・・2016年の1月から4月までの3ヶ月間で、10万QSOの予定でBouvet IslandからQRVする計画があり、予算は31万ドル。このメールを受け取った人が、それぞれ70ドルのドネーションをすると、QRVが実現する・・と言う事でした。

 70ドル(8,400円程度)は、ボンビーHAMにとってはかなりの高額ですねぇ。まあ、ドネーションですから幾らでも良いのでしょうけど、予算確保のメドがつかないと動けない・・という事のようです。

 まあ、JAが開けている時に、JA指定してくれたらねぇ・・。HiHi
 いつも良く聞こえている時に、NAだったりEUだったりNo JAだったり・・のウラミ?!が・・(^^;

興味のある方は↓ココです。
http://www.on4ww.be/bouvet2016.html

フクロウ その3

 さて、フクロウの取り付け。
 例のタグには、鳥から見えるところに・・とか、2~3日毎に場所を変えよ・・とか書かれていますが、タワーの上では、そうもいかないですよね。(^_^)

 それより、上から落下しないようにするのが、第一かな。
OWL_3OWL_4
 フクロウの底部には地面の杭や、木の枝に差し込めるように穴が空いています。

 上では、風の影響もありますから、小さい穴でも開けて、ステンレスの針金か何かで、縛るようにしましょうかねぇ。

 それにしても急に寒くなったので、タワー作業は(当分)延期かなぁ・・。(^^;

フクロウ その2

 ヒントは鳥の首のタグ。

OWL_1OWL_2
 「Scarecrow」・・「かかし」なんですが、ANTの鳥除けです。
 タワーの上のANTにカラスが時々止まります。
 ソレもよりによって、細いエレメントの端。せめてブームに止まってぇ~。(^^;
 これをなんとか出来たら・・という目論見。

 アメリカ製ですが、国内の無線機通販店等からも入手出来ますが、(プラスチックの割には)結構なお値段。
 密林.comでは$10~20程度ですが、Shipping/Handlingを加えると、国内価格とほぼ同じ・・。良く出来た仕組み!?。(^^;

 今回は知人に頼んでアメリカから2羽送ってもらいましたが、送料が$49ほど掛かったようですから、(国内と)大して差は無いようです。

フクロウ

SCARECROW フクロウというよりミミズク・・らしいですが、フクロウとミミズクの区別は結構曖昧みたいです。

 そんな事より、さてこれは何に使うのでしょう・・か?。
 部屋の飾りではありません。(^^;
 国内でも入手できますが、アメリカから送ってもらいました。

YAESU 展示会 FT-991

FT991 FT-450DMとIC-7100Mを使っているので、大変興味(^_^)を持って、日本橋での展示会で FT-991 を見て来ました。行きつけの無線機店の話では、予約も入っていて前評判は上々のようです。

 発売される機体の細部は変わるかも知れません。展示機についての、ごく短時間での個人的感想と気付いた点です。

 まず、気になるスペアナ。
 写真では、上級機と同じような表示なので期待したのですが、やはりスペアナ専用のRX部が無いとの事で、ワッチ中にリアルタイム表示ではありません。
 決して上級機のようなモノを期待してはいけませんが、価格からすると良く(?)出来ています・・。(^^;

 次はCWの帯域切り替え。
 CWの帯域幅の切り替えはWideが500Hzまで、Narrowが50Hzまでです。Function画面を呼び出しての切り替えですから、連続可変の方が便利ですね。

 あと、単独のつまみでRFゲインがありますが、AF/RF二重にするなどして、ここを他の機能に割り当てて操作性を改善するなどの工夫があってもイイかな・・と思います。

 展示機では確認しませんでしたが、カタログによるとUSBはSCU-17と同機能みたいなので、ケーブル1本でデジタルモード(FSK)も出来そうでVY FB。またFT-450D/FT-817NDでは省略されていたMOXが復活したのは便利です。

 カラー&タッチパネル液晶。ATU内蔵、430M/50W、144/430MでもAM送信可・・などライバル機(IC-7100)の先を行く、なかなか魅力ある設計なのですが、・・C4FMは対応モービル機を使用するとしても・・パネル分離の有無で選択が分かれそうですね。

 NRや144/430の具合・・など、まだまだ気になる所がありますが、多くの来場者がおられたので充分に操作する時間が無かったのが残念です。

*私の場合は、IC-7100MとATU(LDG Z-100Plus)があるので様子見ですが、144/430のRX性能が良ければ、老朽化したTS-2000SXの代わりとして欲しいです。でも、本当はTS-590SGが欲しかったり・・。(^^;

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ