JH3FENの思いつくままに

アマチュア無線のこと、そのほかの趣味のことを思いつくままに・・

無線

CQ ham radio 創刊70周年記念AWARD

CQ70_AWARD CQ誌の1,2月号に案内が出ていたので、ちょっと?その気になっていたのですが・・。

 ルールは簡単。今年中に10局とQSOするだけなので、これでは簡単すぎるなぁ・・という感じだったのですが、DX270エンティティか、国内の1,000市区町村とQSOすると、盾がもらえる特別賞というのがあるとのこと。

 わたしの場合、DX270はムリでも国内1,000市区町村なら可能かも・・と。
 でもよくルールを読むと・・異なるコールサインの局で・・という条件があるので、CWではちょっとムリです。(;_;)

 しかたないので、7MHz/CW/QRPあたりにしておきましょうか。Hi

新着QSL YN2CC

 届いたばかりのニカラグアのYN2CC。米国から届きました。(^_^)

YN2CC_QSL
 この封筒の切手は、CQ誌2月号のp179に紹介されている、米国の切手です。郵便料金が上がっても買った時のまま、追加料金を払うことなく使えるという切手。
 面白いですねぇ。
GLO_FOR

新着QSL 3W3MD

3W3MD 珍しいエンティティではないのですが・・枯れ葉も山の賑わいという事で。(^_^)

 イタリアから昨年秋の 3W3MD ベトナムDX Pedi.のQSL(5slots分)が届きました。

 SAE も GS もいらないので、OQRS+PAYPALは便利ですねぇ。

JARL ANT保険加入者証 到着

 今年のJARLのANT賠償責任保険の加入者証が届きました。自宅のANT用です。(^_^)
 写真の右側、ハガキだったり今回のように証券だったり・・毎年のように変わりますねぇ。(別に差し支えはありませんが・・)

ANT_HOKEN16
 左側の証券は南山城村のkW局の同様の保険で、別に保険会社で契約しています。金額は1億円の保証で2,220円ですから、JARLよりも高いです。(今年分のJARLは1,600円で2億円)

 但し、南山城村分はANT設置家屋についての保証が担保されています。JARLは他人の身体財物ですから、少し違います。

Mobile ANT

MOBILE_ANT1602 モービル運用はほとんどしない(年に数回)ので、ようやく今頃・・。(^_^)
 バッテリからの電源引き込みはディーラーに依頼、リレー等の配線は自分でやりましたが、その後は放置。(^^;

 車載機(ID-5100D)はあるけど、シャックでエアバンド・レシーバと化しています。・・なので、とりあえずリグはハンディ機(ID-51p)。
 ANTは秋月のマグネットANTか、内蔵ホイップ・・と言う体たらく。・・ですが、ようやく、本腰?を入れて、ウン十年振り!?に基台を取り付けました。今の車は取り付けにくい・・。アースはリアハッチと接続しました。

 確認のため144/430MHzの手持ちのホイップ(ラジアル/ノンラジアル共)何本かでSWRを測定したところOKでした。

 次は、HFです。(^_^)

RUHA(YQD)新年会

 RUHA有志の新年会。
 シャックは南山城村。最寄り駅から10kmあって、その間の交通機関は無し・・という場所なので、参加者は車に限られます。(^_^)

 土日はVY QRLなので、遅刻早退での出席になりました。(;_;)
NYP1602_1NYP1602_2NYP1602_3


CALLBOOK 2016-2017 到着

CALLBOOK2016_17 10月に予約したコールブックが届きました。四半世紀振りのコールブック購入です。Hi
 今はコールブックと言うより、JARL会員名簿ですね。

 早速、自分のQTHをチェック。もちろんOKですが、出力が○(200W)印でした。そう言えば1kWの免許をもらってから、JARLに連絡はしていなかった・・ような。

 まあ、今は総通のネットの無線局情報検索ですぐに調べられますから、コールブックの出力情報は・・もはや・・無用ですね。(アップデートされないし・・)

 コールブックの付録は、再免許申請書。これ今時、電子申請なので、ちょっと時代遅れ!?。まあ、免許を切らさないでね・・という事か。(^_^)

 そうそう、社団のところを見て驚きました。ものすごく少ない・・印象。なぜか会費は正員より高いですしねぇ。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ