中央大理工学部教授の高窪統(はじめ)さん(当時45歳)殺害事件で、殺人罪に問われた元教え子のアルバイト店員、山本竜太被告(29)の第5回公判前整理手続きが22日、東京地裁(波床昌則裁判長)であり、弁護側の「事件当時、心神耗弱状態で責任能力は限定的」との主張について、検察側は争わない方針を示した。

 心神耗弱は、物事の善悪を判断したり、それに従って行動する能力が著しく損なわれた状態をいい、刑法は「刑を減軽する」と定める。裁判員裁判で行われる山本被告の公判は、これを前提に進められることになった。

 検察側は捜査段階で精神鑑定を行い、「責任能力に問題はない」として起訴していた。一方、この日の手続きで弁護側は、心神耗弱の根拠として新たに「事件当時、妄想性障害があった」との見解を示した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:懲役25年確定の被告 さらに懲役7年の判決
裁判員裁判:母親に有罪判決 回復の見込みない息子刺殺
裁判員制度:東京高裁「合憲」 初の憲法判断
裁判員裁判:自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年
裁判員裁判:入院長男刺殺の母親に懲役5年求刑 東京地検

普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会(産経新聞)
自殺未遂で入院、高額な医療費… 長男刺殺の母(産経新聞)
<おじさん犬>警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
愛子さまの通学状況、東宮大夫が公表せず(読売新聞)
愛知5人殺傷 強い怒り、メッタ刺し 1人に17カ所も(毎日新聞)