政府のIT戦略本部は22日の企画委員会で、新たな情報通信技術戦略(IT戦略)の最終案を固めた。

 5月の大型連休明けに開く同本部会合で決定する。

 最終案には〈1〉コンビニエンスストアや郵便局などに配備する「行政キヨスク端末」で戸籍謄抄本を取得可能にする〈2〉医療分野のタスクフォース(作業部会)を設置する〈3〉児童・生徒に1人1台の情報端末を整備する〈4〉選挙運動でのインターネット活用や電子投票を実現する――ことを盛り込む。

 選挙運動でのインターネット活用や電子投票については、「各党で協議して結論を出すべきだ」と慎重な意見も出たが、「基盤整備で行政が果たす役割は大きい」として、新戦略案に記載することになった。

政権半年の実績、アピールへ=政府(時事通信)
政党交付金、8党に支給(時事通信)
沖縄密約訴訟、国が控訴=文書開示命じた判決で(時事通信)
被害者のバッグ発見=78歳強殺-山口県警(時事通信)
<拉致被害者>1500人参加し早期救出求める集会 都内で(毎日新聞)