国の特別天然記念物トキの野生復帰を目指す環境省は10日、新潟県佐渡島で放鳥された30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、ペアの卵1個がカラスに奪われたと発表した。
 同省によると、このペアは昨年秋に放鳥された4歳雄と2歳雌。同日午前7時半ごろ、抱卵中だった雌が何かに驚いた様子で巣から飛び立ったところ、カラスが巣に飛来し、卵1個を奪った。 

【関連ニュース】
放鳥トキ、卵捨てる=カラスがつつき割る?
放鳥トキの産卵確認=一度やめたペア
放鳥トキ、再び産卵か=新たなペアも確認
放鳥トキ、最後の卵捨てる=別のペアに繁殖の期待も
「連携不足で被害拡大」=トキ襲撃で報告書案

ほめられたら要注意…多額現金請求の悪徳商法(読売新聞)
パロマ中毒事故 元社長らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
<高齢者住宅詐欺>容疑で社長夫婦を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
<測量船追跡問題>岡田外相 駐日中国大使を呼び抗議(毎日新聞)
農水OBが3法人理事兼務、事務所は同じ報酬は別(読売新聞)