ブログネタ
ダイエットいろいろ に参加中!
テレビや雑誌で、脂肪を分解するダイエット食品を取り扱う機会が増えています。
ダイエット商品や健康食品の宣伝などでも、脂肪を燃焼させるといった言葉がよく使われています。
人体には一定の脂肪が必要です。



しかし脂肪が多くなりすぎると体重が増え、メタボリック症候群になってしまいます。
多くの人が、痩せるためにダイエットを継続しています。
脂肪が体に付きすぎて、体重過多となる原因としては食べ物から摂取する脂肪分が多いことが挙げられます。
体内の脂肪は、常に合成され、分解され、エネルギーとして使用されています。
体脂肪の蓄積量は、今日一日でどのくらいのカロリーを摂取したか、どのくらいのカロリーを分解したかなどで決定されているようです。
脂肪分の多い食事を摂ることなどで、脂肪を合成する量が増え、体内で脂肪を分解する量を上回ると、体につく脂肪の量はどんどん増えてきます。
活動や生命維持に多くのカロリーを要する場合は、蓄積していた脂肪を分解にしてエネルギーにします。
体内で脂肪が合成しないようにすることで、体重を減らすことができるといいます。
脂肪を分解しエネルギーに使う機会を増やせば、脂肪を減らすことが可能です。
体内に取り入れるカロリーを抑えつつ、運動量を増やすことで脂肪の分解を促進し、ダイエットが可能です。