2005年06月

2005年06月30日

次のお仕事

 るるる氏の家に、おじゃる丸、アオベエ、アカネ、キスケの四人が遊びに来た。
 なんやかやと遊んだ後で、「では、プリンでもご馳走しようかな。日頃、まったりさせてもらってるし」そう言ってるるる氏がプリンの箱を開けると、「ない!五個もあったのに一個もない!」
 「まろではおじゃらぬ!」と言って取り乱しているのは、おじゃる丸だ。犯人は、どうもおじゃる丸のようだ。でも彼ではないかも・・・。

 トミーおじさんを呼んで、みんなから話を聞いたところ、4人に対して、以下の1〜4がわかった。おじゃる丸は犯人なのか?

1,キスケが嘘をついていないのならば、犯人はおじゃる丸かアカネだ。
2,キスケが嘘をついているならば、犯人はキスケだ。
3,キスケかアオベエが犯人ならば、おじゃる丸も犯人だ。
4,おじゃる丸が犯人ではなく、アカネが犯人ならば、アオベエも犯人だ。


k3na at 12:10|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

『へんな いきもの』

pic_0000.jpg早川いくを著。どの生き物もびっくり仰天。例えば、150度の高温から、絶対零度の低温まで生息可能で、6000気圧でも大丈夫、真空でも生き延び、放射線も平気。100年も生きていける生物・・・なんて、やっぱり驚かざるをえない。「クマムシ」っていう実在の生き物なんだけど。

k3na at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

『テーブルはテーブル』

pic_0000.jpgペーター・ビクセル著。るるる氏にいただいた本。「アメリカは存在しない」が面白かった。

k3na at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月28日

今やってること。

次の1と2と3が言えているとする。

1 信頼される人は思いやりがあり、かつ、判断力のすぐれた人である。
2 洞察力の優れた人や冷静な人は判断を誤ることはない。
3 信頼される人物だけが尊敬される。

以上の前提から次が正しく言えるかどうか調べなさい。

(a)尊敬される人は冷静である。
(b)判断を誤る人は尊敬されない。


k3na at 17:12|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2005年06月26日

その後

pic_0000.jpg運動のため、川沿いの湿地帯を一時間少し歩いて帰る

k3na at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

上通りの

pic_0000.jpg店。厨房はメキシコの方みたい

k3na at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ハバネロ

pic_0000.jpg一番効くトウガラシ。触っただけでかぶれる人も。まさに暴君。

k3na at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

トウガラシ各種

pic_0000.jpgいろいろあるもんだ

k3na at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

メキシコ

pic_0000.jpg帰ってクライマーズランチでモガキケイタのサイン入りロクスノを買って、夕食はメキシコ料理

k3na at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

愛のエリア

pic_0000.jpgるるる氏と待ち合わせるも、土砂降り。グリーンパル日向神峡で食事して帰る

k3na at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月25日

パズル

5ガロン入りの容器と3ガロン入りの容器を使って、きっちり4ガロンを量れ。容器はともに形が不規則で、傾けて半分を量るなどといった使い方はできない。
(「ダイ・ハード3」より)

k3na at 14:32|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2005年06月24日

ヒロシ&有田

pic_0000.jpg下通りから上通りへとロケしながら移動中

k3na at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月19日

日曜日

pic_0000.jpgSarururulu氏と愛のエリア手前のボルダー(ロクスノのOld But Goldで紹介されてたやつ)で遊ぶ。左は何とかいけるが、やはり右は厳しい! その後、菊池でボルダー確認に行ってた登るプログラマさんと合流して愛のエリアへ。Mハラさん、O石さん、子持ちクライマー(夫)さん、平尾台で有名なS川さん、H田さん、Oリーブさんなどでにぎわう。Sarururulu氏は「シンバ12b」をレッドポイントし、「シンバ・クラブ」をご卒業。最近、躍進著しい。「おめでとうございます」「抜け駆けだ〜!」写真は「狸の背比べ11a」のMハラさん。

k3na at 22:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

土曜日

pic_0000.jpgSarururulu氏とダム下へ。氏は「イルネージュ」でアップして「ボストコ12a」に打ち込む。やはり夏は厳しく、どんどんぬめってくる。午後は鉄塔エリアに移動。涼しくて気持ちよい。Sarururulu氏はお約束のお昼寝。しばらくして、ダム下ボルダーから転進の登るプログラマさんも合流。私は自分の「へむへむ12a?」を初登。Sarururulu氏は登るプログラマさんの「杏10d?」「お犬様の湯11a/b?」をオンサイト。続けて私の「象を登る11c?」をレッドポイント(写真)。その後、Sarururulu氏は我が家にお泊り。おじゃる丸すごろくクッキーを進呈する。

k3na at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月17日

月廻り温泉

pic_0000.jpg

k3na at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

太平洋

pic_0000.jpg

k3na at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月12日

沖縄料理の店

pic_0000.jpgD5。登るプログラマさんに割引券いただいたので。ゴーヤの唐揚げ美味。

k3na at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ダム下ボルダー

pic_0000.jpg登るプログラマさんと。木陰は清流を渡る風が心地よく、鳥が飛んできたりして、まったりと気持ちよかった。でも日なたは暑い! 水鉄砲に谷川の水を入れて、チョーク跡を(部分的に)消してみた。案外、よく消えた。

k3na at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

清掃

pic_0000.jpg

k3na at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月04日

松島の海

pic_0000.jpg文系の建物の最上階より

k3na at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

キャンパスの

pic_0000.jpgしゃくなげ

k3na at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

東北大学

pic_0000.jpg

k3na at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月03日

喜劇の世界ギリシアと日本の伝統

pic_0000.jpgMartin Ciesko氏の講演。ギリシア喜劇と狂言の比較研究の発表。しかし時間の都合で聞けず。「素ほう落とし」の狂言の公演もあったので参加したかったが、仕方ないか…。

k3na at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

相対性理論を楽しむ本

pic_0000.jpg福岡空港で買って仙台のホテルに着くまでに読了。面白かった。

k3na at 22:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

お約束の

pic_0000.jpg牛タン。麦飯でいただく。スープはテールスープ。酒は日高見吟醸。

k3na at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

仙台駅前

pic_0000.jpg

k3na at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

仙台駅

pic_0000.jpg

k3na at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

仙台空港

pic_0000.jpg昨年末スキーで宮城蔵王に来て以来。

k3na at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

働くくるま

pic_0000.jpg預けた貨物を運んでた

k3na at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

仙台着

pic_0000.jpg

k3na at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

仙台へ

pic_0000.jpg福岡空港はいい天気。んが、仙台に近づくとどんよりしてきた。

k3na at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)