2006年08月

2006年08月17日

『地球を肴に飲む男』

3040c133.jpg発酵学者の小泉武夫さんの冒険的な?酒と食の本


k3na at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

台風10号近づく

5eaaec56.jpg今はきれいな夕焼け


k3na at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月16日

秀峰のランチ

005ce1fe.jpg


k3na at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

パイレーツ・オブ・カリビアン

3d4ca5f5.jpgかなり面白かった。結構長いけど楽しめた。某ヤマカズ氏はブログで「ギャグに走ってた」と辛口のコメントされていたが(あ、ヤマカズ君、時々参考にさせてもらってます)、私にはそれがこの映画に「求めるもの」だったのさ!


k3na at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

お盆休みツアー

cad0e703.jpg12日:本匠、13〜15日:祝子川。本匠では、炎天下で水遊びをしている人々を見下ろしつつ、ハシハシと石灰岩に触る。ガタイのいいカタヤンの先輩方(?)や、魚道さん、ジュリちゃんなど来られていた。夕方、宇目を経て山越えして上祝子の美人の湯に移動。一風呂浴びて、バンガローで、ルーを中心に集まった熊本・鹿児島・長崎・北九州・大分・大牟田の若者たちファミリーの方々と合流。翌日は「だるま岩」など祝子川でボルダー。その夜は美人の湯でテント。シギョシギョ、シャケシャケさんたちと合流。翌早朝にマツマツ・トクトク・ハラハラ、そしてジンジンと合流して、再びボルダー。その翌日は竹林クラックをTRでジャムの練習をしつつ遊び、夕方からまた川原でイッスイ岩周辺でボルダー。もうボロボロになった。


k3na at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月09日

『ゲド戦記』

5e9b888e.jpg
立秋も過ぎたのに、熊本は最高気温37.7度を記録。『ナルニア』に続いて、数十年前の愛読書だった『ゲド戦記』が映画化されたので観に行く。原作はル・グウィンで、原案は、これもかつて読んだ『シュナの旅』ということだった。背景の描き込みはさすがだったが、アニメにしてはリアルだ、という感じで、独創的な背景というわけではなかった。筋もシンプルだけど遊びがないうえに分かりづらく、途中でうたた寝してしまった。テーマの作曲は、「やった〜! 百点! 正解! 一等賞〜!」や「赤いタンポポそーれそれ!」の谷山浩子だったんだ! というのは驚いた。

k3na at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月07日

比叡山ボルダー

82cf7d8f.jpg
土日と、比叡山周辺でボルダー。詳細は、http://www.geocities.jp/k1hut/hieiboulder.htmlで。

k3na at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月05日

比叡・眠れる森のボルダー

468e246a.jpgこの真夏日に、ここは涼しくて、名前通り、昼寝したくなる。


k3na at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

レストハウス雲海橋

a522659b.jpg


k3na at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

acda787f.jpg


k3na at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月03日

ストッパー

93cb18df.jpg
Black Diamondのストッパー1セット10本を、climber's Ranch で購入。ハシイさんは「HBのがお勧め。食いつきがいい!」とのことだったが、ロストアローのカタログから残念なことに外されている。BDも、特殊な配合で剛性が高いとのこと。要は、どのように使うか、ということか。

k3na at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

これは何だ?

Google Earth の、44 14 39.42 N, 7 46 10.63 E に、でかいウサギが!

k3na at 12:19|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

名前の由来

7412b79d.jpg
昨年、中国に行く空港で買った、血液を作る鉄分の錠剤「マスチゲンS錠」。 この名前の由来を、何十年も古代ギリシア語と勘違いしていた。岩波の『ギリシア語入門』で鞭がマスチクシンとなっていて、ひさうちみちおの『100万人のマスチゲン』が、アポリネールの『一万一千本の鞭』の名前のパロディと思っていたので、ごっちゃになって、「鞭はマスチゲンというのか」と思っていたわけだ。その後、鞭はマスチクシンだから、マスチゲンはそれが訛ったのかと認識していた。でも昨日ふと、「マスチゲンって、ひょっとして、日本語?」と思いついた。血を作るのだから、「増す血源?」。きちんと調べてないが、どうやら「増す血」までは当たっているようだ。なんのこっちゃ。

k3na at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)