fishing = my life

BLISSスタッフ岩佐のブログ

2016シーズン初クダコ

今回は愛媛県松山市怒和島沖へ怒和島マリン(大石船長)さんで、クダコの相の瀬で鰤を狙ってきました。

上げの潮が効きはじめてフィードの堀江氏、ヒット!

難無く鰤キャッチ!


堀江さん鰤ゲット♪
























ヒットジグ:アスナロ僑横沓娃隋.轡襯弌



けいぞう船長


















操船は聡船長の弟さんのけいぞう船長。

まだ修行中ですが、これからバシバシ釣らせてくれると思います♪







一部のアスナロ競侫.鵑諒々からリクエストを頂いておりました、アスナロ競蹈鵐哀織ぅ廖

アスナロ競蹈鵐


















アスナロ1の300gとほぼ同じ長さの33cmです。

通常のアスナロ兇犯罎戮謄蹈鵐阿砲覆辰進、潮流は受けやすくなりましたが、それでもまだ扱いやすいです。
太刀魚を捕食している時はかなり効きそう!

今シーズンのクダコも面白くなりそうです♪

玉野沖でスロージギング (瀬戸内海) 

今回は岡山県玉野市の田井魚港からセトマリン(浦吉船長)さんで、スロージギングへ行ってきました。

初めて釣る場所はポイントの特徴など勉強になる部分がありますし、ワクワクします♪
実際に釣りしてみると深くて50mくらいで、30mほどのポイントがメインのようでした。それより浅いポイントも多かった。

普段良く行く伊予灘海域と比べるとかなり浅く感じました。

真鯛


















(ナッツジグ110g オレンジゴールド)

ボトムから7回くらい巻いてガツッと当たり、即合わせで真鯛キャッチ。



コチ


















(ナッツジグ110g オレンジゴールド)

マゴチもヒット。




チヌ


















(ナッツジグ110g レッドゴールド)

引きは真鯛かと思いましたが、黒鯛でした!

海域的にもう少し軽いサイズがあってもいいと感じました。

いろいろと面白かったので、また考えてチャレンジしたいと思います♪

ロッド:柔らかい6フィートのベイト
リール:ダイワ リョウガベイジギングC2025PEーSHL
ライン:クレハ シーガーライトタックルF掘。丕釘厩
リーダー:クレハ シーガー5号
フック:オーナー ジガーライト早掛け #3/0(ツイン)

2016ブリス鰤バトル

今シーズンも怒和島マリン様のご協力により、「ブリス鰤バトル」を開催させて頂きます。

ここ数年は年越して1月に10キロオーバーの鰤が連発することもあり、船長と相談して今シーズンは1ヶ月長く、開催期間を8月1日から翌年1月31日までとしました。

詳しくはブリスのHPまで。

http://www.enjoy.ne.jp/~bliss/battle/2007buribattle/2016buribattle.html

激流の魅力的なクダコの鰤シーズンがやってまいりました!

釣り上げた後のお楽しみとしてエントリー宜しくお願い致します♪




ジギングでアコウ (瀬戸内海)

今回は広島県竹原市竹原港近くに迎えにきていただき、第七中吉丸(フィッシング中村 直樹船長)さんでアコウを狙ってきました。

同船させていただいた皆さんは一つテンヤで、私はナッツジグメインの釣り。

だいたい水深は20m〜90mくらいでポイントも多いです。

ナッツジグ100gレッドゴールド


















(ナッツジグ110g レッドゴールド)

着底したらスローに巻いて誘います。
イカがゆっくり浮上するイメージで釣っています。



ナッツジグ100gオールグロー


















(ナッツジグ110g オールグロー)

アコウはほとんど2,3回巻いたところでヒットしますが、この魚だけ10回くらい巻いたところでヒットした。
オールグローが目立ったのか、たまたまなのか少し気になりました…



アコウ(キジハタ)


















フォールでヒット。


一つテンヤではアコウの他に真鯛やカサゴやソイなど、魚種もいろいろ釣れていました。

アコウだけならジグにも反応が良く、ナッツジグが一番活躍してくれました♪

ロッド:柔らかい6フィートのベイト
リール:ダイワ リョウガベイジギングC2025PEーSHL
ライン:クレハ シーガーライトタックルF掘。丕釘厩
リーダー:クレハ シーガー5号
フック:オーナー ジガーライト早掛け #3/0(ツイン)等

アスナロ犬里知らせ

アスナロ犬寮睫世函一部テスト釣行時のヒットシーン動画です。



今年の8月末〜9月末くらいに順次発売できるよう進めております。
ご使用の際の参考にしていただけたら幸いです。



ブランクを最終調整してラインナップは150g(税抜¥2300)、200g(税抜¥2400)、230g(税抜¥2500)に決まりました。

マグマホログラムベースでカラーは7色あります。

アスナロ献ラー
















上から
グローアイシルバー
グローヘッド
オールグローホロ
マグマピンク
マグマブルー
マグマレッドゴールド
マグマシルバー

初回はほぼ受注分のみの生産となります。ショップ様からのご注文は7月25日までメールかFAXで受けさせていただきます。
宜しくお願いいたします。

ナッツジグで根魚

今回は山口県萩市見島沖へ進洋丸(田原船長)さんで、旬の根魚を狙ってきました。

アタリがあった時に弾かない食い込みの良いロッドを使い、ナッツジグの棒引きをメインで試してみました。

カサゴ


















(ナッツジグ110g プロト)

ボトムからゆっくり数回巻くと、ロッドにぬ〜っとした重みを感じ、そのまま巻き合わせてカサゴゲット。



アコウ
























(ナッツジグ110g プロト)

アコウ。

バイトはゆっくり巻いている途中にグッとはっきりでる時もありますが、重みを感じ始めてから少しタイムラグがあってヒットする方が、前アタリをとっているような感じがして面白いです♪



マハタ

















(ナッツジグ110g プロト)

マハタ。


あとイサキもヒットしました。



凪〜♪






















スラック100g


















(スラック100gピンク)

スラックではボトムからスローピッチで誘ったあとのフォールでヒットしました。
こちらの方はジグを操作して釣る面白さはあります。



カサゴ2
























(ナッツジグ110g プロト)

一方、ナッツジグはゆっくり巻くだけで良くアタるので、のんびり楽に釣れます。



4人ヒット♪


















ラッキーなことに4人同時にマハタがそろいました♪

広島周辺で青物以外のジグで狙える主なターゲットに対してナッツジグを試してみましたが、基本的な使い方はゆっくり棒引きでOKです。スーっと上に移動するだけの動かないアピール力は、遊泳力が高くない魚種は特に捕食しやすいのではないかと考えています。

ナッツジグは魚種を変えながら一年中使えるような感じです♪


今回の使用タックル

ロッド:エバーグリーン ロングフォールジャーカー2オンス
リール:ダイワ リョウガベイジギングC2025PEーSHL
ライン:クレハ シーガーライトタックルF掘。丕釘厩
リーダー:クレハ シーガー5号
フック:オーナー ジガーライト早掛け、シワリ #3/0、#4/0(ツイン)等

ロッド:柔らかい6フィートのベイト
リール:ダイワ ミリオネアCV-Z100SFL
ライン:クレハ シーガーライトタックルF掘。丕釘厩
リーダー:クレハ シーガー5号
フック:オーナー ジガーライト早掛け #3/0(ツイン)等

伊予灘で鰤♪

今回は心技体の福山支部さんのチャーターに参加させていただき、西岡遊漁(西岡船長)さんにお世話になりました。

最初のポイントで、かく氏に良さそうなヒット。

鰤


















(スラック150g マグマレッドゴールド)

鰤ゲット!


その後もポツポツとメジロクラスが上がった。


ポイントをまわりながら急流ポイントでしげおか氏ヒット!

続けて私もヒット。


鰤
























懐かしのK.I.JIG230gで鰤ゲット!


アスナロ3 150g
























(アスナロ3 150gグローヘッド)

私も鰤をキャッチ。
この鰤は12,3cmのカタクチイワシを24匹食べていました。


ナブラが沈んだ後ケニーベイトで一撃ヒット。

ケニーベイト

















(ケニーベイト42gイワシ)

ヤズゲット。

久しぶりの急流域の青物は良く引いて、型も良いのが混じり面白かったです♪

今回の使用タックル
ロッド:MCワークス DE553LR(プロト)
リール:ダイワ ソルティガ4500H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE3号
ショックリーダー:クレハ プレミアムマックス40Lb
フック:オーナー ジガーライト早掛け5/0等 

海エビの中でジグでアコウを釣ってみた

今回は中吉丸(フィッシング中村)さんでアコウを狙ってみました。

私以外の7名の方は活きた海エビを餌に一つテンヤ釣法。

アジの泳がせの中でハマチを釣る時、アジには入れ食いでジグには全くアタリがなく、30対0ということも珍しくないので、海エビを付けた一つテンヤの中でジグで釣れるのか?と思いこの疑問を体感してみたかった。

私の釣り座はミヨシの左側で釣りをした。

開始早々、誰かにアタリがありアコウや鯛が上がっていく。

ジグの私にもヒットしたがすぐにバレてしまった。
どうやら全く釣れないということはないみたいだ。

その後、数ヶ所ポイントを回りヒットした。

タチガケ85g


















(タチガケ85gレッドヘッドグリーンゴールド)

アコウキャッチ。


別のポイントで隣に遊びにきたすぎもと氏が私のタックルでヒットさせた。

ワニゴチ


















(フォワードジグ100gオレンジゴールド)

ワニゴチゲット♪



ナッツジグ100g


















(ナッツジグ100gプロト)

アコウゲット♪



フォワードジグ100g


















(フォワードジグ100gオレンジゴールド)

結果的にジグでアコウを3匹ゲット。

アコウだけなら海エビの一つテンヤとそんなに差はなかったので、ジグでも釣りは成立すると思いました。
ただ一つテンヤではアタリも多く、真鯛やチダイ、コチなど、アコウ以外の魚が釣れ、釣り上げた魚の数では半分以下だったように思います。

一つテンヤの釣りを見て、またジグで面白い釣りができるのではないか?と思いついたので、またの機会に試してみます♪

今回の使用タックル

スロージギング用
ロッド:エバーグリーン ロングフォールジャーカー2オンス
リール:ダイワ リョウガベイジギングC2025PEーSHL
ライン:クレハ シーガーライトタックルF掘。丕釘厩
リーダー:クレハ シーガー5号
フック:オーナー ジガーライト早掛け #3/0(ツイン)等

丹後で青物

今回は京都府京丹後市網野町の浅茂川港 からアルバトロスさんで、青物ジギングに行ってきました。

いつもは私一人で乗船するのですが、心強いことに今回はこの海域のエキスパートアングラーである井上氏とご一緒させていただきました。



丹後

















釣り始めると簡単に釣れる状況ではなく、かなり厳しい感じでした。

そんな中、井上氏はきれいなコンビネーションジャークで早々に鰤をキャッチ。

その後もポイントを回りながら船中、ポツポツと鰤やメジロがキャッチされていく。

船の下に反応が通過する時がチャンスのようなので、そのタイミングがくるまで黙々と釣る。



かなり時間が経過し、終盤にやっとヒットした。

ファイト〜


















チラッと!


























アスナロ4で鰤
















(アスナロ4 190g プロト)

早巻きで誘っておいてスピードチェンジで食ってきました。

残り時間が少なくなって多少焦りもありましたが、粘った甲斐がありました♪



その後、目の前で鳥の集りができ、ナブラがバンバンでている。

ガシガシ食ってきそうなのに以外にまわりもヒットがない中、ケニーベイトでいつもの水面絡ませ引きでヒット♪

ケニーベイトでキャッチ
















(ケニーベイト42gイワシ)

ナブラの質にもよると思いますが、水面下を引く距離が長過ぎてもダメだし、水面から飛ばし過ぎてもダメだし、V字の引き波を残し過ぎるようでもいまいちのようだし、そんな感じでした。
ケニーベイトでナブラ打ちする時は、やはりそこらへんを気を付けてリトリーブスピードの変化とタイミングをコントロールしてイワシが逃げているように見せると食うことが多いです。


数週間前は鰤が爆釣だったようで釣れまくるのも楽しいですが、今回のように考えて辛抱してやっと釣れる釣りも個人的には面白いです。

またチャレンジしたいと思います♪

今回の使用タックル
ロッド:MCワークス リアルフュージョンRF651LR改
リール:ダイワ ソルティガ4500H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE4号
ショックリーダー:クレハ プレミアムマックス60Lb
フック:カツイチ カトラス7/0

キャスティング用
ロッド:MCワークス ダズラーDZ742LF
リール:ダイワ ソルティガ4000H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE2号
ショックリーダー:ナイロン40LB
フック:オーナー カルティバST−66 #1、#2 

アスナロ4進行中

今回は山口県下関市角島沖響灘へ松丸(松永船長)さんで、ジギング2回目でまだ魚を釣ったことがない方と、アスナロ3の釣りを覚えたい方と三人で青物ジギング。

ポイントに着くとけっこう魚が入っているようで、1流し目からヒットした。

アスナロ3 180g



















(アスナロ3 180gグローヘッド)

ヒラマサやメジゲット。

初心者の方はベイトタックルにアスナロ2の170gをセットされており、軽いワンピッチメインで手始めにはちょうどいいかなと思いつつ、ロッドとリーリングのシャクるタイミングを少しレクチャーするとみるみる様になっていき、ファーストキャッチはメジをゲット。
その後もヒラマサ、メジをポツポツ釣り重ねて2桁キャッチでした♪

アスナロ3の釣りを覚えたい方も、はじめはハンドルをグルグル回しているだけのように見えましたので、もう少しメリハリをつけた方がヒット率も上がることを伝えると、徐々に連発するようになりヒラマサ、メジ、鯛とこちらも2桁キャッチでした♪

上達するにはいろんな状況を経験して数多くの魚をヒットさせ、食わせる感覚を養うのが良いと思います。


アスナロ3 150g


















(アスナロ3 150gグローヘッド)



アスナロ4 190g プロト


















(アスナロ4 190gプロト)

テスト中のアスナロ4は一つの仮説から試してみたいと考えた形状で、波動もベイトに近いものがあるのか独特の部分なのかはわかりませんが、魚の反応は良いです。フォールがかなり遅いので着底に時間がかかりますが、これまで試した結果、そのハンディを実感することはなかったです。

アスナロ4のヘッド部は円錐状で極端に重く、センターからテール側はフラットになっています。
ジグにしっかり力を入力してヘッドの重さで推進し、テールで水をかいて移動させるイメージで良くヒットしてきます。
基本的にはゆっくりな釣りをメインに考えており、フィーディングゾーンにジグを長い時間残せるのも利点だと思います。
他にも早巻きからの水平フィールなど、急激な姿勢変化を使った釣り方も効果的な場合もありました。

使い方によっては化けるジグになるかもです♪

今回の使用タックル
ロッド:MCワークス デュアルエッジDE553LR(プロト)
リール:ダイワ ソルティガ4500H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE4号
ショックリーダー:クレハ プレミアムマックス60Lb
フック:カツイチ カトラス 6/0、7/0 
livedoor プロフィール
Archives
QRコード
QRコード