fishing = my life

BLISSスタッフ岩佐のブログ

アスナロ犬里知らせ

アスナロ犬寮睫世函一部テスト釣行時のヒットシーン動画です。



今年の8月末〜9月末くらいに順次発売できるよう進めております。
ご使用の際の参考にしていただけたら幸いです。



ブランクを最終調整してラインナップは150g(税抜¥2300)、200g(税抜¥2400)、230g(税抜¥2500)に決まりました。

マグマホログラムベースでカラーは7色あります。

アスナロ献ラー
















上から
グローアイシルバー
グローヘッド
オールグローホロ
マグマピンク
マグマブルー
マグマレッドゴールド
マグマシルバー

初回はほぼ受注分のみの生産となります。ショップ様からのご注文は7月25日までメールかFAXで受けさせていただきます。
宜しくお願いいたします。

ナッツジグで根魚

今回は山口県萩市見島沖へ進洋丸(田原船長)さんで、旬の根魚を狙ってきました。

アタリがあった時に弾かない食い込みの良いロッドを使い、ナッツジグの棒引きをメインで試してみました。

カサゴ


















(ナッツジグ110g プロト)

ボトムからゆっくり数回巻くと、ロッドにぬ〜っとした重みを感じ、そのまま巻き合わせてカサゴゲット。



アコウ
























(ナッツジグ110g プロト)

アコウ。

バイトはゆっくり巻いている途中にグッとはっきりでる時もありますが、重みを感じ始めてから少しタイムラグがあってヒットする方が、前アタリをとっているような感じがして面白いです♪



マハタ

















(ナッツジグ110g プロト)

マハタ。


あとイサキもヒットしました。



凪〜♪






















スラック100g


















(スラック100gピンク)

スラックではボトムからスローピッチで誘ったあとのフォールでヒットしました。
こちらの方はジグを操作して釣る面白さはあります。



カサゴ2
























(ナッツジグ110g プロト)

一方、ナッツジグはゆっくり巻くだけで良くアタるので、のんびり楽に釣れます。



4人ヒット♪


















ラッキーなことに4人同時にマハタがそろいました♪

広島周辺で青物以外のジグで狙える主なターゲットに対してナッツジグを試してみましたが、基本的な使い方はゆっくり棒引きでOKです。スーっと上に移動するだけの動かないアピール力は、遊泳力が高くない魚種は特に捕食しやすいのではないかと考えています。

ナッツジグは魚種を変えながら一年中使えるような感じです♪


今回の使用タックル

ロッド:エバーグリーン ロングフォールジャーカー2オンス
リール:ダイワ リョウガベイジギングC2025PEーSHL
ライン:クレハ シーガーライトタックルF掘。丕釘厩
リーダー:クレハ シーガー5号
フック:オーナー ジガーライト早掛け、シワリ #3/0、#4/0(ツイン)等

ロッド:柔らかい6フィートのベイト
リール:ダイワ ミリオネアCV-Z100SFL
ライン:クレハ シーガーライトタックルF掘。丕釘厩
リーダー:クレハ シーガー5号
フック:オーナー ジガーライト早掛け #3/0(ツイン)等

伊予灘で鰤♪

今回は心技体の福山支部さんのチャーターに参加させていただき、西岡遊漁(西岡船長)さんにお世話になりました。

最初のポイントで、かく氏に良さそうなヒット。

鰤


















(スラック150g マグマレッドゴールド)

鰤ゲット!


その後もポツポツとメジロクラスが上がった。


ポイントをまわりながら急流ポイントでしげおか氏ヒット!

続けて私もヒット。


鰤
























懐かしのK.I.JIG230gで鰤ゲット!


アスナロ3 150g
























(アスナロ3 150gグローヘッド)

私も鰤をキャッチ。
この鰤は12,3cmのカタクチイワシを24匹食べていました。


ナブラが沈んだ後ケニーベイトで一撃ヒット。

ケニーベイト

















(ケニーベイト42gイワシ)

ヤズゲット。

久しぶりの急流域の青物は良く引いて、型も良いのが混じり面白かったです♪

今回の使用タックル
ロッド:MCワークス DE553LR(プロト)
リール:ダイワ ソルティガ4500H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE3号
ショックリーダー:クレハ プレミアムマックス40Lb
フック:オーナー ジガーライト早掛け5/0等 

海エビの中でジグでアコウを釣ってみた

今回は中吉丸(フィッシング中村)さんでアコウを狙ってみました。

私以外の7名の方は活きた海エビを餌に一つテンヤ釣法。

アジの泳がせの中でハマチを釣る時、アジには入れ食いでジグには全くアタリがなく、30対0ということも珍しくないので、海エビを付けた一つテンヤの中でジグで釣れるのか?と思いこの疑問を体感してみたかった。

私の釣り座はミヨシの左側で釣りをした。

開始早々、誰かにアタリがありアコウや鯛が上がっていく。

ジグの私にもヒットしたがすぐにバレてしまった。
どうやら全く釣れないということはないみたいだ。

その後、数ヶ所ポイントを回りヒットした。

タチガケ85g


















(タチガケ85gレッドヘッドグリーンゴールド)

アコウキャッチ。


別のポイントで隣に遊びにきたすぎもと氏が私のタックルでヒットさせた。

ワニゴチ


















(フォワードジグ100gオレンジゴールド)

ワニゴチゲット♪



ナッツジグ100g


















(ナッツジグ100gプロト)

アコウゲット♪



フォワードジグ100g


















(フォワードジグ100gオレンジゴールド)

結果的にジグでアコウを3匹ゲット。

アコウだけなら海エビの一つテンヤとそんなに差はなかったので、ジグでも釣りは成立すると思いました。
ただ一つテンヤではアタリも多く、真鯛やチダイ、コチなど、アコウ以外の魚が釣れ、釣り上げた魚の数では半分以下だったように思います。

一つテンヤの釣りを見て、またジグで面白い釣りができるのではないか?と思いついたので、またの機会に試してみます♪

今回の使用タックル

スロージギング用
ロッド:エバーグリーン ロングフォールジャーカー2オンス
リール:ダイワ リョウガベイジギングC2025PEーSHL
ライン:クレハ シーガーライトタックルF掘。丕釘厩
リーダー:クレハ シーガー5号
フック:オーナー ジガーライト早掛け #3/0(ツイン)等

丹後で青物

今回は京都府京丹後市網野町の浅茂川港 からアルバトロスさんで、青物ジギングに行ってきました。

いつもは私一人で乗船するのですが、心強いことに今回はこの海域のエキスパートアングラーである井上氏とご一緒させていただきました。



丹後

















釣り始めると簡単に釣れる状況ではなく、かなり厳しい感じでした。

そんな中、井上氏はきれいなコンビネーションジャークで早々に鰤をキャッチ。

その後もポイントを回りながら船中、ポツポツと鰤やメジロがキャッチされていく。

船の下に反応が通過する時がチャンスのようなので、そのタイミングがくるまで黙々と釣る。



かなり時間が経過し、終盤にやっとヒットした。

ファイト〜


















チラッと!


























アスナロ4で鰤
















(アスナロ4 190g プロト)

早巻きで誘っておいてスピードチェンジで食ってきました。

残り時間が少なくなって多少焦りもありましたが、粘った甲斐がありました♪



その後、目の前で鳥の集りができ、ナブラがバンバンでている。

ガシガシ食ってきそうなのに以外にまわりもヒットがない中、ケニーベイトでいつもの水面絡ませ引きでヒット♪

ケニーベイトでキャッチ
















(ケニーベイト42gイワシ)

ナブラの質にもよると思いますが、水面下を引く距離が長過ぎてもダメだし、水面から飛ばし過ぎてもダメだし、V字の引き波を残し過ぎるようでもいまいちのようだし、そんな感じでした。
ケニーベイトでナブラ打ちする時は、やはりそこらへんを気を付けてリトリーブスピードの変化とタイミングをコントロールしてイワシが逃げているように見せると食うことが多いです。


数週間前は鰤が爆釣だったようで釣れまくるのも楽しいですが、今回のように考えて辛抱してやっと釣れる釣りも個人的には面白いです。

またチャレンジしたいと思います♪

今回の使用タックル
ロッド:MCワークス リアルフュージョンRF651LR改
リール:ダイワ ソルティガ4500H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE4号
ショックリーダー:クレハ プレミアムマックス60Lb
フック:カツイチ カトラス7/0

キャスティング用
ロッド:MCワークス ダズラーDZ742LF
リール:ダイワ ソルティガ4000H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE2号
ショックリーダー:ナイロン40LB
フック:オーナー カルティバST−66 #1、#2 

アスナロ4進行中

今回は山口県下関市角島沖響灘へ松丸(松永船長)さんで、ジギング2回目でまだ魚を釣ったことがない方と、アスナロ3の釣りを覚えたい方と三人で青物ジギング。

ポイントに着くとけっこう魚が入っているようで、1流し目からヒットした。

アスナロ3 180g



















(アスナロ3 180gグローヘッド)

ヒラマサやメジゲット。

初心者の方はベイトタックルにアスナロ2の170gをセットされており、軽いワンピッチメインで手始めにはちょうどいいかなと思いつつ、ロッドとリーリングのシャクるタイミングを少しレクチャーするとみるみる様になっていき、ファーストキャッチはメジをゲット。
その後もヒラマサ、メジをポツポツ釣り重ねて2桁キャッチでした♪

アスナロ3の釣りを覚えたい方も、はじめはハンドルをグルグル回しているだけのように見えましたので、もう少しメリハリをつけた方がヒット率も上がることを伝えると、徐々に連発するようになりヒラマサ、メジ、鯛とこちらも2桁キャッチでした♪

上達するにはいろんな状況を経験して数多くの魚をヒットさせ、食わせる感覚を養うのが良いと思います。


アスナロ3 150g


















(アスナロ3 150gグローヘッド)



アスナロ4 190g プロト


















(アスナロ4 190gプロト)

テスト中のアスナロ4は一つの仮説から試してみたいと考えた形状で、波動もベイトに近いものがあるのか独特の部分なのかはわかりませんが、魚の反応は良いです。フォールがかなり遅いので着底に時間がかかりますが、これまで試した結果、そのハンディを実感することはなかったです。

アスナロ4のヘッド部は円錐状で極端に重く、センターからテール側はフラットになっています。
ジグにしっかり力を入力してヘッドの重さで推進し、テールで水をかいて移動させるイメージで良くヒットしてきます。
基本的にはゆっくりな釣りをメインに考えており、フィーディングゾーンにジグを長い時間残せるのも利点だと思います。
他にも早巻きからの水平フィールなど、急激な姿勢変化を使った釣り方も効果的な場合もありました。

使い方によっては化けるジグになるかもです♪

今回の使用タックル
ロッド:MCワークス デュアルエッジDE553LR(プロト)
リール:ダイワ ソルティガ4500H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE4号
ショックリーダー:クレハ プレミアムマックス60Lb
フック:カツイチ カトラス 6/0、7/0 

伊予灘で11キロの鰤!

先日の釣果報告をさせて頂きます。

6月17日。

今回はKaiseiさんにお世話になりました。

此処最近、良い型の鰤が釣れているとの事で、私自身、これをアスナロ3で狙って獲れればと期待しての釣行でした。
当日は湧き潮が強く、底取りが難しい状況も有りましたが、アスナロ3 150g(グローアイシルバー)を確信を持って引き続けました。

早い流れと水深が深めと言う事もあり、リーリング+軽くロッドを使いアクションを加えていると、食い上げる様なアタリでヒット!

想定していた以上の大物のヒットで、かなりの苦戦を強いられましたが無事ランディング。

田村君11キロ♪


















105僉11kgの鰤(血抜き後計量)

今春から様々な状況の中で、自分自身で研究を重ねたアスナロ3を用いての釣りの成果が実を結びました。
今後もアスナロ3を使用して、ハイレスポンスジギングの更なる可能性を追求していきたいと思います。

鰤11キロ


















10キロオーバーの鰤ゲット、おめでとうございます!

フィールドスタッフ田村君からの報告でした。

ニューコンパクトシルエットジグ ナッツジグ!

Facebookや遊漁船の釣果情報ですでに見られた方もいらっしゃると思いますが、テスト中のコンパクトシルエットジグ「ナッツジグ」での一部釣果です。

基本的にはシャクったりフォールさせないで、巻きで食わせることにフォーカスしたジグです。

もちろん対象魚や状況によって効果的な使い方は変わってきますので、そこらあたりは今後の楽しみです。


山陰方面の日本海でジギングの合間に短時間でパタパタとヒットしました。

カサゴ


















(ナッツジグ100g)

カサゴ。



アコウ


















(ナッツジグ100g)

アコウ。


このジグを作るにあたって一番のターゲットは真鯛。

真鯛


















(ナッツジグ100g)

鯛ラバのように棒引きでボトムから20回くらい巻いたところでバイトがあり、即合わせでフッキング。

いい感じに食ってくれました♪



瀬戸内海の来島海峡ではアコウ狙い。

アコウ1


















(ナッツジグ100gチャートゴールド)



アコウ2


















(ナッツジグ100g)



アコウ3


















(ナッツジグ100g)



アコウ4


















(ナッツジグ100gシルバー)

鯛ラバやインチク系のラバーの付いた疑似餌に比べてどうなのか知りたいので、当然アシストフック等にタコベイトなどは何も付けずに試しています。
着底後、デッドスローで2回巻いたところでほとんどヒットしました。
型はともかく数は釣れたので、狙い方さえ外さなければじゅうぶん釣果が期待できると実感できました。




そしてナッツジグで最大の目的は瀬戸内海の真鯛。

マダイ1


















(ナッツジグ100gオレンジゴールド)

47cmの真鯛。

ナッツジグ100g



























マダイ2


















(ナッツジグ100gオレンジゴールド)



マダイ3


















(ナッツジグ100gオレンジゴールド)

32cmほどの小型の真鯛も普通に釣れます。
リアバイトがあるかと思いリアフックを付けましたが、釣れた真鯛はみなアシストフックに掛かっていました。
私以外はみなさん鯛ラバで、ナッツジグで釣ったのは真鯛3枚(トップは4枚)、チダイ、マルアジ、タチウオヒットで、鯛っぽいアタリはけっこうありました。真鯛の食性や捕食行動に合ったジグと釣り方で、効果的に狙える状況はあると感じました。
今回は鯛ラバと同じように棒引きで釣りました。
イワシの反応がある時にジグが有利だと思っていましたが、反応が出てない時の方がジグで良くアタリました。イワシの反応がある時は、少しジグを動かしてアピールさせた方が良かったのかも?という疑問も残りました。
まだまだ食わせ方はあると思いますが、現時点で自信を持って使えるレベルになっています。

瀬戸内海の真鯛!面白いです♪


テスト協力遊漁船 

「オーシャン」  「魚籠」

今回の使用タックル

リール:ダイワ リョウガベイジギングC2025PEーSHL
ライン:クレハ シーガーライトタックルF掘。丕釘厩
リーダー:クレハ シーガー5号
フック:オーナー ジガーライト早掛け #3/0(段差ツイン)

春マサラスト釣行

今年の春マサ釣行の締めくくりに山口県萩市見島沖でのキャスティング&ジギングへ。

広島市のプロショップフィードさんのチャーターに参加させていただき、隋功丸(西村船長)さんにお世話になりました。

朝一はキャスティングからスタート。

当日は潮と風向きが合い、「けっこうあっさり食うんじゃない♪」なんてかなり期待していたのですが、以外にも渋くてなかなかチェイスがない…

私にワンバイトあったのだが、一瞬感触があっただけで乗せきれず。

その後も投げ続けているとヒット!

ヒット〜


















ジギングばかりしてたので、キャスティングでヒラマサとファイトするのは久しぶりのような気が…



ヒラマサ
























テスト中のプラグでヒラマサゲット。
その後もヒットするもハマチさんでした。

このプラグはダイビングペンシルに反応が悪い時に効果がありそうですが、秋のコノシロパターン用で広島、呉湾でのショア鰤にと考えています。


ジグキャストも試しておきたかったのでアスナロ3の150gGHを数投し、ヒラゴをキャッチした。
今後もジグキャストの理解を深めておきたいと思います。


フィードの堀江氏はジギングでヒット〜!

堀江さんヒット





















プロトジグ
























(プロトジグ190g)
試作ジグでヒラマサを釣っていただきました!



アスナロ3 150g
























(アスナロ3 150gグローヘッド)


ダブルヒット
























(アスナロ3 150gグローヘッド)

ダブルヒット♪

キャスティングしながら片舷でジギングし、皆さんジグで飽きない程度にヒットさせていました。

オオマサには出会えませんでしたが、数だけは例年になく恵まれた今シーズンの春マサ釣行でした。

すでに夏マサが楽しみです♪


今回の使用タックル
ジギング用
ロッド:MCワークス DE553LR(プロト)
リール:ダイワ ソルティガ4500H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE4号
ショックリーダー:クレハ プレミアムマックス60Lb
フック:カツイチ カトラス7/0

キャスティング用
ロッド:MCワークス EXPLOSION EX845HF
リール:ダイワ 01ソルティガ6500H−DF SOMスプール
ライン:クレハ シーガーマルティアPE8号
ショックリーダー:ナイロン170LB
フック:オーナー カルティバST−66 #3/0

ジグキャスト用
ロッド:MCワークス LN733CR
リール:ダイワ ソルティガ5000H
ライン:クレハ シーガーマルティアPE5号
ショックリーダー:クレハ プレミアムマックス80Lb
フック:カツイチ カトラス6/0 

釣行写真♪

長崎県の平戸沖へ幸漁丸(岩崎船長)さんでジギングに行かれた副島様から、釣行写真を頂きました♪



副島さん
























朝一番はオールグローホロで大きい奴がヒットし、耐えた後バラシて悔しい思いをしたそうですが、ヒラマサを多数釣っていただきました。
ヒットジグはアスナロ3の150g、180g、210gのグローアイシルバーとオールグローホロです。

夏マサも楽しみにしていますよ!

ありがとうございました♪

livedoor プロフィール
Archives
QRコード
QRコード