国立大学法人を教育研究などの目標達成度で評価して、国が運営費交付金に差を付ける制度をめぐり、奈良先端科学技術大学院大が最も高い評価を受けたことが25日、分かった。初年度となる2010年度予算では、86ある国立大の交付金に充てる約1兆2000億円のうち、約16億円が評価結果に応じて配分し直され、奈良先端大は400万円の増額となった。
 国立大は04年度の法人化に際して、教育・研究水準、業務運営改善について1期目の中期目標(6年間)を策定した。文科省はこのうち07年度までの評価結果を基に「総合評価ウエイト」という数値を算出し、交付金の再配分に使った。
 ウエイトは奈良先端大の70.00が最高。弘前大の35.39が最低だった。再配分額には大学の規模が影響するため、最も増額されたのは東京大の2500万円、最も減額されたのは琉球大の800万円となった。 

【関連ニュース】
ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み
来年1月14日まで意見募集=万能細胞から精子・卵子作成で
東大が「反論」、HPに=事業仕分けで危機感
富士通、振り込め詐欺防止で名古屋大と共同研究

架空の石油投資話、指名手配の社長がタイで逮捕(読売新聞)
貿易黒字、9.2倍=13カ月連続プラス-2月(時事通信)
民主、参院福島2人目に男性医師を内定(産経新聞)
<中日本ボクシング協会>元幹部3800万円横領か(毎日新聞)
<裁判員裁判>強盗殺人、求刑通り無期判決 水戸地裁(毎日新聞)